☆イントロダクション

このブログでは、ワールドカップ、Euroなどの時期はサッカーの記事を。
ゲーム(主にノベルゲー)をプレイした際にはゲームの記事を。
読書して素晴らしい作品に触れた際には読書の記事を
(そこまででもない時には、短文感想をまとめ記事に随時更新)書いていくというスタイルをとっています。


で、1月中旬に「忠臣蔵」をプレイした後、ゲームはしばらくお休みしておりまして、
読書に励んでいるのですが、Aクラス(一記事にしたくなるレベル) の作品にあまりあたっていないんです。
これまた1月下旬のフィリップ・ホセ・ファーマー「恋人たち」が最後かな。


そんなわけで、「随時更新」の短文記事はアップしているのですが、
まとまった記事はほとんどアップできていないので、何か書かないとなーと思いました。
3月にアガサ・クリスティのお薦め作品を書いたのも、その流れの一つです。

で、今月はディック・フランシスのお薦めを書こうかと思ったんですが、クリスティと比べると書きにくく、難航しております。
また、最近2004年の大河ドラマ「新撰組!」にハマったのでこちらも何か書こうかなとも思うんですが、
最後まで見ないと書きづらいものがあります。


☆現状報告と予定

僕の予定としては、4~6月はほぼ読書漬けになると思われます。
その中で面白い作品に触れれば、このブログで紹介していきます。
フツークラスの場合は、今までどおり「2014年に読んだ本」の記事にほそぼそとアップしていきます。
2~3月は積み本の中で冒険小説をメインに読み、4~6月はSF小説をメインに読む予定です。


6~7月はワールドカップ一色になります。
この時期はなるべく多くの試合を見て、なるべく多くのサッカー記事を載せていくと思います。

 
7月以降は溜まっているゲームを消化するフェイズに入ると思います。
「漆黒のシャルノス」、「黄雷のガクトゥーン」、「White Album2」の3作は既にプレイが確定しております。
また、「ランス9」、「戦女神リメイク」の2作もほぼ間違いなくプレイすると思います。

そのほかで言うなら、のんびりと「瀬里奈」 をプレイしているのでそちらの感想も書くことでしょう。


他に「この大空に翼を広げて」、「カタハネ」、「クレッシェンド」、「月に寄り添う乙女の作法」
あたりがプレイの有力候補でしょうか。 
僕は割と気まぐれなので、上に書いた3作(確定している)以外は何をプレイするか、僕自身もその時にならないと分かりませんが。


それから、噂の「艦隊これくしょん」もプレイしています。
こちら、3月に着任いたしました。
で、最初の一週間は面白くて面白くて仕方なかったんですが、現在既に割と飽きてきております。
ヌルゲーマーのfeeは2-4がクリアできる気がしません。
根気が必要なのはわかっていますが、たかが(失礼)ゲームに根気を求められてもちょっと困りますです。
とは言いながら、未だに毎日ログインしているので、まだ諦めきってはいませんが。


そんな感じです。


☆追記

この記事を書いたわずか2日後に、プライベートで大きな出来事がありました。
どちらかと言うと良い出来事なのですが、近い将来環境が大きく変わる事になったので、少々精神的に
不安定になっています。
精神的に不安定な時は、読書よりもエロゲーの方が没頭しやすいため、↑で書いた予定がズレてくるかもしれません。


あ、あと艦これ2-4は突破しました!
編成は伊勢改LV34、赤城改34、加賀改35、日向改32、扶桑改31、祥鳳改25でした。


軽空母を入れると羅針盤がボスに行きやすい、という真偽不確かな情報をネットで発見したので
試してみたのですが、僕の場合はどうやら「本当っぽい?」と感じました。


試行回数が少なすぎるので何とも言えないのですが、
軽空母を入れない編成(↑の5人は同じで、最後の一人を軽空母ではなく重巡を入れていた)で
10回弱チャレンジしたところ、ボスのところに辿りついたのは1回のみでした。

ですが、軽空母を入れて2回回したところ、2回ともボスのところに辿り付きました
(1回目は返り討ちに遭いましたが)。


そんなわけで、羅針盤に苦しんでいる方は試してみてください。