2020年05月

花騎士紹介記事 2020年5月

マフル高原の記事を書いたのであれですが、一応花騎士キャラ紹介記事の前回は
9月に書いたこちらになります。

マフル高原の記事は性能の話しかしてないしな。
性能なんて飾りだよ!

というわけで重複キャラもいますが、まずはマフル高原でも紹介した新顔たち。

ぺポキャプチャ

ぺポ(水着)ちゃん、2人も来てくれたので2穴空いてます。
それはそれで嬉しいけど、ぺポ通常バージョンも欲しいです……。君はそんなに水着を見せたいのか。

ハスJBキャプチャ

ハスキャプチャ

☆6を2バージョン持っているのはハス様だけ。
なんかHシーンがエロいって噂をどこかで聞きました(まだちゃんと読んでいない)
ハスJBはだいぶ前に入手したのでてっきり紹介済かと思ったのに、紹介漏れしていた模様。

ランタナキャプチャ

レインボーパネル!それは唯一無二のスキル。ランタナ is レインボー!
……ランタナちゃんのせいで、僕の大好きなチョコレートコスモスちゃんが下位互換になっちゃったよ……。

スノードロップキャプチャ

完全に絵に釣られたけれど、性能もバッチリのスノドロちゃん。Hシーンの絵、エロいよなぁ。
さすがである。

と、ここまではマフル高原でも紹介した人たち。

その他の☆6の方たち行きます。

1キャプチャ

リンゴ(七夕)。デバフパで使う感じかな?

2キャプチャ

なぜか被ったコランバイン。2穴の1・65倍なのでレギュラー。
ただキャラ的には正直あまり興味がなかったり💦

3キャプチャ

サクラさんは強いと聞いたけど、脳筋プレイヤーなのでいまいち強さがわからず。
でもかわいい。ウメさんも欲しいなぁ!!

4キャプチャ

エニシダ(クリスマス)さん。
15%の再行動スキルが特殊だけど、どれぐらい強いのかイマイチわからず。


5キャプチャ

強いと聞いたシロタエギクさんだけど、本当に強いのはクリスマスverみたい。
わっちキャラ。




ポインセチア浴衣キャプチャ


やったー! ホーリーちゃんの親友、ポインセチアちゃんの浴衣バージョンも遂に開花!

プルメリアジューンキャプチャ

プルメリアキャプチャ


そして我らが聖母プルメリアママがついに開花キターーーーー!!!!
(……開花前の絵柄の方がかわいいような)

ホーリー、ディプラデニア、オシロイバナ、プルメリアの4人は
私の『イベ金四天王』なのです。大好きなのです。

ブプレウルムキャプチャ

最近少し気になってるブプレウルムさん。


7キャプチャ

ゲームを始めて一番最初に来たセンポさん!!
やっぱりかわえええ><






最後に!
育成最中の☆6を先行でちらっと。
虹色メダルの画面を貼るので、育成自慢にはならないんだけど、持ってますよっていう笑


6キャプチャ

虹色メダルでお迎えしたアプリコットちゃん。
最近の高難易度マップはバリア能力持ちは必須な気がするので急遽育て中。


8キャプチャ


虹色お詫びチケ1枚目はエノテラ。
☆5のエノテラは持っていますが、大人気キャラの秘密を知りたくて手を出しました。
この娘と、次のカトレアはミーハーなチョイスです。
1・65持ちですね。

9キャプチャ


虹色お詫びチケ2枚目はカトレアさん。
この絵師さん、立ち絵は大好きなんだけどエロ絵(のおっぱいの描き方)はかなりダメダメなんだよなぁ。ムラサキハナナは良かったので、貧乳なら良いのかも。
カトレア通常版は比較的マシっぽかったので取りました。


10キャプチャ


虹色お詫びチケ3枚目はヘレニウムちゃん。
天杉先生の絵は好きなんだよね。イマイチキャラを掴めてないからちょっと怖いけど、
お詫びチケ3枚あるし直感で決めた!


11キャプチャ

アンプルゥ待ちのコオニタビラコ。癖のある性能ですね。オジギソウと組ませると強いかな??
友人がプレイ最初にもらえる☆6でこの娘を選んでたけど、確かにこれは良いロリっぽい。
育てます!けど、アンプルゥが、アンプルゥが足りないです……。

12キャプチャ


現在進行形で育てているトリトニア。貴重なバリア能力持ち!
彼女を育てきれば、監獄マザー周回は安定しそう……。


15キャプチャ


ワン娘、セルリアちゃん! ☆5の方を先に引いたんだけど、キャラクエかわいかったぁ!!
絶対育てる!!


16キャプチャ

☆5のセルリアはこっちね。



13キャプチャ


イベ金の中では割と好きな方のウキツリボク(競技会)
単体ボスには強そうだけど、アンプルゥが全く足りない……。


14キャプチャ


育てる気はあるんだけど、後回しかなぁ、なパフィオペディルムさん


僕のプレイスタイル的に、
キャラクタークエストやキャラクターボイスは後でまとめて聞く事が多いので、
入手→お気に入り、までにタイムラグが発生する事もしばしば(酷いものになると年単位で)。
そんなわけで、まだゴロゴロとダイヤの原石が眠っていると思いますが、
折角仲間にしたキャラは一応全員、クエスト&ボイスは聞く予定ですので、
(ボイスは約束はできないが)気長にお待ちいただければ。


余談1:今まで☆6はみんなにアンプルゥをばらまいていたけど、さすがに全然追いつかないので
ミムルス、シャクヤク、ビバーナム(競技会)、カルダミネ・リラタの4人はマニュだけで育てました。ゴールド的には痛いけど、後でアンプルゥあげてもいいしね。


余談2:虹色メダルを巡る一件で、かなり運営への不信感が高まりました。謝罪はあったけど、どういう経緯であれを決めて、どういう経緯で元に戻したのかは説明なかったし。
去年の9月以来、記事を書かなかったのはそれが理由です。だって、熱意失くしちゃったんだもん。

ただ、お詫びに関しては十分すぎるほどもらったので、補填に関しては不満はないし、その辺は水に流すつもりです。
水に流すつもりですが、今度はこのゲームが持ちこたえられるのかが心配になってきました。
サ終はやめてくれよ??




好きな小説 殿堂入り 随時(年に1回ぐらい)更新

作家順、五十音順。随時追加。
この記事の作品は全て超大好きだけど、敢えてその作家の個人的ベストを太字赤に。

   

   【アーウィン・ショー】

   真夜中の滑降 
   はじまりはセントラル・パークから  

  
  【アーサー・ヘイリー】
    
   最後の診断      
   マネーチェンジャーズ
   自動車     

  【アイザック・アシモフ】

  アイ・ロボット     
  永遠の終わり     
  鋼鉄都市        
  はだかの太陽  

  【アイラ・レヴィン】


   死の接吻   
  

  【アガサ・クリスティ】
 
  終わりなき夜に生れつく 
  オリエント急行の殺人  
  ナイルに死す      
  五匹の子豚       
  葬儀を終えて      
  死の猟犬        
  鏡は横にひび割れて  
   
  【秋山瑞人】

  
イリヤの空UFOの夏 

  【アルベール・カミュ】

   異邦人        
   ペスト  
  
  【生島治郎】

  黄土の奔流     
  追いつめる 
  
  【ヴァーナー・ヴィンジ】
   
  最果ての銀河船団        

  【ウィ・ギチョル】

   9歳の人生  

  【ウィリアム・アイリッシュ】

  黒い天使      
  暁の死線       

 【エラリー・クイーン】

   十日間の不思議   
  九尾の猫       


【オーソン・スコット・カード】


  死者の代弁者    
  エンダーのゲーム  

 【乙一】

  君にしか聞こえない
 
 【小野不由美】
  
  屍鬼         
  魔性の子       
  月の影、影の海    
  黄昏の岸、暁の天   
  華しょの幽夢      
  東の海神、西のそう海 
  
  【カート・ヴォネガット】
  
   スローターハウス5  
  
   【海堂尊】

   チーム・バチスタの栄光
   ナイチンゲールの沈黙
  
  【韓寒】

  
  上海ビート 
 
  【京極夏彦】

  魍魎の匣       
  絡新婦の理     
  陰摩羅鬼の瑕     
  姑獲鳥の夏      

  【クリフォード・シマック】
 
  都市         
  愚者の聖戦      
 
 【グレアム・グリーン】

  ヒューマンファクター    

  【グレッグ・イーガン】
 
   祈りの海 

  【ケン・フォレット】

   針の眼        
      
  【小泉喜美子】
  
  弁護側の証人     

 【コリン・ウィルソン】

 
  精神寄生体      
  殺人者       
 
 【ジェイン・オースティン】


   高慢と偏見     
 
 【ジェームズ・クラベル】

  キング・ラット     
  将軍         
 
 【ジェイムズ・クラムリー】

   酔いどれの誇り   

  【ジェームズ・ケイン】

  郵便配達は二度ベルを鳴らす 
  殺人保険          

 【ジェフリー・アーチャー】

  百万ドルをとり返せ  
  めざせダウニング街10番地 
  ケインとアベル 

  【シオドア・スタージョン】
   一角獣・多角獣      
  
  【重松清】
   
   君の友だち     
  
  【司馬遼太郎】

   最後の将軍     

  【シャーリィ・ジャクスン】

  ずっとお城で暮らしてる 

  【ジャック・ヒギンズ】
   
  死にゆく者への祈り 

  【ジョイス・ポーター】
  
   切断         


  【ジョー・ウォルトン】
 
   図書室の魔法 
  
  【ジョージ・オーウェル】
   
   1984年           

  【ジョージ・r.r.マーティン】

  七王国の玉座     
  王狼たちの戦旗    
  剣嵐の大地  

 【ジョーン・ロビンソン】
 
  思い出のマーニー   
  
 【ジョゼフ・ウォンボー】
  
  クワイヤボーイズ  

  【ジョナサン・スウィフト】

  ガリバー旅行記    

 【ジョン・ヴァーリィ】
  
  ブルーシャンペン   


 【ジョン・ハート】


  ラストチャイルド   
  キングの死    

 【スコット・トゥロー】
 

  推定無罪  
  
  【鈴木光司】

  リング        
  らせん           
  
  【スティーブン・キング】

  グリーンマイル     
  デッドゾーン     
  ザ・スタンド     
  ファイアスターター  
  IT          
  クージョ       
  死のロングウォーク 
  
  【スティーブ・ハミルトン】
   
   解錠師      
  
  【瀬名秀明】
  
  パラサイトイヴ 
  
  【高橋源一郎】
  
  さようならギャングたち 
  
  【貴子潤一郎】
  
  12月のベロニカ   

  【高見広春】

  バトル・ロワイアル  
  
  【太宰治】

  斜陽        
  人間失格    
 
 【田中ロミオ】  
  
  AURA        

 【ダニエル・キイス】

  アルジャーノンに花束を 
  24人のビリーミリガン  

  【ダン・ブラウン】

  天使と悪魔      
  ダヴィンチ・コード 
  インフェルノ 

  【チヌア・アチェベ】
   
  崩れゆく絆 
 
  【ディック・フランシス】

  利腕         
  大穴        
  敵手         

  【テッド・チャン】
 
   あなたの人生の物語 
  
  【ドナルド・ウェストレイク】

   ホットロック    

   【中井英夫】

   虚無への供物 
   
   【夏目漱石】
 
  それから      
  こころ       
  
  【貫井徳郎】

   慟哭      

  【ネビル・シュート】

   渚にて  
  
  【野坂明如】
  
  エロ事師たち  
 
  【ハーマン・ウォーク】
 
  ケイン号の叛乱    
  戦争の嵐

  
  【フィリパ・ピアス】

  トムは真夜中の庭で  

  【フィリップ・K・ディック】
  
  スキャナー・ダークリー 
  ユービック 
  
  【フィリップ・ホセ・ファーマー】

   恋人たち      


  【福井晴敏】

  亡国のイージス  

  【フランソワーズ・サガン】
 
  悲しみよこんにちは  

  
  【フレドリック・ブラウン】
  
  天の光はすべて星
   
  【フレデリック・ポール】
   
   タウゼロ 

  【マイクル・クライトン】

  ジュラシックパーク  
  プレイ――獲物    
  失われた黄金都市   

 【マイク・レズニック】
  
  キリンヤガ      
  
  【マリオ・プーヅォ】
   
   ゴッドファーザー  
   
   【三浦綾子】
    
   ひつじが丘     

 【ミゲル・デ・セルバンテス】
   
   ドンキホーテ    

 【ミッチ・アルボム】
 
  天国の五人      
  もう1日    

  【山口雅也】


  生ける屍の死

  【山田風太郎】

  魔界転生   

  【吉本ばなな】
  
  TSUGUMI     
  キッチン     

 【リチャード・アダムス】

  ウォーターシップダウンのウサギたち  
  ブランコの少女        
 
【リチャード・マシスン】
 
 ある日どこかで    
 アイ・アム・レジェンド 

 【隆慶一郎】
  
  影武者徳川家康    
 
 【レイ・ブラッドベリ】

  火星年代記      
  刺青の男       
  太陽の黄金の林檎   
  10月はたそがれの国 

 【ロバート・ゴダード】

  千尋の闇       

 【ロバート・F・ヤング】
 
 たんぽぽ娘      

 【ロバート・ラドラム】
  
  マタレーズ暗殺集団  

  【ロベール・メルル】

   マレヴィル      


ダン・ブラウン「インフェルノ」感想(86点)

前置き

本書は、『ダヴィンチ・コード』で有名なラングドン教授シリーズ、第4作。
第3作の『ロストシンボル』は個人的にやや落ちるものの、第1作『天使と悪魔』(個人的最高傑作)、第2作『ダヴィンチ・コード』に引き続き、本書『インフェルノ』でも見事な快打を見せてくれました。

シリーズ通しての特徴は、上質なタイムリミットサスペンス+豊富な蘊蓄が楽しめること。
驚嘆すべきは、『動』(サスペンス)と『静』の巧みな展開。
回想シーンなどを駆使する彼の筆にかかれば、動と静は見事に溶け合い、説明が長すぎる、冗長といった不満を感じる事がありません。
巻き込まれ方主人公のラングドン、そして読者への情報開示のタイミングはまさに職人芸と言えます。

本書『インフェルノ』が下敷きにしているのは、タイトルのとおり、ダンテ・アリギエリの『神曲』。特に『地獄篇』であり、本作でもイタリアの宗教建築、美術に関する蘊蓄が散りばめられています。

個人的には本作『インフェルノ』の蘊蓄部分は少々長く、展開が遅く感じました。
しかし、最後の300ページはまさに怒涛の面白さ。

個人的ランキングは
『天使と悪魔』>『ダヴィンチコード』&『インフェルノ』>『ロストシンボル』となりました。

本書のテーマ(世界の人口問題)

本作の悪役にあたるのが、ゾブリストという生化学者。
彼の考える地球の適正人口は40億人だと言います。

世界の人口が増えれば増えるほど、二酸化炭素濃度が増え、熱帯雨林が焼失し、絶滅種が増え、水・紙の使用量が増え、海産物は消費され、オゾン層は喪失する。
これらすべてが、人間による地球環境の破壊(罪)であり、人口が増えれば増えるほどますますその被害は増えていき、ついには人類自体が住めない環境へと、地球を破壊しつくしてしまう。

人類が増えすぎぬよう、絶妙な自然バランスを保ったのが疫病でした。
中世に蔓延したペスト(黒死病)は当時の人口の、およそ3分の1を殺し尽くしたとも言います。
人が増えすぎると感染が拡大するペスト
まさに増えすぎた人類に対する神の警告のようにも思えます。
(3密を避けよう! これを書いているの新型コロナウイルスの緊急事態宣言下です!)。

しかしそんなペストも、医療の進展により被害は大幅に減りました。
人は医療の進化や大規模戦争の廃絶によって豊かになり、寿命が延び、その結果、どんどん増え続けた人類は、やがて地球を覆い尽くしていきます。

1920年。100年前の地球の総人口は20億人でした。
それが、2020年現在は77億人。2100年頃には110億人を超えるという試算も出ているそうです。

神となったゾブリスト

そんな中、立ち上がったのが今回の悪役(?)、ゾブリストでした。
彼は、人類の3分の1の『生殖能力を奪う、ウイルス』を世界中に蔓延させ、人口を抑制しようと企んだのです。

このゾブリストの行為が、果たして正しいとは私は言いません。
勝手に人の生殖能力を奪うわけですから、当然ですよね。

しかし、たとえばナチス・ドイツの悪名高い『優生学』(優れた遺伝子情報を残すために、劣等遺伝子を抹殺する)や、
経済的な分断をより深く引き起こしかねない『トランスヒューマニズム運動』(遺伝子を操作して、人類をより強靭にする計画。それ自体は素晴らしいのだけど、お金持ちにしか行き渡らず、独裁者や富裕層が占拠して奴隷制に繋がるという懸念が本書では示されている)に比べ、
まさに運・不運、ランダムで生殖可能か不能かが決まる、ゾブリスト・ウイルスはより『公平』で、実に慈悲深い人口の間引き方だと、個人的には思いました。

これは、私自身が子供を特段欲しがっていない、という事情から来る冷たい考えなのかもしれませんし、ゾブリストの思想を支持するわけではないのですが、大規模戦争や、生物兵器などで人を間引くよりはよほどマシなのではないかなと。

実際には何が正しいのかわからない。ゾブリストの行為の捉え方は、読者によってさまざまだと思います。

私個人としては、100人中100人が同じ感想を持つような物語よりも、
読者によって、意見・考えが分かれるような物語が好きです。
まぁあまり過激すぎる意見が出てくると面食らってしまいますが、本を読んで、その本の内容について深く話す。
それこそが、読書人同士が分かち合える、最大の楽しみではありませんか。

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ