朝陽ルートクリア。評価はC-。


朝陽がヒステリックできんきん声な上に、シンデレラコンプレックス/スイーツ脳で、ウザいよっていうのはとりあえず置いておくとしても。


えと、主人公の「恋愛嫌い」って設定はいったいなんだったんですか?
親父が再婚とか、いろいろと複雑な家庭事情を抱えていて、シナリオも途中まではそれに沿って動いていたように見えます。
とくれば、その家庭環境と恋愛嫌いを結びつければ、それだけで一本シナリオが書けそうなものなのに、なんでしなかったの?っていうのが率直な感想です。

まぁ、↑のはベタな展開だとは思うので、この通りされても寒かったかもしれませんが、朝陽の家庭を守るキューピッドイベントや、産みの母との対面などの点が、線の形で結ばれておらず、それに替わる物語が実質ない現状に比べればマシなのではないかと思います。
また、集中して読んでいなかったから読み取れなかったのかもしれませんが、朝陽が序盤で光一郎に助けてもらうのを内心望んでおきながら、にべもなく拒絶したり不機嫌になった理由もサッパリわかりません。照れくさいとか、意地を張っているという感じには思えませんでした。
更に言えば、王子様/お姫様という結びつき自体は悪くないのですが、印象的なエピソードをもう少し丁寧に回想しても良かったと思います。


普段から、褒めるのが下手で、厳しめのことを書くことが多いのですが、今回に関しては褒めたい部分があまり見当たりません。
「オンリーワンモード」「恋愛授業」など、アイディア自体は良かったと思うので期待をしたのですが、クオリティが伴わず、失敗に終わったと言えそうです。