グループE セルビアVSコスタリカ(1-0)

娯楽度 5(-1:体調不良のため)


【試合の感想】

・GKナバスを中心に、『耐える・守る』のは前回大会と変わらず。攻撃力が大したことないのも相変わらずなので、先制されると苦しい。今大会は早期敗退濃厚か。

・『良い脇役』が多いものの、『主役』不在のセルビアも大体想像どおりの内容。
ラスト、なぜか負けているはずのコスタリカが時間稼ぎをして、それにキレるセルビアの図が面白かった。キレやすさは健在か。



セルビア代表採点 5

GKストイコビッチ 6
DFコラロフ 7 MOM
 イバノビッチ 6
 トシッチ 6
 ミレンコビッチ 6.5
MFマティッチ 6
  ミリボイェビッチ 6
  タディッチ 5.5→ルカビナ 5
  リャイッチ 5→コスティッチ 5
  ミリンコビッチ・サビッチ 5.5
FW ミトロビッチ 6.5→ブリヨビッチ 4

監督クルスタイッチ 6

コスタリカ代表採点 5・5

GKナバス 7
DFアコスタ 5 
  ガンボア 5
 ゴンサレス 5
 カルボ 4.5
 ドゥアルテ 6
MFグスマン 5→コリンドレス ?
  ボルヘス 5
  ベネガス 4→ボラーニョス 5・5
  ブライアン・ルイス 4
FW ウレーニャ 6→キャンベル 6

監督 ラミレス 4

【試合前の展望】

セルビアの実力が読めなすぎる。どんな結果になっても全く驚かないが、とりあえず引き分けを予想。

グループD クロアチアVSナイジェリア(2-0)

娯楽度 6-2(1日に4試合を集中してみるのは厳しい。察してくれ……)

・司令塔モドリッチのロングパス精度。惚れ惚れするような軌道を描く、彼の差が試合を分けたか。
ナイジェリアの中盤にはダイナミックなパスを通せる選手は1人もいなかった。

ペリシッチ、レビッチがサイドを抉り、マンジュキッチはポストプレイでもシュートでも、そして守備でも献身的に貢献した。チーム全体が非常によくまとまっているクロアチアには、非常に良い印象を受けた。

・ナイジェリアは『ミニ・フランス』という印象だ。中盤にフィジカルモンスターを揃え、前線に俊足選手を置くフランス代表の小型版。その中でモーゼスは再三突破を見せたが、打てども打てどもクロスがまともに飛ばなかった。

・トルーストエコングのファウルは何とも言えない愚行だ。PKを取られるに決まっている。
シェフの肘打ちも、普通に考えたら退場だよ。無意味なラフプレイすんなや……。

・総じてナイジェリアは予想通り、クロアチアは予想以上に良かった。今大会、アフリカ勢はここまでどうにも元気がない。ナイジェリアはアフリカ最強だと見込んでいたが、そもそもアフリカ自体が今回は大して強くなかったのかもしれない。


・どうでもいい事で恐縮ですが、ナイジェリア勝利にBETしていたので、TOTOは外れました。
さようなら、私のウン百万円。
アルゼンチンVSアイスランドとスペインVSポルトガルの引き分けは当てたのにィ……無念。
言い訳ですが、多分クロアチアが6:4ぐらいで優勢だとは思ってました。
でも、配当金がね、段違いだったんです。6割の人がクロアチアに賭けてて、ナイジェリアに賭けてる人は2割しかいなかった(残り2割は引き分け)。そこまでの差はねぇだろ、と。
順当に予想しておくべきだったか……(見苦しい言い訳でした!)




クロアチア代表採点 7・5

GK スバシッチ 6
DF ヴィダ 6
   ロブレン 6
  ストゥリニッチ 6
  ヴルサリコ 6・5
MF ラキティッチ 6・5
  モドリッチ 8・5
  ペリシッチ 6・5
  レビッチ 7→コバチッチ 4.5
  クラマリッチ 6→ブロゾビッチ 5
FW マンジュキッチ 7・5→ピアツァ ?

監督 ダリッチ 7

ナイジェリア代表採点 4.5

GK ウゾー 5・5
DF トロースト・エコング 3
   バログン 5・5
   シェフ 3
   イドウ 5・5
MF ディディ 5・5
   エテボ 5
  モーゼス 5
  イウォビ 4→ムサ ?
  ミケル 6→シミ―
FW  イガロ 4→イヘアナチョ ?

監督 ロール 4・5


【試合前の展望】

死のグループDは1試合たりとも気が抜けない。
アフリカ最強国ナイジェリアと、欧州の曲者クロアチアの対戦。
クロアチアはブラックアフリカ相手に相性が良いとはいえ、サンプルデータはわずか3試合。
クロアチア有利を推す声が圧倒的に多いようだが、個人的には互角と見る。
クロアチアの方が好きなのでクロアチアを応援したいところではあるが。

グループC デンマークVSペルー(1-0)

娯楽度 7


・デンマークが何とか凌ぎ切った、という結果だが、内容だけを見ればペルーの方が優れていた。

・ペルーがこんなに良いチームだったとは。軽快なパスワークを主体に、デンマークの守備陣をズタズタに切り裂いた。特に右サイドのカリージョアドビンクラのコンビネーションが素晴らしく、
中央のクエバ、フローレス、ファㇽファンに交代出場のゲレーロと、タレント豊富だった。

・デンマークはGKシュマイケルを中心に、どうにかこうにか凌いだという形。攻めては、こちらも右サイドのユスフ・ポウルセンエリクセンの連携が良かったが、ペルーに比べると破壊力は低かった。
それでも老獪に勝ち点3を獲得したデンマーク。
一方、ペルーは悔やみきれない敗戦となった。


ペルー採点 7.5

GK ガジェセ 6.5
DF ロドリゲス 5.5
  ラモス 5
  トラウコ 6.5
  アドビンクラ 7
MF ジョトゥン 6
  タピア 5.5→アキーノ?
  クエバ 6.5
  フローレス 6→ゲレーロ 6.5
  カリージョ 8.5 MOM
FW ファㇽファン 6.5→ルイディアス 5
 
監督 ガレカ 6・5

デンマーク採点 6・5

GK シュマイケル 8
DF クリステンセン 6.5→マティアス・ヨルゲンセン ?
  キアル6.5
  ストリガー・ラーセン 5.5
  ダルスゴーア 6・5
MF デラネイ 6.5
  クビスト 6→シェーネ 6
  シスト6→ブレイスウェイト ?
  ユスフ・ポウルセン 7.5
  エリクセン 7.5
FW ニコライ・ヨルゲンセン 4

監督 ハレイデ 6

【試合前の展望】

フランスに次ぐグループ内2番手の座を争う、直接対決。
完成されたデンマークの機能美VSペルーの個人技か。
ペルーに関しては詳しくないので、その辺も見ていきたいと思うが、
個人的にはデンマークを応援している。
デンマークがやや優勢か。


記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ