2006年05月

幻想水滸伝Vクリア(ネタバレ)

クリアしましたよ。バイトは16時からとはいえ、何やってんだ俺は。


シナリオ B
キャラ  B
バトル  C
快適さ  D

ってところでしょうか。悪くは無いんだけど、ねぇ。
読み込みの遅さが致命的。人物の魅力の出し方がやや弱い。
3のように、「どうしょうもない」って感じじゃなくて
「もう少し掘り下げれば、なお魅力が増したのに」という感じ。
敵に関しては特にそれが強い。ギゼルとサイアリーズについてとか、もっと語るべきところはあったような。
大体敵が小物すぎる。かっこいいのディルバ将軍だけじゃん。


ギゼルも殺人狂キルデリクを重用したり、冷酷なザハークを重用したりで
自ら名声を失い自滅した感が否めず。王女を幽閉し、自分が王女の後見人の立場についたのに、もっとうまくやれよと言いたい。
つか、こう言っちゃなんだがギゼル君や、マルスカール卿は「国を憂う気持ちは同じだった」なんて奇麗事を言えた立場じゃないはずだ。


彼らがやったのって結局
「太陽の紋章を研究して、他国侵略に使おう。一向にそれをしない王家は殺してしまおう」ってことでしょ?

↑を正当化させたいなら、もっとファレナ国の設定を貧しい国にしなければならんのですよ。
たとえば、列強国の侵略に怯える日々を過ごしているだとか。
たとえば、天変地異がファレナを直撃し、餓死者が続出しているとか。


でも、ゲーム中のファレナは豊かに見える。アーメスやらナガールやらといった敵国の存在はあるものの、そこまで差し迫った敵にも見えない。
なのに、何故侵略する必要がある? 
まぁそんなわけで、今作の敵はどこからどう見ても悪だったりするわけで。それでやられた時に「国を憂えていた」とか言われても、「はぁ?」なわけですよ。

 
ここまで長々と書いているのは、ギゼルやマルスカールを断罪しているわけではありません。
ギゼルやマルスカールが死ぬ間際に、それらしき言葉を吐かせたスタッフに怪訝な気持ちを抱いているのです。
彼は行動がチグハグすぎます。幽閉とはいえ、女王を戴いた以上、大儀は彼にあったはず。それを利用することなく、悪逆の限りを尽くした理由が見えない。その上で国を憂えていたとか、よくわからんのですよ。
ぶっちゃければ、あのやり方ならリムスレーアを幽閉する必要すらない。彼は王女の後見人という『正当性』を活かす気すらないのだから。


敵にも、軍師がいればよかったのにね。ギゼルって初登場時は頭良さそうに見えたんだけど、とんだバカだったようだ。
少なくとも民衆を惨殺して回ったキルデリクやザハークのような輩を、子飼いにしてる時点で勝てる戦も勝てんよ。



今日はバイトから帰ったら、サッカー「日本VSドイツ」を見ます。
「夜明けなの小説」を読む可能性も高いです。
ダカーポ2を始めるかは微妙な線です。


……というか、恐ろしいことに今、眠くない……。
一体何時間睡眠でバイトに行くことになるんだ??
今寝れば7時間半は寝られるけど……。
なれない職場なので、最低7時間は寝て行かないと死にます。
出来れば10時間くらい寝ていきたいんだけどな(笑)。


追記。06:30

チェコVSコスタリカ、チェコが思いっきり2軍を出してきた上に、そのチェコの方が押してて、非常につまらん……。
コスタリカの弱さは痛感したけど、これ90分見る必要ないような。
前半は見たけど。
てか、もう寝ましょ。

幻想水滸伝V 戦闘メンバー晒し

・陣形

序盤は餓狼の陣、後半は円陣がお勧め。
前衛後衛の人数比の問題から。


・前衛キャラ

最終的にはゲオルグとリヒャルト。
中盤まではゼガイにお世話になりました。
ベルクート、ダイン、カイルあたりも強いですな。

・中衛キャラ

ここは主人公とリオン、ミアキスの3人がいれば十分でしょう。

・後衛キャラ

ゼラセ最強。魔吸の封印球と流水の封印球をつければ、無限に攻撃と回復を行なってくれます。
もう一人はエレシュかジーンがお勧め。エレシュの方が攻撃的、ジーンなら守備的ですね。
序盤はあまり気にしなくてもいいです。サイアリーズあたりを使っていればいいのではないでしょうか。

・注意
途中で抜けるメンバーがいたり、最終ダンジョンでは18人の戦闘メンバーを選んだりするので、一軍以外のメンバーも少しは育てておきましょう。
レベル上げも大事ですが、それよりも装備品と武器の強化に気を配ること。


・結論

ま、好きなキャラ使えばいいんじゃね?

幻想水滸伝V(ネタバレ注意)

寝る前にクリアできるか微妙なところ。
今、最終ダンジョン(っぽい)ところにいます。


しかし、このゲームの中ボス弱すぎやしませんか?
アレニアもザハークも2人がかりで2ターンで瞬殺。
   ↓
薬を飲んでパワーアップしたアレニア&ザハークも3ターンで瞬殺。

キルデリクとの一騎打ちは無傷で勝利。
黒幕に見えたサイアリーズ姉も2ターンで死亡。
「西のディルバ」こと、ディルバ将軍は1ターンでおなくなり。
ディルバ将軍の死亡イベントは結構感動的ではあったのですが、1ターンじゃなぁ。
個人的な意見を言えば、リムスレーア王女と主人公をもっと争わせても良かったんじゃないのかなぁと思いました。
誤解の積み重ねかなんかで。


レベル上げを全くしていないといえば嘘になりますが、そんなにしているわけではありません。元々そういう作業はあまり好きじゃないですし。



しかし、このゲームここまでプレイして思ったのですが、凡作だなぁと。
後一歩が足りないと言いましょうか。たとえば、敵で良い味を出していたのは
ディルバであり、サイアリーズなのですが、悲しいかなほとんど活躍しない。
なんだかよく出張ってくるドルフとかキルデリクなんてのは、単なる基地外でイベント的な面白さは皆無ですし。


味方の方も、ミアキスとリオンに関しては描けていると思うのですが、ガレオンとシルヴァだとか、カイルとガレオンだとか、ルクレツィアだとか、
もう少し掘り下げていけばいいのにと思うキャラが多数。


確かに前作、幻想水滸伝4に比べれば雲泥の差です。
一応最後までプレイする気になりましたし、それなりに楽しむことも出来ました。
でも……1や2のような域には到底届かない、か……。

日記。

明日からまた4連勤です。既にかなり鬱です……。


ゲームは、幻想水滸伝5をメインに、ダカーポ2はあくまでもサブ扱いでやる予定。幻水5が終わったら、ダカーポ2をメインに持ってくる予定です。
……RPGをやる元気がない時でも萌えゲーは出来る気がするので、そういうときにダカーポ2をやろうかなと。


今日の深夜~明日の早朝にかけて観たいサッカーの試合が3試合もあって、困りました。

ハーベストノベルス「夜明け前より瑠璃色な-フィーナ編-」読了。

ここ2日間で4冊目であります。著者は雑賀匡氏。

117.jpg


評価は B-。

今回はフィーナと達哉の喧嘩のシーン……あのサンドイッチのシーンについて書きます。
ネットを徘徊しているとあのシーンを取り上げて、達哉叩きにずいぶん傾いている印象を受けますが、私にはどうも釈然としません。
物語全篇を通してフィーナの魅力>達哉の魅力なことは疑いようがないのですが、あのシーンのみを注視すれば、私にはどっちもどっちな気がしてならないのです。
フィーナが魅力的なキャラクターであることは確かなのですが、ここまで徹底されると女の子としては見づらいんですよね。この娘と付き合うのは大変だなぁと思ってしまうのです。
王女だから大変というのもあるけれど、それ以上に性格的にもね。誤解の無いように言っておきますと私はフィーナ、嫌いじゃないですよ。



デート当日恋人に突然仕事が舞い込み、デートが出来なくなってしまったら、
本人が悪いわけではないにしろ、謝るのが当然だと思うんですよね。
それは責任をとるとらないではなく、気持ちよくお互いがすごすための最低限のマナーなはず。
それを怠って「わかってくれていると思っていた」ってのは甘えでしかないわけです。そりゃ、わかってないわけはないだろうけど、さ。


一方で、達哉君は達哉君で「逃げちゃった」のはいただけない。
恋人を泣かせたままその場から逃げるってのは、男として情けないですよ。


まぁ、何でこんなことを書いているかというと、このフィーナ編のシナリオっていうのが、「月(フィーナ)と地球(達哉)の歩み寄り」をベースにしているからで。この、「どっちもどっち感」がこの「月と地球の歩み寄り」というテーマにぴったり当てはまってくるからで。このバランス感覚を誤ると、どちらか一方に冷たい視線が集中するのですが、この夜明けなにおける喧嘩イベントは巧かったんじゃないかなと思ったわけです。が。
ネットでの評判を見ていると私と同じように感じた人は少なかったようで、
「達哉が悪い」となってしまっているのはどうしたことか。





やっぱ、男(プレイヤー)はかわいい女の子(ヒロイン)には甘いんだな。ヤロー(主人公)には厳しいけど。


それとは別に。月(フィーナ)から見た地球(達哉)は大きく見えるけれど、
地球(達哉)から見た月(フィーナ)はそこまで大きく見えているだろうかという疑問は残るんですよね。
達哉がフィーナを思っているシーンって、実はあんまり印象にないのです。
一緒に戦うっていうのも、なんとなく成り行きで感が否めないんですわ。





このノベライズ、菜月編、ミア編、フィーナ最終編が出るのは決まっているらしいです。そこから予想すれば、人気キャラの麻衣編も出るでしょうし、すなったら残りのヒロイン、さやか編やリース編も出るのかも。
何もこんなシナリオの薄いゲームで、全キャラノベライズする必要は全くない気がしますが……全部買っていったりする私みたいなアホがそんなにいるとも思えませんし……。


記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ