2017年07月

ほとんど書いた事がなかったおすすめ18禁同人RPGの話をするよー

この記事では、お薦めの18禁同人RPGを紹介します。
クソゲー、クソサークルについては基本触れませんのでよろしく。



☆ドラクエ・FF系                         

splush wave

RPG要素と麻雀要素を組み合わせた、斬新なバトルが楽しいだけでなく、
原作へのリスペクトも強く感じさせる優良サークル。

特にFFの麻雀ゲーム、「幻想究極麻雀」は*FF系同人の最高峰。

ドラクエ系麻雀の「ドラゴン麻雀」シリーズも、既に**5作を数え、多少のマンネリ感は感じるも、
出ればつい買ってしまう面白さ。

麻雀を廃した通常のRPG「ドラゴンアカデミー」シリーズも無難に面白い。


Sランク:究極幻想麻雀

Aランク:ドラゴン麻雀2、3、エヴォリューション

Bランク:ドラゴンアカデミー1、2




*とか言い切っちゃってるけど、同人界は底なし沼なので、あくまで僕が知っている限りの話です。

**「ドラゴン麻雀2」、「ドラゴンマージャン3:天空編、竜神編、伝説編」、「ドラゴンマージャンエヴォリューション」の5作。「ドラゴンマージャン1」は別物なのでカウント外。



・ののの通信

ドラクエへの愛情を強く感じると共に、確かな物語構築力を感じる二次創作の鑑にして、
お店経営SLGとしても楽しめる「魔王軍へようこそ」シリーズが素晴らしい。
特に、「魔王軍へようこそ2」と「4」は名作。「3」と「5」も水準以上。
他、ムーンブルクの王女に萌える「ムーンブルクへようこそ」や「お使いドラキー」などなど、見逃せないサークルの一つだ。

Sランク 「魔王軍へようこそ2」、「魔王軍へようこそ4」

Aランク 「魔王軍へようこそ3」

Bランク 「魔王軍へようこそ5」、「魔王軍へようこそ」、「お使いドラキー」、「ムーンブルクへようこそ」


甘辛でいこう

お薦めできる作品が1作しかないので、取り上げるべきか迷ったけれど、40時間を超える大長編二次創作RPG「スーパードラモンクエスト」はやはり触れないわけにはいかない。
ラブラブ要素が少ない、ドラクエキャラよりもオリジナルキャラが目立っているなど、向き不向きがハッキリするゲームではあるだろうが、ハマる人には本当にハマる。
それだけに、次回作の発表が待たれる(苦笑)


Sランク「スーパードラモンクエスト」



☆オリジナル系

・キューピッドアイス


ペルソナオマージュの学園系RPG、「ミッシングリンク」は同人RPG有数の傑作で、寝食を忘れてプレイしてしまう。
前作「ロマンスオブファンタジー」も見逃せない。

Sランク 「ミッシングリンク」

Aランク 「ロマンスオブファンタジー」


アトリエえうろぱ

まだ一作なのであれですが、デビュー作「トレジャーズ」が王道かつ良質なRPGで面白かった。
今後も楽しみなサークルだ。

Aランク:「トレジャーズ」



・baroqupid

RPGとしても出来が良く、エロも個人的にかなり好みな嬉しいサークル。
特に「リタの聖水物語」「ノエルのデスペナ物語」の2作が良作で、「スキルな」も良い。
「封印のエリザ」はクソゲーだったが……。

最近の作品は、「ガールズビーモンスター」はシステム的に興味が湧かずノータッチ。
「ヴァイブレーション」と「コピークエスト」は積んでいる。


Aランク:リタの聖水物語ノエルのデスペナ物語、スキルな

(Cランク:封印のエリザ)




ルさんちまん

不思議のダンジョンと通常RPGを融合させ、「敵からいかにダメージを受けずに戦うか」を突き詰めたバトルシステムが面白い。勲章システムもやりこみ心を刺激する。
RPGは3作連続で面白く安定感があり、
中でも「鳴神学園」はキャラの魅力にも富み、一皮むけた印象。

Aランク 「行け鳴神学園オカルト研究部」

Bランク「姫騎士レイチェル」「行けアイリーン快賊団」

多分ほとんど参考にならない、好きなラーメン店

ブログで書いた事は1回もなかったと思いますが、僕、ラーメン好きなんす。
安くて美味くて最高っす。
4年ぐらい前からラーメン店巡りしてて、150~200店舗ぐらい行ってる……はず。
数えてないけど、多分ね、多分。

ただ……なんだろ。
小説とか映画とか、あるいはゲーム……いわゆるストーリーが絡む媒体に関しては、
「僕の好きな作品を知ってほしい! 語り合いたい!」欲があるんですけど、
味覚はあんまりね……ないんですよね。
しかも素材とか、正直よくわからないしね。
スープのダシがうんちゃら~とか言えないんすよ。

まぁでもいいや。適当に書いちゃいますよ。
あ、ちなみに神奈川在住で都内にも行くんで、その近郊の店ばかりだよ。ごめんね。
ほいじゃあ、肩の力を抜いて読んでちょーだい。


中村屋(海老名)

端麗系。ほんっと美味い。
ヤバい、やっぱりね。これくらいしか言えないんだよね、おいら。
味覚を伝える事にあまり興味がないのかな。でもね、ほんと美味いよ。お薦め。

与ろゐ屋(浅草)


同じく端麗系醤油ラーメン。
上品な醤油ラーメンに、載せられたゆずがまた絶妙。


G麺7(上大岡)


本当に美味い醤油ラーメンって、得も言われぬ感動があるんだよね。
これだ、っていう。凄い、他と全然違う、っていう。
ここに紹介しているラーメン店は、どこもそういう「スペシャル」な感動を覚えた店なんだけど、
このG麺7もその一つ。
僕自身は塩ラーメンも好きなんだけど、この店は塩よりも醤油が断然いいよ。
両方食べたから間違いない。


牛骨らぁ麺マタドール
(北千住)

こちらも端麗系。味がめちゃくちゃ上品だよね。
薄いって意味じゃなく、ほんと感動する美味さなんよ。
ラーメンにしちゃちょいと高くて、1000円ぐらいしちゃうんだけど、
ケチな俺でも「この味になら1000円出して全然惜しくない」って思っちゃうね。
どうしてもどでかいローストビーフ入りに目が行きがちだけど、通常の800円ラーメンも牛のほぐし身が入ってて十二分に満足できるよ。うんまい。


りんりん(北千住)


何がヤバいって、その安さ。330円だよ、330円。
しかもね、これがビックリ。美味いんだ、これ。
700円ぐらいのラーメン屋の中に混ぜても、あっきらかに美味い方の部類。
昔懐かし昭和風醤油ラーメンだけど、そう僕が言って、読者さんが思い浮かべる味よりも
4割ぐらい美味いから。
220円の焼きそばもね、まぁ味は屋台の焼きそばぐらいの味だと思うけど、分量が半端ないんだ。
屋台の焼きそばの2倍ぐらいあるw 焼きそばは持ち帰りサービスもあるよ!
北千住在住だったら週2くらいで通っちゃいそうだね。ヤバい。


横浜とんとん(星川)


よくある安めのラーメン&餃子店と言ってしまえばそれまでなんだが、
ここの醤油ラーメンはかなり美味いぞ。
まぁ、(りんりんと同じで)遠くから馳せつけてくるような、ラーメンマニアの人向けとは思わないけど、こういう店が家、職場、学校などなど、よく行く場所の近くにあると、助かるんだよなぁっていうお店。


たまがった(横浜)


とんこつラーメンの中で一番気に入ったのはここだね。
博多ラーメンとはちょっと違う、大分ラーメンっていうんだって。
細麺をツルツルーってすすって替玉まで頼むのがデフォルトだけど、それにしても美味い。

難点はね、店が狭いんだ。しかも汚いw いかにもwって感じ。
だから、そういうのが気になる人は入りづらいかもね。
ちなみに隣に大勝軒があって、そっちはそっちで美味いんだけど、個人的にはこちらかな。
いやぁ、たまがった。





たつ屋(日ノ出町)


ここはね、S級ってほどではないかもしれない。
でも、博多とんこつラーメンの中で一番好きな店であることは間違いない。
630円+替玉100円でお腹いっぱいになれるし、替玉の麺を5種類ぐらいから選べるっていうのもいい。
個人的にはオーソドックスな細麺が一番美味い気はしたけどw
あと、卓上の辛子高菜! こいつがなかなかどうして侮れない。
ラーメンに入れて良し、そのまま食べて良し、ライスを頼むも良し……俺、この店のラーメンも好きだけど、何よりもこの店の辛子高菜が好きだw



ラーメン二郎(湘南藤沢店)


今更説明するまでもない超有名店だけど、まぁとにかく凄いボリュームだよね。
700円だっけ? で、こんだけ凄いボリューム。
もう上に載ってる野菜だけで麺が見えないし、おいらこれを食べた後、31時間お腹が空かなかったよ。
辛い物を食べる時もそうだけど、これだけ大盛りで来られると妙に闘志をかきたてられるね。
「やってやるぜ!」って。コスパヤバすぎ。
だけど、量だけじゃなくて、案外味も美味しいと個人的には思うんだ。
豚の甘みがよく出てるいいスープ……なんていうと、味覚音痴とか言われちゃうのかな。
まぁでもいいや。

ちなみに湘南藤沢店と歌舞伎町店に行ったんだけど、歌舞伎町店はイマイチだったよ。
単純にボリュームが全然少なかったし。だから藤沢店を挙げておいたけど、二郎マニアじゃないんで
特に藤沢にこだわりがあるわけじゃないよ。たまたま最初に入ったのが藤沢店だっただけで。


天下一品ラーメン(いろんなとこ)


天下一品は、やっぱり「こってり」。これだね。
こってり、っていうか、ドロドロっていうか……これがたまらねぇんですわ。
最初に食べた時はあまりにこってりで、こちらも予想してなかったんでちょっと気分が悪くなったけどねw
体調整えて、気合入れて臨んだら、これが美味いのなんのって。


すみれ(新横浜)


僕、そんなに味噌ラーメンには興味ないのね。
でも、ここは美味いなぁ。新横浜ラーメン博物館の、味噌ラーメンすみれ。
優しい味だよね。それ以外に表現できないけど。美味し。


龍上海(新横浜)


続けてラーメン博物館だけど、からみそラーメンで一番好きだったのが、ここの龍上海というお店。
辛いラーメン自体大好きなんだけど、その中でも龍上海は辛さの中に美味さを感じる絶妙な辛みそなんだなぁ。そして、やっぱりここもなんか暖かい。辛いのに甘い。味噌の甘さ、暖かさ。いいぞぉ~。


おやじ(相模原)

すみれに次ぐ、味噌ラーメンNO2は相模原の「おやじ」。甘い。甘い味噌だよぉ~。
あったまるなぁ。


すごい煮干しラーメン凪(新宿)


ここの煮干しラーメンは凄いよ。どこからどう見ても煮干し。煮干し。煮干しの味w
いやはや、凄い。煮干し好きなら一度食べてみ? 凄いよ!
ここのスープを飲み干せば、身体の全てが煮干し漬けになること請け合い!



五の神製作所(新宿)


フォロワーさんに連れて行ってもらったお店。ここのエビつけ麺も凄い。
エビ好きなら一度食べてみる事を薦める。
カラダもココロも海老漬けになろ? 寝ても海老、覚めても海老だよ!


生粋(池袋)

ここのサンマラーメンも凄い。どこからどう食べても秋刀魚。秋刀魚。秋刀魚の味!
煮干しラーメン凪、が煮干しなら、こちらは秋刀魚。
ほんと美味いんだよなぁ。秋刀魚最高!

鶏の穴(池袋)


鶏白湯系ではベストじゃないかな、池袋の鶏の穴。
一時期、鶏白湯にハマってた時期があったんだけど、そのきっかけになったのがここと、新橋の麺屋武一。
で、武一も美味いんだけど、武一は2~3か月の間に8回ぐらい行ったら飽きちゃったw
(行きすぎだよw)

話戻して鶏の穴だけど、池袋はラーメン激戦区。
なんだけど、その中でも↑の生粋と、この鶏の穴が今のところベストだなぁ。


塩ラーメン本丸亭(石川町)


塩ラーメンならここがベスト、かな? 春菊が載っているのがいい感じ。
うーん、褒める文章が浮かんでこない。まぁとりあえず食ってみれ! 美味いから!(酷い)


青島食堂(秋葉原)


生姜ラーメンが腹に染みわたる絶品店。秋葉原No1はここじゃないかな。
800円で大盛、しかもこの美味さ。
生姜ってこんなに美味かったんだ。


・ちょい変わり種

太陽のトマト麺(新宿)

ライトでヘルシー。トマト味がたまらない、太陽のトマト麺だよ。
なんか、オシャレ―って感じで、店はもちろん汚くない。むしろ明るい。
客層も女性が多め。
だから女性ウケするラーメンだと思うけど、もちろん男性が食べてもおいしーよ!
ボリューム的にはちょっと物足りなかったけどね。
「デートでラーメン?」みたいな、ちょっとお高くとまった(失礼!)女性でも、
ここなら満足してくれるんじゃないかな? 


佐市(錦糸町)


牡蠣の出汁がこれでもかと入った、濃厚な牡蠣ラーメン。
美味いんだ。美味いんだけど、たまたまおいらその日体調が悪くってさ。
満足に味わえなかったんで、ここに入れるべきかどうか迷ったんだけども……
「えっ!? 牡蠣ラーメン!?」って興味を持ってくれる人もいるかと思って、記事に入れたよ。
気になる方は試してみて。


麺匠むさし坊(武蔵浦和)

ラーメンに塩こぶ!? そう、そうなのだ。
極めて上品な塩ラーメン(上品というか、ちょっと薄くないですか?)……に、
少しずつ卓上の塩こぶを入れて味変を楽しむ……これはこれで良し。
興味があったら行ってみて!

なお、喜楽楽というお店も川口にあるんだけど、むさし坊とメニューも一緒なら、
店の紹介文も一緒で、「元祖鶏白湯の店」という文言まで一緒。
どっちが元祖なんだww ハッキリしてくれ! というか、同じ店じゃないんか?



とまぁ、そんな感じでした。
これからも美味しいお店、たくさん見つかるといいですね。ではでは。

現在の活動 7/20更新

近況報告記事です。




☆フィクション

〇読書

・吉川英治「宮本武蔵」現在2800/3200ページ。

ようやく再開したぞ。



・レイ・ブラッドベリ「火星年代記」読書中。

●『おかゆ』エロゲ(「おかゆ」とは、元気がない時にのんびりまったりプレイする作品の事です)

・「つよきす3部作」プレイ中
(「つよきす2学期」→「つよきす1学期」←今ここ。ちなみに乙女ルートプレイ中です。大長編小説をを読んでいる時は、そちらを優先なので、「つよきす1学期」だけで7月下旬~8月上旬ぐらいまでかかるかもしんない。
「つよきす2学期」を3月下旬から始めたので、半年ぐらいかけてのんびり3部作できればいいかな、と。さすがに1年はかからないでしょうしw
乙女→エリカ→それ以外の順番の予定。
元気がない時用。

→「つよきす3学期」) 




●漫画
・「孤独のグルメ」全2巻読書中
→ドラマに合わせて漫画も買ったぞい。のんびり癒されるので、元気がない時用。
某企画(?)のため、22日までに読む。


●オーディブル

・こないだ読んだ、吉川英治「三国志」を聴きます。
今4巻目/10。



その他


・お散歩
週2~3ペースで10kmお散歩実施中。

6/1開始~  

通算 156km(散歩コースのみの距離)






こんな感じで頑張ってます。
Twitterには鍵をかけてしまったので、feeは何をやっているんだろう?
と思われる方がいれば、これが答えになるかなと思いまして。
まぁ、僕の動向を気に掛ける方なんていないかもしれませんがw そんな感じです。

吉川英治「宮本武蔵」読みます

記事タイトルの通りです。
ここ最近、ちょっと人生の色々に疲れちゃっていてね。あまりしんどい話は読みたくないわけサ。
しんどいっていうか、『ムカつく話』。ムカつく敵役が出てくると、
それだけで、しんど…って思っちゃうわけネ。
人間の醜さとか、憎しみみたいなのは本当にダメね。

あぁ、人間は醜いな。こんな奴らの間で、俺、生きていく自信がないな。
あぁ、俺も人間だな。俺も醜いもんな。みたいなループにハマるとヤバいね。ヤバいから、ダメね。


後ね、「現実」を強く認識してしまう作品もちょっとしんどいんで、そうなると時代小説っていうのは結構な逃げ場だな、とも思うのよ。
それと、学園コメディとね。


そんなもんで、エロゲは『つよきす』をダラダラとやってます。3月下旬からやってるの。
いいんだよ。焦る必要はないよ。のんびりやろ。人生500年ぐらいのつもりで生きようよ。


で、読書なんだけど、吉川英治の「三国志」、「鳴門秘帖」の2作を読んで思ったの。
ファンには申し訳ないけど、めっちゃくちゃ面白いか?と聞かれたらそれは違う。
でも、飽きずに読ませるぐらいには面白いなって。
「ウザい」敵役が出てこないのも安心できる。
「鳴門秘帖」のお十夜孫兵衛ぐらいのウザさなら全然問題ないからね。

まぁ、ウザいシーンがないというのは諸刃の剣で、ともすれば薄味のおかゆみたいな眠たい作品になっちゃいかねないんだけど、今の僕にはそれぐらいの食事しかとれないんでね。
ホントは脂身たっぷりのステーキが食べたいけど、今は病院食。

で、そんな病院食の中では吉川先生の作品というのは、結構イケてる部類じゃない?
なんて、大作家先生に向かって偉そうなことを思うわけさ。

そんなわけで、吉川英治「宮本武蔵」読みますヨー。


はぁ……本当は「こえの形」とか「秒速5センチメートル」とか「最終兵器彼女」とか「ホワイトアルバム2」とか「チームバチスタの栄光」とか「らせん」とか「ループ」とか、そーゆーのが読みたいんだけどね。


まぁ、病人はおとなしく、吉川先生でも読んでろってこった。

2017年に読んだ本(随時更新)

S→味わい深く、いつまでも心に残りそうな作品

キングの死/ジョン・ハート……記事あり。こちらで

A→読んで良かったと思える作品

ミスティックリバー/デニス・ルへイン……重い、お話。幸福を得たショーン、ジミーと、得られなかったデイブの違いは、「車に乗る/乗らない」だったのか、それとも「大切な妻に全てを話せた/話せなかった」という違いによるものか……。しかし「少年時代を懐かしむすべての大人たちに贈る、感動のミステリ」という説明は詐欺だと思うw


少年時代/ロバート・マキャモン……世界の捉え方が、少年と大人では違う。何にでも「常識的な説明」がつけられてしまう「大人」とは違い、少年の世界は魔術に満ちている。街には幽霊が、恐竜が闊歩し、愛車の自転車には意思がある。空へと届いた野球ボール、魔女、天才、そして殺人鬼。本書は、そんな「少年時代の世界(の見え方)」を、束の間思い出させてくれる良作である。


鳴門秘帖/吉川英治……ストーリー自体は、ちょっと突っ込みどころのある、オーソドックスなTHE・時代劇。ただ、「アネゴ肌で、男にスレてるけど、実は初恋で、好きな相手にはウブで健気」なヒロイン、見返りお綱のインパクトはなかなかのもので、萌え小説として読むなら結構評価が高い。見返りお綱を筆頭に、目明し万吉などサブキャラは良い味を出している反面、主役の弦之丞やヒロインのお千絵様に魅力が乏しいのは残念。




B→暇つぶし以上の有益な何かを得た作品

ライラの冒険:琥珀の望遠鏡/フィリップ・ブルマン……Aに近いB。3巻終盤に来てようやく、「イブ=ライラ、アダム=ウィル、蛇=マローン博士」の関係性が(私に)見えてきて、「聖書パロディのファンタジー恋愛モノだったか!」と気づいた瞬間から急激に面白くなった。ダイモンは「聖霊」かな? などなど気づけば気づくほど、完成度の高い作品だ。しかし最後の200ページに至るまで気づかなかった私も悪いかもしれないが、実際のところそこまでは退屈で仕方がなかったので、高評価するのも……いや、読解力のない私が悪いのか? いずれにせよ、「子供向けのファンタジー」ではなかった。


歌姫/エド・マクベイン……偽装誘拐の皮肉な結末が印象深い。

殺意の楔/エド・マクベイン……

クレアが死んでいる/エド・マクベイン

さよならダイノサウルス/ロバート・J・ソウヤー



C→暇つぶし程度にはなった作品

10プラス1/エド・マクベイン

熱波/エド・マクベイン

ライラの冒険:神秘の短剣/フィリップ・ブルマン

三国志/吉川英治……記事あり。
こちらで。

宮本武蔵/吉川英治

D→自分には合わなかった作品


これから読む予定の本(入手済み)


ブレイブストーリー/宮部みゆき

三国志/北方謙三

鳴門秘帖/吉川英治

チームバチスタの栄光/海堂尊

らせん/鈴木光司

ループ/鈴木光司

俺の妹がこんなにかわいいわけがない(1巻)

鋼殻のレギオス(1巻)

乃木坂春香の秘密(1巻)


バカとテストと召喚獣(1巻)


これから読む予定の本(手元になし)



影武者徳川家康

国盗り物語/司馬遼太郎

庵堂三兄弟の聖職

後継者

オレたち花のバブル組

クレイジーカンガルーの夏

クレイジーフラミンゴの秋

半分の月がのぼる空

巨大投資銀行

起業の砦

起業前夜

警官の血/佐々木譲

ハリーポッターと不死鳥の騎士団/J.K.ローリング

ハリーポッターと謎のプリンス/J.K.ローリング

ハリーポッターと死の秘法/J.K.ローリング

宮本武蔵/吉川英治

ロストシンボル/ダン・ブラウン

インフェルノ/ダン・ブラウン

若草物語/オルコット



記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ