2019年01月

生存報告&とりかかっている作品含めた日記記事 1/18 更新(後半はNBA)

☆現在とりかかっている作品

・ビーナスブラッドラグーン

・キラ☆キラ(一旦休止。ビーナスブラッド後再開)

・クリスピン「お楽しみの埋葬」

☆直近でやる予定のゲーム(1月中旬~1月末あたりまで)

・キラ☆キラの続き

・行け‼ 鳴神学園オカルト研究部2

・夜のひつじ4作品
(堕落ロイヤル聖処女、ハーレム双子ロリータ、愛欲姉妹ロリータ、聖天使レベルドレイン)

その後は、体調とやる気次第で既読ゲームの再読(多分まだこちらになると思う)か、
未読ゲームの開拓になるかは変わります。


☆直近で読む予定の本
死神の精度/伊坂幸太郎
影の告発/土屋隆夫
夜の熱気の中で/ジョン・ボール
毒薬の小瓶/シャーロット・アームストロング
まるで天使のような/マーガレット・ミラー
料理人/ハリー・クレッシング
お楽しみの埋葬/エドマンド・クリスピン


『1人ミステリ祭り』が2017年11月から続いていますが、春頃に終わる、かな?
ル・カレとかフォーサイスとかに手を出し始めるともっとかかりそうだし、
どこで線引きするか、なんだよなぁ。
(作品として超有名作は1つ2つだけど、作家としては超有名で、割と作品ごとに評価が分散している作家まで追いかけるかどうか)

日記 1/18

NHKスペシャル「ロストフの14秒 日本VSベルギー 知られざる物語」を見た。とても面白かった。
ワールドカップはやはり特別だ、と思う。
ただ、非常に面白い番組だった一方で、勝負の綾は3失点目ではなく、1失点目だと思った。
これは結果論ではなく、ベルギーがフェライニを入れて空中戦を仕掛けてくるのは容易に予測できた事。
それへの対応をしなかったのかできなかったのかは解らないが、良いようにやられ、
2-2になってしまった。
3失点目は、クルトワの素晴らしい判断、デ・ブライネの高速カウンター、ルカクのスルーと3つもスーパープレイが飛び出せば決められるのは必然。
ファウルでしか止められなかっただろうし、ファウルで止めるというのは『僕の価値観』ではあり得ないので、判断ミスだと日本の選手たちを責める事はできない。
CKから点を狙いに行ったのも当然の事。
延長戦に入ったら、あの勢いのベルギーを止められたとは思えない。結局、2-2にされた時点で、もっと言えば2-0から1失点を喫した時点であの流れは必然だった。
だからこそ2-0から2-1にさせちゃいけなかったし、割と見え見えなフェライニの空中戦にやられたのは残念だった(1点目はヴェルトンゲンだけど、フェライニ投入後のパワープレイの流れ)。

思えば日本は、2006のケーヒルや2014のドログバなど、どうも後半から空中戦に強い選手を投入されるとやられてしまう事が多いと感じた。

そういえばアジアカップは見ていないが、日本は決勝トーナメントに進んだとの事。
日本VSサウジアラビアは観戦しようと思う。

読書の方はちっとも進んでいない。体調が悪いのもあるし、時間をビーナスブラッドに吸われているというのもある。「お楽しみの埋葬」はあと30ページほどなので、2~3日のうちには読み終えるつもりだ。

夜のひつじさんの「愛欲姉妹ロリータ」がDL siteで発売になっていたので、早速購入した。

☆アーセナルVSリバプール 面白さ A-

アーセナルの最終ラインの繋ぎの精度が低く、ぼろぼろと何でもないパスミスをしているようでは負けて当然。
ナイトランド・メイルズは良かったけど。
リバプールは破壊的トゥリデンテが揃い踏み。特に印象に残ったのはテクニックの高いフィルミーノだが、サラー、マネも含めて全員がMOMクラス。






日記 1/17

友人と長電話をして楽しかった。
venus Blood 未だにノーマルがクリアできない私です。精進します。
さすがにノーマルくらいはクリアしないとな……。ベリーハード? ナイトメア?
そこまではとてもとても、って感じですね、今の様子だと。

☆レアル・マドリ―VSレアル・ベティス 面白さ B+

怪我人だらけで若手ばかりの世界王者レアル・マドリ―と、ボール支配率だけなら列強の域ながら決定力の低いベティスの試合。
試合はベティスが圧倒的にボールを支配するも守りを固めるマドリ―を崩しきれず、少ないチャンスを決めてなんとか薄氷の勝利。
どちらが格上なんだかサッパリわからない内容だったが、
ベンゼマ、ベイルにクロースとマルセロも抜きではこの内容もやむなしか。
ヴィニシウス、クリスト、ブラヒム・ディアスにレギロンにダニ・セバジョス、バルベルデと、とても世界王者とは思えない陣容だったが、ヴィニシウス、バルベルデ、セバジョスはある程度存在感を見せ、彼らの将来が楽しみになった。
ベティスはカナーレスの存在が際立ち、ドローで終われば彼をMOMに選ぶところだった。
というか、マドリ―が勝利しても一番目立っていたのはカナーレスだった。



☆レアル・マドリ―VSレアル・ソシエダ 面白さ A-

かなり怪しげな、ソシエダ贔屓の笛があったものの、ソシエダ魂の守備がレアルの攻撃を跳ね返し続ける様は圧巻。
守護神ルジが文句なしのMOMだ。レアルは新星ヴィニシウスが鋭い突破力で観衆を沸かせたが、
希望の光はあまりにも淡かった。


日記 1/15、1/16

☆レアル・マドリ―VSビジャレアル 面白さ A-

面白かった。
ビジャレアルはサム・チュクウェーゼとかいう、凄く言いづらい選手が印象的だったけどMOMは2ゴールのサンティ・カソルラかな。
トコ・エカンビとか変わった名前の選手がたくさんいるな、ビジャレアル。

レアルはクリスチアーノ・ロナウドがいないのに、劣化ジダン監督みたいなソラリ采配じゃダメだろうな……。ロペテギ時代の方が遥かに興味深かった。

☆バルセロナVSヘタフェ 面白さ B+

↓と同じになってしまうが、メッシとスアレスのショー。デンベレも良い。
中盤は支配力があるにはあるが、そこからのファンタジアが一時期に比べて不足しているので、
『面白さ』よりも『手堅さ』に偏っている感じ。
それでも面白いは面白いのだが、往年のグァルディオラ・バルサのファンからするとちょっと寂しい。
まぁ、あのサッカーはシャビがいたからこそできたものなんだよね……。
今のメンバーじゃ無理かな……。

☆バルセロナVSエイバル 面白さ B

スアレスとメッシのショー。危なげなくバルセロナが勝利


☆マンチェスター・ユナイテッドVSボーンマス 面白さ A-

破滅的だったモウリーニョ監督が去り、スールシャール監督が就任したマンUは
見違えるように魅力的なサッカーを開始した。
その中心になっているのがポグバ
前政権下では窮屈そうにプレイしていた『怪物』が暴れ出せば、出遅れていたルカクも復活のゴール(オフサイドくさかったけど)。
もちろん、1試合を見ただけで評価を下す事はできないが、少なくともモウリーニョ時代にこのような、ボールを支配しながらの軽快なパスワークは全くと言っていいほど見られなかった。
遅ればせながら強豪にカムバックしたマンU。
今シーズンは無理でも、来シーズンの活躍が楽しみになってきそうな今日の試合だった。




☆トッテナムVSウォルバーハンプトン 面白さ B+

格上トッテナムが60分過ぎまでは優勢で、普通に勝ちそうだったのに
じわじわと泥沼にハマるようにトッテナムの中盤が、ウォルバーハンプトンの中盤に飲み込まれ
気が付けば1-3でウォルバーハンプトンの勝利。
不思議な試合だった。
ソン・フンミン&ケインの2トップ、シソッコやエリクセンが前半はあれだけ躍動していたのに後半は全然ダメ。
ウォルバーハンプトンはジョアン・モウチーニョが入った時間と、トッテナムの動きが悪くなった時間が重なっているし、実際じわじわとポゼッション率を高めたウォルバーハンプトンの勝利。
とはいえ、彼1人でそこまで変わったのか?という疑問もある。


☆マンチェスター・シティVSサウザンプトン 面白さ B-

マンCが強すぎて前半で試合が決まっちゃったでござる。


☆セビージャVSアトレティコ・マドリード 面白さ B

去年まで3年ほどセビージャの試合をかなり追いかけてみていたのだが、今年はあまり見ていない。
順位は4位か5位だし、内容もさして観るべきものがない(ウナイ・エメリ時代)か、
面白いけどシーズン終盤に大失速(サンパオリ時代)など、どうにもという感じなのだ。
このチームには期待しても無駄だと思って、今年はあまり見ていなかったのだが、
近年で一番成績が良い。
僕が見なければやる気を出すのか、君たちは。

さて、アトレティコ戦。
一応アトレティコの方が格上なはずだけど、どんな相手に対しても守りを固めるアトレティコなので
相手がボールを持つのも、攻め込まれるのも全然良いんだけど、
アトレティコの攻撃は、強豪チームと呼ぶには攻め手も魅力もなさすぎる。

セビージャはベテランの域に入ったヘスス・ナバスが違いを作り、バネガやアンドレ・シウバなど
なかなか魅力のある攻撃をしていた。
結果は1-1ドロー。
2位と3位の対決は、首位バルサの背中が遠くなる、お互いにとって痛い引き分けだった。
とはいえ、内容を見ればセビージャが勝利に相応しかったし、そういう意味ではアトレティコがよく守り切ったのだろう。

あと、この両チームが戦うとよく試合が荒れるね。今日も両チームともかなり激しかった。
このカードで真っ先に思い浮かぶのは、セビージャにいたコンドグビアとジエゴ・コスタが乱闘していた記憶。
コンドグビアはもういないし、ジエゴ・コスタは負傷で出ていなかったけど荒れるのね。





1/15

家族の手術に立ち会ってきた。無事成功ということで良かったけど、2週間も入院するんか……。
まぁリハビリ入院なので、たまに顔を出せばいいか。

相変わらずビーナスブラッドラグーンをやっている。
サッカーの試合が溜まっていたので、一気に消化してしまおうか。
(家族と一緒に観ようかと思ってたけど、2週間はちょっとw)

1/14

体調悪くロクな事ができないが、Venus Blood Lagoonは進めている。Lagoon? Ragoon? あれ?
英語のスペルはどうも覚えられない。ラグーン。ビーナスブラッドラグーン。これでよし。
ヴィーヴルを倒して、ファフネルと戦ってるけど、長いねぇこのゲーム。
前からこんな長さだったとは思うんだけど、前作は例外的に短かった(と言ったって40時間ぐらいあったけど)ので、長いなぁ~と。
しかし、前作は普通に面白かったし、「毎年同じでマンネリ」にも変化がついたのか、
今回も同じことをやっているはずなのにちょっと新鮮な気分で面白い。

クリアしたら多分、批評空間に感想を書きに行くけど81点ぐらいかな?
シリーズ他作につけた点数と比較して、微修正はするけど大体そんなもん。
現在の中央値を見てみたら90超えてて笑った。まぁ90はないw と、思う。

1/13

新年から始まった、私生活のゴタゴタは1/15か16がピーク。という事で、最後の踏ん張りどころ……。
それまでは無理せずに行く。
rakutenTVの契約(1カ月)は一旦終了。
どうせまた再加入するけど、今は観たいカードの少ない時期なので、少しだけ休む。
我慢できなくなったら入る(多分すぐ入る)


venus blood ragoonを引き続きプレイ中。ヤマタを倒して今ヴィーヴル。
昨日がっつりヴィーナスブラッドの感想を書いたので、あまり書くことがないなw


あと、あれほど飽きた飽きたと言っている(ブログでは書いていない?)
家系ラーメンを気づけばまた食べていた。
多少の遠出をすれば別だけど、自宅の近くで済まそうとすると家系ラーメン店ばっかりなんだよ……。

折角だから評判の良い店はいくつか食べたけど、
直系タイプならとらきち家か末廣家か環2家か杉田家
(どれもほぼ同じ。とらきち家が空いているから好き。一番しょっぱい。
末廣家のチャーシューは絶品なので、チャーシュー込みだと一番美味いけど混んでる。
杉田家は接客が不愛想すぎる)、
塩ラーメンなら壱六家、気分を変えたかったら六角家と実質3タイプしかないんだからそんなにたくさん作ってもらっても困るよ。
頼むからもっと色々な店を作ってくれ……。

ちなみに東京民の人が『家系』だと思っているラーメンは高確率で六角家系です。
『直系』とは味が違うのでよろしく!
東京在住の方と家系ラーメンの話をすると話が食い違うのはこれが原因だったのか!
醤油辛くて切れ味抜群なのが直系で、豚骨が凝縮されている感じだけど醤油の主張がそこまででもないのが六角家系ね。

そういやラーメンの話をするなら、鶏喰の店主が事故に遭われたとのこと。
2月まで閉店だとか。まずは大事に至らず何よりでした。
鶏喰はホント美味いので、復帰をお待ちしていますが、
復帰直後は激混みだろうから春頃までは行かない方が良さげか……。

1/12

venus blood ragoon ようやく3章まで来た。
敵が強すぎ問題はさておいて、マンネリと質の低下を続けていたヴィーナスブラッドシリーズの中で、異色作だった前作『ブレイブ』あたりから、少しずつ持ち直した感じ?
ただ、個人的には『ブレイブ』路線で作ってほしかったが。
敵が強すぎるのと、UIが不親切すぎるのは問題。音楽はなかなか良い。キャラも今回は割とよい感じかな? まだ3章なのでわからないけど。

僕のヴィーナスブラッドシリーズの評価はこんな感じ

←ここまで評価が上がる可能性はある、が多分上がらない。
フロンティア(シリーズの一つの完成系)
エンパイア(シリーズの原点)
ブレイブ(マンネリ打破のための意欲作)
←暫定評価。ラグーンはココ?
ガイア(クソゲーだったアビスを正当進化させた)
ラグナロク(悪くはないがマンネリ)
←ここまで評価が下がる可能性はある。ヒュプノを下回る事はまずなさそう。
ヒュプノ(すまん、催眠術は全然興味ないのや)
アビス(タワーディフェンスではないタワーディフェンス)


ちなみに好きなヒロインベスト5は

1 アリアンロッド(エンパイア)
2 ククル(ガイア)
3 アクリス(ブレイブ)
4 リグレット(フロンティア)
5 ジルニトラ(エンパイア)

で、今回はピアサが上位に食い込んでこれるかどうか期待。もちろん、意外な伏兵が現れる可能性も。

1/11

近所のスーパー銭湯で1時間半ほど骨休めして帰宅。
旅行とかでもなく、近場なのでそれほどの効果はないけれど、多少リフレッシュして帰ってきた。

ヴィーナスブラッドをちょこちょこ進めている。


1/10

☆ミルウォーキー・バックスVSユタ・ジャズ 面白さ B

ジャズを応援してたんだけど、バックスの勝利。ドノバン・ミッチェル良かったんだけどなぁ。
バックスが殊更良かった印象もないんだけど。ソン・メイカーの頑張りが目立ったけど、MOMは安牌のアデトクンボかな。
と思ったけど、公式のMOMもソン・メイカーなのか。じゃあメイカーでいいや(日和見)。


毎日のようにウンザリさせられる事ばかりで本気でパンクしそうだけど、今日もパンクせずに生きているので、人はそれなりに頑丈なんだろうなと思う。
こんな時こそエロゲで癒され~と思ったけど、現在プレイしているのは「キラ☆キラ」なんだった。
キラ☆キラは良作だけど、癒し目的でプレイする作品ではないし、僕は複数ゲームを並行プレイするという器用な事ができないのだ(RPGとノベルゲーム、とか、ノベルゲームと本とかならできる)。

エドマンド・クリスピンの「お楽しみの埋葬」を読み始めた。無難に面白そう。


それから『Venus Blood Ragoon』を始めました。
シリーズ未プレイ者には置いてけぼりな事を言いますと、『いつものヴィーナスブラッド』です。
だからシリーズファンなら買っても損はないんじゃないかな?

……(2時間後)
何これ、激ムズやん。まだ2章なのに敵強すぎて笑うしかない。
ギブアップするかもしれん。
それにしても「どう考えても何の役にも立たないユニット」が100種ぐらいずーーーっとシリーズ初期から残存しているんだけど、そろそろ整理してくれないかなって思う。
前作はそういう意味でも簡素化されていて良かったんだけど、今回また昔のヴィーナスブラッドに戻っちまった。ブレイブ路線で良かったのになぁ。

(2時間後)
難易度イージーで『強制勝利ボタン』使いまくって、とりあえず話だけ進めたわ。
周回でユニット引継いで最初からやりたかっただけというか、もっと言うならフリーシナリオみたいなところでレベル上げさせてくれればそれだけで良かったんだが……
『10ターン敵の猛攻を耐えろ!』みたいなステージは良いとして、ターン制限つけるのやめてくれや……。ノンビリやりたいねん


1/9

相変わらず体調は絶不調。頼むから、静かに静養させてほしいと思う。

森村誠一の「高層の死角」読了。
ストーカーと大差ないような執念のアリバイ崩しが印象深い。しかし、冤罪だったらどうする気だったんだろう。犯人の動機が意味不明すぎてどうにもノレなかったのは、昨日の日記にも書いたとおり。
トリックもとても複雑だが、『ホテルのシステムを使って、やろうと思えばできたんだろうな』とは思った。


1/8

森村誠一の「高層の死角」を読み始めた。日本のミステリは本当に『密室トリック』とか好きだねぇ……。
それはいいんだが、昭和小説あるあるというか、犯人の動機が無茶苦茶すぎないか?
ライバル会社を蹴落とすために、サラリーマンが社長秘書をたらしこんで、社長と秘書を殺したとか意味が解らなすぎて草も生えない。
怨恨とか、金目当てとかなら解るが、サラリーマンがそうムキになるなよ……って思っちゃう。
この動機、終身雇用時代には変でもなかったんだろうか?


体調悪く、何もできず。1/5あたりからずっと、しんどい感じが続く。
理由はハッキリしていて、あと1週間くらいの辛抱なので何とか乗り切るしかない。





1/7

フリーマントル「別れを告げに来た男」を読了しました。73点。
フリーマントル作品は(前に読んだ「消されかけた男」に引き続き今回も)
『無能な上司とその取り巻き、無能な同僚に囲まれて、正しい事をしている有能な主人公が冷遇される(けど、最後少しだけ認められる)』感じで、
『サラリーマン小説』というか。
有能だけど不器用で、組織の中でいつも冷遇されているけど、正しいのは主人公なのだ……みたいなw
こういう作品は嫌いじゃないけど、世知辛いw ある意味リアル。



☆ マンチェスター・シティVSリバプール 面白さ A

サッカー、プレミアリーグの大一番。
リバプールが勝つと、優勝が決まりかねない(独走してしまう)シチュエーションでの首位決戦という事で、シチュエーションも熱く、試合も熱いものとなりました。
リバプールはフィルミーノを軸とした縦に早い3トップ(サラー&マネ)のスピード感が脅威。
マンCはパスを細かくリズムよく繋ぐ、グァルディオラ流の華麗なサッカーという事でスタイルの違う両者。
この試合でもリバプールの速攻に苦戦をしたマンCですが、前半最大の危機はストーンズが奇跡のクリア。その後アグエロが決め、フィルミーノが決め返し、ザネが突き放して試合終了。

僕自身マンCファンでもありますし、優勝争いを継続するという意味でも、マンCの勝利は嬉しかったです。
ただ、マンC流の華麗なサッカーが出来たか?と聞かれると、この日はリバプールの方が印象的でしたね。マンCが本当に良い時はまず、ダビド・シルバが輝いていますので(デ・ブライネでも良いけど、デ・ブライネは負傷でいない)、ここが沈黙している時は流れが出ない。
そう考えると、この内容でよく勝てましたね。
ストーンズのあのクリアがなければそのまま負けていたかも。そういう意味でMOMはストーンズにします。

リバプールのゴールは右サイドバックのアーノルドのクロスを、左サイドバックのロバートソンが絶妙に折り返し、中央のフィルミーノが決める実にダイナミックなゴール。
ただ、アーノルドへのプレスがかなり甘かったですね(ザネ)。ザネはこの後決勝ゴールを決めるので責めるつもりは全くないけど、この時の守備は甘かったなーと思いました。





☆ゴールデンステイト・ウォリアーズVSヒューストン・ロケッツ 面白さ A


第3Qまではウォリアーズが余裕の勝利、という感じで適当に見ていたんだけど、第4Qから壮絶な死闘となり、最後はNBAファン冥利に尽きる名勝負になった。
トータルでは面白さAだけど、第4Q以降ならSですね。

ウォリアーズはデス・ラインナップの5人(カリー、トンプソン、デュラント、イグダーラ、グリーン)全てが良く、ルーニーも良かった。リビングストンも地味に良かったし。
まさに総合力が高く、敗れてなお強さを印象付けた。

しかしそれを、神がかり状態のジェームズ・ハーデンと、インサイドを蹂躙したクリント・カペラの2人で退けたロケッツ。
総合力では(ポール+ゴードンを数に入れても)ウォリアーズの方が上だと感じたけど、こういう試合が出来るとなると、侮れませんね。
新加入のリバースやダニエル・ハウスなども地味に活躍しました。
特にリバースは、去年のロケッツに豊富にあって今年のロケッツに少ない攻撃オプションとして、この活躍を続けてくれれば、去年並の成績まで行けるかもしれません。
ただ、ハーデンとカペラ頼みの印象はまだちょっとあるので、怪我がちのポールがシーズンの大事なところで試合に出られるかどうかに左右されそうですね。


1/6

「クロイドン発12時30分」を読み終えました。面白かった。短文記事(読んだ本感想)に載せました。
フリーマントルの「別れを告げに来た男」を読み始めています。短いので、早めに読み終えられそう。



☆トロント・ラプターズVSミルウォーキー・バックス 面白さ B+

東の首位決戦らしい好ゲーム。特に第1Qの勢いはPOのようだった。
ワンマンではない、「全員バスケ」を標榜する両チームらしく、パスが良く回る。
ラプターズは、エースのレナードを筆頭に、精力的な動きで30点のシアカム、攻守に渋いイバーカとダニー・グリーン、苦しい時に3ポイントで繋ぐヴァンブリートとスターター5人全員が印象的なプレイを見せたのに対し、
バックスは43得点のアデトクンボやミドルトン、ブレッドソーまでは良いものの、特にブルック・ロペスの不調が響き、3ポイントの怖さが薄かった。ラプターズの7点差勝利というのは、そのままブルック・ロペスの穴だったように感じた。

全員が良かったラプターズなので、MOMはトロント・ラプターズというチームそのものにあげたい感じ。誰か1人選ぶなら、今日はシアカムかなぁ。
レナードでも良いんだけど、レナードはいつも凄いので。




1/5


☆ロサンゼルス・レイカーズVSオクラホマシティ・サンダー 面白さ B

どちらもピリっとしない内容だったが、ポール・ジョージが凄すぎた。
レイカーズはレブロン抜きなのが厳しいけど、KCP(ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ)が頑張ってた。
解説の中原さんは僕よりも遥かに詳しい人なのであれなんだけど、個人的に今日に関してはタイソン・チャンドラーはフレグラント1だと思う(故意には見えない)し、ウェストブルックはやっぱり不調だと思う。
トリプルダブルしているのに不調というのもなんだけど、本人が楽しそうにプレイしていないんだよね。表情が冴えないし、第1Qはめちゃくちゃ苛々してたし。
逆に言うと、僕の「不調説」は表情とかの印象論でしかないけど。


☆オクラホマシティ・サンダーVSポートランド・トレイルブレイザーズ 面白さ B+

またもMOMはポール・ジョージ。というかサンダーの試合は最近いつもそうだな。
ポール・ジョージ、アダムス、ウェストブルックは良いんだけど、他の先発2人の印象が薄いのはなんでだろ。
サンダーがゆるゆると寄り切る感じだったけど最後の最後でポール・ジョージのまさかのハンドリングミスと、ウェストブルックの無謀(?)なドライブ(外れた)によって試合は接戦に。
ところがブレイザーズもリラードがイージーショット(に見える)を外して結局2点差でサンダーが逃げ切った。



1/4
クロフツの「クロイドン発12時30分」を読み始めた。割と面白い。

プライベート話だけど、家族が怪我をして手術する事になったので、
手術予定の1/15ぐらいまで、色々と落ち着かない。
今回の怪我自体は手術すれば治って後遺症もなさそうなのでいいんだけど、
同じような怪我の再発を防ぐ方法が思い当たらないため、
数年後(もっと高齢になってから)同じ怪我をされたらヤバいなとか考えるとほんと、落ち着かない。
まぁ、良い意味でも悪い意味でも数か月もすれば(次に怪我するまで)忘れるから、
落ち着かないのは今だけだと思うけど、結構しんどいっす。

しんどいので、バスケやサッカーにまみれて「癒されたい」です。SLGで癒されるかもしれないけど。
キラキラはちょっと後回しかなw しんどいところはもうプレイしたけど、癒し系ではないし……。



日記 1/3

NBAオールスター投票を行なってきました。
毎日1票入れられるんだけど、まぁ面倒くさいのでとりあえず僕が選んだのはこちら。

東地区 
フロント3枠:レナード(ラプターズ)、アデトクンボ(バックス)、エンビード(シクサーズ)
ガード2枠:アービング(セルティックス)、ラウリ―(ラプターズ)

ラウリ―だけ迷いましたw オラディポの方が良かったかな?

西地区
フロント3枠:レブロン(レイカーズ)、デュラント(ウォリアーズ)、ポール・ジョージ(サンダー)
ガード2枠:ハーデン(ロケッツ)、カリー(ウォリアーズ)

こんな感じ。西は魔境すぎる。
ヨキッチとかウェストブルックとかアンソニー・デイビスとか、デアンドレ・ジョーダンとか、カペラとかアダムスとかドンチッチとか、入れてる場合じゃないって感じだ。

フリーマントルの「消されかけた男」を読了


1/2

☆トロント・ラプターズVSユタ・ジャズ 面白さ B

悪い試合じゃないんだけど淡々とラプターズがリードして淡々とそのまま勝った。
レナードが淡々と凄かった。シアカムも良かった。

1/1

別記事で書いたけど、「キラ☆キラ」のきらりルート1&2をみっちり読んで、ガツンとやられて体調崩したw
余韻が凄い。しばらくエロゲはいいや……と言うと大げさだけど、数日はいいや。


12/31

☆オクラホマシティ・サンダーVSダラス・マーベリックス 面白さ A


奇妙な試合だったけど面白かった!
第1Q、ターンオーバーがあまりにも多すぎるマーベリックスと、にも関わらず接戦してしまうサンダー。第3Q、突如として眠ってしまうサンダー。第4Q、またもターンオーバーを連発するマーベリックス。最後まで接戦。
サンダーはポール・ジョージが頑張ってたしシュルーダーも良かったけど、ウェストブルックの霊圧が消えていた。アダムスも、デアンドレ・ジョーダンとの戦いに負けていた。
マーベリックスはドンチッチかデアンドレ・ジョーダンかMOM迷う。最優秀若手選手間違いなしのドンチッチはタフな3Pシュートもよく決めてくる。バレアのゲームメイク力も安心して見ていられたし、今年のマブスは良い選手が揃っている。
デアンドレ・ジョーダンのFTが4/6で、2点差でマブス勝利。ということは、ジョーダンのFTが2年前レベルならサンダーが勝っていた。ジョーダンの努力は(プロとして当たり前かもしれないが)頭が下がる。ドンチッチはいつも凄いので、今日はジョーダンにMOMをあげたい。


12/30

☆ゴールデンステイト・ウォリアーズVSポートランド・トレイルブレイザーズ 面白さ A

白熱の好ゲームはOT(オーバータイム=延長戦)へ。

王者ウォリアーズはステフィン・カリーが好調、デュラントも良く、イマイチ不調だったトンプソンもハッスルプレイを見せ、グリーンも(テクニカルファウルは余計だったが)サポート役として申し分のない働き。
とくれば、当然勝って当たり前の試合だったがこの日はFT(フリースロー)がまさかの乱調ぶり。
FTシューターが揃っているはずのウォリアーズなので、せめて7割は決めてほしいし、
7割決めていれば勝っていた。

そんなFT乱調を見逃さなかったブレイザーズは、エースのリラードが勝負を決めるクラッチ・ゴール。
序盤不調だったマッカラムも第4Q終盤からクラッチ・ゴールを連発し、セス・カリーも兄のステフに負けじと第4Qに3Pシュートを連発。
リラード、マッカラム、いずれも甲乙つけがたいMOMだが、ここは第1Qからリバウンドにゴールにと積極的だったヌルキッチを推したい。
ともあれ、素晴らしい試合だった。


12/29

☆サンアントニオ・スパーズVSデンバー・ナゲッツ  面白さ B

同一カード、連戦の初戦。
予想外に西の首位をひた走るナゲッツと、何とか立て直して好調になってきたスパーズの一戦。
ナゲッツはエルナンゴメスの3ポイント爆撃が炸裂するも、ヨキッチが4得点と沈黙(10アシストは立派だけど)。
スパーズもパスが良く回り流れのあるバスケから、ベリネリの3ポイントが印象的だったが、MOMはやはり『いつものように』素晴らしかったデローザンか。
デローザン、オルドリッジ、ゲイの3人は安定感があるし、パートルやベルターンスといったあまり期待されていなかった若手選手の伸びも目覚ましく、腐ってもスパーズだと感じた。


☆ロサンゼルス・クリッパーズVSロサンゼルス・レイカーズ 面白さ D+

連戦の疲れか、はたまた主力の欠場が響いたか、「二日酔いしながら仕事してます」な感じの試合。
そんな中、クリッパーズはルー・ウィリアムスとハレルは良かった。
思いのほか成績の良いクリッパーズだけど、少し油断すると下位に転落しかねない大混戦のウェスト地区だけに、この勝利は大きい。
勝利は大きいけど、娯楽としてはツマランかった。


12/28

☆ゴールデンステイト・ウォリアーズVSロサンゼルス・レイカーズ 面白さ A-


クリスマスゲームの目玉カード。一番期待していた試合は、意外な結果に。
レイカーズが大量リードするも、頼みの綱のレブロンが負傷交代。
そこから一気にウォリアーズが詰めてきて、このまま逆転されるな~という展開だった。
ところがレイカーズが踏みとどまり、終わってみればレブロンが負傷する前以上のリードを奪っていた。
レイカーズのエースがレブロンなのは間違いないところで、レブロンが負傷したら『終わる』のもある意味予想していた。そしてウォリアーズが波に乗れば止まらない事も。
それだけに意外だった。
3Q終盤のスティーブンソンの3ポイントも良かったけど、やはりMVPはロンドだと思う。
熟練のパスマスターがリードするレイカーズの攻撃は面白く、レブロンがリードするレイカーズとは別の味わいがあって、正直こちらはこちらでもっと見たいと思ってしまった。
あと、ズバッツが最近絶好調っすね。


12/27

☆トロント・ラプターズVSマイアミ・ヒート    面白さ B-

正直つまらなかったんだけど、最後だけ盛り上がった。
ヒートがラプターズを完全に『窒息』させていたんだけど、NBA初心者なのでラプターズの攻撃が酷かったのか、ヒートの守備が素晴らしかったのかがイマイチわからない。多分両方。
ところが、ヴァンブリートの3ポイントなどもあって、気づいたらラプターズが逆転してた。
よくわからない。バスケは奥が深いな…。MOMはヴァンブリート? レナードかな……? わかんねーな……。


☆ボストン・セルティックスVSフィラデルフィア・セブンティシクサーズ 面白さ A+


延長戦までもつれる白熱の展開ですが、やはりアービングが神がかっていました。
モリスやスマート、テイタムにホーフォードとセルティックスはチーム全体のバランスが非常に良く、
さすがは東の強豪ですね。
シクサーズはエンビードは良かったし、T.J.マッコネルも良かった。ただ、シモンズの得点力の低さは何とかならないっすかね? タイプが違う選手なので比較しても仕方ないけど、アービングが40点取っていったのに比べてシモンズは10点ですからね……。


12.26

☆ヒューストン・ロケッツVSオクラホマシティ・サンダー 面白さ A


サンダー優位かと思ったけど、ハーデンが神すぎた。
ただ、ハーデン頼みすぎるので、もうちょっとチーム全体でバックアップしてほしいですね。
カペラは良いんですけど。
サンダーはポール・ジョージとウェストブルックの2大エースに、センターのアダムス、控えのシュルーダーとタレントが揃っていて、王者ウォリアーズ打倒の一番手なんじゃないかな?と最近は思っています(開幕前は思っていませんでしたw)


☆ゴールデンステイト・ウォリアーズVS ロサンゼルス・クリッパーズ  面白さ A

ラスト、カリーのショットが痺れた。しかしクリッパーズは地味に良い選手が揃ってますね。
ガリナーリがこの日は良かった。







レイ・ブラッドベリ「刺青の男」の対談、公開しました

「雑記帳」の管理人で、エロゲー批評空間(submoon01名義)シミルボンでも活動をなさっている
仔月さんと、ブラッドベリ『刺青の男』の対談を行ないました。

全5回程度のボリュームになると思います。 
全7回ぐらいにはなりそうですね。
全6回じゃねぇか!! 予想外れすぎ……。

第1回 12/8公開

第2回 12/15公開

第3回 12/22公開

第4回 12/30公開

第5回 1/5公開

第6回(最終回) 1/12公開

興味・お時間のある方は是非!

NBA ここまでの雑感(西地区)

現在NBAは約半分の日程を消化。PO争いも少しずつ見えてきました。
そこで各チームの印象を雑~に書きたいと思います。
東も書こうかと思ったけど、西の方が興味があるし、西の記事だけで疲れてしまったので東は書くかどうか未定で!


☆西地区

超・激戦&超混戦区。
絶対王者ウォリアーズがやや苦戦(とはいえ2位だけど)、シーズン前対抗と目されたロケッツとジャズは期待を大きく裏切り、特にジャズに至っては開幕前対抗に挙げたのが恥ずかしく思えるほど。去年ベスト4のペリカンズも低迷し、そんな中、去年全然ダメだったキングスやマーベリックスが健闘を見せる。
一人最下位に沈むサンズを除いて14チームにPO進出の可能性がある、史上稀に見る(と観戦歴3年の俺が言っていいんかな?)激戦が展開されているのが西地区だ。


〇プレーオフ安全ライン

ゴールデンステイト・ウォリアーズ
デンバー・ナゲッツ

現在まさかの首位を走るのがナゲッツ。ヨキッチを中心としたややスローテンポなバスケだが、怪我人がこれだけいるにも関わらず首位を走る強さは本物。

そしてもちろんウォリアーズ。
グリーンとデュラントの確執や、例年に比べ上がらない勝率など『無敵感』はやや薄れてきてはいるが、天才児カリーのゲームメイクに安定感抜群のデュラント、たまに大爆発するクレイ・トンプソンと3人のハイスコアリングマシンを擁し、グリーン、イグダーラ、リビングストンとサポーティングキャストもバッチリ。このチームがPO進出を逃すとは考えづらい。

〇プレーオフ有力ライン

オクラホマシティ・サンダー
サンアントニオ・スパーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
ヒューストン・ロケッツ


この中でチームの総合力が最も高いと感じるのはサンダーだ。
去年まではウェストブルックのワンマンチーム+アダムスだったが、今年はポール・ジョージがウェストブルックを押しのけてファースト・オプションになるほどの存在感を発揮。
脇役に回った時の方が輝くウェストブルック(たまにエゴを出して自滅するが……)、古典的センターではリーグ屈指のアダムスと、『BIG3』は揃っている。
セカンドユニットもシュルーダーの獲得で層に厚みが生まれてきた。戦力的にはかなり高いレベルと観て良い。

ではなぜこのPO安全ラインではないのか?というと、懸念点はスケジュールの問題である。
現時点で25勝16敗の3位と一件文句のない成績だが、PO圏外の9位ジャズ21勝21敗とは5敗差分しか差はなく、まだまだ安心とは言い難い。
そしてサンダーのスケジュールを見ると、『確実に勝利が計算できる弱小5(勝手に命名。ファンの方すみません)』サンズ、ブルズ、ニックス、ホークス、キャバリアーズとの対戦を既にほぼ全て済ませてしまっているのだ(あと2試合のみ)。
これが、たとえばユタ・ジャズはこの5チームとの対戦を9試合も残していたりする。
現在の順位は、弱い相手に恵まれた結果かもしれないのだ。


レイカーズは結局レブロン次第だろう。
故障欠場のほぼないレブロンがいる限り、最後のところでPOにきっちり滑り込んでくるはずだ。
ロンドのゲームメイクや、タイソン・チャンドラ―マギーのセンター。
クーズマ、ボール、イングラムの若手たちに曲者スティーブンソンなど、
多士済々の個性派集団が繰り出すアップテンポで攻撃的なバスケは、観ていて楽しく、好きなチームの1つだ。

昨シーズン、王者ウォリアーズを土俵際まで追い詰め、『事実上のファイナル』を演じたロケッツは
移籍マーケットでの動きに失敗し、戦力は確実にダウンした。
故障がちのエース、クリス・ポールに高年俸を払った結果しわ寄せが来ており、
既存戦力でもジェラルド・グリーンあたりからは去年の輝きを感じられない。
そんな逆境を、1月現在、1人で勝たせているのが髭の悪魔ジェームズ・ハーデンだ。
しかし、いくらハーデンが凄くとも、ハーデン1人(+カペラ)のワンマンチームでは、せいぜいのところ去年のサンダー止まり。高年俸に見合ったクリス・ポールの活躍や、ゴードンあたりの更なる奮起も期待したい。

ジノビリ、パーカーと一時代を築いた名選手たちと袂を分かち、新時代を担うはずだったレナードも喧嘩別れのように放出したスパーズ。
それでも、新エースのデローザンオルドリッジを中心に、ベルターンスパートルといった若手たちを活躍させる名将ポポビッチの類まれなる手腕には脱帽させられる。
このチームの真の強みは監督だろう。
レブロンが何とかしてくれるレイカーズ、ハーデンが何とかしてくれるロケッツ、ポポビッチが何とかしてくれるスパーズ。この3チームは結局、何とかPOには入るものと思われる。


☆プレーオフギリギリライン(上位)

ポートランド・トレイルブレイザーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
ユタ・ジャズ


開幕前の高い評価は何だったのか。
9位に低迷するジャズと、ほぼノーマークから突如として5位に躍り出ているクリッパーズ。

昨シーズンと戦力は変わらないものの、ルビオやミッチェル、ゴベアからイマイチ『躍動感』が感じられないジャズは、ここまで9位と苦戦中。とはいえ、腐っても『開幕前No2候補』。
スケジュール的に厳しかったのは事実で、ここから巻き返す可能性はある。

昨シーズン10位のクリッパーズは、表のエースハリスとセカンドユニットのエース、ルー・ウィリアムズが存在する異色のチーム。
長距離砲のガリナーリやハッスルプレイが魅力のハレルなどが驚きを演出し、超スーパースターがいない代わりに、ベンチメンバーが出ても戦力が落ちない面白いチームとなっている。
そんなチームが5位ということでてっきりスケジュールに恵まれたのか?と日程を見ても、案外そうでもない。前述した『弱小5チーム』との試合を8試合も残しているし、意外とこのままPOに入ってきそうな予感も。

期待外れのジャズと期待以上のクリッパーズ。そして、『期待どおり』なのがブレイザーズだ。
戦力も変わらず、成績も、やっているバスケもおおよそ変わらない印象のブレイザーズは、
POの常連チームでもある。
だとするならば今年も例年通りPOに進出するという予想も成り立つが、いやいや待っていただきたい。

ウォリアーズ、ナゲッツ、サンダー、ロケッツ、スパーズ、レイカーズの6チームを当確とするならば、
ジャズ、クリッパーズ、ブレイザーズのうち1チームはPOに出られないのである。
となると……?? 
やはり、今年の西地区は大激戦区。全く予想がつかず、これからの展開が非常に楽しみだ。


☆プレーオフギリギリライン(下位)

ダラス・マーベリックス
サクラメント・キングス
メンフィス・グリズリーズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ

現在14位のマーベリックスですら19勝22敗。
8位のレイカーズ23勝19敗とはわずか負け数が3つで、数字上は全くどこが来てもおかしくない。
それでも敢えてこの5チームを下に選んだのは、
『戦力面での不安』・『去年までの実績』・『現在の順位』の3つを重ね合わせた結果だ。

10位キングス、11位ウルブス(21敗。9位のジャズも21敗で同じ)、
12位ペリカンズ、13位グリズリーズ、14位マーベリックスが22敗。
このような混戦では『現在の順位』にさほど意味はないのだが、戦力を見れば(クリッパーズを除き)やっぱり10~14位はこのチーム達だよな、という顔ぶれなのである。
とはいえ、この5チームに対する印象はやはり大きく異なる。


ペリカンズは去年の西地区ベスト4。
期待されていたはずのシーズンだったが、司令塔ロンドやカズンズの放出など、どうもフロントにやる気があるように見えない。
怪物アンソニー・デイビスを擁しているのだから、もっとやる気を見せても良いと思うのだが。
そして何より(?)rakutenTVで全く放送がないw 
データを見る限り西地区最高の得点力を擁しており、失点もガバガバである。
去年は副官ホリデーやシューターのミロティッチが補佐していたが、今年はどうなっているのだろうか?

キングスのスタイル変更には驚かされた。
去年までのキングスといったら、グリズリーズOBの会のようなメンバーで、グリズリーズのようなスローテンポなバスケをやっていたような気がする。
ところが今年は若手主体のラン&ガンで凄まじい爆発力を発揮。
フォックスコーリー・スタインらが活き活きと躍動する楽しいバスケを展開している。
ただ、このチームは本当に若い。
その上、チーム自体は10年以上PO進出ナシと、『勝ちの味を知らない』チームである。
勢いのあるうちは良いが、勢いが止まったら案外脆そうだと予想。とはいえ、好きなチームの1つだ。

オフの補強に成功したのがマーベリックスだ。
去年まではハリソン・バーンズが1人で頑張っているようなイメージを持っていたが、
そこに今年の最優秀若手選手ほぼ確定のドンチッチと、屈指のセンター、デアンドレ・ジョーダンを加え、確固たる3本の柱ができた。
ベテラン、バレアのゲームメイクも良い。
しかしこのチームはあまりにもアウェイで弱すぎるし、序盤の日程にも恵まれ、『弱小5』との試合は4試合しか残していない(そもそも弱小5との試合だって、アウェイでは勝てない気がする)。
そうは言っても、開幕前全く期待していなかったチームだけに、彼らのここまでの活躍はリーグを面白くしてくれている。

ジミー・バトラーのトレードでゴタゴタしていたウルブズは、
シーズンが始まっても突如シボドーHCを解雇するなど迷走が止まらない感じ。
涙の50ゴール復活のローズや、ウィギンズ&タウンズ、ティーグなど戦力はむしろキングスやブレイザーズあたりにも引けを取らない気がするが、どうもチームとしての一体感に欠ける印象だ。

最後に、日本人プレイヤー渡邊効果でrakutenTVで全試合放送(ただし英語実況)のグリズリーズ。
渡邊選手は大いに応援したいところだが、チーム自体の魅力は?というと難しいところ。
スローテンポなバスケで、得点29位、失点(の少なさ)は1位と、
まさにロースコアの粘りがウリのチームで、玄人ファンには良いかもしれないが、
ミーハーニワカファンの僕から観るとアクビが出てしまう。
司令塔コンリーとセンターのマルク・ガソルのベテラン2人に頼りがちで、3ポイントも打てるルーキーのジャクソンJrも好印象だが、いかんせん攻撃の駒が足りなすぎる。
むしろよく13位(19勝22敗)にいるなという印象だが、ここから上昇気流に乗る材料は乏しい。
僕が購読している『ダンクシュート』誌(2月号)では妙に高評価されているようなのだけど、どうなんだろ(さすがに、コンリー&マックのコンビが、カリー&リビングストンより高評価なのはおかしいと思うが、そういうおかしさを楽しむのも好き)。


☆プレーオフ絶望ライン

フェニックス・サンズ

普段なら一緒にドアマットを担ってくれるお仲間が他に何チームもいるのに、底辺仲間だったキングスやマーベリックスが健闘している中、一人取り残されたサンズについては触れるのも可哀そうな感じである……。来シーズンの躍進に期待したい。











国内ミステリ オールタイムベスト(2019年1月10日記入)

海外ミステリ、オールタイムベストの記事を書いたので、国内ミステリについても少し。
とはいえ、海外に比べて全然読めてないんですが、この機会に少し読んでみようと思います。


S 何を措いてでも読むべき作品
A とても面白かった作品
B まずまず面白かった作品
C あまり面白くなかった作品
D 良さがわからなかった作品

気分でつけているので、リストごとにSになったりAになったりしている作品もあるかもしれませんが、2ランク以上のミスはないはずですw

近々読む作品は、自分のために目立つよう間を空けました。
そのせいで、読者様には不自然なスペースが空いているように見えると思いますが、
ご了承ください。


日本版


1985 文春


1  横溝正史 獄門島 1947
2 中井英夫 虚無への供物 1964
3 松本清張 点と線 1957
4 坂口安吾 不連続殺人事件 1947
5 小栗虫太郎 黒死館殺人事件 1934  
6 夢野久作 ドグラ・マグラ 1935
7 横溝正史 本陣殺人事件 1946
8 鮎川哲也 黒いトランク 1956
9 連城三紀彦 戻り川心中 1980
10 高木彬光 刺青殺人事件 1948
11 船戸与一 山猫の夏 1984
12 天藤真 大誘拐 1978
13 江戸川乱歩 二銭銅貨 (短編) 1923
14 江戸川乱歩 陰獣 1928
15 松本清張 ゼロの焦点 1959
16 泡坂妻夫 11枚のとらんぷ 1976
17 泡坂妻夫 亜愛一郎の狼狽 (短編集) 1978
18 水上勉 飢餓海峡 1962
19 結城昌治 ゴメスの名はゴメス 1962
20 土屋隆夫 危険な童話 1961
21 島田荘司 占星術殺人事件 1981
22 泡坂妻夫 乱れからくり 1978
23 大岡昇平 事件 1977
24 北方謙三 1983
25 江戸川乱歩 心理試験 (短編) 1925
26 竹本健治 匣の中の失楽 1978
27 志水辰夫 飢えて狼 1981
28 高木彬光 白昼の死角 1959
29 生島治郎 黄土の奔流 1965
30  北方謙三 逃がれの街 1982
31 大藪春彦 野獣死すべし 1958
32 高木彬光 人形はなぜ殺される 1955
33 都筑道夫 なめくじ長屋捕物さわぎ (短編集) 1968
34 生島治郎 追いつめる 1967
35 仁木悦子 猫は知っていた 1957
36 笠井潔 サマー・アポカリプス 1981
37 江戸川乱歩 孤島の鬼 1929
38 鮎川哲也 黒い白鳥 1959
39 森詠 燃える波濤 1982
40 小泉喜美子 弁護側の証人 1963

41 土屋隆夫 影の告発 1963

42 横溝正史 悪魔の手毬唄 1957
43 島田荘司 斜め屋敷の犯罪 1982
44 横溝正史 八つ墓村 1949
45 小林信彦 紳士同盟 1980
46 高木彬光 成吉思汗の秘密 1958
47 志水辰夫 裂けて海峡 1983
48 鮎川哲也 りら荘事件 1968
49 江戸川乱歩 押絵と旅する男 (短編) 1929
50 陳舜臣 枯草の根 1961
51 船戸与一 夜のオデッセイア 1981
52 森村誠一 高層の死角 1969
53 松本清張 砂の器 1960
54 笠井潔 バイバイ、エンジェル 1979
55 岡本綺堂 半七捕物帳 (短編集) 1917
56 江戸川乱歩 パノラマ島綺談 1926
57 佐野洋 一本の鉛 1959
58 井沢元彦 猿丸幻視行 1980
59 都筑道夫 猫の舌に釘をうて 1961
60 笹沢左保 招かれざる客 1980
61 岡嶋二人 焦茶色のパステル 1982
62 木々高太郎 人生の阿呆 1936
63 黒岩重吾 背徳のメス 1960
64 夏樹静子 蒸発 1972
65 阿刀田高 ナポレオン狂 (短編集) 1979
66 筒井康隆 富豪刑事 (短編集) 1978
67 高橋克彦 写楽殺人事件 1983
68 北方謙三 眠りなき夜 1982
69 横溝正史 蝶々殺人事件 1946
70 鮎川哲也 死のある風景 1965
71 浜尾四郎 殺人鬼 1931
72 陳舜臣 炎に絵を 1966
73 松本清張 黒い画集 (短編集) 1960
74 久生十蘭 顎十郎捕物帳 (短編集) 1939
75 夏樹静子 Wの悲劇 1982
76 海渡英祐 伯林 一八八八年 1967
77 森詠 さらばアフリカの女王 1979
78 戸板康二 團十郎切腹事件 1959
79 戸川昌子 大いなる幻影 1962
80 赤川次郎 マリオネットの罠 1977
81 小栗虫太郎 完全犯罪(短編) 1933
82 岡嶋二人 あした天気にしておくれ 1983
83 都筑道夫 三重露出 1964
84 大藪春彦 蘇える金狼 1964
85 結城昌治 暗い落日 1965
86 森村誠一 人間の証明 1975
87 赤川次郎 幽霊列車 (短編集) 1976
88 佐野洋 轢き逃げ 1970
89 都筑道夫 誘拐作戦 1962
90 船戸与一 非合法員 1979
91 笠井潔 薔薇の女 1983
92 檜山良昭 スターリン暗殺計画 1978
93 北方謙三 友よ、静かに瞑れ 1983
94 大下宇陀児 石の下の記録 1948
95 多岐川恭 落ちる (短編集) 1958
96 栗本薫 ぼくらの時代 1978
97 加納一朗 ホック氏の異郷の冒険 1983


文春2013


1 横溝正史 獄門島 1947 1
2 中井英夫 虚無への供物 1964 2
3 島田荘司 占星術殺人事件 1981 21
4 夢野久作 ドグラ・マグラ 1935 6
5 宮部みゆき 火車 1992 -
6 松本清張 点と線 1957 3
7 天藤真 大誘拐 1978 12
8 綾辻行人 十角館の殺人 1987 -
9 京極夏彦 魍魎の匣 1995 -
10 横溝正史 本陣殺人事件 1946 7
11 鮎川哲也 黒いトランク 1956 8
12 連城三紀彦 戻り川心中 1980 9
13 東野圭吾 容疑者Xの献身 2005 -
14 小栗虫太郎 黒死館殺人事件 1934 5 
15 山口雅也 生ける屍の死 1989 -
16 泡坂妻夫 亜愛一郎の狼狽 1978 17
17 北村薫 空飛ぶ馬 1989 -
18 東野圭吾 白夜行 1999 -  一度挫折
19 坂口安吾 不連続殺人事件 1947 4
20 綾辻行人 時計館の殺人 1991 -
21 島田荘司 斜め屋敷の犯罪 1982 42
22 有栖川有栖 双頭の悪魔 1992 -
23 京極夏彦 姑獲鳥の夏 1994 -
24 江戸川乱歩 二銭銅貨 1923 13
25 松本清張 砂の器 1960 53
26 原尞 私が殺した少女 1989 -
27 江戸川乱歩 孤島の鬼 1929 37
28 高木彬光 人形はなぜ殺される 1955 32
29 髙村薫 レディ・ジョーカー 1997 -

30 山田風太郎 妖異金瓶梅 1954 -

31 水上勉 飢餓海峡 1962 18
32 高木彬光 刺青殺人事件 1948 10
33 鮎川哲也 りら荘事件 1968 48
34 泡坂妻夫 乱れからくり 1978 22
35 江戸川乱歩 陰獣 1928 14
36 歌野晶午 葉桜の季節に君を想うということ 2003 -
37 松本清張 ゼロの焦点 1959 15
38 泡坂妻夫 11枚のとらんぷ 1976 16
39 横溝正史 犬神家の一族 1950 -
40 竹本健治 匣の中の失楽 1978 26
41 宮部みゆき 模倣犯 1995 -
42 岡本綺堂 半七捕物帳 1917 55
43 桐野夏生 OUT 1997 -
44 皆川博子 死の泉 1997 -
45 大沢在昌 毒猿 新宿鮫II 1991 -
46 船戸与一 山猫の夏 1984 11
47 藤原伊織 テロリストのパラソル 1995 -
48 山田風太郎 太陽黒点 1963 -
49 京極夏彦 絡新婦の理 1996 -
50 馳星周 不夜城 1996 -
51 島田荘司 奇想、天を動かす 1989 -
52 横山秀夫 第三の時効 2003 -
53 髙村薫 マークスの山 1993 -
54 横山秀夫 半落ち 2002 -
55 笠井潔 サマー・アポカリプス 1981 36
56 島田荘司 異邦の騎士 1988 -
57 横溝正史 八つ墓村 1949 44
58 船戸与一 猛き箱舟 1987 -
59 小泉喜美子 弁護側の証人 1963 40
60 宮部みゆき 理由 1996 -
61 真保裕一 奪取 1994 -
62 三津田信三 首無の如き祟るもの 2007 -
63 麻耶雄嵩 夏と冬の奏鳴曲 1993 -
64 森博嗣 すべてがFになる 1996 -
65 大沢在昌 新宿鮫 1990 -
66 貴志祐介 黒い家 1997 -
67 山田風太郎 警視庁草紙 1975 -
68 泡坂妻夫 しあわせの書 1987 -
69 久生十蘭 魔都 1948 -

70 西澤保彦 七回死んだ男 1995 -

71 笠井潔 哲学者の密室 1992 -
72 舞城王太郎 煙か土か食い物 2001 -

73 伊坂幸太郎 アヒルと鴨のコインロッカー 2003 -

74 乾くるみ イニシエーション・ラブ 2004 -
75 横溝正史 悪魔の手毬唄 1957 42
76 麻耶雄嵩 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 1991 -
77 仁木悦子 猫は知っていた 1957 35
78 京極夏彦 鉄鼠の檻 1996 -
79 土屋隆夫 危険な童話 1961 20
80 我孫子武丸 殺戮にいたる病 1992 -
81 稲見一良 ダック・コール 1991 -
82 綾辻行人 霧越邸殺人事件 1990 -
83 中島らも ガダラの豚 1993 -
84 殊能将之 ハサミ男 1999 -
85 逢坂剛 カディスの赤い星 1986 -
86 連城三紀彦 夜よ鼠たちのために 1983 -
87 江戸川乱歩 パノラマ島奇談 1926 55
88 高木彬光 白昼の死角 1959 28
89 志水辰夫 背いて故郷 1985 -
90 山田風太郎 明治断頭台 1979 -
91 佐々木譲 ベルリン飛行指令 1988 -
92 赤江瀑 オイディプスの刃 1974 -
93 貫井徳郎 慟哭 1993 -
94 高野和明 ジェノサイド 2011 -
95 有栖川有栖 孤島パズル 1989 -
96 都筑道夫 なめくじに聞いてみろ 1968 -
97 逢坂剛 百舌の叫ぶ夜 1986 -
98 岡嶋二人 99%の誘拐 1988 -
99 宮部みゆき 龍は眠る 1991 - 全く覚えていないが、多分読んでる。多分。
100 鮎川哲也 黒い白鳥 1959 37

(ブックガイドブック1983:作業中。作者名は……勘弁して)

1 獄門島
2 虚無への供物

3 乱れからくり
4 刺青殺人事件

5 本陣殺人事件
6 人形はなぜ殺される

7 11枚のとらんぷ

8 八つ墓村
9 不連続殺人事件

10 戻り川心中
11 黒死館殺人事件
12 大誘拐

13 悪魔の手毬唄
14 黒いトランク

15 ドグラマグラ
16 点と線

17 犬神家の一族

18 亜愛一郎の狼狽
19 危険な童話
20 弁護側の証人

21 陰獣
22 りら荘事件
23 砂の器
24 マリオネットの罠
25 白昼の死角
26 占星術殺人事件

27 猿丸幻視行
28 匣の中の失楽
29 孤島の鬼

30 最長不倒距離
31 幽霊列車
32 猫の舌に釘を打て
33 猫は知っていた

34 ゼロの焦点

35 三毛猫ホームズの推理
36 殺しの双曲線
37 高層の死角

38 ゴメスの名はゴメス

39 血みどろ砂絵
40 伯林1888年
41 人間の証明
42 仮題・中学殺人事件
43 Wの悲劇
44 ぼくらの時代
45 蝶々殺人事件
46 仮面舞踏会
47 富豪刑事
48 野獣死すべし

49 影の告発

50 吸血鬼
51 化人幻戯
52 追いつめる

53 サマーアポカリプス

54 湖底のまつり
55 針の誘い
56 七十五羽の烏
57 悪魔が来りて笛を吹く
58 セーラー服と機関銃

59 バイバイ・エンジェル

60 細い赤い糸
61 黒い白鳥

62 顎十郎捕物帖

63 妖異金瓶梅

64 憎悪の化石

65 飢餓海峡

66 魔術師
67 忍びの卍
68 変調二人羽織
69 枯草の根
70 黄土の源流
71 盗作・高校殺人事件
72 リンゴォ・キッドの休日
73 真珠郎
74 誘拐作戦

75 夜歩く
76 大統領の密使
77 江戸川乱歩傑作選
78 招かれざる客

79 黒蜥蜴
80 破戒裁判
81 炎に絵を
82 キリオン・スレイの生活と推理
83 一・二・三・死
84 パノラマ島奇談

85 殺しへの招待
86 誘拐
87 蘇る金狼
88 汚れた英雄
89 冷えきった街
90 内部の真実
91 女王蜂
92 警視庁草紙

93 事件
94 魔界転生

95 なめくじに聞いてみろ
96 異郷の帆
97 人喰い
98 皆殺しパーティー
99 屋根裏の散歩者
100 空白の起点

キラキラやってます③ きらりルート1&2クリアあらすじ&感想(バレあり)

・きらりルート1(ハピマニエンド)、きらりルート2(きらり生存エンド)



☆きらりルート

きらりルートは、きらりの就職記念で寿司を食べるシーンから分岐します。
ここできらりの『曖昧な誤魔化し』をそのまま受け入れるとルート1に、
『追及して椎野家に上がり込むと』ルート2に分かれます。
が、実際にはそこまで選んできた選択肢で物語が分かれます。
そもそも初回はルート1にしか行けなかったはず。


そこまでの物語は、きらりと鹿之助がイチャイチャしているだけです
(が、30分程度の内容なので、イチャラブ感はありません。
この作品にイチャラブを求める人もいないとは思いますが)。
ところが、急にきらりと連絡が取れなくなって、会いに行くと『別れよう』ときらりが言い出す。
何かを隠している様子のきらり。就職が決まって、働き始めるというきらり。
というのが序盤の展開です。


☆きらりルート1あらすじ

夜中に電話がかかってきて、椎野家に火事が起きたと聞かされた鹿之助。
うつ病を患うきらりパパが一家心中を図り、家族を助けようとしたきらりが一人、亡くなってしまう。

そして5年後。
鹿之助は進学も就職もせず、独り暮らしでフリーターをしながら『ハッピーサイクルマニア』という
バンドを続けています。傍らには悪友の村上。
そして、かつて第二文芸部が行なった大阪ツアーで出会ったアキがボーカルとして、ハピマニに参加。
しかし、世の中は世知辛く貧乏バンドの生活は非常に苦しく、ライブを行なっても収支は赤字。
バンド仲間は抜け、解散するバンドは多く、【真っ当な社会人】に、もっと酷くなると闇社会へと堕ちていく。
そんな極貧バンドマン生活で身体を壊した鹿之助は、病院に運ばれ、一時実家へと帰る。
バンドを辞めて、『他人が喜ぶ人生を歩むべきか』真剣に悩んだ鹿之助。
家族の暖かさに触れ、きらりの幻影に諭され、そして……。鹿之助は決心する。
やはり、『自分がやりたい事をやるべき』だ、と。

鹿之助はバンド生活を選ぶ。
社会からドロップアウトしようがなんだろうが、瞬間に生きるパンクロッカーとして。

ここまでの5年間、きらりの幻影に囚われたまま、鹿之助はバンド生活を続けてきた。
でもこれからはそうじゃない。きらりを吹っ切り、思い出として消化した上で、
鹿之助は『やりたい事を見つけた』のだ。


☆きらりルート2 あらすじ

椎野家に無理やり上がり込んだ鹿之助は、『きらりが風俗で働くこと』を聞かされる。
椎野家の緊迫した経済状況が、そうさせたのだ。
だが、よくよく聞いてみると、『自己破産』や『生活保護』といった手段に頼る事もできるのに、
きらりパパがそれを望まないというのだ。

きらりパパはかつては優秀な技術者だったが、事業を起こし独立するタイミングでうつ病を患った。
それでも何とか妻(きらりママ)がパートなどをして、やりくりしていたのだが、
去年(つまり物語が始まる前の年)から悪質な債権回収業者に売られ、恐ろしい状況になってしまったのだった。
きらりパパを問い詰める鹿之助だったが、きらりパパは酒に酔い、話にならない状態であったが、
ふと『きらりをさらってくれないか。そうすれば一人だけは助かる』と鹿之助に告げるのだった。

きらりが風俗の面接を受ける前日、鹿之助ときらりは最後のデートをする。
そして朝帰りをし、家に戻るきらりと鹿之助は悲しい別れを迎えるのだった。

ところが、その様子を見ていたきらりパパが、
『自分の不幸にきらりを巻き込むのは良くない』と遅ればせながら気づき、自殺未遂をしてしまう。
これはきらりルート1の『一家心中』とは違う。
鹿之助との交流があっても、きらりパパは『まともに生きる』という形での更生はできなかった。
しかし、『自分の不幸に家族を巻き込む無理心中』ではなく、『一人での自殺』を選んだ。
個人的には、この差は大きいと思う。

きらりパパの自殺をある種見過ごし、きらりパパが死ぬに任せた『罪』を背負った鹿之助。
公的扶助に反対していたパパの死により、遅ればせながら援助を受けられるようになった椎野家は何とか経済的に持ち直す事ができた。
しかし、パパを見殺しにした鹿之助は罪の意識に悩み、きらりを避けるようになっていった。

時が過ぎ、正月の夜、ついに鹿之助はきらりに『罪』を『告解』する。
それを聞いたきらりは、『OLとして普通に暮らす』のではなく、『歌を歌い続ける未来』を選んだ。

3年後、大学生になった鹿之助は就職活動を行なっていた。
恋人のきらりの練習に付き合ったりもしているが、『まともな』人生を歩む鹿之助であった。


☆きらりルート 評価


鹿之助 A(1) A-(2)
きらり A+(共通)
シナリオ A+(1) A-(2)
羨ましさ B(1) A(2)
青春度 B+(ある意味S:1) A(2)
Hシーン C+


☆きらりルート1 感想

このゲーム中最もヘヴィなルート。
追い続けていた時はキラキラと輝いていた夢。
それに妄執として囚われ、ギラギラと命をすり減らしながら亡者のようにバンドを続ける鹿之助。
それでもラスト、色々と吹っ切れて改めてバンド活動に向かう鹿之助の姿は、ある種輝いています。
『ある意味羨ましく』(S)、『ある意味あぁはなりたくない』(E)、そんな両極端な印象を抱かせるこのルートの羨ましさは、間をとってBにしました。
しかし、これは平凡なBではありません。

こんな人生も、一度は歩んでみたかったような。
それでも、こんな人生に飛び込むのは恐ろしいような。
僕には勇気が足りずに飛び込めないけれど、基本的に社会不適合者な僕としては、憧れもないわけじゃない。

他ルートの鹿之助はヒロインとの未来を迎えるべく、堅実な人生を送ろうとしています。
けれど、このルートの鹿之助だけは違います。
きらりに囚われ続けてバンドをやっていた鹿之助ですが、それを吹っ切った今、
ある意味、本当に鹿之助が鹿之助として生きる人生は、このルートのみなのかも

青春度は、千絵姉曰く『永遠の青春時代を、鹿之助は生きている』という事ですが、
少なくとも僕が憧れたい青春とは違うw 青臭い、という意味では青春全開ではあるのですが、
青春というよりもこれは『オトナになれなかった、オトナ』の物語。
言い方を変えれば、社会に適合できなかった人間の物語。

貧困の中に生まれ、いつも人々を照らし続け、そして椎野一家の不幸を一身に受けて死んでいったきらりは、さながら天使・聖女のようで、さすがはメインヒロイン


まぁ、色々と胸に刺さるものはありますね。読んでいて身につまされ、非常にしんどかったです。
でも、しんどいだけではない、祝福もまたこのルートにはあると思います。

あと、アキちゃん攻略したかったー!


☆きらりルート2

こちらはこちらでヘヴィなルートなのですが、『1』に比べると『優しい世界』。
その優しい世界をつかみ取ったのは、紛れもなく『手を汚した鹿之助』にある……んですけど、
そもそもきらりパパを殺したのは鹿之助なのかな?という疑問はあります。
『邪念が生じて、助けを呼びに行くのが遅れた』のは確かだけど、ちゃんと(?)助けを呼んでいるし、仕方ないんじゃない? 
まぁ、実際に仕方ないかどうかが問題なのではなく、鹿之助の『罪の意識』が問題になるわけですが。

きらりパパに関しては、個人的には『更生の可能性はあった』と思います。
一家心中ではなく、一人で自殺しようとしているこちらのルートの彼ならば、『生活保護』や『自己破産』をもう少しまともに考える事もできたかもしれません。


【脱線】

まぁとにかく、公的扶助は使えるなら使った方が良いです。
よく生活保護受給者を叩く人とか、どうしょうもなくなった人に対してまで自己責任論を唱える人とかもいますけど、あれなんて半分人殺しみたいなものですよ。
そういう蔑視を気にして生活保護を受けずに、不幸から抜け出せない人は沢山いると思います。
心が弱いけど本当に制度を必要としている人を委縮させるような空気を作り出すのは良くないですよ。

日本社会には、「家族の事は家族内で解決するので、家族の中では甘えても、公的機関には甘えない」みたいな悪弊があると思うんです。
老々介護の問題とかもそうですけど、無理ですって。家族の中だけで解決できない事なんていくらでもありますよ。共倒れになりますって。
そんな時のための、公的援助だし、もっといえば個人(家族)の力ではどうしょうもない、そういう時のための『国・自治体』だと思うんですわ。
そういう意味でも、『妻や娘(きらり母やきらり)には甘えるけど、公的扶助には甘えない』きらりパパってのは、悪い意味で『(うつ病になった)真面目な日本人』そのものだなって思いました。

もちろん、自立して生きていくのは立派な事です。素晴らしいことです。
でも、それが当たり前にできなくなってしまった人も、劣等感を強く抱くことなく、胸を張って生きていける世の中になってほしいと思います。
どうせなら皆が幸福なのが一番いいじゃないですかw 

心に余裕がなくなると犯罪だって増えるでしょうし、犯罪まで行かなくても苛々してすぐに怒鳴り散らしたりするような人が多かったら、こっちまで気分が悪いじゃないですか。
他人が不幸になると、巡り巡って自分も不幸になると思うんです。

うつ病は恐ろしい病気です。
僕も(うつ病ではないはずですが)、心の病に罹った経験があります。
まぁ僕はきらりパパほど真面目な人間ではないので、「ヤバい!」と感じたら早めに休むし、
しょっちゅう他人に愚痴ってストレス発散するダメ人間なので、うつ病になるほど重症化はしなかったけど……。

笑顔で冗談を言いながら、内心は絶望で真っ黒だったり。
元気そうに見えるけれど、実際には吐いていたり、そういう事って結構ありました。
朝起きた瞬間から、徹夜で受験勉強した後のような疲労感が頭にあって、
ちょっとでも文字を見ると気持ち悪くなったりね……。いや、あの時期は本当にヤバかった。
周囲には解らないんですよね。言っても信じてもらえない。
「テレビの前で1時間座って番組を見ると気持ち悪くなる」のに、「数時間道を歩いても平気」なんです。
経験のない方は理解できないと思います。自分だって理解できないけど、実体験しました(苦笑)。

体の怪我は目に見えるから、足を骨折して松葉杖を突いていれば周囲の人が親切にしてくれるけど、心の病気はそうはいかない。
松葉杖の時より、何十倍もしんどいんですけどね。
周囲の無理解には結構苦しみました。
まぁ自分でも自分の症状が理解できないからね、他人が理解できないのは当然だよね。
でもだからこそ、親切な人の暖かさはとてもありがたく、文字どおり日々の支えにもなります
75%の人が完治するらしいので(25%の人は完治しないらしい……怖すぎ)
完治したら恩返ししなきゃ。

きらりパパにも(家族以外に)そんな相手がいれば、違ったのかもしれません。


【脱線終わり】


だから、鹿之助がとった対応は『きらり』に対しては正解かもしれないけど、
『きらりパパ』には酷だなぁと思いながら読んでいました。
鹿之助にとってきらりは『身内』でもきらりパパは『他人』。だから、あぁいう対応になるのは解る。
でも僕がきらりパパだったら、多分鹿之助にキレて家を追い出してますね。
そんな元気すらなかったのかな、きらりパパには。

『家族以外で、親身になってくれる人がいれば』きらりパパは立ち直れたかもしれない。
鹿之助にそこまでを求めるのは酷ではありますが。
そういう意味で、最後のあの自殺も『きらりパパ』が『世間の人が自分を受け入れてくれるかどうか』を試したのかもしれないなぁとは思いました。

ま、きらりパパの事はいいやw 
多分誰もきらりパパの事を擁護しないと思うから、敢えて肩を持つように書いたけど、
「いいから素直に自己破産しろや! 生活保護受けろや!」って思うし、
なんでそうしないんだかマジで解らない
。僕が同じ立場なら受ける。

そんなわけで、きらりパパを殺した『罪の意識』を鹿之助がきらりに『告白』をし、
きらりがそれを赦して終わります。
その後は結構あっけなかったですね。

3年後、皆で集まって同窓会なシーンは結構良かったけど、逆に言うと見せ場はそれぐらい。
きらりと鹿之助がどんな付き合いをしているのかもほとんど描かれていないし、
その辺はもう少し書いてくれても良いのになぁと思いました。


ドストエフスキーの「罪と罰」を下敷きにしているそうなのですが、「罪と罰」を読んでいないので解りません。
ただまぁ、『罪の意識』と『告解』の作用や、貧困に喘ぐ光なき世界で皆を照らしたきらり(天使)あたりは、確かにキリスト教を連想するところはありました。




さーて、しんどいところ(個別ルート)は読み終えたので、共通ルートをマッタリ楽しみます。
普通とは順番が逆だけど、まぁそこは再読なので気にしないw
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ