準決勝 イングランドVSクロアチア(1-2)

・セットプレーでは無類の強さを誇り、オープンプレイでは大した事のないイングランド。
ここまで極端なチームも珍しい。名キッカー、トリッピアーのキックが、イングランドの攻撃の全て。
そう言い切ってもいいぐらい、トリッピアーのキックは今大会のイングランドを支えてきた。

・トリッピアーのセットプレイに合わせるのは、空中戦で無類の強さを誇るマグワイア、ストーンズ。そしてケイン

・多彩なセットプレーを用意してきたサウスゲイト監督の手腕も見事だった。

・だが、オープンプレイの迫力のなさは、この代表チームの限界だった。攻撃をする気がない、一部の引きこもりチームとは違い、アリやスターリング、リンガードといった選手が攻撃的な姿勢は見せている。しかしクオリティが低い。オープンプレイの攻撃力は、大会中でも中位以下だろう。

・守備力に関しても、あまり褒められたものではない。スウェーデン戦を除き、全ての試合で失点。パナマにすら失点している。とはいえ、この戦力でベスト4は、いくら相手に恵まれたとはいえ、素晴らしい戦いぶりだった。

・3試合連続の延長戦。決して諦めないクロアチアは、マンジュキッチを中心に気持ちを前面に出して闘っていた。今日特に凄かったのが、ペリシッチヴルサリコの2人。
1得点1アシストだけではない。相手を追いかけ、ボールを奪回し、攻撃に絡み、アグレッシブにシュートを撃つ。7つの肺を持つかのようなスタミナとアグレッシブさで、ペリシッチはこの試合の主役となった。
ちなみに、僕が10点満点をつけたのは、今大会初めてである。

・ヴルサリコは、トリッピアーと並び大会を代表するSBに成長した。この試合でも、ストーンズのあわやのヘディングをライン上でクリア。先制点をアシストするなど、大車輪の活躍だった。

・守っては守護神スバシッチの安定感も心強い。モドリッチ、ラキティッチだけじゃなく、サイドのレビッチとペリシッチ、そしてマンジュキッチと、攻撃陣はほぼ完璧で、オープンプレイでは完全にイングランドを凌駕していた。


・個人的な感情で恐縮だが、フランスはベルギー戦でのあの時間稼ぎで、応援する気がなくなった。
クロアチアはこんなに苦しい試合でも時間稼ぎなどせず、最後までゴールを求めて攻めた。
大国と呼ばれるアルゼンチン、そしてイングランドを中盤で圧倒できるクロアチア。

決勝の相手はフランスで、さすがに苦しいが、是非頑張ってもらいたい。
戦力的にもフランスが完全に優勢だが、最後までひたむきに戦うチームに優勝してもらいたいと思っている。






娯楽度 9・5

イングランド代表採点  6・5

GK ジョーダン・ピックフォード 6・5
CB カイル・ウォーカー 5→ジェイミー・ヴァーディ― ?
  ハリー・マグワイア 6
  ジョン・ストーンズ 6
RWB キーラン・トリッピアー 7 
LWB アシュリー・ヤング 5.5→ダニー・ローズ 5・5
DH ジョーダン・ヘンダーソン 6→エリック・ダイア― 5・5
CH デレ・アリ 5・5
LWG ジェシー・リンガード 4・5 
RWG ラヒム・スターリング 5・5→マーカス・ラッシュフォード 6
FW  ハリー・ケイン 6・5

監督 ガレス・サウスゲイト 7




クロアチア代表採点 10

GK ダニエル・スバシッチ 6・5
RSB シメ・ヴルサリコ 8
LSB イバン・ストゥリニッチ 5→ヨシプ・ピバリッチ 6
CB ドマゴイ・ヴィダ 6
   デヤン・ロブレン 5・5
DH イバン・ラキティッチ 6
DH マルセロ・ブロゾビッチ 6
OH  ルカ・モドリッチ 6→ミラン・バデリ ?
LWG イバン・ペリシッチ 10 MOM
RWG アンテ・レビッチ 6→アンドレイ・クラマリッチ 5
FW マリオ・マンジュキッチ 7・5→ヴェドラン・コルルカ 5

監督 ズラトコ・ダリッチ 9

【欠場者情報】
FW 二コラ・カリニッチ 大会追放



大会前には全く予想も出来なかったカードだ。

事ここに至っても、イングランドの強さが今一つ言語化できない。
セットプレーは強い。間違いなく強い。
バリエーションも豊富で、サウスゲイト監督が綿密に用意してきた事が窺える。
キッカーを務めるトリッピアーの精度は高く、空中戦では大会最強とも思えるマグワイア、ストーンズ、ケインらに合わせる。

対戦相手にも恵まれた。パナマ、チュニジアを倒してベスト16。
コロンビア、スウェーデンを倒してベスト4。そしてクロアチアを倒せば決勝へ。
いわゆる列強国との試合は1試合もない。
また、『見ていて面白い試合』も特にない。
初戦のチュニジア戦が一番面白かったが、エキサイティングな試合はそれだけだった。
ベスト4にも関わらず、印象が弱いのはそのせいだろうか。

セットプレーは強い。しかし、セットプレー以外は?? 
アリ、リンガード、スターリングらがアグレッシブに攻めていくが、破壊力が高いとはお世辞にも言えない。
しかし、今日の試合はイングランドが有利だろう。


クロアチアは2試合連続で120分を戦い、疲労の蓄積が懸念される。
また、ヴィダの軽率な政治的パフォーマンスにより、ロシアファンからブーイングが飛ぶことも間違いないだろう。
モドリッチを中心に、レビッチ、ペリシッチ、マンジュキッチらが絡むクロアチアの攻撃は美しいが、
(PKキッカーとしてはともかく)ラキティッチは期待ほどの輝きを見せておらず、
控えを見回しても、バデリやブロゾビッチは良いとして、他に『戦力を落とさずに戦える』控え選手は少ない。特にモドリッチ、レビッチ、ペリシッチ、マンジュキッチの4人は代えが効かない。
GKスバシッチの負傷具合も心配だ。



つよきす対談始めました

ホームページオブ百合機械、管理人の残響さんと、
「つよきす」「つよきす3学期」の読書会を行いました。

ゲーム1本について、今回も8時間近くの対談(2本で16時間!)を行い、有意義な時間を過ごすことができました。
素晴らしい機会を与えてくださった残響さんに、深く感謝いたします。
楽しかったですw

対談の模様はこちらにて公開しております。


「つよきす1学期」

第1回 鉄乙女 2018 2/26公開

第2回 大江山祈 3/1公開

第3回 霧夜エリカ 3/4公開

第4回 佐藤良美 3/7公開

第5回 エリー&よっぴー 裏ルート 3/10公開

第6回 近衛素奈緒 3/21公開

第7回 椰子なごみ 3/28公開

第8回 蟹沢きぬ 4/6公開



「つよきす3学期」

第9回 鉄乙女 5/4公開

↓公開はしていたのに、ここで紹介するのをすっかり忘れていました!

第10回 橘瀬麗武 5/28公開


第11回 霧夜エリカ 6/10公開 

第12回 佐藤良美 6/25公開


第13回 椰子なごみ 7/11公開

以降全メインヒロインを取り上げていきます

準決勝 フランスVSベルギー(1-0)

マトゥイディ、ポグバ、カンテの3枚で潰して、エムバペ、グリーズマン、ジルーで攻める
手堅いカウンターサッカーでフランスが決勝進出。
クロアチア、イングランドいずれが来ても、フランスが優勢だろう。優勝に文字どおり王手をかけたと言える。

ヴァラン、ウンティティ含め、中央の守備は鉄壁だった。

・ただ、試合終了間際のエムバペとポグバの時間稼ぎは醜かった。もしベルギーにオタメンディがいたら、後ろから思いっきり踏まれて決勝に出られなくなったかもしれない。ラフプレーを肯定はしないけど、思いっきり蹴飛ばしたくなるような苛々させられる振る舞いだった。


・ベルギーはアザールを始め、メルテンスのアーリークロスなどを多用したが、ルカクが不発だったのは痛かった。

娯楽度 6.5

フランス代表採点 6・5

GK ウーゴ・ロリス  7
RSB ベンジャミン・パバ―ル 7
LSB リュカ・エルナンデス 6
CB ラファエル・ヴァラン 7 
  サミュエル・ウンティティ 7・5 
DH エヌゴロ・カンテ 7
CH ブレーズ・マトゥイディ 7・5 MOM→コランタン・トリソ 5・5
   ポール・ポグバ 5・5
RWG キリアン・エムパべ 5・5
LWG  アントワン・グリーズマン 5・5 
CF  オリビエ・ジルー 6・5→ステベン・エヌゾンジ ?

監督 ディディエ・デシャン 6・5

ベルギー代表採点 5・5

GK ティボー・クルトワ 6・5 
CB ヤン・ヴェルトンゲン 5
CB ヴァンサン・コンパニ 5・5
CB トビー・アルデルワイレルド 5
DH  アクセル・ヴィツェル 6
CH  マリアン・フェライニ 5.5→ヤニック・カラスコ 5
CH  ムサ・デンベレ 5→ドリーズ・メルテンス 6
RSH  ナセル・シャドリ 6→ミチ・バチュアイ ?
RWG ケビン・デ・ブライネ 6
LWG エデン・アザール 6
CF  ロメル・ルカク 4

監督 ロベルト・マルティネス 5・5


【欠場者情報】

RWB トーマス・ムニエ(出場停止)


【展望】

優勝候補と呼ばれたチームがどんどん消えていく。
恐らく、大会開始前、優勝候補の「2強」に挙げられていたのはブラジルとドイツだった。
その下にフランス、スペイン、ポルトガル。
更にその下にベルギー、アルゼンチンあたりが続く序列。
人によって違うかもしれないが、大体の世評はそんなところだったと思う。

さて、ブラジルは消えた。ドイツも消えた。
ついでに言えば、スペインも、ポルトガルも、アルゼンチンも消えた。
かくして、優勝候補と呼べる存在はフランスだけになった。


そのフランスはここまで盤石の戦いぶりを見せている。
ペルー戦から始めた、ジルー、グリーズマン、エムバペの3トップはカウンターで特に威力を発揮するが、遅攻でも(ラッキーゴールだったとはいえ)ウルグアイから2ゴールを奪った。
守備陣に関しても、それほどほとんど危なげがない。
現在残っている4チームの中では、最も完成されたチームと言えるだろう。


そんなフランスに胸を借りる形になるのが、今大会大旋風を巻き起こしているベルギーだ。
準々決勝でブラジルを破ったのだから、もう怖いものはない。
フェライニ、シャドリを投入した日本戦以来、攻守のバランスもやや改善されている。
懸念材料は、ムニエの出場停止だ。
アザールやデ・ブライネ、ルカクのようなスーパータレントではないが、
ベルギー独自の3バックシステムにおいて、『守備的なウイングバック』が務まる選手は、ムニエただ一人しか見受けられない。
ヴェルトンゲンあたりを強引にスライドさせて3バックを継続するのか、いったん4バックに戻すのか。
難しい選択だが、個人的には4バックに戻すのではないかと考えている。
どちらにしろリスクの高い決断だが、コンパニが復調した今、DFの人数自体は揃っており、
より現実嗜好の4バックを敷いたとしても、前線の3人(デ・ブライネ、アザール、ルカク)である程度の攻撃力は担保できるからだ。

これが恐らく*1事実上の決勝。注目必至の好カードだ。




*1 Euro2016でも準決勝の「フランスVSドイツ」を事実上の決勝と評したら、伏兵ポルトガルが決勝でフランスに勝っちゃいましたがw


記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ