つよきす3部作やってます⑪1学期エリカルート

まーた少し時間が空いちゃったけど、今度は正真正銘こちらの都合だ。
エリーの傍若無人ぶりに、ちょっとイラっとしてしまってな。
同時期に読んでいたミステリ小説の方に逃避してしまったのだ。

で、エリールートの話に移るんだけど……エリーは本当に人格破綻者やなぁ。
人格破綻者というか、平たく言って無神経な「ガキ」。


6月19日、エリーに告白して「とりあえずのOK」をもらうレオ。
しかしそれは、「恋人」というよりは「恋人契約」という名称に相応しい
「お嬢さまの気まぐれ」にすぎなかった。


6月25日に行われる、校内バトルロワイアル銃撃戦は意外と読ませる出来。
『狡猾なよっぴーの意外な活躍』といい、『正面からぶつかるけどスタンド・アローンな乙女』、
『強いけど、抜けてるエリー』といったキャラクターの特徴がしっかり描けていてポイントが高い。


6月26日。レオが姫の痛いところをついて、なしくずし的に手コキH。
「姫は独裁者ではなく、独裁者に憧れているだけ」というのは、見事に姫のパーソナリティを言い表している。
そこにカッチーンと来てしまう、器の小さいエリーなのであった。

6月30日あたりにも似たようなやりとりで大喧嘩するが、エリーが風邪をひいたせいか7月1日の
体育祭本番では何事もなかったように二人はやりとりをしている。
ここら辺は、風邪でうやむやになったとみるべきか、ライターのミスかは判断しづらいところ。
言っちゃなんだが、エリーはかなり心が狭いので、ここで切られていてもおかしくないと思った。


7月15日、姫とシックスナインをしている最中にレオが逃げ出す。
このルートはほとんど全般的に姫がクズでレオはまともなのだが、唯一、ここのシーンだけはレオの方が謎だ。
だがまぁ、スバルあたりから説教を食らって元鞘に戻るので良しとしよう。
この辺りになると、姫もレオに「本格的に」関心を持つようになっている。

その後しばらく姫は多忙である。

8月11日、エリーとよっぴーのガールズトーク。
エリーはようやく、レオに恋をしている事を自覚し、同時に「恋をする女の子の気持ちが解るようになった……」などと供述しているが、多分まだわかっていない。

8月18日 姫と楽しいボートのデート。この辺、『デレ』てきてかわいらしい姫の魅力を堪能する事が出来る。姫が本格的に『デレ』るのは対馬家での初Hの後から、というのもポイントだ。
SEXをすると愛着が湧く~というやつだと思う(多分)。

しかし8月28日、突如姫から「交際終了」宣言が出る。
恋にうつつを抜かし、本来の「野望」の妨げになるという事だけど、この「野望」とやらが
全く具体性に欠けるのはエリールート全体の問題だろう。
恋愛よりも大切なものは存在する。だから恋愛よりも夢を取るというのは、解らないでもない。
しかしその夢が、何一つ明確に語られないというのは恋愛モノとしては困る。


というわけでしばらく鬱るレオ。
ここで、愚かなエリーが要らんことをしてしまう。
友人のよっぴーを炊きつけて、レオに告白させたのだ。
この辺り、エリーが『恋を解っていない』のは明白である。


ここで選択肢が出る。
よっぴーの告白を →受ける『聖域の崩壊』ルート
         →断る「エリー」本編ルート

になる。

初回の僕は、よっぴーの告白を受けた。
だってあんな自分勝手なエリーより、よっぴーの方がいいでしょ…僕は来るもの拒まない主義なのよ。


すると、よっぴーにレオを取られて悔しくなったのかエリーが、略奪愛を試みる。
この辺りの奮闘ぶりがなんとも自己中かつ健気(矛盾しているがw)で、三角関係スキーな僕としてはポイントが高い。

エリーの再告白に対して →よっぴーを捨ててエリーとくっつく→友情崩壊エンド
            →よっぴーと付き合い続ける。エリーを振る→エリー失恋エンド


となるわけだが、このエンドはどちらもなかなか読ませるところがある。
特に「エリー失恋エンド」は、エリールート本編よりもよほど良いのでは? 
これでエリーも「失ってはいけないもの。失ったら取り返しがつかないものがある」事に気づき、
少しは成長すると思う。
「鼻もちならないガキ」が、「恋」を知り「痛み」を知って、「成長」していくストーリーで、
レオとよっぴーも幸せそうだし、いいエンドだと思う。

一方の「友情崩壊エンド」もエリーの成長という意味では変わらないが、レオ君があまり幸せそうじゃないので、ちょっと残念だ。


以上の「聖域の崩壊」ルートに比べると、エリールート本編の方はそこまででもない。
全校生徒の前で告白をした、というところだけは良かったが、まぁそれくらいだ。
個人的には、生徒会室で何度もHをしているので、その声も全校放送してほしかったね!
と思ったんだが、俺だけですか? そうですか。
羞恥プレイ大好き!


一本のルートではなく、何個かにルートが分岐するので感想を書きづらかったね。
むしろ一本ずつ、記事を分けた方が良かったかもしれない。



SーE

レオ B
エリカ B-
(よっぴー A-)

シナリオ B 「聖域の崩壊」 B 「エリールート本編」 B-
羨ましさ C+ 
青春度 B

Hシーン C+
学校でのシチュが多いのは興奮する。ただし、SEXは2回と意外に少ない。
僕自身尻好きでもないし、Mでもないので……。

データ(エリカルート本編)
    シーン回想数4
    レオの射精回数:7+10+1(選択肢によって変わる)
    sex回数:2+4回 H日数:6+4日
    エリカの逝った回数:多分0



総合満足度 B-

シャーロック・ホームズの冒険 感想

評価はB+。


大昔に読んだ記憶があるシャーロック・ホームズ。
僕のイメージでは「頭脳が冴える上に、スポーツマン。格闘術も強い、文武両道の男」。
ちょっと皮肉屋ではあっても、スーパーヒーローのようなイメージがあった。
……とんでもなかった。こいつは、正真正銘の『コミュ障』だ。


ホームズに対してヒーローのようなイメージを持っていたのは僕だけかもしれない。
この記事を読んでくれている皆さんにとっては、「何を今更」な話かもしれない。
しかし僕にとっては結構な衝撃だったのだ。


「ぼくの友人はワトスンしかいないよ」(「五つのオレンジの種」) 


まずこれである。確かにワトスンくらいしか出てこない。


恋愛に関しては、まるで場違いな人間になってしまう。そういった感情を口にするとき、ホームズはあざけりや皮肉をまじえずにはいられない。(「ボヘミア王のスキャンダル」) 


二つ目の爆弾はこれだ。確かにホームズものにおいて、恋愛要素は皆無である。


以前、BL(ボーイズラブ)の世界ではホームズとワトスンのカップリングがある~という話を聞いたことがある。
その時は、見栄えのするイケメンのホームズと、気のいい若者ワトスンの颯爽としたカップリングを思い浮かべたのだが、この本を読む限りどうも違うようだ。



 あらゆる社交を毛嫌いし、(中略)下宿に引きこもり、古書の山に埋もれていた。


片付けもしない引きこもりである。スーパーヒーローどころの話ではない。
ちなみに僕も片付けができない。
元がインドアなので、親近感を抱いてしまう。
スーパーヒーローへの憧れではなく、もはや同類(ダメ人間)への親しみである。


 そしてある週はコカインにふけり、またある週は意欲満々で大望を抱くといったことを交互に繰り返していた。


これはヤバい。いくらなんでもヤバい!
この男、麻薬中毒なのである。しかもなんか躁鬱病っぽい。


麻薬中毒の引きこもりで、恋愛には無関心。友だちもワトスンだけ。
しかもそのワトスンに対しても


「これはすごい。ワトスン、きみはずいぶん進歩したね。とてもみごとだよ。たしかに重要な点はぜんぶ見落としているが、手法は正しい」(「花婿の正体」)


といった具合で、しょっちゅう「上から目線」で自らの頭の良さを誇り、ワトスン君の鈍さを皮肉るのである。
そして


シャーロック・ホームズとつきあっていると、いつも自分の鈍さを思い知らされて、落ち込んでしまう(「赤毛連盟」)

とワトスン君を凹ませてしまっているのである。
これでは友達がいないのも無理はない。
むしろ、ワトスン君はよくホームズの友達を続けているものだと感心する。

何しろワトスン君は、奥さんがいる。医者である。
こんなホームズに対しても、優しく接しているのだからきっと友達も多い事だろう。
麻薬中毒の名探偵ホームズよりも、明らかにワトスン君の方が「リア充」であり「勝ち組」なのだ。
事件がなければ、ホームズは取柄すらなくなってしまう。


しかし……。
そんな「勝ち組」であるワトスン君は、どうしょうもないホームズを見捨てない。
そこにワトスン君の暖かさ、優しさを感じ、読んでいてホロリとしてしまうのだった。


ホームズほどではないとは思うが、「コミュ障」見習いの僕に付き合ってくれている数少ない友人に感謝を。
そして、願わくばワトスン君のような心の広い親友を、これから先の人生で作っていきたいと思った。



現在の活動 1/22更新(大体前日の19時~当日の1時ぐらいにフライング更新してます)

近況+生存報告記事です。

本日のメイン 特に重点的に行なっているものに、☆をつけます


しばらくは「古典海外ミステリ」+「つよきす」の二本柱を中心に。


☆読書

ミステリ祭り開催中。

エラリー・クイーンの「十日間の不思議」を読み始めました。


以下、ミステリ祭りで読む予定の本

女彫刻家
多摩湖畔殺人事件
捕虜収容所の死
伯母殺人事件
房総武蔵野殺人ライン
野獣死すべし


☆エロゲ

・「つよきす3部作」プレイ中
(「つよきす2学期」→「つよきす1学期」

乙女ルートと祈ルートが終わりました。
エリカルートクリア。次はよっぴー。




●ドラマ

チームバチスタの栄光 

孤独のグルメ シーズン3~6 

いつになるかわからないけど、確実にそのうち見ます。


●漫画

いろいろ読みたい漫画がたまっているけど、とりあえず
33巻まで読んで止まっている、「ちはやふる」の34~36巻は絶対読む。


ストック

・49/52(3/14)



2017年6/1以降に読んだ小説

ライラの冒険2
ライラの冒険3
火星年代記(再読)
吉川英治三国志
鳴門秘帖
庵堂三兄弟の聖職
巨大投資銀行
起業前夜
警官の血
影武者徳川家康
国盗り物語
オレたちバブル入行組
起死回生
チームバチスタの栄光
ブレイブ・ストーリー
マヴァール年代記
デイビッド・コッパーフィールド
Xの悲劇
エジプト十字架の謎
ギリシャ棺の謎

Yの悲劇
試行錯誤
黄色い部屋の謎
災厄の町
マイ国家
毒入りチョコレート事件
Zの悲劇
途中の家
オランダ靴の謎
赤毛のレドメイン家
第二の銃声
トレント最後の事件
奇岩城
813
時の娘
沙高楼綺譚
ひまつぶしの殺人
シャーロック・ホームズの冒険
翠迷宮

2017年6/1以降にクリアしたゲーム

ヴァイブレーション(同人)
コピークエスト(同人)
竜王ちゃんの野望(同人)
Venus Blood Brave


こんな感じで頑張ってます。
Twitterには鍵をかけてしまったので、feeは何をやっているんだろう?
と思われる方がいれば、これが答えになるかなと思いまして。
まぁ、僕の動向を気に掛ける方なんていないかもしれませんがw そんな感じです。



直近で読む予定の本

らせん
ループ
半分の月がのぼる空
三国志(北方謙三)
クレイジーカンガルーの夏
クレイジーフラミンゴの秋
ラブコメ今昔


(そのうち読みたいミステリ:いつ読むかは不明。読まないかもしれないが、読む可能性は高め)
スイートホーム殺人事件
九尾の猫
ジェゼベルの死
薔薇の名前
殺人症候群
39階段
見えないグリーン
わらの女
シンデレラの罠
ホッグ連続殺人事件
ウッドストック行き最終バス
星を継ぐもの
黒死館殺人事件
殺人鬼
本陣殺人事件
獄門島
鷲たちの盟約
妖異金瓶梅
憎悪の化石
占星術殺人事件
ラバーソウル
死神の精度
殺人者の烙印

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ