グループA 総括



赤字はベスト16進出国。

【】内は大会前に書いた記事


突破確率            チームランク(主観)  個人的ワクワク度
 90%     ウルグアイ    A-          C
 50%→45%  エジプト     B-          B
 40%→45%  ロシア      C+          D
 20%     サウジアラビア  E           E】


☆ウルグアイ代表     

チームランク A- 攻撃力 B  守備力 A+  娯楽度 C 

大会前から、全く印象が変わらない。それもそのはずだ。
ウルグアイは2010年の頃から、現在のタバレス監督のもと、『守って守ってとにかく手堅く無失点』で切り抜け、前線のスアレス&カバーニの決定力(2010当時はフォルランもいた)に頼るサッカーで、しぶとく勝利を積み重ねるチームだった。
その戦略はある程度実を結び、2010年にはベスト4、2011年南米選手権では優勝を飾った。
そのやり方は今大会でも変わらず。
一見すれば、ウルグアイが攻められているように見えるかもしれない。劣勢なように見えるかもしれない。
しかし決してそうではない。ウルグアイが攻めさせているのである。
『耐えに耐えて、前線の個の力で決める』事こそが、ウルグアイのサッカーなのである。
実に玄人好みするというか……正直、あまり楽しいサッカーではないが、このサッカーを彼らはもう8年も研ぎ澄ませてきたのだ。



☆ロシア代表 

チームランク C+→(B-に訂正) 攻撃力 B 守備力 C+ 娯楽度 B-


ホームアドバンテージを最大限に生かし、勢いのある攻撃サッカーができている。
特に中盤のゴロビンやソブニン、ラッキーボーイのチェリシェフらが織りなす攻撃で、
サウジに5ゴール、エジプトに3ゴール! 2試合合計8ゴールを挙げた事で、
世界最高レベルの攻撃陣などと持ち上げている感想も見たが……そ れ は な い。
相手が弱すぎるだけである。

とはいえ、空中戦得意のジューバをあくまでもオプションとして、多彩な攻撃ができれば、
大観衆の後押しのもと、もうしばらくロシアの冒険は続くかもしれない。
絶対的なクオリティにおいては、だいぶ見劣りする部分もあるのだが。


☆エジプト代表   
チームランク  B-→(Dに訂正) 攻撃力D 守備力 C  娯楽度 C-


『サラー』というスター選手中心のチームだという事は分かっていた。
そしてそのサラーが、負傷によりトップコンディションで大会に臨めない事も。
しかし……サラー以外ここまでめぼしいタレントがいないとは思わなかった。
中盤の底ではエルネニーが奮闘しており、1トップのモフセンもポストプレイで頑張ってはいたが……
正直パッとしないチームだったな、という印象しかない。


☆サウジアラビア代表
チームランク E(→Dに訂正) 攻撃力D 守備力 D 娯楽度 C

このチームに関しては最初から期待をしていなかった。
そして、予想通り大会を去った、という他はない。
個人技はある程度通用したが……同じ中東の、イラン代表と比べれば歴然だ。
まずは監督をコロコロ変えるのを辞めるべきだろう。話はそれからだ。






グループB スペインVSイラン(1-0)

・0-0でがっちがちに引きこもって守るイランと、それを攻めあぐねるスペインという構図。
この均衡を破ったのはまたしても、スペイン、ジエゴ・コスタだった。

・その後はイランも積極的に前に出て、得点チャンスを作り出す面白い展開に。
特にアンサリファルドは得点を取りそうな匂いを発散し、スペインの脅威となっていた。

・ガチガチに引きこもるサッカーは個人的には嫌いだが、0-0で良しとすればそれを実践し、70分近くまでスペインを相手に守り抜く力。そして、リードされるや否や突如攻撃的に出る、この対応力には舌を巻いた。長年イラン代表を率いてきたケイロス監督の指導の賜物だろう。

・前半は敵の築いた壁の前で立ち往生を強いられたスペインだが、イスコ、シルバを中心にイラン攻撃陣を攻略していった。テクニカルな中盤の魔術師たちを豊富に揃え(イスコ、シルバ、イニエスタ、
アセンシオ、チアゴ
)、柔で敗れないゴールは重戦車ジエゴ・コスタがこじ開ける。
今大会のスペインは、この日も最終ラインがバタバタしており、守備面に弱点があるが、
攻撃面では新たな武器を手に入れた。


娯楽度 7(前半は4、後半は7・5)



スペイン代表採点 6・5
 
GK デヘア 5
DF ピケ 6.5
  セルヒオ・ラモス 6・5 
  アルバ 6
  カルバハル 6
MF ブスケッツ 6・5
   ルーカス・バスケス 6・5→アセンシオ 6
   イニエスタ 6・5→コケ 5
   ダビド・シルバ 6・5
   イスコ 7 MOM
FW ジエゴ・コスタ 6→ロドリゴ?

監督 イエロ 6


イラン代表採点 7

GK ビランヴァンド 4・5
DF プーラリガンジ 5
  ハジサフィ 4.5→モハマディ5
  レザイアン 5
  ホセイニ 3
MF エブラヒミ 6・5 
  エザトラヒ 6・5
  アンサリファルド 6・5→ジャハンバフシュ 6
  アミリ 6→ゴドゥース ?
  タレミ 5
FW アズムン 5

監督 ケイロス 7


【試合前の展望】

3番手を争うモロッコに勝利し、2強への挑戦権を獲得したイラン。
鋭いカウンターサッカーで、今大会のアジア勢では最強だと感じさせてくれたイランだが、
さすがにスペイン相手では苦しいか。


グループA ウルグアイVSサウジアラビア(1-0)

娯楽度 6

つまらない試合ではなかったんだけど、連日の観戦疲れで、この「追いつく気配のない」試合を集中して見る事ができなかったので、採点はナシで。

・実にウルグアイらしい固いサッカー。
失点は許さず、スアレス&カバーニ。もしくはCKからの両CBのヘディングで決める。
1点を先取してしまえば、並大抵のチームが追い付くことはできない。




ウルグアイ代表採点

GK ムスレラ  
DF バレラ 
  カセレス 
  ゴディン 
  ヒメネス 
MF ベシーノ 
  ベンタンク―ル 
  ロドリゲス
  ナンデス 
FW スアレス 
   カバーニ 

監督 タバレス  


サウジアラビア代表採点

GK アル・オワイス  
DF  アル・ブレイク 
  オサマ・ハウサウィ 
  アル・ブライヒ
 アル・シャハラニ 
MF バヘブリ
  アル・ジャッシム 
  オタイフ 
  アル・ファラジ 
  アル・ドサリ 
FW アル・ムワラド

監督 ピッツィ

【試合前の展望】

どう考えてもウルグアイ勝利以外にない。もちろん開始3分で退場者が出るなどの不測の事態が生まれれば別だが…

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ