子供の頃、自分をいじめから守ってくれた大和。
そんな彼に一途に惚れて早6年(ぐらい)。
大和と風間ファミリーさえあれば他に何も要らない。
そんな京は遂に大和と結ばれるが、そんな折、金曜集会の集まりの悪さに京がブチ切れ、
ワン子と喧嘩になってしまう。
大和、そして風間ファミリーに依存しすぎていると、クリスにも指摘され目が覚めた京は、
今まで無視してきた『外部との関わり』を大切に、日々を過ごし始めるのだった。


金曜集会の出席率の悪さに関しては、モモ先輩(山籠もりの修行を強制されている)
キャップ(ヨルダンに冒険に行っている)、モロ(映画のロケに出ている)、
まゆっち(1度目はクラスメイトと遊び、2度目は帰省中だった)は仕方ないにして、
ガクト(女王様に飼われている)とワン子(2か月先の練習試合に備えるために修行中)は、個人的にギルティ。

仲良しグループは色々な事情から、段々と疎遠になってしまうケースも多い。
グループに対する温度差が、メンバーによって違うのは仕方ないことなんだけど、
こういう(ワン子やガクト)奴らが混じっていると、疎遠になっちゃうんだよなぁ、と思ってしまった。
だって2か月先の、『親善試合』のために金曜日を空ける事ができないんすか?
女王様に飼われているガクトなんて、もう弁護不可能でしょ。


とはいえ、『好きで集まってるんだ。集まりを強制するな』というガクトの主張自体は至極もっとも。
週1の集まりを強制されたら、いくら仲良しグループでも辛いものがある。
この辺、月1にするとか、色々細かいところでやりようがあった気はするけどね。


後は、京の父親が倒れた事を大和以外の風間ファミリーが誰も知らないのが疑問だった。
「京が依存しすぎ」なのは確かだし、「毎週出席」はやりすぎだけど、
「父親が倒れた直後」なのに京を気遣うメンバーは誰もいないのだろうか。
大和に関しても、依存を治すのは大事だけど、何も父親が倒れた直後に突き放さなくてもいいのにと思ってしまう。
この辺、風間ファミリーが冷たいというよりもタカヒロ自身がこのエピソードを忘れてるんじゃないの? と思えるぐらいあっさりと流されており、ちょっと問題だと言わざるを得ない。


ただ、その後の京の頑張りは読んでいて応援したくなったし、グループ内の人間関係などを含め、
力の入ったルートである事は間違いない。



☆京ルート(S~E)

大和 B-
京  A-
シナリオ B+
羨ましさ C+
青春度  B
Hシーン B+