娯楽度 10

全体の感想

・伝説の名勝負級の試合が早くもワールドカップ4試合目で登場。ここまで面白い試合は大会で1~3試合あるかどうかだと思う

・ポルトガルの超速カウンターVSスペインの鬼ポゼッション。

・速攻で恐ろしい威力を発揮するポルトガルだが、遅攻ではやや威力が落ちる。
だが、そこで決めきるのがクリスチアーノ・ロナウドの恐るべきエース力。とはいえ、速攻時の攻め手の弱さは今後の課題か。

・スペインの目まぐるしいパス回しは芸術の領域。シルバ、イニエスタ、イスコ、アルバらの繰り広げる攻撃は、息をのむほどに美しい。

・長らく弱点と思われてきたスペインのFWに待望の新エース、ジエゴ・コスタが登場。

・世界最高峰の攻防を繰り広げた22人に拍手を、と言いたいところだが、スペインGKデヘアのミスがなければ、スペインが勝っていた。

・ロペテギショックに追い打ちをかけるようなポルトガルの開始3分の先制点を、見事押し返したジエゴ・コスタ。そして、デヘアのミスから2-1にされた後、再び押し返したジエゴ・コスタ。誇張でもなんでもなく、スペイン代表を救ったと思う。あのまま負けていたら、スペインの早期敗退もありえたかもしれない。
また、チームを救ったと言えば、1-0になった後のクリスチアーノ・ロナウドのカウンターを、1対1で止め切ったセルヒオ・ラモスも素晴らしかった。



スペイン代表 採点 8

GK デヘア 2・5
DF ピケ 5.5
  セルヒオ・ラモス 6.5
  アルバ 6.5
  ナチョ 6
MF ブスケッツ 5.5
   コケ 6
   イニエスタ 7.5→チアゴ・アルカンタラ 5
   ダビド・シルバ 7・5→ルーカス・バスケス ?
   イスコ 7.5
FW ジエゴ・コスタ 8→イアゴ・アスパス ?

監督 イエロ 6

ポルトガル 採点 7・5

GK パトリーシオ 5.5
DF セドリック 4.5
   ゲレイロ 5.5
   フォンテ 4
   ペペ 4
MF  ウィリアン・カルバーリョ 5.5
   ブルーノ・フェルナンデス6→ジョアン・マリオ 6.5
   モウチーニョ 6
   ベルナルド・シルバ4.5→クアレスマ 5・5
FW グエデス6.5→アンドレ・シウバ ?
   クリスチアーノ・ロナウド 9・5 MOM

監督 フェルナンド・サントス 6




【試合前の展望】


ロペテギ爆弾が破裂した。
大会2日前、契約不履行による監督の電撃解任。そして後任は実績皆無のイエロ監督である。


個人的な感情を言わせてもらえば、控えめに言っても言い過ぎではないぐらい、
レアル・マドリ―のフロレンティーノ・ペレスには怒りを覚えている。
自分のチームの利益のためには、国代表の足を引っ張っても悪びれる事がない。
最低最悪の輩だと、改めて感じた次第だが、そんな僕の憤懣を長々と読んでも読者は楽しくないだろうからこれぐらいにする。

とにかく、『優勝候補3番手』だったスペインへの期待値は暴落した。
戦力的には当然優勝候補のスペインだが、果たしてロペテギ・ショックから立ち直れるのか。
イエロがどこまで選手を奮い立たせられるか。

そんなスペインが初戦で迎えるのは、グループ最大のライバル、ポルトガルだ。
この試合で惨敗しようものなら、スペインが大崩れするのは火を見るよりも明らかで、
そうなるとモロッコVSイランの勝者にもチャンスが出てくるだろう。


ポルトガルのフェルナンド・サントス監督は、非常に堅実な監督だ。
引き分けを念頭に置きつつ、スペインの様子がおかしければ一気に突いてくるだろう。


【試合前の予想】

引き分け5割、ポルトガル勝利が4割、スペイン勝利は1割程度か。