まず始めに、りりすファンの方はこの記事を読まない方が良いです。
読んだことにより、不快になってしまわれてもフォローできませんので、自己責任でお願いします。















……りりす、ウザいです。
他人の恋愛に口を出して、あぁしろこうしろと命令したり、
他人が誰を恋人に選ぶかを勝手に決めつけたり、そういうシチュエーションはものすごく嫌いです。
これは「Dear my friend」というゲームのレビューでも書きました。


おまけに、智沙が良い娘すぎます。
このシナリオは自分(主人公)を好いてくれる智沙を、徹底的に傷つけて
りりすを選ぶという、紛れもなく外道な流れのシナリオなので、
やっていて心が痛かったです。
りりすが好きじゃなくて、智沙が好きな私には特につらかったです。
つらいので、どうしても智沙に情が入ってしまい、甘めの選択肢を選んだ結果がバッドエンド。
ということで、次回は徹底的に痛めつけることにしましょう。気が重いなぁ。


そういえば、智沙の声優さんは平野綾さんっていう方なのですが、
この方が担当しているキャラに(Φなるアプローチ2のゆきねといい、ふぁいなりすとの炎夏といい、
今回の智沙といい)、いつも萌えている気がするのは偶然なのでしょうか?