2017年に読んだ本(随時更新)

S→味わい深く、いつまでも心に残りそうな作品

キングの死/ジョン・ハート……記事あり。こちらで

A→読んで良かったと思える作品

ミスティックリバー/デニス・ルへイン……重い、お話。幸福を得たショーン、ジミーと、得られなかったデイブの違いは、「車に乗る/乗らない」だったのか、それとも「大切な妻に全てを話せた/話せなかった」という違いによるものか……。しかし「少年時代を懐かしむすべての大人たちに贈る、感動のミステリ」という説明は詐欺だと思うw

チームバチスタの栄光/海棠尊……このミス大賞受賞も当然の、圧巻の構成力。パッシブ・フェイズの一巡、アクティブ・フェイズの二巡の末、トラブルが起き、事件が解決と、完璧な構成で凡そケチのつけようがない。強いて言うならば、トリックとその種明かしが少々単純であることくらいだが、重箱の隅つつきであり、些細な問題に過ぎない。


少年時代/ロバート・マキャモン……世界の捉え方が、少年と大人では違う。何にでも「常識的な説明」がつけられてしまう「大人」とは違い、少年の世界は魔術に満ちている。街には幽霊が、恐竜が闊歩し、愛車の自転車には意思がある。空へと届いた野球ボール、魔女、天才、そして殺人鬼。本書は、そんな「少年時代の世界(の見え方)」を、束の間思い出させてくれる良作である。


鳴門秘帖/吉川英治……ストーリー自体は、ちょっと突っ込みどころのある、オーソドックスなTHE・時代劇。ただ、「アネゴ肌で、男にスレてるけど、実は初恋で、好きな相手にはウブで健気」なヒロイン、見返りお綱のインパクトはなかなかのもので、萌え小説として読むなら結構評価が高い。見返りお綱を筆頭に、目明し万吉などサブキャラは良い味を出している反面、主役の弦之丞やヒロインのお千絵様に魅力が乏しいのは残念。

ロストシンボル/ダン・ブラウン……Bに近いA。面白いものの、前2作(「天使と悪魔」、「ダビンチコード」)に比べるとだいぶ落ちる。「悪役が倒れた時」が面白さの頂点なのだが、その後延々と種明かしが続くのは、「動(サスペンス)」と「静(うんちく)」が絶妙にバランスをとっていた前2作と比べ、完成度が低いと思う。そうはいっても、十分面白いのだが。


影武者徳川家康/隆慶一郎……タイトルに似合わない(?)ガチな歴史小説。時代は関ケ原~大阪冬の陣まで、二郎三郎&風魔の忍びVS秀忠&柳生の暗闘が繰り広げられる15年間を描く。
二郎三郎に訪れた、老年の青春。やっと巡ってきた充実した男の一生。羨ましくも、清々しい。
唯一気になったのは、作者が登場しては、××がここで不可解な行動をとったのは『●●としか考えられない』というような自説を開陳する機会が多いのだけど、そんな強弁せずに、普通に小説として書いてくれてよかったんじゃないかな、と。そこだけ違和感があった。

国盗り物語/司馬遼太郎……前半の斎藤道山編が非常に面白い。魅力的な道山とお万阿さんの関係にしんみりとする。それに比べると後半の信長編はややパワーダウン。パワーダウンとはいえ十分面白いけど、光秀に魅力がなくて……。


警官の血/佐々木譲……代々受け継がれていく「警官」としての血。初代が無邪気なヒーローだったのに対し、二代目は暗黒面に堕ちながらももがき、三代目でとうとう吹っ切れてダースベイダーになったのは、警官としての成長とも言えるし、強靭なメンタルを手に入れるための成長ともいえるけど、
僕はやっぱり無邪気な初代が一番好きだった。「成長」なのか「立場」の変化なのか、「時代」の変化なのか……恐らく全部なのだろうけど。
あと、早瀬との対決の後に三代目が豹変する理由が全然わからなかった。そこを描くには尺が短すぎたと思う。

オレたちバブル入行組/池井戸潤……勧善懲悪モノ。日本版ディック・フランシス……という印象を受けたが、多分フランシスを先に知っていて半沢直樹を後に読んだ人ってそんなにいなさそうなので、この表現で通じるかどうか。


ブレイブ・ストーリー/宮部みゆき……途中ややダレるシーンもあったが、全体的に完成度の高いファンタジー小説だった。ワタルの決断も納得。カッちゃんや香織、ルゥ伯父さんといった現実界の登場人物から、キ・キーマやミーナ、カッツなどの幻界の登場人物まで、魅力ある人物が多く楽しかった。



B→暇つぶし以上の有益な何かを得た作品

起業の砦/江波戸哲夫……記事アリ。こちらで。





庵堂三兄弟の聖職/真藤順丈……記事アリ。こちらで。

起業前夜/高任和夫……Aに近いB。潰れかけた扶桑証券(どう見ても山一証券)をどうにか立て直そうと、頑張る主人公の物語。信頼してくれる部下、休日を過ごすテニス友達、不倫相手などもいて、事なかれ主義の上司との論戦など、リーダビリティに溢れる作品。
ただ、基本いい奴なのに相手が嫌がっているのを知りながら煙草をスパスパ吸う主人公とか、基本いい仲間たちなのに勤め先の事で皮肉を言った結果集まりに来なくなっちゃった仲間がいるとか、そういった『不要な』エピソードが謎。まぁ聖人君子なんてなかなかいないわけだけど、不必要にイメージを悪くする必要もないのでは? まぁでも面白かったよ。



ライラの冒険:琥珀の望遠鏡/フィリップ・ブルマン……Aに近いB。3巻終盤に来てようやく、「イブ=ライラ、アダム=ウィル、蛇=マローン博士」の関係性が(私に)見えてきて、「聖書パロディのファンタジー恋愛モノだったか!」と気づいた瞬間から急激に面白くなった。ダイモンは「聖霊」かな? などなど気づけば気づくほど、完成度の高い作品だ。しかし最後の200ページに至るまで気づかなかった私も悪いかもしれないが、実際のところそこまでは退屈で仕方がなかったので、高評価するのも……いや、読解力のない私が悪いのか? いずれにせよ、「子供向けのファンタジー」ではなかった。


ハリーポッターと不死鳥の騎士団/J.K.ローリング……子供たちの『夢』の学園だったホグワーツ=ハリーポッターの世界も、作を追い、ハリーが年齢を重ねるごとに試練を増し、段々と『現実』の影がちらつき始める。亡き父に対するハリーの『尊敬』が崩れた事こそ、本巻最大の見所のように思う。
少年が大人になるためには、父を超えなければならない。というのは少年主人公におけるファンタジー系成長物語の鉄則であり(注:不思議な事に、少女主人公や女性の保護者においてはこのような鉄則は見受ける事が出来ない)、名付け親(??後見人の事か?)のシリウスの死もまたそれに準ずるモノと言える。となると、次巻「謎のプリンス」では恐らくハリーの最大の庇護者であるダンブルドア、もしくはハグリッドあたりが亡くなるというのが『少年主人公のファンタジー系成長物語』の鉄則ではあるが、さて……。


ハリーポッターと謎のプリンス/J.K.ローリング……16歳になって、恋愛に青春に大忙しのホグワーツ。その裏で、恐るべきヴォルデモートとの闘いも熾烈さを増していく。そんな第6巻は、ロンの心理描写が面白い。あがり症の彼を、ハリーが必死に励ます姿がおかしい。ロンとハーマイオニーの関係性も読みどころだ。一方でシリアス面では、ダンブルドアがついに亡くなってしまう。前巻を読んだ時の予想が当たっちゃったな。ただ、この巻は良いのだけど、最終巻にあたる次巻「死の秘宝」がガチシリアスバトルばかりになりそうなのが心配。ハリーポッターシリーズは、学園生活は面白いんだけど、バトルシーンは概してあまり面白くないんで……。





歌姫/エド・マクベイン……偽装誘拐の皮肉な結末が印象深い。

殺意の楔/エド・マクベイン……

クレアが死んでいる/エド・マクベイン

さよならダイノサウルス/ロバート・J・ソウヤー



C→暇つぶし程度にはなった作品

10プラス1/エド・マクベイン

熱波/エド・マクベイン

ライラの冒険:神秘の短剣/フィリップ・ブルマン

三国志/吉川英治……記事あり。
こちらで。

起死回生/江上剛……銀行の汚さを全編にわたって読まされた印象。最後の50ページで好転し、ハッピーエンドに終わるため、読後感は爽やかかもしれないが、それまでが長すぎw 


ハリーポッターと死の秘宝/J.K.ローリング……シリーズ最終巻として、今まで読んできた読者が読む価値はもちろんある。スネイプ先生の想いや、ダンブルドアの正体(?)など読みどころもないわけではない。ただ、「学園生活は楽しいけど、シリアスバトルはあんまりおもしろくないなぁ」と思っていた一読者(僕です)にとっては、シリアスバトルが連続するこの最終巻は「読む前から分かっていた」とはいえ、ちょいしんどかったです。

ハリーポッターシリーズ全体の感想はこちらで記事にしています。


巨大投資銀行/黒木亮……バレあり。こちらで。

宮本武蔵/吉川英治

D→自分には合わなかった作品



これから読む予定の本(入手済み)


ブレイブストーリー/宮部みゆき

三国志/北方謙三

チームバチスタの栄光/海堂尊

らせん/鈴木光司

ループ/鈴木光司


これから読む予定の本(手元になし)

マヴァール年代記/田中芳樹

後継者

クレヨン王国パトロール隊長

クレヨン王国まほうの夏

クレイジーカンガルーの夏

クレイジーフラミンゴの秋

半分の月がのぼる空/橋本紡

ブギーポップインザミラーパンドラ

ソードアートオンライン(とりあえず4巻まで)

とらドラ(ひとまず2巻:1巻は昔読んで割と面白かった)

文学少女と飢え乾くゴースト

文学少女と繋がれた愚者

俺の妹がこんなにかわいいわけがない(とりあえず3巻まで)

鋼殻のレギオス(とりあえず1巻)

乃木坂春香の秘密(とりあえず1巻)

バカとテストと召喚獣(とりあえず1巻)

彩雲国物語(とりあえず1巻)


インフェルノ/ダン・ブラウン

デイヴィッド・コパフィールド/チャールズ・ディケンズ





現在の活動 10/22更新(大体前日の22時~当日の1時ぐらいにフライング更新してます)

近況報告記事です。

本日のメイン 特に重点的に行なっているものに、☆をつけます

☆読書

田中芳樹「マヴァール年代記」を読んでます。23日に読了……できるといいかな?
3分の1を読み終わりましたが、かなり面白い



●エロゲ


・「つよきす3部作」プレイ中
(「つよきす2学期」→「つよきす1学期」←今ここ。ちなみに乙女ルートプレイ中です。
「つよきす2学期」を3月下旬から始めました。さすがに1年はかからないでしょうw
乙女→エリカ→それ以外の順番の予定。

→「つよきす3学期」) 



●漫画

・「蒼天航路」読書中。今のところは面白く読めてるけど、最後まで読むかは疑問。






その他


・お散歩
週2~3ペースで中距離お散歩実施中。


6/1開始~  

通算 333.6km(散歩コースのみの距離)

ストック
・15/38(11/1)



ダイエット中

8/27       9/1   10/3
71.6kg→68.3kg→65.8kg
(?) (空腹時 (当初の目標達成!どうせなら60kgくらいまで痩せられると最高!:多分無理)

→10/17
 64.9kg



6/1以降に読んだ小説

ライラの冒険2
ライラの冒険3
火星年代記(再読)
吉川英治三国志
鳴門秘帖
庵堂三兄弟の聖職
巨大投資銀行
起業前夜
警官の血
影武者徳川家康
国盗り物語
オレたちバブル入行組
起死回生
チームバチスタの栄光
ブレイブ・ストーリー


6/1以降に読んだ漫画

孤独のグルメ全2巻
横山三国志全60巻


6/1以降にクリアしたゲーム

ヴァイブレーション(同人)
コピークエスト(同人)
竜王ちゃんの野望(同人)



こんな感じで頑張ってます。
Twitterには鍵をかけてしまったので、feeは何をやっているんだろう?
と思われる方がいれば、これが答えになるかなと思いまして。
まぁ、僕の動向を気に掛ける方なんていないかもしれませんがw そんな感じです。



直近で読む予定の本(11月中旬くらいまで:予定なので変わる可能性は大いにあります)

らせん
ループ
後継者
インフェルノ
マヴァール年代記
デイビッド・コッパーフィールド
半分の月がのぼる空
三国志(北方謙三)

splush waveの「竜王ちゃんの野望」クリアしました②

ゲームの中盤あたりまで進むと、スーパーアレフガルド全体を(あなたの勢力も含めて)
3つか4つの超大国が支配する構図になってくる事と思います。

僕は2回やり直したので、中盤までなら都合3回プレイしているわけですが、
3回ともそうなったので多分そうなります。 サンプル少なすぎ


今までは小勢力を併呑していけば良かったので楽でしたが、そうも言っていられません。
超大国同士の死闘が繰り広げられる事になります。



☆処刑! 処刑! また処刑!



ここで問題になってくるのが敵の物量です。
敵CPUは基本的に武将を殺しません。
そのため、超大国の抱える武将数・兵士数はとてつもない規模に膨れ上がります。
酷い時になると、モブ武将を300人抱えていたりしました(実話です)


普通のゲームなら、武将を捕まえて登用してしまえば、こちらの戦力は増えて敵の勢力は落ちます。
いわばセオリーなわけですが、このゲームではやめた方が良いと思います。
給料がとても払いきれなくなるからです。完全に赤字です。


では解放するのか?
中盤まではそれでも構いません。
しかし超大国の武将を捕まえては解放していては、いつまで経っても敵の戦力は減りません。
モブ武将でローテーションを組んで毎月のように攻め込んでくるのです。
まさに終わりなき戦いになります。


そこで……『処刑』の出番です。
毎月のように大国が侵略してくると思いますが、ひたすら捕まえて捕まえて『処刑』してください。
4ターン経つと勝手に解放してしまうので、とにかく急いで処刑してください。
処刑は本国でしか出来ない上に、行動力を20も使うので、徴兵&訓練をやりながらではできません。
最前線ではない国に本国(という名の処刑室)を置き、処刑に専念してください。
処刑プレイを始めても終わりがないように思われますが、報われる日は来ます。


このゲームは『竜王の配下のアークデーモン』を除き、一度処刑したキャラは復活しません。
アークデーモンだけは(ガーゴイルとかもそうかもしれない。おにこんぼう、などの幹部クラスのモンスターは復活しない。人間も復活しません)
処刑を繰り返していくうちに、敵の武将の数は少しずつ少しずつ減っていきます。
挫けそうになる時もありますが、諦めないで、やり遂げてください!
その先に全国統一が、そして竜王との最終決戦があなたを待っています!


処刑の際に、注意すべきポイントがあります。
それは、『忠誠度が100未満の配下は、敵を処刑するたびに忠誠度が下がる』という事です。
忠誠度は絶対に100! と書いたのはそれが理由です。
処刑カーニバルを開催し始めると、面白いように配下の忠誠度が下がっていきます。
挙句の果てには謀反、離反の嵐です(それで僕はプレイを辞めました)。
99ではダメなのです。
処刑を見越して、最初から配下の忠誠度は全員100に上げておきましょう。

また、処刑室の中に重要な武将(原作つきの武将)が紛れ込んでいる事があります。
このキャラに関してはもちろん登用します。そしてなるべく急いで忠誠度を100まで上げてください。
忠誠度が100になるまではいったん処刑作業はストップします。
処刑は後回しにしない。あと3ターンもあるから大丈夫、などと油断しない事。
いつ敵が攻めてきて処刑室が埋まるかわかりませんし、いつ重要なキャラが仲間になるとも限りません。


☆忠誠度100ボーナスの使いどころ

『最大兵数を50増やす』、『最大SPを増やす』、『全能力を10増やす』、『地形適正をSにする』
の4つから選びます。
この中で、どう考えてもNGなのが『全能力を10増やす』でしょうか。
10くらい、種を買い込めばどうとでもなります。
せっかくのボーナスですから、SPや地形適正Sのような、他の手段ではできない強化に使うべきでしょう。


僕自身は地形適正に割きました。水の多いマップで、水適性をSにして敵の側面をついたり、
海に浮きながら思う存分、陸にいる敵に魔法攻撃をしたりと、非常に使い勝手が良いからです。
色々と迷うと思いますが、ボーナスなしでも先に進めるうちは焦って使わずに、
ここぞという時のために取っておいてもいいかもしれません。
一度選んでしまうと、キャンセルできませんので……。


☆使えるスキル

折に触れてぽつぽつと書いた気もしますが、『ザオラル』が最重要スキルです。
補助系の最重要はゲルダの使う『ピオリム』でしょうか。『バイキルト』もあると便利かな。
なくても大丈夫ですが。

攻撃系は、SPを大量に使う技は大体強いです。『イオナズン』とか『ギガスラッシュ』とか『獣王激烈掌』とか『閃光烈火拳』(アリーナ)とか
(ちなみにマァムの『閃華烈光拳』とは違う技ですw 似てるけど)。

中でもヒュンケルの『グランドクロス』は、防御力無視で100近くのダメージを叩き込める技です(力の種のドーピングでは100以上も可能)。
ラスボス、竜王のHPは120なので、『グランドクロス』だけで瀕死にできます。
付け加えておきますと、原作と違って、竜王は変身しません。

このあたりまで来た人たちは、自分なりのお気に入り強スキルをお持ちだと思うので、
それで戦ってください。


☆竜王戦の注意

このゲームの最終目標は『全国統一すること』ではありません
あくまでも『竜王を倒すこと』です。
ですので、アークデーモンの襲撃も、最終盤、竜王の幹部をある程度始末して
いよいよ本丸に乗り込むような段階に至っては、無視しちゃって構いません。


アークデーモンの襲撃で選ばれる土地は、恐らく完全なランダムです。
それに備えて50カ国に完全防備を敷くのは無理ゲーですので、当然「取られてから、取り返しに行く」
事になると思います。
しかし、まぁ面倒くさいですよね。アークデーモンは無限に湧きますし。
なので最後の詰めの段階ではスルーでOKという事を覚えておいてください。


最後まで苦しめられるアークデーモン軍団は、基本的に魔法が効かない(というかメラ系とイオ系に強いんだっけかな)ので、魔法使い系は戦力になりません。
戦闘の際のご参考に。


☆総評

ドラクエ麻雀の名作を送り出してきた同人サークル Splush waveの最新作。
ドラクエで国取りSLGをやる、という試みは実に面白かったのですが、いかんせん完成度がかなり低いと言わざるを得ません。
それを反映してか、批評空間を含め、ネットでも悪評をいくつか拝見しました。
まさに皆さん言われていることその通りであり、頷かざるを得ない状況です。
特に人材登用の不備や、大量処刑を迫られる収支のバランス(と大量のモブキャラ武将)は酷いと思います。


私自身も、一度挫折し、「こんなゲームもうやらねぇよ!」と思って途中感想を批評空間に投稿いたしました。
しかし、謎の中毒性があるのも事実。


「やっぱり、最後までやりたい」と初めからやり直し、
行きついた先は『少数精鋭の忠誠度100+大量処刑=クリア』の方程式でした。


終りなき処刑祭りに休日1日(のうちの5時間ぐらい)が溶け、挫けかけた事も1度や2度ではありませんでした。
中盤で詰んだため、2度もゲームをやり直し、3度目の正直でした。


「こんなシリーズではなく、麻雀系ゲームを作ってほしい」とか、「一発ネタでしょうが」のような
感想も目にします。


ですが……Splush waveはゲーム制作のベテランです。
今までも面白い作品を数多く私たちの元に届けてくれました。
ドラクエ麻雀は面白いと思いますが、さすがにもう5作(全部で6作ですが、初代ドラゴン麻雀は別ゲーなので除外)。面白い中にもマンネリを感じます(それでも楽しいですが)。


このゲームは、客観的に言ってクソゲーに限りなく近いと思います。
しかしその中に、光るものがあったのも事実。
完成度が低いということは、これから大いに改良の余地があるということでもあります。


改良前の本作でも、2度も途中からやり直し、総プレイ時間40時間近くを捧げ、
更に1万文字の感想を書いてしまった私です。


国取りSLG+エロゲ+原作オールスターという組み合わせも、私自身は初めてであり、
こんなゲームがやりたかった、と前から思っていたところでもあります。


国取りSLGの魅力。それは人材集めと適材配所の魅力でもあります。
そこに、魅力的な原作付きのキャラが登場するとくれば、たまらなく惹きつけられるものがあります。
(ドラクエじゃなくても。FFとか、あるいはスパロボ的なやつとか、ジャンプキャラオールスターとかラノベオールスターとか何でもいいですw ただ、できれば僕が知っている元作品でお願いしますw)


もし、この「竜王ちゃんの野望」が改良された
「竜王ちゃん(ハーゴンちゃんの野望でも、ケフカちゃんの野望でもいいですw)の野望2」が発売されたら……
それはきっと、今までのドラゴン麻雀とはまた別の魅力を持った、
新シリーズが誕生することになります。


個人的には、1作だけで終わらせてほしくない! 
是非、今回の反省を活かして、もっともっと面白い「竜王ちゃんの野望2」を作ってほしい!

商業ではないので解りませんが、続編を待ち望む人の声が少しでもあがれば、サークルも乗り気になってくれるかもしれません。
そのためにも、本作を途中で挫折してしまいそうな人へのヒントが必要だ、と思い、
不備だらけではありますが、筆をとらせていただきました。


長文をお読みいただき、本当にありがとうございました。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ