グループC フランスVSペルー(1-0)


・フランスが遂に本領を発揮。前線にジルーという基準点ができた効果もあって、グリーズマン、ポグバ、そしてとりわけエムパべが魅せた。

・ポグバ、マトゥイディ、カンテといったフィジカルな中盤から、ジルー、グリーズマンとエムパべが織りなす高速カウンター。
オーストラリア戦のフランスは、まだエンジンがかかる前だっただけのようだ。フランスは今大会を盛り上げてくれそうだ。

・余裕が出てくると、チームの中軸となるグリーズマンやエムパべ、ポグバを休ませ、デンベレやフェキル、エヌゾンジといったあまり出番がなさそうな選手にチャンスを与えるなど、デシャン監督の采配は「決勝」までを見据えた余裕を感じた。


・唯一、SBのババ―ルだけがまだ、フランスの弱点なのかなと感じる。

・ペルーは良いチームだった。とりわけ右サイドのカリージョ&アドビンクラの連携は小気味良いドリブル突破&ショートパスで際立った。
昨日のモロッコに通じるものがあるが、攻撃のチャンスメイクまでは完璧なのに、点が入らない。
フランス相手にもチャンスは作ったのだが、ゴールが決まらず敗退が決定。
南米で唯一応援していたチームだっただけに残念だ。



娯楽度 7・5

フランス代表採点 8 

GK ロリス  6・5
DF ヴァラン 6・5
  ウンティティ 6
  リュカ 7
  ババ―ル 6
MF カンテ 7 
   マトゥイディ 6・5
   ポグバ 7 →エヌゾンジ ?
FW エムパべ 8 MOM →デンベレ 6
   ジル― 7・5
   グリーズマン 7→フェキル 5

監督 デシャン 8


ペルー代表採点 5・5

GK ガジェセ 6
DF ロドリゲス 5・5→サンタマリア 5
  ラモス 5・5
  トラウコ 5.5
  アドビンクラ 6・5 
MF ジョトゥン 5→ファㇽファン 5・5
  アキーノ 6・5
  クエバ 5→ルイディアス ?
  フローレス 5
  カリージョ 5
FW ゲレーロ 5・5
 
監督 ガレカ 5・5


【事前の展望】

勝ってなお、大きな課題を残したフランスと、負けてなお、娯楽性の高いサッカーで存在感を見せたペルーの好対照なチーム同士の一戦。

フランスの低調ぶりは、恐らく優勝候補故の『スロースタート』と見る。
これから調子を上げていくはずで、オーストラリア戦の出来は鵜呑みには出来ない。
が、万が一あれがフランスの真の姿だとしたら、フランスはベスト8が精一杯だろう。
肉体能力に物を言わせた『汗をかく労働者のサッカー』は、弱小国がやれば称えられるが、
芸術家が揃うはずのフランス代表で、単調で工夫のないフィジカル勝負だけのサッカーをやられたら
たまらない。

そんな、『フランスに求めたい』サッカーをピッチで体現していたのがモロッコ代表であり、
今日の対戦相手ペルー代表だ。
ペルーの右サイド、アドビンクラとカリージョの推進力は驚異の一言。
前線には恐らく、大エースゲレーロも先発復帰してくるだろう。


勝敗予想はフランスの勝利。
ペルーもまた、モロッコと同じような、『美しく敗れる』グッドルーザーの匂いを感じてしまう。
それでも……第1戦で好感を持ったペルーの番狂わせに期待したいところだ
(TOTOはフランス勝利を買ったので、期待したくない気持ちもゼロではないが、
それは言いっこなしだ)


グループD アルゼンチンVSクロアチア

明日見ます

娯楽度

アルゼンチン代表採点

GK カバジェーロ 
DF オタメンディ 
  サルビオ 
  メルカド
  タグリアフィコ 
MF マスチェラーノ 
   ぺレス
  メサ
  アクーニャ 
  メッシ 
FW アグエロ 

監督 サンパオリ 

クロアチア代表採点

GK スバシッチ 
DF ヴィダ 
   ロブレン 
  ストゥリニッチ 
  ヴルサリコ 
MF ラキティッチ 
  モドリッチ 
  ペリシッチ 
  レビッチ 
  ブロゾビッチ 
FW マンジュキッチ 

監督 ダリッチ

【欠場者情報】
FW カリニッチ(クロアチア) 監督判断による大会追放


今大会、既にエンジン全開のスペインとポルトガルを除き、列強国のエンジンがなかなかかからない。
だが、彼らの多くは恐らく『スロースタート』なだけだ。恐らくは。
そんな列強国の中で、『これは本当にヤバいのでは?』と強く思わされる国がある。
アルゼンチンだ。
なぜなら『とにかくメッシ頼り』というのは、この国がもう2010年大会で極めて強く出た悪癖である。
2014年もその傾向は強かったが、なんとかサポートメンバーのディ・マリアらがメッシの負担を軽減していた。
今回のアルゼンチンの初戦は、2010年大会の彼らにソックリである。
なお、2010年はベスト8でドイツと当たり、惨敗した。


一方のクロアチアは、モドリッチを中心としたロングパス精度が極めて高い、
ダイナミックな攻撃を展開した。彼らの質に疑いの余地はない。
チームとしての完成度では、確実にアルゼンチンを上回る。
ひょっとすると実力でも上回っているかもしれない。

それでもこの試合は、アルゼンチンの勝利を予想する。
それは迷信にも似た、『相性』の問題だ。
クロアチアはVS南米勢に対し、極めて相性が悪いのだ(1勝3分7敗)

グループC デンマークVSオーストラリア(1-1)

娯楽度 6・5

・こんなものなのか、デンマーク。本当にガッカリした。
勝手に期待していただけかもしれないが、多分今大会で一番ガッカリしたチームだと思う。

・オーストラリアは非常によく頑張っていた。内容ではデンマークを圧倒した。
司令塔ムーイはパス精度が高く、レッキ―、クルーズ、ロギッチ、そして途中交代のアルザーニはデンマーク守備陣を散々に切り裂いた。ロギッチはラフプレイも目に付いたので点数は低くしたが。

・それでも何とか守り切ったデンマーク。MOMは身体を張ってよく守ったダルスゴーアに。守備の中心キアルも良かった。


デンマーク代表採点 4・5

GK シュマイケル 7
DF クリステンセン 6
  キアル 7
  ストリガー・ラーセン 6
  ダルスゴーア 7 MOM
MF ディレイニー 5
  シェーネ 6
  シスト 5.5
  ユスフ・ポウルセン 5・5→ブレイスウェイト 5
  エリクセン 6・5
FW ニコライ・ヨルゲンセン 6・5→コーネリウス 5

監督 ハレイデ 4・5

【欠場者情報】
DH クビスト 負傷 大会絶望

オーストラリア代表採点

GK ライアン 5
DF ミリガン 5
  セインズベリー 5 
  リズドン 5
  ベヒッチ 6
MF ムーイ 7
   ジェディナク 6・5
   レッキ― 6・5
   クルーズ 6→アルザーニ 7
   ロギッチ 5→アーバイン 5
FW ナバウト 4・5→ユーリッチ 5.5

監督 ファンマルバイク 7


【事前の展望】

前節は両者とも『守って耐え抜くサッカー』を遂行し、なんとかペルーを破ったデンマークと
フランスに惜しくも敗れたオーストラリアの一戦。
フランスの出来が悪かった点はあるにせよ、フランスのフィジカル重視の攻めに
オーストラリアはしっかり闘えていた。デンマークの攻撃にも大崩れする事はないだろう。
ただ、攻撃の方はあまり褒められた内容でなかったのも事実。
突破力の光るレッキ―がカギを握るかもしれない。

一方のデンマークは、ペルーを破った勢いのまま、ここでグループ突破を決めたいところ。
オーストラリアが得意とするフィジカル勝負になれば互角。
テクニシャン、エリクセンとユスフ・ポウルセンの連携でオーストラリアをどこまで崩せるか。
前線のニコライ・ヨルゲンセンが頼りないだけに、ロースコアの展開になりそうだが、
若干デンマークが優勢か。
主将クビストの負傷離脱は痛いが……。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ