・渋い好カードだったんだけど、睡眠不足の身に「固い展開」の試合を集中して観るのはきつかった。
2日で8時間睡眠は身体に応えますわ。
採点はなしで。一応ぼーっと見てます。

・やっぱりウルグアイは、スアレスとカバーニ、片方いないと途端に辛くなりますね

・名手ムスレラのまさかのミスでとどめ刺された

・フランスの2ゴールも、セットプレーとラッキーゴール(というかGKのミス)だからなぁ。
とはいえ、次の相手(ブラジル? ベルギー?)はブロック守備のチームじゃないし、
VSブロック守備に当たらないならフランスの『カウンター』が炸裂しそう。




娯楽度   5

フランス代表採点 

GK ウーゴ・ロリス  
RSB ベンジャミン・パバ―ル 
LSB リュカ・エルナンデス  
CB ラファエル・ヴァラン  
  サミュエル・ウンティティ 
DH エヌゴロ・カンテ 
CH コランタン・トリソ 
   ポール・ポグバ 
RWG キリアン・エムパべ 
LWG  アントワン・グリーズマン 
CF  オリビエ・ジルー 

監督 ディディエ・デシャン 

【欠場者】
CH ブレーズ・マトゥイディ (出場停止)


ウルグアイ 採点 

GK フェルナンド・ムスレラ  
RSB ディエゴ・ラクサール 
LSB マルティン・カセレス  
CB ディエゴ・ゴディン  
  ホセ・マリア・ヒメネス  
CH マティアス・ベシーノ  
   ルーカス・トレイラ  
   ナイタン・ナンデス   
   ロドリゴ・ベンタンク―ル  
FW ルイス・スアレス  
   クリスチャン・ストゥアニ

監督 オスカル・タバレス  

【欠場者】
FW エディソン・カバーニ 負傷

【展望】

ベスト8進出国の中ではブラジルに次ぐ盤石ぶりのフランスが、ここに来て今大会最大の難敵を迎える。
ウルグアイ。
『アルゼンチンよりも強いの?』と感じる方もいるかもしれない。
その問いに対する答えは、間違いなく『Yes』だ。

『曲者』という言葉がこれほど似合うチームもそうはないだろう。
ゴディンを中心に固められた守りはまさに鉄壁。
守備組織がまるで機能せず、個々がばらばらだったアルゼンチンとは違い、
ウルグアイはタバレス監督のもと、長時間をかけて熟成されてきた『完成されたチーム』である。
そして、そこから繰り出されるカウンターを仕留められる凄腕のスナイパーが、この国には2人もいる。
カバーニとスアレスだ。

ただし、そのカバーニがポルトガル戦で負傷交代をしてしまった。
現時点で彼がフランス戦に出場できるかは不明だが、出場できないとすれば大きな戦力ダウンと言わざるを得ないだろう。
とはいえカバーニが不出場だったとしても、その守備力には何の変りもない。
ウルグアイの守備を崩すことが出来なければ、PK戦の末敗退、という結末に至る可能性もある。
フランスにとって、油断できる相手ではない。


フランスはこれまで、オーストラリア、ペルー、デンマーク、アルゼンチンを破ってきた。
そのうち、デンマーク戦は消化試合であり、二軍を出場させたために参考にはならない。
この中で、最も苦戦したのはどの試合だろうか? 答えは初戦、オーストラリア戦だ。

オーストラリアは、今大会で猛威を振るったブロック守備……『引きこもりサッカー』を仕掛けてきた。そんなオーストラリアを崩すのに、フランスは苦労した。
その経験から、ペルー戦以降、フランスはジルーを先発させ、前線に基準点を置くようになり、
果たして快進撃が始まったのだ。

とはいえ、ペルー、アルゼンチンの2チームは攻撃的なチームで、オーストラリアのような『引きこもりサッカー』ではなかった。
前線にスペースが存在し、フランスの快速FWコンビ(エムバペとグリーズマン)は伸び伸びと自由を謳歌した。


だが、次戦の相手ウルグアイは『引きこもりサッカー』だ。前線にスペースはない。
足の速さは活かしづらい。そんなウルグアイを、ジルーを中心に崩すことが出来るか。
もしも崩すことができるなら、フランスは(恐らくブラジルが待つ)準決勝に駒を進める事だろう。
そして、その準決勝こそが、今大会の事実上の決勝になる事だろう。