2018年03月

花騎士紹介(斬属性編:18年3月末バージョン)

今週まとめてレベル上げをやったので、現在の手持ち花騎士を晒して自慢しようの会です。
まだキャラクエを全員分は読めていないので、あくまで現時点(2018年3月末)でのお気に入りキャラ自慢になります。

属性ごとに。まず斬属性の花騎士から。総合力降順なので、右下の金髪の娘(スイレン)が最強です。左上に行くほど弱くなります。

キャプチャ

↑1枚目。現在最強の14人。
↓2枚目。15位~29位。
2枚目も降順なので、右下の緑髪の子(ヤマゴーヤ)が15位で左上の赤髪の子(ヨウラクボタン)が29位です。
キャプチャ2

3枚目30位~44位
キャプチャ3


まぁ、こんだけ貼ればいっか。
順に、ぽつぽつ触れていきましょう。


まず1位のスイレン(ジューンブライド)、2位のヤマブキ、3位のアカシアまでが☆6です。
つまり斬属性の☆6は、3人所持しているというわけですね。
キャプチャスイレン
(スキンはスイレン通常バージョンです。すみません、こっちの絵の方が気に入っていてw)

キャプチャヤマブキ


斬属性中心でパーティーを組むなら、この3人は問答無用にスタメン確定ですが、特にヤマブキは強いですねぇ。回避能力も高いし、一撃必殺の『魔刃・七八時雨』も強いし。うちの最強エースです。
スイレンももちろん強い! アカシアちゃんは……☆6にしてはあまり強くないような……
でもでも、うちではエースです! だって☆6自体9人しか持ってないし……
キャプチャアカシア



4位のオンシジュームちゃんは☆5なのですが、最初期に来てくれた事もあってフルアンプルゥにしてるので、相当強いです。可愛い。昇華させようか迷ってる。
キャプチャオンシ

5位のニゲラちゃんは、希少スキルの祭壇パネル能力保持者なので、これまたなくてはならない娘です。キャプチャ ニゲラ

他10位のススキ(ロリ巨乳枠)
キャプチャ ススキ

最初にもらった金の封印石で選んだツバキちゃん
キャプチャツバキ

キャプチャランタナ

14位のランタナは、希少スキル『チョコレートパネル能力』保持者です。
僕は突属性のチョコレートコスモスちゃんをスタメンにしているので、
ランタナちゃんは必須ではありませんが、他にチョコパネル能力者がいなければ是非使ってあげてください。

意外だったのはヤマゴーヤちゃんの15位。
15位と聞くとあれですが、斬属性の非ガチャキャラでは堂々の1位です。
この手のゲームはお金をかければ強くなるのは目に見えていますが、微課金orガチャ運が悪い方は
どうしても非ガチャキャラ中心の編成になると思うので、注目してみてあげてください。


(……キャプチャ貼るの、しんど……。俺、この作業本当にダメだわ。長文書く方がよっぽど楽)


えー、キリがないので巻いていきますか。

キャプチャ オトギリソウ

非ガチャ2位のオトギリソウちゃん! 結構好きです。

非ガチャ4位のホーリーちゃんは、長らく副団長にしていたくらい大好き。
斬属性の中では一番好きかも。

キャプチャ ホーリー

キャプチャ レナ

非ガチャ5位のレシュノルティアちゃんもかわええ。

はい。今回はこんな感じです。
☆4のセントポーリアちゃんとかも凄くかわいいんだけど、キリがないんで、はい。



つか、これほんと疲れるな。この調子で他の属性もやる……んかな? やらなそう。
自分が育てたキャラを自慢したい欲<<キャプチャ貼る労力 って感じ。
でも自慢したいw

一応単なる自慢だけにならないように、初心者団長さんへのアドバイスも入れたつもりですが。
以上、花騎士紹介(斬属性編)でした

つよきす3部作やってます22 3学期なごみクリア

つよきす「1学期」で個人的最萌えヒロインだったなごみが、満を辞しての登場だ。
そのかわいらしさは、1学期のようにバカップル的デレではなく、
隠そうとしているのに見え見えであるタイプのツンデレへと変化しているが、
相変わらずかわいい。とてもかわいい。
しかも今回は、「1学期」以上にエロい。素晴らしい。


ただ……シナリオに関しては良かったとは言いかねる。
いや、悪くはない。決して悪くはないのだ。
だが、結局「1学期」と全く同じ物語が展開されるだけ
……つまりは「のどかさん&天王寺の再婚問題を、なごみが受け入れるまでの物語」である。


「1学期」に比べ、ボリュームが増え、その分丁寧さが増している。
それはいいのだが、「つまらんシーンまで」ボリュームが増えてしまっているのはいただけない。
レオとなごみが仲良くなるキッカケを格ゲー(ストリートファイター4?)にしたのは、
個人的には失敗だったと思う。全然面白くないもん、読んでて。
いや、単に僕が格ゲーファンじゃないからかもしれないけど、つよきす3学期のプレイヤーがみんな格ゲーファンだとは思うなよ! って話だ。
まぁ、格ゲーに触った事ぐらいはあるので、何が行なわれているかはわかったけど。


その後、なごみが対馬家にお邪魔しにきて、姉:乙女、兄:レオ、妹:なごみという疑似家族が生まれるのは面白い。
「家族」をテーマにしたなごみシナリオだけに、もう一つの「家族的存在」、
「みんなのお姉ちゃん、乙女」を絡ませてきたのは、なるほどと思った。
現にここでの描写は、まずまず面白い。
そして、割と強引になごみを押し倒してからは、なごみの可愛らしさにニヤニヤが止まらない……ってほどじゃなかったな。たまにニヤニヤしました。なごむわ~。


ただ、話自体はほんとーに地味。
抱えている問題が大きいだけに動かし辛いのは分かるけど、もう少しどうにかなんなかったかなぁとは思いました。
カニとももう少し和解して、対馬ファミリーの中にも入る、ぐらいでも良かったんじゃないかなぁ。





SーE

レオ B+
なごみ A
シナリオ B-
羨ましさ A-
青春度  B-
Hシーン B+

データ 後で

    シーン回想数 2 
    レオの射精回数:4+8(文章だけ)
    sex回数:2+3 
    H日数:2+3
    なごみが逝った回数:5?

つよきす3部作やってます21 3学期カニクリア

つよきす「1学期」において、個人的最優秀シナリオ賞はぶっちぎりでカニだけど
「3学期」カニシナリオも甲乙つけがたい。

物語としては、スバルとの決着がかなりマイルドな形になっている。
「1学期」では『対馬ファミリーのひとまずの終焉』が描かれていて、これはタカヒロが『まじこい』でも描いたコミュニティ終焉の物語だ。

一方「3学期」では『コミュニティの存続』が描かれており、非常に心地よい世界が形成されている。ただ、一方で『そこまで綺麗に巧くいくものだろうか?』という疑問も、すれっからした僕には浮かんでしまうし、ドラマチック成分は『1学期』よりも減った。
その分、『多幸感』は上乗せされている……いるのだが、『つよきすフェスティバル』でのカニルートアフターを読むと、「結局、理想の形は守れなかったんだなぁ」という思いにも駆られてしまう。

前半のバスケ勝負の描き方もあまり巧くない。
恐らくさかき傘はそれなりにバスケについて詳しいと思われる。
しかし、その結果『それなりにバスケに詳しい人向けの』文章になってしまっている。
ポイントガード、24秒バイオレーション、レイアップといった単語に、非バスケファンはついてこれるだろうか? この辺はエリカルート『桃鉄』エピソードに通じるものがある。
解る人だけが解り、楽しめない人は楽しめないような書き方になっている点は問題だと思う。
モブキャラの2人がまるで空気なのも、問題と言えば問題だ。



「1学期」同様、カニルートはカニ単体ではなく対馬ファミリーの物語だ。
スバルとカニが躍るシーンや、駆け込みでフカヒレがギターを弾くシーンなど、
(欲を言えば更に盛り上げてくれてもいいとは思うが)『4人』の活躍こそが特徴である。

年上ぶる傾向にあったスバルがフカヒレの胸で泣くシーンは、スバルだけでなくフカヒレもまた大切な仲間の一人だと改めて印象づけられる。
カニアフターでの『徹夜でファミレスお喋り』など、対馬ファミリーの仲の良さは本ルートを含め、『つよきす3学期』の楽しさの根幹だろう。





SーE

レオ B+
カニ A-
シナリオ B+
羨ましさ A
青春度  B+
Hシーン B

データ 後で

    シーン回想数 2 
    レオの射精回数:4
    sex回数:2 
    H日数:2
    カニが逝った回数:5

国内ミステリ オールタイムベスト(5/27記入)

海外ミステリ、オールタイムベストの記事を書いたので、国内ミステリについても少し。
とはいえ、海外に比べて全然読めてないんです。
そのうち読む機会もあるかもしれませんし、まとめるだけまとめときますか。
リストは例によってwikipediaからの引用です


S 何を措いてでも読むべき作品
A とても面白かった作品
B まずまず面白かった作品
C あまり面白くなかった作品
D 良さがわからなかった作品

気分でつけているので、リストごとにSになったりAになったりしている作品もあるかもしれませんが、2ランク以上のミスはないはずですw

近々読む作品は、自分のために目立つよう間を空けました。
そのせいで、読者様には不自然なスペースが空いているように見えると思いますが、
ご了承ください。


日本版


1985 文春


1  横溝正史 獄門島 1947
2 中井英夫 虚無への供物 1964
3 松本清張 点と線 1957
4 坂口安吾 不連続殺人事件 1947
5 小栗虫太郎 黒死館殺人事件 1934  
6 夢野久作 ドグラ・マグラ 1935

7 横溝正史 本陣殺人事件 1946

8 鮎川哲也 黒いトランク 1956
9 連城三紀彦 戻り川心中 1980
10 高木彬光 刺青殺人事件 1948
11 船戸与一 山猫の夏 1984
12 天藤真 大誘拐 1978
13 江戸川乱歩 二銭銅貨 (短編) 1923
14 江戸川乱歩 陰獣 1928
15 松本清張 ゼロの焦点 1959
16 泡坂妻夫 11枚のとらんぷ 1976
17 泡坂妻夫 亜愛一郎の狼狽 (短編集) 1978
18 水上勉 飢餓海峡 1962
19 結城昌治 ゴメスの名はゴメス 1962
20 土屋隆夫 危険な童話 1961
21 島田荘司 占星術殺人事件 1981
22 泡坂妻夫 乱れからくり 1978
23 大岡昇平 事件 1977
24 北方謙三 1983
25 江戸川乱歩 心理試験 (短編) 1925
26 竹本健治 匣の中の失楽 1978
27 志水辰夫 飢えて狼 1981
28 高木彬光 白昼の死角 1959
29 生島治郎 黄土の奔流 1965
30  北方謙三 逃がれの街 1982
31 大藪春彦 野獣死すべし 1958
32 高木彬光 人形はなぜ殺される 1955
33 都筑道夫 なめくじ長屋捕物さわぎ (短編集) 1968
34 生島治郎 追いつめる 1967
35 仁木悦子 猫は知っていた 1957
36 笠井潔 サマー・アポカリプス 1981
37 江戸川乱歩 孤島の鬼 1929
38 鮎川哲也 黒い白鳥 1959
39 森詠 燃える波濤 1982
40 小泉喜美子 弁護側の証人 1963
41 土屋隆夫 影の告発 1963
42 横溝正史 悪魔の手毬唄 1957
43 島田荘司 斜め屋敷の犯罪 1982
44 横溝正史 八つ墓村 1949
45 小林信彦 紳士同盟 1980
46 高木彬光 成吉思汗の秘密 1958
47 志水辰夫 裂けて海峡 1983
48 鮎川哲也 りら荘事件 1968
49 江戸川乱歩 押絵と旅する男 (短編) 1929
50 陳舜臣 枯草の根 1961
51 船戸与一 夜のオデッセイア 1981
52 森村誠一 高層の死角 1969
53 松本清張 砂の器 1960
54 笠井潔 バイバイ、エンジェル 1979
55 岡本綺堂 半七捕物帳 (短編集) 1917
56 江戸川乱歩 パノラマ島綺談 1926
57 佐野洋 一本の鉛 1959
58 井沢元彦 猿丸幻視行 1980
59 都筑道夫 猫の舌に釘をうて 1961
60 笹沢左保 招かれざる客 1980
61 岡嶋二人 焦茶色のパステル 1982
62 木々高太郎 人生の阿呆 1936
63 黒岩重吾 背徳のメス 1960
64 夏樹静子 蒸発 1972
65 阿刀田高 ナポレオン狂 (短編集) 1979
66 筒井康隆 富豪刑事 (短編集) 1978
67 高橋克彦 写楽殺人事件 1983
68 北方謙三 眠りなき夜 1982
69 横溝正史 蝶々殺人事件 1946
70 鮎川哲也 死のある風景 1965
71 浜尾四郎 殺人鬼 1931
72 陳舜臣 炎に絵を 1966
73 松本清張 黒い画集 (短編集) 1960
74 久生十蘭 顎十郎捕物帳 (短編集) 1939
75 夏樹静子 Wの悲劇 1982
76 海渡英祐 伯林 一八八八年 1967
77 森詠 さらばアフリカの女王 1979
78 戸板康二 團十郎切腹事件 1959
79 戸川昌子 大いなる幻影 1962
80 赤川次郎 マリオネットの罠 1977
81 小栗虫太郎 完全犯罪(短編) 1933
82 岡嶋二人 あした天気にしておくれ 1983
83 都筑道夫 三重露出 1964
84 大藪春彦 蘇える金狼 1964
85 結城昌治 暗い落日 1965
86 森村誠一 人間の証明 1975
87 赤川次郎 幽霊列車 (短編集) 1976
88 佐野洋 轢き逃げ 1970
89 都筑道夫 誘拐作戦 1962
90 船戸与一 非合法員 1979
91 笠井潔 薔薇の女 1983
92 檜山良昭 スターリン暗殺計画 1978
93 北方謙三 友よ、静かに瞑れ 1983
94 大下宇陀児 石の下の記録 1948
95 多岐川恭 落ちる (短編集) 1958
96 栗本薫 ぼくらの時代 1978
97 加納一朗 ホック氏の異郷の冒険 1983


文春2013


1 横溝正史 獄門島 1947 1
2 中井英夫 虚無への供物 1964 2
3 島田荘司 占星術殺人事件 1981 21
4 夢野久作 ドグラ・マグラ 1935 6
5 宮部みゆき 火車 1992 -
6 松本清張 点と線 1957 3
7 天藤真 大誘拐 1978 12
8 綾辻行人 十角館の殺人 1987 -
9 京極夏彦 魍魎の匣 1995 -

10 横溝正史 本陣殺人事件 1946 7

11 鮎川哲也 黒いトランク 1956 8
12 連城三紀彦 戻り川心中 1980 9
13 東野圭吾 容疑者Xの献身 2005 -
14 小栗虫太郎 黒死館殺人事件 1934 5 
15 山口雅也 生ける屍の死 1989 -
16 泡坂妻夫 亜愛一郎の狼狽 1978 17
17 北村薫 空飛ぶ馬 1989 -
18 東野圭吾 白夜行 1999 -  一度挫折
19 坂口安吾 不連続殺人事件 1947 4
20 綾辻行人 時計館の殺人 1991 -
21 島田荘司 斜め屋敷の犯罪 1982 42
22 有栖川有栖 双頭の悪魔 1992 -
23 京極夏彦 姑獲鳥の夏 1994 -
24 江戸川乱歩 二銭銅貨 1923 13
25 松本清張 砂の器 1960 53
26 原尞 私が殺した少女 1989 -
27 江戸川乱歩 孤島の鬼 1929 37
28 高木彬光 人形はなぜ殺される 1955 32
29 髙村薫 レディ・ジョーカー 1997 -
30 山田風太郎 妖異金瓶梅 1954 -
31 水上勉 飢餓海峡 1962 18
32 高木彬光 刺青殺人事件 1948 10
33 鮎川哲也 りら荘事件 1968 48
34 泡坂妻夫 乱れからくり 1978 22
35 江戸川乱歩 陰獣 1928 14
36 歌野晶午 葉桜の季節に君を想うということ 2003 -
37 松本清張 ゼロの焦点 1959 15
38 泡坂妻夫 11枚のとらんぷ 1976 16
39 横溝正史 犬神家の一族 1950 -
40 竹本健治 匣の中の失楽 1978 26
41 宮部みゆき 模倣犯 1995 -
42 岡本綺堂 半七捕物帳 1917 55
43 桐野夏生 OUT 1997 -
44 皆川博子 死の泉 1997 -
45 大沢在昌 毒猿 新宿鮫II 1991 -
46 船戸与一 山猫の夏 1984 11
47 藤原伊織 テロリストのパラソル 1995 -
48 山田風太郎 太陽黒点 1963 -
49 京極夏彦 絡新婦の理 1996 -
50 馳星周 不夜城 1996 -
51 島田荘司 奇想、天を動かす 1989 -
52 横山秀夫 第三の時効 2003 -
53 髙村薫 マークスの山 1993 -
54 横山秀夫 半落ち 2002 -
55 笠井潔 サマー・アポカリプス 1981 36
56 島田荘司 異邦の騎士 1988 -
57 横溝正史 八つ墓村 1949 44
58 船戸与一 猛き箱舟 1987 -
59 小泉喜美子 弁護側の証人 1963 40
60 宮部みゆき 理由 1996 -
61 真保裕一 奪取 1994 -
62 三津田信三 首無の如き祟るもの 2007 -
63 麻耶雄嵩 夏と冬の奏鳴曲 1993 -
64 森博嗣 すべてがFになる 1996 -
65 大沢在昌 新宿鮫 1990 -
66 貴志祐介 黒い家 1997 -
67 山田風太郎 警視庁草紙 1975 -
68 泡坂妻夫 しあわせの書 1987 -
69 久生十蘭 魔都 1948 -
70 西澤保彦 七回死んだ男 1995 -
71 笠井潔 哲学者の密室 1992 -
72 舞城王太郎 煙か土か食い物 2001 -
73 伊坂幸太郎 アヒルと鴨のコインロッカー 2003 -
74 乾くるみ イニシエーション・ラブ 2004 -
75 横溝正史 悪魔の手毬唄 1957 42
76 麻耶雄嵩 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 1991 -
77 仁木悦子 猫は知っていた 1957 35
78 京極夏彦 鉄鼠の檻 1996 -
79 土屋隆夫 危険な童話 1961 20
80 我孫子武丸 殺戮にいたる病 1992 -
81 稲見一良 ダック・コール 1991 -
82 綾辻行人 霧越邸殺人事件 1990 -
83 中島らも ガダラの豚 1993 -
84 殊能将之 ハサミ男 1999 -
85 逢坂剛 カディスの赤い星 1986 -
86 連城三紀彦 夜よ鼠たちのために 1983 -
87 江戸川乱歩 パノラマ島奇談 1926 55
88 高木彬光 白昼の死角 1959 28
89 志水辰夫 背いて故郷 1985 -
90 山田風太郎 明治断頭台 1979 -
91 佐々木譲 ベルリン飛行指令 1988 -
92 赤江瀑 オイディプスの刃 1974 -
93 貫井徳郎 慟哭 1993 -
94 高野和明 ジェノサイド 2011 -
95 有栖川有栖 孤島パズル 1989 -
96 都筑道夫 なめくじに聞いてみろ 1968 -
97 逢坂剛 百舌の叫ぶ夜 1986 -
98 岡嶋二人 99%の誘拐 1988 -
99 宮部みゆき 龍は眠る 1991 - 全く覚えていないが、多分読んでる。多分。
100 鮎川哲也 黒い白鳥 1959 37


海外版に比べると歴然ですねぇ……。
こういうのって、『とっかかり』(僕の場合は良いブックガイドなど)と『アンテナ』が重要なんですよね。
『とっかかり』さえできれば、そこから手を広げていけますし、そうやってアンテナ感度が磨かれていきますから。

「日本探偵小説全集」あたりから入ろうかと思っているので、
そこに入っている作品は読む予定という事にしました。

ワイの悲劇(全治1カ月)

前置き(クイーンについて)

去年の11月あたりから個人的ミステリブームが続いている。
そんな中でエラリー・クイーンも10作ほど読んだ。

エラリー・クイーンは、初期作と後期作では大きく作風が変わる。

国の名前が冠された初期「国名シリーズ」は、謎解きがすべての作風で個人的には好みに合わない
(『エジプト』、『ギリシャ』、『オランダ』と『途中の家(国じゃないけど作風的にはここ)』の4作を既読)。
また、「悲劇三部作」は、探偵ドルリー・レーンのいかにも勿体ぶった態度が鼻につき、読んでいてストレスがたまった
(犯人が解っているのに皆に発表せず、結果、死人が増えたりするのが辛い。殺人幇助に近い気さえする)。

一方『災厄の町』から始まるライツヴィルシリーズは、人間心理を描いたより現代的な作品群で
特にシリアルキラーの描写に戦慄が走る『九尾の猫』には、非常に好印象を受けた。

九尾の猫

九尾の猫著者: 越前 敏弥/エラリイ・クイーン

出版社:早川書房

発行年:2015

Reader StoreブックパスAmazon

ここまで読んだクイーンのベストは、1位「九尾の猫」、2位「災厄の町」、3位「Yの悲劇」だ。
他「十日間の不思議」という作品も面白かったが、それ以外は今のところハズレとなっている。

今回は3位に選んだ「Yの悲劇」が私の生活にもたらした、甚大な影響について語りたい。

本題

某日。
私は『Yの悲劇』を読みながら、4km先のラーメン屋へと散歩がてら歩いていた。

この作品は最初の250ページくらいまでは割と退屈である。
しかし、老婆の遺言状が発表されたあたりから、俄然目が離せなくなるのだ。

以下が、犯人の手掛かりである。

『座っている盲目の女性(140cm)が前に出した手に、犯人の顔が触れた』
『犯人はつま先立ちで走ったようだ』

簡単に言えば、犯人の身長はえらく低かったという事である。
しかし、ここで異論が持ち上がる。
『腰をかがめていた可能性がある』という声があがるのだ。
もし腰をかがめていたのなら、犯人の身長が低いとは断定できない。

しかし、我らが名探偵ドルリー・レーンはこの説を否定する。
『腰をかがめながら、つま先立ちで走ることはできない』というのだ。

走るという事は、急いでいるという事だろう。犯行現場から去りたい犯人の心情を考えれば当然である。
そして、つま先立ちで走る事は当然可能だ。子供の頃、僕はそういう走り方をしていた。
腰をかがめながら走ることも一応可能だ。すごく格好悪いし、あまり早く走れないが、可能は可能だ。
問題は『腰をかがめながら、つま先立ちで走る』事ができるかどうかだ。

ドルリー・レーンは、何と言っていたであろうか。
手許に本がないのが残念だが、確か『急いでいる人間は普通そんな事はしない』と言っただろうか?
いや、確か一言で『不可能だ』といったような気がする。

間違っても『怪我をするから不可能だ』とは言っていない。
『危ないから真似をしないでくれ』とも書いていない。

私は、純粋な知的好奇心から『本当だろうか?』と疑問に思った。
確かに腰をかがめながら、つま先立ちで走った経験はない。
そんな姿勢で走る機会というのは、まず存在しないのだ。

しかし、だ。
犯人が、『低身長の人間に罪を着せるため、わざとそうした』可能性だってあるではないか。
不自然な走り方ではある。しかし、本当に不可能なのか?
私は試してみることにした。

走れた。普通に走る速度の半分程度の速さだが、歩くよりは速い。
しかしである。数歩走った後、立ち止まった瞬間に、右ひざに妙な違和感を覚えたのだ。
そしてその違和感は消えることなく、数週間後、私は病院へと向かった。

診断結果は靱帯損傷。全治1カ月である。

私「不自然な姿勢で、膝に負担をかけてしまって……」

医者「重いものをお持ちになったんですか?」

私「いえ、そういうわけではないんですが……」

医者「どういった姿勢だったんでしょうか?」

私「……お恥ずかしい話なんですが……」

そうして私は全てを語った。
紳士的な医者は微笑みを絶やさず、
「成長期なら自然治癒する事もありますけど、feeさんはもう大人なんだから……」とだけ言った。
私もまた、微笑みを浮かべながら「本当にそうですね」と言った。

もう大人なんだから……。

少年の心を忘れずに、知的好奇心に誘われて実験した代償は高くついた。
しかし、である。
これは全て私の責任ではあるが、願わくば『怪我をする可能性がありますので、読者は真似をしないでください』の一文が欲しかった。
その一文があれば、不要な怪我をせずに済んだのに……。

次に、不可解なトリックを見つけた時は、好奇心を抑えて大人らしく振る舞えるだろうか?
あまり自信のない、私なのであった。

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ