なんとなくアンケートを取らせてください

とりあえず参考にさせていただきます、というのと、 純粋にこのブログの客層が知りたいというのがあって、やってみました。 ご協力よろしくお願いします。 (今回、ある程度の票数が集まって味をしめたら、色々アンケートで遊ぶかもしれません)

つよきす3部作やってます⑰3学期 乙女ルートクリア

前回で「つよきす初代」が終わって、今回から「3学期」です。


実は、有名な「初代」よりも「3学期」の方が面白かった記憶があるんですよね。
その辺はおいおい確認していくけど、乙女さんに関しては圧倒的に「3学期」の方が上かな。


乙女ルートは「拳法部大会」が物語の核になっていて、そこを境に前半と後半に分かれます。


①あかり先生の毒物により、乙女さんとキスする必要が生まれてドキドキ
(恋愛導入部)

②卒業生追い出し運動会で、乙女さんと二人三脚

③拳法部大会(前半) 『自主性』のないレオに乙女さんが激怒

④拳法部大会(当日) 卑劣な他校生徒にレオ怒りのローキック

⑤告白、エンディング


明らかに力が入っているのが③と④。
クライマックスに拳法部大会を持ってくるあたり、初代つよきす乙女ルートのクライマックス(VS村田の竜鳴祭)をオマージュしていて、心憎いなぁと思わされます。

(初代以来の)乙女さんのあのやり方じゃ、レオが自主性をなくすのも当然の帰結ですし、
その事を反省する乙女さんは、初代の傍若無人な姉とは違い、人間味を感じてとても良かったですね。
初代の乙女さんは嫌いですが、3学期の乙女さんは嫌いじゃないです。
まぁ依然としてあまり得意なタイプとは言えないですがw、読んでいて嫌な気持ちはしませんでした。
大会前日の乙女さんの説教は、必見ではないでしょうか。


伏線が『これでもか!』とばかりに貼られまくっていたのは肯定すべきか否定すべきか……
ちょっとやりすぎと思わなくもないですが……まぁここまで伏線を貼れば、忘れっぽいプレイヤーが時間を空けてやっても思い出せるので良いのかな。


大会当日。胸糞悪い他校との拳法対決ですが、『つよきすNext』の最終ルートとは違って、
ぶっ倒した時の爽快さ>>胸糞悪さのバランスになっていたのも良かったです。
『next』の方は、爽快さ<<胸糞悪さになっていたので、
もしまたさかき傘が『クソヤローをぶっ倒す』話を書く時は、この乙女ルートくらいのバランスでお願いします。
さらっと素奈緒に対する言及があるのも良いですね。
『キャラクター同士が、気持ちをぶつけ合う』シーンを盛り上げる手腕は、さかき傘はかなりのやり手だと思っています。


⑤の卒業式当日の告白、乙女さんの涙もポイント高いっすな。
と、このように『物語』を詰めていった結果、乙女さんとの本編でのHシーンは1回だけとなっております。告白自体、エンディングの直前になってるし。
でも、ろくにストーリーがなく、Hシーンだけが連打されていた初代乙女ルートより、
よっぽどこちらの方がいいでしょ。


①に関しては、まぁ『漫画的』だなぁとは感じます。
『初代カニルート』で既に行われている(カニルートでは、1日中離れない縄)とはいえ、『キスすると治る毒物』みたいな不自然なネタで、一気に距離を詰めるのはちょっとファンタジー入りすぎかなぁとは。
しかもこの手のネタは、確か他ルートでも使われていたはずで、恋愛を描くには『雑』ですよね。
この辺は『つよきす』という物語をどう捉えるのかにもよるのかも。
何でもありなお気楽ラブコメだと考えれば、アリですし、
よりリアル寄りの恋愛物語だと考えれば、ナシです。


厄介なのは『つよきす』という作品(とりあえず初代を念頭に置いています)自体が、
『何でもあり~ラブコメ』の要素と『リアル寄り~物語』の要素を兼ね備えていること。
ドラゴンボール的なドッジボール大会や、喋るインコなどを考えれば『何でもあり~ラブコメ』に一見見えますが
キャラクターの心の動きや、竜鳴館を一歩出た『社会』の描き方などは割としっかり地に足のついた側面を持っているだけに……。ま、つまんなくはないからいいとしますか。
強引すぎる力業ではありますが。


インパクトが弱いのは②かな。
ここはもう少し盛り上げても良かったと思うけど、まぁこれはこれでいっか。
二人三脚と言えば、初代つよきすカニルートを思い出しますけど、これに関してはあちらの方が盛り上がったかな。ライバルはやはり村田&西崎ペアという事で、手堅いオマージュです。


そんなわけで、初代のアイテムを借用できるのは後発作品のストロングポイントではありますが、
決して二番煎じではなく。
乙女さんの接し方と、レオの自主性といったあたりを再検討し、改めて姉弟の関係を再構築し直した
『つよきす3学期・乙女ルート』は、僕的にはかなりポイントの高いルートであります。



SーE

レオ A
乙女 B+
シナリオ A- 
羨ましさ B-(拳法大会には出たくないという意味でww)
青春度  B+
Hシーン B


データ(アフターストーリー込み)

    シーン回想数 2
    レオの射精回数:3発+14
    sex回数: 2+2回 H日数:2日+2日
    乙女さんが逝った回数:多分4

つよきす3部作やってます⑯つよきす1学期まとめ

 評価はS~E

霧夜エリカの感想記事 ヒロイン:B- シナリオ:B- エロ:B 総合:B- 
           レオの射精回数:9 SEX回数:3(よっぴーとの3P含む)


蟹沢きぬの感想記事  ヒロイン:B+  シナリオ:B+ エロ:B+ 総合:A-
           レオの射精回数:10 SEX回数:3  

鉄乙女の感想記事
         ヒロイン:D  シナリオ:C- エロ:D- 総合:D
           レオの射精回数:11 SEX回数:4 

椰子なごみの感想記事  ヒロイン:A+  シナリオ:B エロ:B 総合:A
            レオの射精回数:10 SEX回数:3

佐藤良美の感想記事   ヒロイン:C-  シナリオ:C エロ:B- 総合:C
            レオの射精回数:7 SEX回数:2

大江山祈の感想記事
   ヒロイン:C+ シナリオ:C+ エロ:D- 総合:C
            レオの射精回数:7 SEX回数:2  

近衛素奈緒の感想記事 
 ヒロイン:B シナリオ:B- エロ:B- 総合:B-
            レオの射精回数:6  SEX回数:3 

対馬レオの射精回数:合計 60(1ヒロイン平均8.42) SEX回数 20(平均2.85)



「2学期」が終わって、いよいよ元祖「つよきす1学期」。
良質なキャラゲーという印象で、シナリオやエロにはあまり期待せず、
ドタバタ楽しい学園生活を楽しみたい人向け。
テキストは読みやすく、ギャグはたまに寒いけど基本笑える。
特に対馬ファミリーの居心地の良さは特筆で、
みんなでバカをやりながらダラダラと駄弁る青春が味わえる。

シナリオはカニが他を引き離し、キャラはなごみが他を引き離す。
キャラは一見漫画的記号に満ちているが、ヒロインの心理描写はかなりリアル寄りで、
このアンバランスさが「つよきす」をヒットさせた一因じゃないかと思った。
ただ、やっぱり良い意味でも悪い意味でも、ヒロインの大半が尖りすぎな。

一癖も二癖もあるヒロイン達で、プレイヤーの多くは誰かしらに嫌悪感を抱くんじゃないかと……。
意味のない嫌悪ではなく、キャラ立ちしていることの裏返しでもあるので、
そんなところも魅力といえば魅力かもしれないが。


ちなみに1学期のレオは射精しすぎ。(1ヒロイン平均8.42回)
射精が早いだけで、エロテキストがじっくり濃厚で抜けるわけではないので勘違いなきよう。
参考までに2学期のレオは1ヒロイン平均5.33回である。多分枯れたんだろう。
合計は堂々の91回。エロエロな学園生活を送っているようだ。羨ましい。


1+2学期合計では

霧夜エリカ 射精14 SEX7
鉄乙女   射精16 SEX7
蟹沢きぬ  射精16 SEX7 
椰子なごみ 射精16 SEX7 
近衛素奈緒 射精10 SEX7 

と、見事に差がつかなかった。特にSEX回数はきっちり7で合わせている。
射精回数は乙女、きぬ、なごみがいずれも譲らず。
3学期の活躍で、射精クイーン(嫌な響きだな)の称号を得るのは果たしてだれか。
読者の誰も注目していないだろうが、俺だけはこのランキングレースにも注目している。



さて、次はいよいよ3学期か。
この企画、誰得なのかさっぱりわかりませんが、まぁもう少しお付き合いください。
それでは!
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ