吉川英治「宮本武蔵」読みます

記事タイトルの通りです。
ここ最近、ちょっと人生の色々に疲れちゃっていてね。あまりしんどい話は読みたくないわけサ。
しんどいっていうか、『ムカつく話』。ムカつく敵役が出てくると、
それだけで、しんど…って思っちゃうわけネ。
人間の醜さとか、憎しみみたいなのは本当にダメね。

あぁ、人間は醜いな。こんな奴らの間で、俺、生きていく自信がないな。
あぁ、俺も人間だな。俺も醜いもんな。みたいなループにハマるとヤバいね。ヤバいから、ダメね。


後ね、「現実」を強く認識してしまう作品もちょっとしんどいんで、そうなると時代小説っていうのは結構な逃げ場だな、とも思うのよ。
それと、学園コメディとね。


そんなもんで、エロゲは『つよきす』をダラダラとやってます。3月下旬からやってるの。
いいんだよ。焦る必要はないよ。のんびりやろ。人生500年ぐらいのつもりで生きようよ。


で、読書なんだけど、吉川英治の「三国志」、「鳴門秘帖」の2作を読んで思ったの。
ファンには申し訳ないけど、めっちゃくちゃ面白いか?と聞かれたらそれは違う。
でも、飽きずに読ませるぐらいには面白いなって。
「ウザい」敵役が出てこないのも安心できる。
「鳴門秘帖」のお十夜孫兵衛ぐらいのウザさなら全然問題ないからね。

まぁ、ウザいシーンがないというのは諸刃の剣で、ともすれば薄味のおかゆみたいな眠たい作品になっちゃいかねないんだけど、今の僕にはそれぐらいの食事しかとれないんでね。
ホントは脂身たっぷりのステーキが食べたいけど、今は病院食。

で、そんな病院食の中では吉川先生の作品というのは、結構イケてる部類じゃない?
なんて、大作家先生に向かって偉そうなことを思うわけさ。

そんなわけで、吉川英治「宮本武蔵」読みますヨー。


はぁ……本当は「こえの形」とか「秒速5センチメートル」とか「最終兵器彼女」とか「ホワイトアルバム2」とか「チームバチスタの栄光」とか「らせん」とか「ループ」とか、そーゆーのが読みたいんだけどね。


まぁ、病人はおとなしく、吉川先生でも読んでろってこった。

2017年に読んだ本(随時更新)

S→味わい深く、いつまでも心に残りそうな作品

キングの死/ジョン・ハート……記事あり。こちらで

A→読んで良かったと思える作品

ミスティックリバー/デニス・ルへイン……重い、お話。幸福を得たショーン、ジミーと、得られなかったデイブの違いは、「車に乗る/乗らない」だったのか、それとも「大切な妻に全てを話せた/話せなかった」という違いによるものか……。しかし「少年時代を懐かしむすべての大人たちに贈る、感動のミステリ」という説明は詐欺だと思うw


少年時代/ロバート・マキャモン……世界の捉え方が、少年と大人では違う。何にでも「常識的な説明」がつけられてしまう「大人」とは違い、少年の世界は魔術に満ちている。街には幽霊が、恐竜が闊歩し、愛車の自転車には意思がある。空へと届いた野球ボール、魔女、天才、そして殺人鬼。本書は、そんな「少年時代の世界(の見え方)」を、束の間思い出させてくれる良作である。


鳴門秘帖/吉川英治……ストーリー自体は、ちょっと突っ込みどころのある、オーソドックスなTHE・時代劇。ただ、「アネゴ肌で、男にスレてるけど、実は初恋で、好きな相手にはウブで健気」なヒロイン、見返りお綱のインパクトはなかなかのもので、萌え小説として読むなら結構評価が高い。見返りお綱を筆頭に、目明し万吉などサブキャラは良い味を出している反面、主役の弦之丞やヒロインのお千絵様に魅力が乏しいのは残念。




B→暇つぶし以上の有益な何かを得た作品

ライラの冒険:琥珀の望遠鏡/フィリップ・ブルマン……Aに近いB。3巻終盤に来てようやく、「イブ=ライラ、アダム=ウィル、蛇=マローン博士」の関係性が(私に)見えてきて、「聖書パロディのファンタジー恋愛モノだったか!」と気づいた瞬間から急激に面白くなった。ダイモンは「聖霊」かな? などなど気づけば気づくほど、完成度の高い作品だ。しかし最後の200ページに至るまで気づかなかった私も悪いかもしれないが、実際のところそこまでは退屈で仕方がなかったので、高評価するのも……いや、読解力のない私が悪いのか? いずれにせよ、「子供向けのファンタジー」ではなかった。


歌姫/エド・マクベイン……偽装誘拐の皮肉な結末が印象深い。

殺意の楔/エド・マクベイン……

クレアが死んでいる/エド・マクベイン

さよならダイノサウルス/ロバート・J・ソウヤー



C→暇つぶし程度にはなった作品

10プラス1/エド・マクベイン

熱波/エド・マクベイン

ライラの冒険:神秘の短剣/フィリップ・ブルマン

三国志/吉川英治……記事あり。
こちらで。

宮本武蔵/吉川英治

D→自分には合わなかった作品


これから読む予定の本(入手済み)


ブレイブストーリー/宮部みゆき

三国志/北方謙三

鳴門秘帖/吉川英治

チームバチスタの栄光/海堂尊

らせん/鈴木光司

ループ/鈴木光司

俺の妹がこんなにかわいいわけがない(1巻)

鋼殻のレギオス(1巻)

乃木坂春香の秘密(1巻)


バカとテストと召喚獣(1巻)


これから読む予定の本(手元になし)



影武者徳川家康

国盗り物語/司馬遼太郎

庵堂三兄弟の聖職

後継者

オレたち花のバブル組

クレイジーカンガルーの夏

クレイジーフラミンゴの秋

半分の月がのぼる空

巨大投資銀行

起業の砦

起業前夜

警官の血/佐々木譲

ハリーポッターと不死鳥の騎士団/J.K.ローリング

ハリーポッターと謎のプリンス/J.K.ローリング

ハリーポッターと死の秘法/J.K.ローリング

宮本武蔵/吉川英治

ロストシンボル/ダン・ブラウン

インフェルノ/ダン・ブラウン

若草物語/オルコット



吉川英治「三国志」&横山光輝「三国志」読了

吉川三国志の評価はB。横山三国志の評価はB+。


まず、吉川三国志の感想を書きますと、『リメイク版:三国志演義』という印象を持ちました。
「三国志演義」を、日本人向けに、より読みやすくしたもの……という事になっています。
が、「三国志演義」自体、小中学生でも読める代物でもありますし、
孔明の死後が書かれていない、たまーに間違いがある(太史慈が呉三代に仕えた事になってたり)ので、
本音を言えば「演義」を読んだ方が良いような気がします。
ただまぁ、「演義」の『〇合撃ちあった』一辺倒の戦闘描写が嫌いだとか、
『さて、続きはどうなりますことか』と言っておきながら、どうという事もない、あの調子が寒くて嫌だ、という方にはこちらをお薦めしておきます。

これから「三国志」に触れるという方は、「三国志演義」or「吉川三国志」、どちらかを手に取っていただければ、大体の三国志ストーリーは理解できると思いますので。


横山三国志は、吉川三国志をかなり忠実に漫画にした感じです。
ではなぜ、評価がちょっとだけ高いかと言いますと、それは『漫画』だからです。


つまり、「三国志」にこれから触れるなら、やはり「三国志演義」を読むのが良いのです。
吉川三国志でもまぁいいですが、吉川三国志を読むガッツがある人なら、演義だって普通に読めるはずです。そういう意味で、吉川三国志は中途半端だと思うのです。

「三国志演義」を読むガッツがない人は、「吉川三国志」だって多分読めません。
そこで「横山三国志」の出番です。さすがに漫画だし、読めるよね?
長編小説が読めない人にも、「三国志」を伝える事ができる、という意味で「横山三国志」は評価できると思います。
後、「画」の力というか、いつも泣いている印象の劉備さん。劉封が死んだシーンでは結構ほろりとしましたね。


た・だ・し。
赤壁の次に大きな合戦(だと思う)である、官渡の戦いをスルーしているのだけは、
ちょっと困ります。
この戦いは、天下分け目の合戦だったはずです。
この部分だけは、頑張って三国志演義か、吉川三国志で補完してください。


後、「呉」に関しては吉川&横山、どちらもほとんど触れていませんので、
こちらは三国志演義を読んでください。
というわけで結局のところ、演義を読めばいいんじゃ?と思ってしまうわけですが、
何はさておき、このような大長編をものしただけでも、吉川&横山両先生は称賛に価するとは思います。




記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ