2009年04月

ギグスねぇ……

今年の、『選手協会が選ぶプレミア最優秀選手』はギグスに決まったらしい。
この選出に違和感を覚えるのは、私だけだろうか?


もちろん、私はマンUの試合を全部見ているわけではない。
というよりも、数えたところ15試合しか見ていないから、単純に
3分の1~4分の1くらいしか見ていない。
だから、私が見ていない試合でギグスが鮮烈なパフォーマンスを披露している可能性はもちろんあるわけだけど。

私が見た試合でギグスが活躍していた印象は、全くないんだけどなぁ。


私が選ぶなら、去年と同様クリスチアーノ・ロナウドを選ぶと思う。
去年ほどのパフォーマンスではないが、今年のプレミアでもナンバーワンのパフォーマンスだと思うのだが。
他にマンUで挙げるなら、ルーニー。
その下に、欠場期間が多かったものの、いる時の存在感は抜群のリオが来て、
ファンデルサールが来て、エブラが来て、パク・チソンが来て、ベルバトフが来る。
ギグスはこれらの選手の下だと思うのだが……。

他の強豪ならランパード、ジェラード、フェルナンド・トーレス、ザビ・アロンソ、マスチェラーノ、カイトなんかは、明らかにギグスよりパフォーマンスは上だと思うけどね…。


もちろん、ギグスが偉大な選手であることは疑いようがない。
けど、これでは単なる『過去の偉業を称える功労賞』にしか思えない。
ま、それだけ選手たちにリスペクトされる偉大な選手だとは言えるのだろうけど。


オマケ(一言だけ)

☆バルセロナVSセビリア・バルセロナVSバレンシア

相変わらずバルセロナが化け物すぎる…。欧州のサッカーをフルに追いかけるようになったのは、2002年くらいからなんだけど、
私が見るようになってからの最強のチームは今年のバルセロナだと思う。
04-05のバルセロナも相当やばかったけど…。

後、最近バレンシアのパブロ・エルナンデスがよくゴールを決めている気がする。


☆アーセナルVSリバプール

やっぱり今年のリバプールは一味もふた味も違うなぁ。
大昔にヌニェスって選手はいたけど、それ以外、リバプールに来るスペイン人はみんな大当たりですね。
ルイガル・アロンソ・レイナ・アルベロア・リエラ・トーレス……。

それと、大一番でのベナユンの輝きには脱帽です。
トーレスが凄すぎるのはわかってたけど、やっぱりすごい。

アーセナルはアルシャビンが神に…。アンフィールドで4ゴールとはねぇ。
4ゴール目のウォルコットの突破も素晴らしい。
これでベントナーが1ゴールでも決めてくれれば…。
控えGKのファビアンスキですが、アルムニアより良い気がますますしてます。

後、SBのギブスが、素晴らしいゴールカバーを見せましたね。
1点決めたのと同じ価値を持つ素晴らしいプレイでした。



ちょっとだけ

ペペの出場停止10試合って、どうなんだろ。
半年くらい出場停止でもいい気がするんだけどね。

アルビンに対するパンチ一発で4試合出場停止。

倒れてるカスケロの背中をスパイクで2発蹴っ飛ばして、更に追い討ちに足と背中を踏みつけていった行為も4試合出場停止。

審判への暴言で1試合に、ファウルで1試合らしいけど。

アルビンへのパンチ一発で4試合はいいとして、カスケロにリンチ食らわしたのも同じ4試合出場停止ってどういうんだろ。


今まで嫌いじゃなかったんだけど、この試合の彼を見て嫌いになりました。

というか、なんでペペはあんなにキレてたんだろ。カスケロに見えないところで挑発されてたとか?

もし、そういうことがあったにしても、あれはやりすぎだ……。


その陰で、バルセロナはセビリア相手にパーフェクトな試合で完勝。
アンリもますますグレートになってきているし、メッシ抜きで3位セビリア相手に4-0とは……。

ここから鬼のような日程がバルセロナを待ち受けていますが、
ぜひこのままの勢いで優勝してほしいなと思います。


ちなみに、レアルはだいぶ前から嫌いなんですが、
カシージャスとイグアインとグティとスナイデルとロッベンは好きです。

…書き出してみたら、結構好きな選手いるんだなぁ。

戦国ランス終了

超手抜き記事です。

すみません、感想はこちら(エロゲー批評空間)に書きましたので、良かったら読んでやってください。


たいていのゲームでは、
ブログで「実況風途中経過+まとめ記事」を羽目をはずし気味に書き、
ESでは「ブログのまとめ記事」を中心に、よそゆき風に修正したり加筆したりして載せる。

つまり、「言ってることの大筋は変わらないけど、部分的には変えていて、それなりに印象が違うようになっている(はず)」のですが、

今回は「2つ感想を用意する」ほどのものでもない、と思ったので。


ESに付け加えていうなら、
好きなキャラは謙信です。というか謙信くらいしか萌えなかったです。

戦国ランスやってます

たぶん、後でちゃんと記事にします。

とにかく中毒性の高いゲームで、一日中やってました。
面白いのは間違いないです。

ただ、テキストがしょうもなくて、きちんと読む気になれないのがマイナス。
SLGとしての面白さで言うなら、85~90点なんだけど、
テキストは35点って感じです。
特別面白いシナリオじゃなくてもいいけど、せめて読む気になるテキストを要望したいです。

シナリオやキャラが良くないと、えてして「プレイしている間は、何かに憑かれたようにやっているけど、プレイ後はむなしさが残る」ということになりがちなので。

もちろん、「あくびをかみ殺しながらプレイして、プレイ後にむなしさが残る」よりも数倍マシですが。

我輩はカモである 読了

評価はB。著者はウェストレイク。

ギャグものということもあって、感想を書くのは非常に難しいのだけど、
備忘録の代わりとして記事にしておきます。


人に騙されまくる主人公が、大金の遺産を受け取ったことにより
数多の詐欺師にたかられる。
小粋なギャグはもちろん、本当に信じられるのは誰かを、主人公と一緒に考え、推理するのも楽しいです。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ