グループE 日本VSスペイン

日本  2-1   スペイン

試合内容 A

個人的MOM FW 堂安律(日本)


GK 権田 6    ウナイ・シモン 5・5
DF 吉田 6・5    パウ・トーレス 5
  板倉 5・5    ロドリ 5
  谷口 6    バルデ 5・5
  長友 5・5    アスピリクエタ 7
  伊東 7  MF  ブスケッツ 5・5
MF 守田 6     ガビ 5・5
  田中 7     ペドリ 5
  久保 5  FW  ダニ・オルモ 5・5
  鎌田 5    ニコ・ウィリアムズ 4
FW 前田 5・5    モラタ 6

監督 森保 9    ルイス・エンリケ 6


交代(日)
   長友→堂安 7・5
   久保→三苫 7・5
   前田→浅野 6
   鎌田→冨安 6
   田中→遠藤 ?

  (ス)
   アスピリクエタ→カルバハル 5
   モラタ→フェラン 5
   ニコ→アセンシオ 6
   バルデ→アルバ 5・5
   ガビ→アンス・ファティ ?


さて、まず、日本、本当にベスト16進出おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!

ドイツ、スペインに勝って突破なんて、こんなん予想できないよ!!
しかも、(もちろん守勢に回ったとはいえ)誤審とか、謎のPKとか、事故のオウンゴールではなく、
きちんと崩して決めたゴール!!

日頃、日本代表から(というより、ナショナリズムから)多少距離を取っている僕ですら、
感動しました。
本当に、日本代表の皆さん、カタールへ行って日本を応援したサポーターの皆さん、ありがとうございました!!
あなたたちは、日本の誇りです!!


さて、ここからは少し冷静に。

グループEは2位で突破した方が、ブラジルやアルゼンチンを避けられるので、
場合によってはスペインが0-1敗戦を狙ってくるかな? 
という想像もしていたんですが、小賢しい事をせず、スペインは真っ向から勝負勝負に出てきました。


スペインはモラタを入れた途端にダニ・オルモとニコ・ウィリアムズが消えてしまっているのが、
0トップと1トップの善し悪しですね。
モラタは3試合連続で得点してくれたように、1トップで起用すればモラタはゴールを決めてくれるのですが、代わりに両翼が消えてしまうんですよね。
一方、アセンシオの偽9番を使った0トップを使えば、チーム全体のボール支配、パフォーマンスは上がるんですが、守備を固めた相手に対する力押しができない。

この辺がスペインの弱点だという事が改めてわかりました。
なんでボルハ・イグレシアスやイアゴ・アスパスを26人に入れなかったんや……

この試合はドイツ戦の再現かと思うように、前半先制され、後半から森保監督が攻撃的なサイドアタッカーの駒を次々に切っていき、勢いのまま逆転するという流れでした。
2ゴールに絡んだ堂安、1アシスト+守備面でも大貢献し、カウンターにも出た三苫も素晴らしかった。
伊東はウイングバックで献身的に走り回り、最終ラインは谷口が強靭さを見せ、
中盤では田中が遠藤ばりに1対1のデュエルで負けずに頑張りました。

素晴らしかったです。


グループF ベルギーVSクロアチア

       ベルギー  0-0      クロアチア

試合内容 C+
個人的MOM DF グバルディオル(クロアチア)

GK  クルトワ 6          リバコビッチ 6・5
DF  ヴェルトンゲン 6        ロブレン 6
   アルデルワイレルド 6      グバルディオル 7
    カスターニェ 6         ユラノビッチ 6
   ムニエ 6            ソサ 6・5
MF デンドンカー 6         ブロゾビッチ 6・5
  ヴィツェル 6          コバチッチ 5
   デ・ブライネ 6・5         モドリッチ 6・5  
  カラスコ 6・5           ペリシッチ 6・5   
  トロサール 4          リバヤ 4
FW メルテンス 4         クラマリッチ 4
監督 マルティネス 4         ダリッチ 6

交代(べ)
   メルテンス→ルカク 3・5
   トロサール→トルガン・アザール 5・5
   デンドンカー→ティーレマンス 5
   カラスコ→ドク 5・5
   ムニエ→エデン・アザール ?

  (ク)  
   リバヤ→ペトコビッチ 4  
   クラマリッチ→パシャリッチ 5  
   コバチッチ→マイェル 5

試合前の感想

前回2位のクロアチアVS前回3位のベルギー。
とはいえ、
賞味期限の切れたベルギーと、賞味期限継続中のクロアチアと以前の記事でも書いたように
ここまでパフォーマンスが終始低調なベルギーと、カナダ戦で復活したクロアチア。
引き分ければクロアチアが突破、ベルギーが敗退という構図。

_____________________________________________

3バック+1トップ(バチュアイ)のベルギーはここまでの2戦低調。
ここでマルティネス監督は、4バック+0トップ(メルテンス)という大幅な修正を加えてきた
頼れるベルギーの守備者がそもそも4人しかいないので、その4人を4バックに使ってきた。

しかし、前半を無得点に終えると、マルティネス監督は早々と0トップを諦めてルカクを投入
確かにあまり機能してはいなかったが、それなら最初からバチュアイを入れておいても良かったのではないかと思った。

ルカクは存在感だけでクロアチア守備陣に脅威を与えていたが、ルカク本人のプレイは「決めなきゃいけない」決定機を外してしまい、低採点。
カラスコ、デ・ブライネは効いていたのだが、それだけではクロアチアを崩せなかった。
最後の交代、エデン・アザール投入はもはやマルティネス監督が諦めたとしか思えず、ベルギーファンからもブーイングが出ていたほどだ。

結局、ベルギーの黄金世代はサイクルを終えた。
大ベテラン勢だけではなく、エデン・アザールはレアルに移籍してからはもはや期待できる選手ではなく、
ルカクもチェルシー移籍で完全にフォームを崩してしまった。

ペリシッチやモドリッチが元気なクロアチアとは大違いだった。

趣味活動 予定表(???) 随時更新

ワールドカップ修羅場 11/22~12/3(1日3試合あるやつww)

☆現在とりかかっている作品 

予定における()付きは、やる・読む・見るか未確定のもの。
主に、新しい作家さんの作品など安牌ではないものや、見ても見なくてもいいかなーという試合などを指す。


ゲーム:アルノサージュ


読書:新平家物語/吉川英治  現在20巻/全24巻w


予定:
  (ナラタージュ/島本理生)
   雨鱒の川/川上健一
  (九月の恋と出会うまで/松尾由美)
   (サマータイムトラベラー/新城カズマ)
   忍法忠臣蔵/山田風太郎
   秘戯書争奪/山田風太郎

映像予定:孤独のグルメseason5~    
 
サッカー予定:ワールドカップ:

バスケ予定:




やる確率の高い積みゲー



☆95%

シュタインズゲート・ゼロ
White Album2
風雨来記3
メモリーズオフ ゆびきりの記憶

☆80%

メモリーズオフ8
アメイジング・グレイス
さくらの雲 スカァレットの恋
白昼夢の青写真

☆70%

レリーフ
White Album1

☆40%
星織ユメミライ
月の彼方で逢いましょう
カオスチャイルド
ゴールデンアワー
雨恋
冥契のルペルカリア



など


☆NIntendo Switchを買ったらやる確率の高いゲーム

ライザのアトリエ1 
ライザのアトリエ2    
ライザのアトリエ3(?)
シンスメモリーズ
ソフィーのアトリエ2
ルルアのアトリエ     
風雨来記4
ドラクエ11
ペルソナ5


PS4の方がやりたいゲームが多いけど、移動先でプレイしたいので本当はswitchが欲しいというジレンマ。
まぁ、現状のPSVita/PCだけでもこれだけのゲームを積んでいるので、急いではいません。



予定がずらっと並んでいて、日記までたどり着くのがしんどいので分けましたww


記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ