トーナメント1回戦  イングランドVSセネガル

  イングランド  3-0      セネガル

試合内容 B+
個人的MOM MF ジュード・べリンガム(イングランド)

GK ピックフォード 6・5     エドゥアール・メンディ 6
DF マグワイア 6       クリバリ 4
  ストーンズ 6       ディアロ 4
  ショー   7       ヤコブス 4
  ウォーカー 5・5       サバリ 4
MF ライス 6・5        シス 4
  べリンガム 7      ナンバリス・メンディ 4
  ヘンダーソン 7      ディアッタ 4
FW サカ 6・5        エンディアイェ 5・6  
  フォデン 7         ディア 6
  ケイン 6          サール 5・5

監督 サウスゲイト 7・5      シセ 5

交代(イ)
   サカ→グリーリッシュ 5
   フォデン→ラッシュフォード 5
   べリンガム→マウント 5
   ストーンズ→ダイアー? 
   ヘンダーソン→フィリップス ?

  (セ)
   シス→パぺ・ゲイェ 4
   エンディアイェ→パぺ・マタ―ル・サール 4・5
   ディアタ→ディエン 4
   ディア→ディエディウ ?
   ヤコブス→バロ・トゥーレ ?


予想外、の一言に尽きる。
結果が、ではない。結果は順当にイングランドが3-0で勝利した。
予想外だったのは内容だ。

べリンガムを軸に、ヘンダーソンサカ、フォデンが織りなした攻撃のコンビネーションが、
『退屈なイングランド』のイメージとはあまりにそぐわないものだったのだ。

20年も昔のエリクソン監督就任以来、イングランド代表が面白かった記憶は全くない。
現サウスゲイト監督でもそれは同じで、セットプレーと、サイドの走力を活かした縦一直線のロングカウンターしか武器がない、そんなチームだった。
(縦一直線のロングカウンターというのは、昨シーズンのマンチェスター・ユナイテッドみたいな感じ)

それが、前線のプレスからショートカウンター、足元で繋いで崩しを見せて、流れの中から3ゴールを決めた。

別段スペクタクルにあふれていた、というわけではない。
ただ、少なくとも『退屈ではなかった』
(逆に言えば、その程度の事でも大騒ぎするほど、今までのイングランド代表は退屈だった)

守備は元々固いイングランドの事、セネガルにほとんどつけ入る隙を与えず3-0の完勝
準々決勝のフランス戦でもこのサッカーを貫いてくれるのか、に注目したい。

トーナメント1回戦 フランスVSポーランド

    フランス  3-1    ポーランド

試合内容 B
主審 D
個人的MOM FW キリアン・エムバペ(フランス)


GK  ロリス 6・5     シュチェスニー 7       
DF ヴァラン 7    グリク 5
  ウパメカノ 6・5   キヴィオル 5
  クンデ 6     ベレシンスキ 5・5
  テオ 6・5      キャッシュ 5・5
MF チュアメ二 7   クリホビアク 5
  ラビオ 6・5      シマンスキ 5
FW グリーズマン 6・5 MF カミンスキ 5・5
   デンベレ 6・5     フランコフスキ 4・5
   エムバペ 8     ジェリンスキ 4・5
   ジルー 6・5   FW レバンドフスキ 4・5


監督 デシャン 9   ミフニエビチ 5

欠場者(フ) DF リュカ(負傷:大会絶望)
       DF パバール(監督との確執)

交代(フ)チュアメ二→フォファナ 6
     ジルー→コマン ?
     デンベレ→テュラム ?
     クンデ→ディサジ ?

  (ポ)シマンスキ→ミリク 5・5
     カミンスキ→ビエリク 5
     クリホビアク→ザレフスキ 5
     フランコフスキ→グロシツキ 6
     キヴィオル→ベドナレク ?



引きこもり6バックで予選を突破してきたポーランド。
今日は、『やや』前線からのプレスも冴え、左サイドバックのベレシンスキのオーバーラップも見られたが、そこまで。
『レバンドフスキの持ち腐れ』という印象は、今大会最後まで拭えなかった。

対するフランスは危なげない勝利。
前線4枚の有機的な攻撃から、ジルーが1ゴール(謎のゴール取り消しがなければ2ゴール)、
エムバペは圧巻の2ゴールで勝負を決めた。
イエローカードをもらっているチュアメ二や、カード累積の恐れがあるクンデを下げる、デシャン監督らしい細心な采配も見事
ポグバとカンテという中盤の主戦力を2枚失っているのは痛いが、それ以外は前回大会から戦力は落ちていない
前回大会に比べてデンベレが勢いを増している点も好材料で、一時は怪我人続出でどうなるかと思われたフランス代表も、ブラジルに次ぐ優勝候補に名乗りを挙げてきた
面白さ・スペクタクルさで言うなら、前回大会よりも圧倒的に上だ。
ただ、中盤から前は誰一人として代えが効かない選手層の薄さは心配ではあるが……。

なお、この試合の主審はジルーのゴールを取り消してみたり、ポーランドに神経質なハンドPKをプレゼントしてみたり
(本大会の基準ではこの手の、ちょっと手に当たっただけのハンドはPKを取らなかった)、
ポーランド贔屓にしか見えなかった。

試合に大勢はなかったものの、個人的にジャッジに不快さを感じたのは大会通じて2度目であり
(これは、以前の大会に比べて異様に少ない。前回大会は決勝からして神経質ハンドPKがあったし)
ストレスが溜まった。

今夜の試合展望2日目

 ☆フランス(70)VSポーランド(30)

引きこもり5バック守備+前線のレバンドフスキで勝ち上がってきたポーランドと、
脅威の4トップでオーストラリア、デンマークを蹴散らしてきたフランスの一戦。

ポグバ・カンテの負傷欠場により中盤の支配力が、今大会のフランスは中盤に弱みがあるが、
ポーランドが相手ならこの弱みは大して影響しないだろう。

このようなベタ引き守備のチームを相手にフランスの4トップが苦しむ可能性はあるが、
前日のオーストラリアをアルゼンチンのメッシが打ち破ったように、
フランスにはエムバペがいる。

ポーランドは偉大なストライカー、レバンドフスキがいつも孤立しており、脅威となっていない。
それは毎大会(Euroも入れれば5大会目)繰り返されてきたポーランドの弱点だ。

せめて、レバンドフスキをサポートするミリク+ジェリンスキを同時起用してほしいところなのだが、
それをしたところで、問題が完全に解決するわけではない。
まして保守的なミフニエビチ監督は守備固めを選択するだろう。

固く、エンタメ性の薄い試合になりそうな予感がする。


 ☆イングランド(78)VSセネガル(22)

低重心の守備ラインからの、ロングカウンターと言えば、イングランドの代名詞だ。
後方でがっちりと守りボールを奪えば、
前線のサカやラッシュフォード、スターリングなどにどんどんボールを送っていく。

セネガルの武器は、相手スペースの背後を突く右サイド、サールの突破力で、
ここはイングランドのルーク・ショーとのマッチアップなるだろう。
オーバーラップでサバリが加勢できればイングランド左サイドを切り崩す事も可能だが、
ロングカウンターを恐れ、人数をかけられないようならセネガルのゴールは遠い。

イングランドは、リズムを掴めずともセットプレイからの一発があり、
容易に崩れない手堅さがある。

まぁ、このワールドカップ記事を読んでいただいている方には、
僕がイングランドのようなサッカーが嫌いな事は既にバレバレだろうとは思うが、
それと勝敗予想は別である……。


記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ