鈴&美魚 メモ

☆棗鈴

鈴ルート、とはいうものの実質的には「リフレイン入門」みたいな感じ。
老いた猫とのお別れ。
杉並さん。

鈴からの告白(鈴の方が成長している)
謙吾や真人や恭介ともずっと一緒にいられる。

レノンの尻尾に恭介からのメッセージ


「いつまでもリトルバスターズじゃ、子供のままじゃいられない」

謙吾「もし、誰もいなくなったとしても。俺が一人で続けてやる」


交換留学に行く鈴 突き放す理樹
本気で突き放す恭介(着信拒否など:正直酷すぎ)


交換留学先から逃げて、鈴の祖父の家に行く
お金がない。畑で働く。ナルコレプシー

貧窮生活。警察に追われ、バッドエンド。

鈴と別れたことの示唆(鈴はどうなったのか不明。普通に別れた? 学校にもいないような印象)


☆西園美魚

以前、西園さんは、呼んでいる本を知りたいと思うことは、『わたし』を知りたいと思う事だ、と言った。
ならば、その人の作品を読みたいと思うことは、やはり『その人』を知りたいと思う事かもしれない。

短歌の合作(遊び心のある選択肢)


白い紙飛行機、青い海、青い空、どこまでもずっと飛んでいく

白鳥 海の青 空の青  『白と青のイメージ』

水平線 海と空との狭間


美魚の存在感が薄れていく。そして現れる美鳥。


右手で持っていた傘が傾いた。
初夏の日差しが西園さんの顔に当たる。
色白い頬が桜色に染まる。
淡い美しさに、僕は見とれた。
その桜色は、名を冠された花と同じようにすぐに散ってしまった。(略)
その時間は、ろうそくが燃え尽きる直前の一瞬のきらめきだった。


リトルバスターズ、悪くなかったです。正義の味方ではありませんでしたけど、私の味方でした。


若山牧水の短歌をモチーフにした、非常に詩的なルート。
詩的というのは善し悪しで、透き通るような美しい描写が印象的な一方で、
地に足がついていないというか、『なんでもアリ』なファンタジー世界で『なんとなく』わかったような気にはなるものの、『なぜそうなるのか』がほとんどわからないということでもある。
美魚ちんは最高にかわいい。美鳥ちゃんもかわいい。それはそれでいいんだが。

あと、Hシーンで自分から抱かれに来ているのに、脇の処理をしていない美魚ちんが面白かった。

『誰にも交わらずに、孤独でありたい(自分の純粋さを保ちたい)』美魚が、
『他人の人生を追体験するために、本を読む』事。

前者は偽の願い。誰かと交わる事こそ、美魚の真の願い。



シナリオ6.5
キャラ 9(美鳥は7.5)
うらやま 7.5
エロ 2

くらい

☆能美クドリャフカ メモ(落書き)



コウモリ=鳥でもない、獣でもない
クド=外国人でもない、日本人でもない

模試(実力テスト)のため、クドに勉強を教えるうちに仲良くなる

夢を見ているんです。つらくて、こわくて、かなしい夢

クンニシーンが少しエロい

「うぅ、いやです、えらぶのはいや」

ロケット失敗ニュース
「そうだ、わたし、思い出しました」
「そうだ、そうでした。わたし、これをみて」

ロケット失敗 化学汚染
暴動


アンテナ塔の爆破
「テレビで見た通りだった」(ループ)

「国費を無駄遣いした挙句、逃げ出した出来損ない???」


クドを選ばないと、宇宙の本を捨てているクド。


誰も悪くなくて、責任を取るべき人がいない。

「自分よりも優れたと思われる存在が身近にいるという悩みは、当人が一番感じることでしょうね」

「片道切符だったのです。彼女は戻ってこなかった」

宇宙に行って戻ってこなかった犬
=故郷のテヴアに行って戻ってこなかった少女


突然最後に理樹とクドがテレパシーする(意味不明)

「わたしはあとで知りました。修学旅行に行く直前の事です。私は帰ることができたのに、しなかったのです。だから『今度は』」

「それは、『あと』から手に入れた堕ちたロケットの欠片。私の気持ちの残骸です。
リキが捨ててくれれば、もう心残りはないはずです


手を伸ばすこと。三枝ルート。クドルートに共通。

リキと鈴さんがたどりつけますように。
行かなかった後悔と、気持ちを伝えきれなかった後悔。

ヒロイン(クド)の心残りが消えれば、ループが終わる?

ラスト。修学旅行前に届いたドッグタグと母のDVD、修学旅行後に届いた祖父からの手紙。


幾山河越えさり行かばさびしさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく 牧水

「帰りを待つことができるのは幸いです。帰りを待つことができる人は幸せです」

小鞠「バスに乗る時に見ていたから」(小鞠も上位存在? というかもうリキと鈴以外全員上位存在かもな)


悪い話じゃないけど、全体的に日常シーンはダルく、そこからの急展開は突然ファンタジーが始まったりと色々と不満も多いルート。
前回やった時よりもクドはかわいく感じた。


シナリオ 4・5
キャラ  5・5
エロ   4
うらやま 4くらいか

リトルバスターズ 三枝葉留佳ルート メモ(備忘録以外の何物でもない。対談用メモ置き場)

☆三枝葉留佳


一番しんどかった記憶のあるハルカさんからいきまーす。
リトバスは、『ミステリ』的要素が強いなと感じます。


葉留佳ルートの『鍵』は『双子・お父さん(生年月日)』。


幼児虐待『箸を使えず殴打される』
『あの人たち』に当たり散らした。そんなわがままが許された

幼児虐待者と『あの人たち』は別人。さらっとした一文で主語のすり替え。





嫌いじゃないけど好きじゃない、 あそこにいたいけどいたくない
自信のなさ
冷たい家庭


・今日『は』来てくれた。うれしかった。何度誘っても慣れない。断られたらとてもつらい
からだや、あたまがぎしぎし痛んで何も考えられなくなる。
好きなひとからどうでもいいって思われるのは。
構ってもらえないのは、とても苦しかった。
他の子と違って、私は自分に自信がない。
かわいくないという自覚はあったし、それに私は、他人が怖かった。
私は要らない子だったから、誰にとってもそうだったから。
勇気を振り絞って言っても……受け止めてもらえることなんてなかった。
誰かのせいじゃない。私が、こんな子でしかないからだ。
私は、私でいちゃいけないんだ。だからせめて、道化の仮面をかぶっていようと思った。

『思い出のベンチ』
気まぐれに、缶蹴りに誘われた。あなたの小さな気まぐれが、奇跡のように思えた
だから『今を繰り返していたかった』

誘ったのは誰? リキ?


今日『は』嬉しい。けれど、『来てくれる度(何度も来てくれている)』に、邪魔が入る。

他の子たちとは違って、私はそれ以上求めない(他のルートに入った理樹の事も覚えている?)


(何回も誘っている事への示唆? あるいは、自信がないから毎回毎回手探りなのか)

「毎回毎回慣れっこだからさ、今回も大丈夫。これでおしまいだろうから……」

カナタ『あなたたちは懲りてない』

『あなたにそう言われるのは慣れたわ。毎度毎度のことだし』

ハルカ『こんなの覚えてない。どうしたらいいのか、わからない』

ハルカも『上位』

同時に受精した双子。比較される姉妹。優れている方が二木。劣っている方が三枝という認定。

カナタの父親こそが三枝晶?


拠り所を全てなくせば元に戻る。


入れ替わりを解くカギは『シフォンケーキ』

髪の匂い
ミントの香=カナタ
柑橘系=ハルカ

鋏を手に取ろうとする『右手』


カナタパパと、二木の叔父は別人。こういう処理が、人物関係を非常に解りづらくしている。


ビラや中傷は犯人不明(犯人カナタ? 2割程度)

修学旅行に今度行く話(過去バナ?)



感想

「カナタ、両親は悪くなかった。世界に悪い人はいなかった」で終わっているけど、
「三枝二木一族」はみんなクソヤローじゃん。悪い奴だらけですよ。学校でのハルカの待遇も改善されているように見えないし、これで終わりでいいの?
最後の説得力なさすぎない? まぁ完全ハッピーエンドじゃなきゃダメってこともないけどさ






記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ