2008年03月

12riven クリア感想(バレあり)

まずは、点数から。
シナリオ 130/150 キャラ 100/150 絵 70/100 音楽 70/100
システム等 100/100 思い入れ 40/50 

総合 510/650(35位/150ゲームくらい中)


はっきり言って、面白くなるまでが長すぎるんですが、
最後の4分の1くらいは、本当に面白いです。

最初の方は謎も小さく、割に容易に解けそうだったので大したことないと思っていたのですが、
その小さな謎を踏み台に、どんどん謎が拡がっていくんですよね。
それでいて、最後にはほとんどの謎は解決されているので、後味も良いです。
(初っ端の屋上バトルのシーンの、真琴の立ち位置と、日付関連のところは混乱しているのですが、後は理解できました)。


ただ、「24時間の物語=1日の物語」だと油断してしまい、日付を念頭に置いて読まなかったのは
失敗でした。
5月20日・21日・22日という表記が出るたびに、頭が混乱してしまったのは、きちんと「今」が
何日なのかを整理していなかったせいでしょう。


後は、金環蝕と、ヴィーナス・トランジットを途中まで区別して読めてなかったというのも、かなりダメダメかも。

キャラは、ミュウが……ミュウがね。もう少しなんとかなってくれると、良かったんだけどね。
メインヒロインなのに、最後までウザかった……。

後は特に嫌いなキャラはいなかったです。ただ、この種のゲームに過剰なキャラ性は必要ないとはいえ、惚れ込めるようなキャラが一人でもいれば、物語の印象は更に良くなったかなと思います。
マイナさんとか、真琴とか、錬丸とか、嫌いじゃないけどさ。


あ、錬丸と書いて思いだしたけど、エクリプシー状態のオメガ(錬丸)っていうのは、どういうことになってたんだっけ……。


続編を期待させるような終わり方でしたが、個人的には続編というよりは、
次回作に期待したいです。
今回のキャラと設定に縛られても仕方ないと思うので。


今作は期待以上ではないけれど、十分大きな期待には応えてくれました。
絵、音楽、キャラがそれほど強くない、シナリオが盛り上がるのが遅い、
シナリオ量がやや少なめなど、
後、一声があれば名作になれたのにいろいろともったいなかった気もしていますけれど。

12riven途中感想3 ∫ルート途中(バレあり)

4時の章を境に、突然面白くなってきました(笑)。現在は7時の章をプレイ中です。
そんなわけで、途中感想2まで書いてきたことは多分、最終感想では大幅に覆されることになると思います。


人間交換について、

鳴海→マイナは比較的早い段階からわかっていたけど、それ以外はどうなんだろう。

オメガ→錬丸、
錬丸→タンゴ
瀕死の青髪少女→ミュウ
本物のチサト→チサト
遊々→遊々

で、いいのかな? 軽くメモとりながらやっているとはいえ、まだ混乱中。
特に、OPのシーンのところとか、時間軸はかなり。


確かに、鳴海は青髪の少女のことを呼んでないかもしれないけど、
霧寺はミュウのこと「チサト」って呼んでたじゃん。あれは、霧寺も騙されてたってことでいいの?
双子の妹を間違えるとは思いがたいんだけど。

でも、きっとミスじゃないんだろうなぁ。いろいろ見落としがありそう。



大手町→慎久朗もずっと疑ってるんだけど、まだ確定ではないし。


人間交換は、慎久朗の正体と、鳴海→マイナに関しては使われていることがわかっていたんだけど、こんな大がかりになってくるとは思っていませんでした。
遅ればせながら、「わけわかんねー状態」に陥ったので、いろいろ考える楽しみが出てきたといったところです。


面白くなり始めるのが、ちょっと遅い気はしますが。

12riven途中感想2 ∫ルート途中(バレあり)

現在、3時の章プレイ中です。


相変わらず微妙に期待はずれ。
というのも今回、謎のスケールが大したことなさそうなんですよね。
2つの世界やΨに関することが、唯一大きな謎で、後は細々としているというか。
たとえば、鳴海と霧寺、ミュウの関係なんかは、普通に読めば∫ルートに行く前に気がついてしまうような謎ですし。

なんだろう、Ever17のような「ゲームの見方を丸ごと引っ繰り返すようなどんでん返し」とか、
Remember11やI/Oのように「なんだか全然わけわかんねーぞ。うーんうーん(悩)」という感覚はないです。


2つの世界と、「時差」についてのみ、頭を悩ませる余地がありそうです。
遊々のBサイトの説明が、矛盾しているように思えてしまうんだけど、これは多分僕がきちんと2つの世界を理解していないせいなんだろうなぁ。


ただ、鳴海視点で「インテグラル」って単語が出てきたのは、現時点では誤植なんじゃないかと疑っているのですが。
鳴海視点では「グランティス」で、「インテグラル」を使うのは錬丸・ミュウ・真琴の3人だけなんじゃないのかな。

【クリア後:追記】
自分で書いた記事に失笑してしまった……。鳴海視点での「インテグラル」は「インテグラルタワー」の方ですね。
要するに、インテグラルって単語が指す建造物は2つあるってことで。

まぁでも、こういうお茶目(?)も途中感想ならではだと思うので、残しておきます。

【ここまで】

後ね。ミュウがウザいんです。心底ウザいんです。霧寺もウザいので、双子でDQNということになります。
しかるに、このゲーム、ミュウがメインヒロインみたいな扱いなんです。
メインヒロインをもう少しまともな子にしてあげてほしかったです。はい。




12riven 途中感想①錬丸、鳴海ルートクリア(バレ有り)

誘惑に耐えきれず、12rivenプレイ開始。
タイトル通り、2人のルートをクリアしました。

なんか、Infinityシリーズとは随分イメージが違いますね。
今回は素数でもないし、integralなので、違うシリーズと捉えた方がいいのかもしれませんが。
Inginityシリーズというよりも、I/Oな香りがします。
これは、一つには閉鎖空間ではないこと。一つには、人間が沢山いるところですか。
にも関わらず、時空間的な拡がりをあんまり感じないんですよね。これは単に、12時~12時(敢えて、1日間とは書きません)の物語だからかもしれませんが。


錬丸ルートはまだInfinityっぽさがあるけど、鳴海ルートはどちらかというと、Eve?(クリアしてもいないので、違うかもしれないけど、イメージ的に)。推理モノっぽいというか。


つまらなくはないのだけど、今のところは微妙に期待はずれ。
もっとも、この手の作品は真ルートをクリアしてからでないと正確に評価できないのも確かなんですけど、
Remember11みたいな壮大な謎は感じないんですよね。


錬丸ルートは、女性キャラがかわいいので、ギャルゲーみたいに攻略できても良かったような気がしました。ちょっともったいないような。
……一番かわいいと感じるのがチサトってのは、少数派ですかね。

Φなるあぷろーち2 クリア②総評(バレあり)

前記事で宣言してきたとおり、途中からプレイし直して来ました。
ネタバレ記事を読んでしまった辺りから、回想シーン飛ばして。
読み直すのに1時間くらいしかかからなかった……。


そんなわけで点数付けです。

シナリオ 100/150 キャラ 120/150 絵 90/100 音楽 80/100 その他システム 80/100
思い入れ 30/50 合計 500/650(46位/約150ゲーム中)
100点満点に治すと 82点。


日常シーンは楽しく読めるし、キャラクターは十分かわいいので、萌えゲーとして満足の出来。
その分、どこまでシナリオに期待するかがポイント。
薫音シナリオ並のクォリティが他4ルートのうち、2~3ルートあればもう少し上が狙えたかもしれませんが、
とりあえず発売前の期待にはギリギリ応えた……かな、といったところ。



前作に比べるとやや劣る印象がありますが、点数にすると一緒(前作は500点:45位)でした。
恐らく、前作の方が印象が良いのは幾つか理由があります。


まず、前作はノーマークでプレイして予想以上に良かった、今回はそれなりに期待してギリギリ期待通りだったという、プレイへの心構えが一点。
前作は時間を置いているため、実際以上に美化されているのが一点。
主人公の印象が、前作の方が遥かに良かったのが一点。


実際、前作も含めた10シナリオを並べてみるとこんな感じです。

百合佳(1)>薫音(2)>>西守歌(1)>>>>千都瑠(2)>>>美咲桜(2)>>>明鐘(1)>>>和瑞(2)>>>笑穂(1)>美紀(1)=輝弥(2)


キャラは

明鐘(1)>薫音(2)>>美咲桜(2)>>百合佳(1)>>西守歌(1)=和瑞(2)>>笑穂(1)>>>>輝弥(2)>>>美紀(1)


順位ごとにポイントでもつけて、合計してみるとほとんど変わらない感じです。

どうでもいいですが、「え段(芽生百合佳・桂樹薫音)」と「い段(水原明鐘・来住美咲桜)」が強くて、「あ段(益田西守歌・片岡和瑞)」が三番手で、「う段(陸奥笑穂・国立千都瑠)」が4番、「お段(守谷美紀・高坂輝弥)」は最下位という構図が見えてくるような。
次作があるなら、この構図が崩れるかどうか楽しみではあります。
お段には気さく友人系、え段には三角関係がシナリオに絡む、という共通項は見受けられますが、義妹はい段とあ段に、メインヒロインもあ段とい段に分かれているし、特に住み分けがあるとは思えないのですが。



次は、12rivenをやる予定です。amazonで予約はしていますが、まだ届いていません。
もっとも、ここ最近ハイスピードでギャルゲーを2本クリアしたため、休日に他のことをしていない・今週の休日を前倒しでもらってしまった・そろそろ仕事自体も忙しくなりそう・なので、届いてもすぐに12rivenに取りかかるのは難しいかもしれません。

仕事の方は、忙しくなりそう、なだけで、まだわかりませんが、
とりあえず、2休日分くらいは他のことをしようと思います。最近触っていないサッカーゲームもやりたいし、本も読みたいし。

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ