3/1 サッカー親善試合①<結果バレ>

はろはろ~笑顔
3月1日は、ワールドカップに向けて各国が親善試合を行いました。
私も4試合ほど観ましたので、チェックしていきたいとおもいまーす。

①クロアチアVSアルゼンチン 試合内容 B-
え~と、ネタバレされてから見た試合なんで、イマイチ盛り上がらなかったなぁ。
結果は3-2でクロアチアの勝利。とはいえ、試合全体を見ればアルゼンチンの方が遙かに巧いなぁ。MVPはメッシーとリケルメ(アルゼンチン)に。
アボンダンシエリは良いGKだと思うんだけど、今日は酷かった。
クロアチアはイタリアに勝ったりアルゼンチンに勝ったりと大物食いぶりは健在ですね。

②イタリアVSドイツ 試合内容 B+
結果は4-1でイタリアの勝利。イタリアのよさばかりが目立つ内容でした。イタリアのホームということを差し引いても、格が違う印象。ドイツ本当に大丈夫なんだろうか。
一番印象に残ったのはグロッソ(イタリア)
パレルモのサイドバックとして名前はよく聞いていた選手なのですが、あまりセリエAを見ないのでプレイを見たのは初めてでした。MVPはジラルディーノ(イタリア)。堂々たる今日のプレイぶりを見れば、本大会でも期待出来るでしょう。

で、それはいいんですが、これから放映する他試合のネタバレは勘弁してくれませんか?
クロアチアVSアルゼンチンへの興味がかなり失われたんですが>>NHK
……まぁNHKを攻めるのはお門違いだとわかってはいるけど、結果言うなら何か前振りくらいしてください。Wowowはそういうところ、きちんとやってくれますよ。

③オランダVSエクアドル 試合内容 D+
非常につまらない試合だったので、結果だけ。1-0でオランダの勝利でした。

ダカーポプラスコミュニケーション―桜色のドルチェ<ネタバレ>

さて、今日は読んだ本の感想などを。

岡崎いずみ著 ファミ通文庫 ノベライズ
「D.C.P.C.~ダ・カーポ~プラスコミュニケーション 桜色のドルチェ」 評価 E
ph.gif
 


凄い勢いで叩きますので、この小説や岡崎いずみさんのファンの方、叩きを読みたくない方はこの先は見ないほうがいいです。

いつも思うんだけど岡崎いずみって、すっごい下手だと思う困った
ここまで下手な文章家ってちょっと知らない。一人称、指示語、接続語がとにかく煩わしいんだわ。本当にリズムが悪い。日本語が変とかそういうわけじゃないんだけど、下手なんだな。なんだかんだで過去に6冊もこの人のは読んでいるので、あながち間違った指摘でもないと思います。……てか、嫌いなら買うなよ、自分宇宙人

手始めに本書P46~47に出てくる文頭の言葉だけを抜き出して見ます。

もっと~。その気持ち~。「本当に~」。すると~。「そうですよ~」。「うん~」。最後の~。「朝倉君~」。「ことり~」。『たしかに~』。いないより~。マシどころか~。そう~。そんな~。いつのまにか~。そして~。ずっと~。それから~。そのおかげで~。「風邪~」。「わかりますか?」「あぁ~」。『そんなこと』。「そんなこと」。「え?」。あっ~。「あっ~」。

これだけじゃ何のことやらさっぱりだとは思いますが、中盤の、そう~。の文からそのおかげで~の文までの異常な接続語の多用は目立つ事と思います。呼んでいて非常に単調に感じる原因の一つですね。うまく説明できないのがもどかしいですが……。

「この人になら勝てる」と本気で思える数少ない作家さんなので、読んでいると自信が出てくるというちょっと歪んだ楽しみ方もしてみたり。


少し内容に突っ込んだ話をします。まずことりの台詞に「○○っす」を使いすぎ。ゲーム本編ではそんなに乱用してません。「○○っす」は確かにゲームでも何度か出るけど、ことりのトレードマークではありません。「○○っす」を使えばことりだと思ってんのか? バカにすんな!(Byことり信者:笑) ゲームプレイ約6時間+FS約2時間半の約8時間半で出た「○○っす」よりも、読書時間2時間程度で出てきた「○○っす」の方が断然多いって……。
また、5~6箇所に誤字脱字も見受けられます。誤字脱字はライターさんの腕というよりは、ライターさんの推敲不足と、何より校正の腕が問われる部分です。
ケアレスミスでいうなら、P62の暦先生の杉並の成績のよさに驚くシーン。これはおかしい。三学期の話なのに、どうして今更杉並の成績のよさに驚くのか。もちろん、今回だけ杉並の成績が良かったというわけではないです。
P64。工藤の台詞「ことりを待っていたんだ」もおかしい。なぜなら工藤が待っていたのは、自分の教室。ことりにとっては隣のクラスの教室。工藤がもしことりを待っていたなら当然、ことりの教室で待っているべきでしょう。
しかし、そういった細かいところよりもP110の朝倉登場シーンに代表されるように細かい描写が一切欠如しているところ、一人称で書いておきながら主人公の感情がほとんど伝わってこない文章(私は、不安になった。とは書いてあっても、不安さが伝わってこない文章。不安さを伝えるために、文章のリズムを変えてほしい)。
はっきりいってこの人には文章のセンスが無いのでしょう。ぶっちゃけ、センスがあって読んでいて面白ければ、暦先生が杉並の成績に驚こうと工藤が変なところでことりを待っていようと良作なのです。そんなケアレスミスは気にならないのです。

誉められる点は一箇所。杉並の工藤に向けた優しさのシーン。こういう閃きが出来るんだから、もう少し文章の方もなんとかしてほしいもんです。

というわけで、桜色のドルチェでした♪ 迷っている方は、買わないほうが無難とだけ言っておきます。

Routes

昨日はESの方からも見てくださった方がいたようで、ちょっと緊張しました笑顔
他のレビュアーのサイトさんと違ってあまりエロゲーの話もしておりませんが、よろしかったらまたいらしてくださいね笑顔 

ルーツ終了~♪詳しくはESのネタバレレビューを見ていただきたいのですが……とりあえず点数付けです。

シナリオ 115/150
キャラ  125/150
絵     75/100
音楽&音声 45/100
システム&Hシーン 55/100
思い入れ 35/50
総合 450/650 ランク B+ ESに投稿する点数 74点。

点数だけ見るとぱっとしませんが、実は結構面白いゲームでした。
シナリオとキャラ、思い入れの高得点がそれを証明していると思います。
ボイスが入っていないので音楽&音声の点が低く、夕奈ねえさんを除いて全然えっちくなく、システムは必要最低限しかないので、システム&H点が低いのが影響しました。しかし、いってみればこれらは飾りみたいなもので、肝心の中身(シナリオ、キャラ)がしっかりしていたので、本音を言えば80点くらいあげても良かったような気がします。




Routesをクリアした方は、こちらもどうぞ。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ