2024年03月

CL準々決勝簡易展望

決勝トーナメント1回戦は、巧い具合に強豪チームが散らばり、なおかつ大体順当な結果に終わったので、強豪だらけのベスト8になりました。

簡単に展望?をしてみます。順位は、書いている時点での順位。


☆レアル・マドリー(スペイン王者)VSマンチェスター・シティ(イングランド3位)


最大の注目カードにして、どちらのファンとしても『ここだけは引きたくなかった……』と感じているであろう組み合わせ。
CL優勝候補筆頭がマンCだとしたら2番手はレアルだと思っているので、ある意味決戦。

マンCのサッカーは相変わらず美しく、隙がない。
レアルは最終ラインの怪我人やCFの穴をうまくやりくりしながら戦い、スペインリーグでは独走状態とアンチェロッティ監督の手腕が際立つ。
ただ、レアル最大の武器である『謎の逆転力』は、マンチェスターで第2戦が開催されるため、
今回は活かしづらいか。

勝ち抜け予想は、レアル38:マンC62%



☆バイエルン・ミュンヘン(ドイツ2位)VSアーセナル(イングランド首位)

今シーズンは国内リーグ2位と、期待外れのシーズンを過ごしているけれど、
ケインも絶好調だし、攻撃陣は相変わらず欧州屈指のレベルにあると思う。監督退任などのゴタゴタがあって、内部はちょっとグラついているようではあるし、それがチーム力低下の要因だと思うけど。
というかナーゲルスマンを切って以来……フリックを切って以来かな?
なんかずっとゴタゴタしてますね。

アーセナルは強いけど、去年と比べると美しさが減ってスペクタクル度は消えた感じ。
両翼、特にサカの活躍が光る。
この両チームの対戦は、いつもバイエルンが圧勝している印象があるが、その頃よりも両者の力の差は縮まっている。

勝ち抜け予想は、バイエルン60:アーセナル40%



☆バルセロナ(スペインリーグ2位)VSパリ・サンジェルマン(フランス王者)

怪我人の多さをどうにか若手の登用でやりくりしているバルセロナは、最近調子を上げている印象はあるものの、そこまでの強さは感じない。
一方のパリは恐らく過去史上最強のパリ。メッシ、ネイマールが抜け、ルイス・エンリケ監督が就任した事で、より戦術的に洗練されたチームになっている。

勝ち抜け予想は、バルセロナ30:パリ70%



☆アトレティコ・マドリー(スペイン5位)VSボルシア・ドルトムント(ドイツ4位)

ごめん、ドルトムントだけは今シーズン全然追ってないんですよ。
なのでよくわからないというのが正直な感想です。
一応去年までは追いかけていたんだけど、去年のドルトムントを見ていよいよ「こりゃダメだ」と思って。
で、国内リーグの成績に関して言えば去年より更に落ちてるんすよね。ベリンガムもレアルに移籍しちゃったし。
ただ、ミランを蹴落として死の組を勝ち上がってきたチームではあるので、弱くはないんだろうけど。

一方のアトレティコは、相変わらずの『シメオネらしい』チーム。
巷ではアトレティコが攻撃的になった!とか、アトレティコのサッカーが面白くなった!と言われているんだけど、僕はそうは思わない。結局リスク回避重視の守備的サッカーだと思う。
アウェイでは守り、ホームで勝負をかける感じで、そう考えると第1戦がホームなのはちょっと不安要素かも。

ドルトムントのサッカーを見ていないので、ここは勝敗予想をするのはちょっと不誠実かなと思う。
さらに言えば、準々決勝の中でどれか1つ見ないカードがあるとすれば多分ここ……。
アトレティコのサッカーも『僕には』面白くないしね。

実績や机上の戦力ならアトレティコ優勢だと思う、とだけ言っておきます。



趣味活動 予定表(???) 随時更新



☆現在とりかかっている作品 

予定における()付きは、やる・読む・見るか未確定のもの。
主に、新しい作家さんの作品など安牌ではないものや、見ても見なくてもいいかなーという試合などを指す。


ゲーム:雨恋
  
    
 読書:レディ・ジョーカー/高村薫
    蒼穹の昴/浅田次郎
    
    エンジン・サマー/J・クロウリー
    とらドラ/竹宮ゆゆ子
        村上海賊の娘/和田竜
  
サッカー:パリVSバルセロナ
     アーセナルVSバイエルン
     マンC対レアル

NBA:ヒートVSシクサーズ
   ウォリアーズVSキングス
   マーベリックスVSクリッパーズ
  
     
映像予定:孤独のグルメseason5~ 
     リメイク銀河英雄伝説シリーズ2

やる確率の高い積みゲー



☆95%

シュタインズゲート・ゼロ
White Album2
風雨来記3
メモリーズオフ ゆびきりの記憶
白昼夢の青写真

☆80%

メモリーズオフ8
サクラノ刻

☆70%

レリーフ
White Album1

☆60%
終のステラ

☆40%
星織ユメミライ
月の彼方で逢いましょう
カオスチャイルド
ゴールデンアワー

など


☆NIntendo Switchを買ったらやる確率の高いゲーム(ハードはまだ買っていない。買った時から寿命は始まるのでw  僕の主力はまだVitaです!)

●は購入済

●ライザのアトリエ1 
●ライザのアトリエ2    
●ライザのアトリエ3(?)
シンスメモリーズ
●ソフィーのアトリエ2
●ルルアのアトリエ     
●風雨来記4
●ドラクエ11
●ペルソナ5
ポケモンシリーズ(実はやった事ないんで。●「シールド」、●「シャイニングパール」、「スカーレットバイオレット」あたりが候補?)
●三国志14PK


まぁ、現状のPSVita/PCだけでもこれだけのゲームを積んでいるので、急いではいません。



予定がずらっと並んでいて、日記までたどり着くのがしんどいので分けましたww


「カササギ殺人事件」感想(バレあり)

【アティカス・ピュントよりも、『滑降』よりの毒に満ちたアンチ・ミステリー】

ホロヴィッツの「カササギ殺人事件」は、本屋大賞翻訳部門にも選ばれた、日本で大ブレイクした作品です。

さて、読んだ感想はと言いますと『微妙』……。暫定的に73点をつけておきます。
そんな微妙な作品の感想をなぜ書くのかというと、この作品は『退屈』でありながら、
それでいて『凡作・駄作』と切り捨てるべき作品ではないと感じたからです。

しかし、世間で高評価されている理由は、僕が感じているものとは違うような気がします。
そこで、僕の感想を残しておくのも何かしら意義があるかなと思い、書くことにしました。


☆ 前置き 上巻と下巻で全く違う物語

上巻ではアランという作家が描いた、アティカス・ピントという探偵が登場するミステリの6章までが描かれます。
ここで殺されるのはマグナス・パイという人物です。わかりづらいので『パイ事件』と呼称します。

下巻では突然上巻の内容がぶつ切りとなり、作家のアランが殺され、女性編集者のスーザンが事件を推理します。こちらは『アラン事件』と呼称します。
そして最後に『パイ事件』の7章が見つかり、どちらの事件も解決という入れ子構造になっています。



☆『パイ事件』――そこそこの水準で描かれているミステリだが、結末がぶつ切り

上巻について語ることはあまりありません。エンタメ性としては上巻の方が面白いと思います。
ただし、後半がぶつぎりです。
厳密に言えば下巻の最後に解決編が挿入されますが、長く長い『アラン事件』の話が挿入されていて、『パイ事件』自体が(読者=私)にとって、どうでもよくなっていますし、真犯人はただのキ印です。

また、結局見立て殺人らしき『7つのカササギ数え歌』は全く活かされていません。
アランさん、やる気がないですねw


☆『アラン事件』――ミステリ・出版業界に対する憤懣に満ちた、アンチ・ミステリ兼、退屈なミステリ

それなりに盛り上がっていた『パイ事件』が突然切られ、アランが死んだという話になります。
そこで描かれるのは、かなり性格がひねくれたアランという純文学志望の男性が、全く芽が出ずに、
妻の勧めでアティカス・ピントシリーズを書いてみたところ、なんと大ヒット!

しかしアランが書きたかったのはアティカスシリーズではなかったのに、出版社はアランが書きたい純文学には目もくれず、アティカスシリーズばかりを無理に書かせようとするのでした。

そんなアランが最後に仕組んだ『下品なおふざけ』を葬るため、真犯人である出版社社長がアランを殺害し、編集者探偵のスーザンは出版業界に嫌気がさして、恋人のアンドレアスと結婚し、ギリシャで純文学を読むというラストです。


ミステリとしては3流です。

まず、原稿を紛失させる意味がわかりません。
「カササギ殺人事件」を出版させなくさせる、というのが狙いだとは思うのですが、『別作家が続きを書きます!』と言い出せばそれで終わりです。

抹消された原稿に、アランの毒まみれの告白が書いてあるのかともありましたが、それもなし。
また、後述しますが、『パイ事件』と『アラン事件』の対応が、非常に中途半端です。

『パイ事件』の犯人(のモデル)が『アラン事件』の犯人なら完璧だったんですが、そんなことはありません(これができていれば、入れ子構造ミステリとして成功と、私は判断したと思います)。
つまり、真犯人がアランを殺す理由が弱いです。


☆ミステリ執筆への憎しみ


また、アランが『9作完結にこだわっている』というのも不明です。『アナグラム』という単語があればいいので5作完結で十分でしょう。『アナグラムだよ』で7作完結でも十分です。
というか「カササギ殺人事件」がなくても『アナグラム解ける』になるので、「カササギ殺人事件」だけ葬っても手遅れですよね??

アランが、そこまでアティカスシリーズを書くことに嫌悪を感じていたのなら、そもそも妻の誘惑に負けて1作目を書いてはいけなかったし、
書いてしまったのは仕方ないとして、5作で辞めておけばよかったのです。

アティカス・ピントのアナグラムが『ばかま〇こ』であるように、アランはアティカスを、もっと広げて言えばミステリというジャンル(を執筆する事)を憎んでいます。

なら、『パイ事件』をそれなりに丁寧に書いたアランの微妙な誠実さも、却って謎です。
アランなら、妖怪『よだそう』(通じる人いるかな?)的なバカにした終わりこそ、書きそうな気がします。


この作品をミステリ読者が褒め、『このミス』などに選ぶというのはミステリ読者の心の広さを表しているようで、とても良い事だと思います。

だって、この作品のテーマを普通に読めば
「ミステリなんてばかま〇このようなジャンルで、何の価値も主張もない。ただ、低俗な一般民衆はこういうのを好むため、ミステリというジャンルはみんなが読んだり見たりするし、ドル箱になってるね」
というのが、「カササギ殺人事件」の底流に流れる主張になっていると思うからです。

まぁ、なかなか喧嘩を売っていますねww

別に僕はミステリ信者ではないので否定はしませんけど、いかにもマルセル・プルーストやジェイムズ・ジョイス的な純文学のみを愛する人の主張かな?って感じです。
ただまぁ、売れるか売れないかは関係なく、作家には書きたいものを書かせてあげたいですけどね。


☆同性愛と女性蔑視

アランが残した「ばかま〇こ」という表現からもわかるように、
彼はアティカスシリーズを薦めた妻メリッサを憎み、
純文学は受け取らないけれどアティカスシリーズをとりあげた女編集者スーザンを憎み、
同性愛の青年と暮らすようになります。

まぁそれはそれでいいんですが、でも真犯人は男というのはなかなか皮肉が効いてますね。


☆総評

本作は、『ミステリのような低俗なジャンルが売れ、売れるものばかりを出版する出版事情』
に喧嘩を売ったアンチ・ミステリ作品だと思います。
そこを評価したいなら、まぁいいんじゃないかと思います。
というか、ホロヴィッツさんからのSOSにすら思えます。
ホロヴィッツさんはミステリじゃない別ジャンルを書きたいのかもしれません。その割に、その後もミステリを書かされ(?)続けているようですが……。


単純なミステリとしては駄作だと思います。
結論としては以上です。



カイブツ(ポエム)


何とか人の振りをしなくちゃ そっと周りを窺って 窮屈な『普通』を演じてるの
軋む心に気づかない振り 歯車がギシギシ唸ってる
お願い あたしを『普通』でいさせて……

「あの娘は何だか変だよね」 そっと誰かが 耳の奥で囁いている
そんなの全部わかっているよ 『正解』があたしを窒息させるだけ
正しい答えもわかってる ただ、わかっていてもできないだけなんだ
お願い あたしに『息』を吸わせて……


勝手に期待して 勝手に裏切られて 勝手に傷ついて
そんなこと 終わりの時までし続ける懲りないあたし
だけど期待がなかったら どうして誰かを好きになれる?
だけど期待がなかったら どうして誰かと繋がれる?


みんながやるのと同じように どうして あたしはできないのだろう?
どうしてみんなと 同じ振りをしなくちゃならないのだろう?
「あなたが出来損ないに造られた」からと 聲が頭蓋骨を震わせる


みんながへんなあたしを見て 嗤っている
あたしは何も変なことなどしていないのに



何とか人の振りをしなくちゃ そんな息苦しさに あたしはもう惑わない
だってあたしはバケモノだもの 神さまが 戯れに造った不良品
お願い 誰か あたしを拾って……


ヒトの偽物は本物のカイブツになり あたしを嗤うものはもういない
そして カイブツは無人の流砂に巻かれてる

世界にはヒトがいなくなったから 出来損ないも正解もない
お願い 誰か あたしを見つけて

世界には誰もいなくなったから ヒトもカイブツもない
お願い あたしの声は届かない もう誰にも もう誰にも


きまぐれテンプテーション クリア

82点。
アンネリーゼとの掛け合いがとても楽しいキャラゲー、と思いきや、思った以上に陰惨でホラーな内容にびっくり。
特に強いメッセージ性があるわけでもないけど、エロいし、面白いし、良かったなって。ヒロインは1人なので、アンネが気に入るかどうかはかなり重要。
ただ、うちのオンボロパソコンではかなり動作が重かったです。
E-moteとか完全に切ってたのにそれでも重かった。

ストーリーは同社の「バタフライシーカー」以上に陰惨なミステリでしたね。
最後、手帳にちょっとした書置きはあるけれども、後日談がないのでアンネとの再会感がなくて寂しいです。

普段、主人公をバカにする系のヒロインは嫌いなのですが、アンネの主人公いじりはイヤミがなく
主人公の反応も含めて楽しめました。
これがアンネリーゼちゃんの人(悪魔)徳のなせる業かなと。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fee

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ