Twitterをやっていて、今まで、3人くらい見たんですよ。
エロゲが好きで、感想も書きたいけど、「長文感想が書けない」と言っている方を。
Twitterではしっかりした文章を書いている方なので、書けないはずがないと思うんですけど、
書けないと本人が思いこんでいるんですね。

まぁ、長文感想が書けたって、別に何の足しにもならないんですが、
もしかしたらそういう悩みを抱えている方が他にもいるかな?と思って
今回は記事を書きました。

エロゲは長文感想を書きやすい媒体(だと勝手に僕は思っている)なので挑戦してほしいです。




折角なので、こないだ残響さんと対談した「つよきす」を例に挙げてみます。


参考テキストはエロゲー批評空間に投稿されている
80点:面白かった。でもそれだけ」(12字)という方。


このテキストを使って、こちらで勝手に内容を膨らませてみましょう。


☆自問自答


最初にやるのは徹底して、自問自答です。
自問自答の繰り返しです。自分で自分にインタビューしてください。
テキスト主さんに実際にインタビューしたわけではないので、QだけでなくAも
feeが勝手に作ったものになります。


Q 面白かった。でもそれだけということですが、まず何が面白かったんですか?

A ギャグが面白かった。

Q どういうギャグが面白かった?

A パロディかな。特にフカヒレが出てくると笑えるよね。あいつ最高。

Q フカヒレの何が最高でした?

A ヘタレでしょうもない奴なんだけど、憎めないんだよな。結構痛々しいんだけど、あー、わかる、みたいな部分もあるし。

以上の内容をまとめると


『パロディネタが面白く、ギャグは何度も笑った。
特にヘタレでしょうもないけれども、共感もできるフカヒレが最高だった(55字)』

Q でもそれだけ、とはどういうことですか

A 笑えるけどさぁ。感動とかするゲームじゃないし

Q なんで感動しなかったんですか?

A そもそも感動するゲームじゃないってのもあるけどね。コメディだから。でも、カニルートとかよっぴールートとか、ある程度感動できそうな内容でも、心に響くものがなかったんだよなぁ。

Q じゃあまずカニルートですが、なぜ心に響かなかったんですか?

A レオがヘタレってのもあるけど、カニってヒロインにピンとこなかったんだよね。乱暴な口調のヒロインって好きじゃないし。

Q じゃあこのゲームで好きなヒロインはいましたか?

A なごみかなぁ、乙女さんもいいかも


ここまでをまとめると

B
『ただ、笑えはするけれども、それ以上の何かがないのが残念だった。コメディだというのはあるけれど、カニルートやよっぴ―ルートは感動できそうな内容であるにもかかわらず、感動できなかった。
レオはヘタレだし、乱暴な口調のヒロインが好きではないのでカニも好きになれなかった。
ヒロインはなごみと乙女さんが好きです(149字)』

55字+149字=204字


Q よっぴールートはなぜ感動できませんでしたか?

A よっぴーの描写が痛々しいっていうか病んでて怖かったよ

Q 病んでるヒロインは好きになれない?

A 好き嫌いというか、怖い。読んでて安心はできないよね。

Q 読んでて安心したい?

A 必ずしもそういうわけでもないけど、明るい日常モノを読みたい気分だったんで


『よっぴーはヤンデレで怖かった。読んでいて安心できなかった。それが悪いとは言わないが、
明るい日常モノを読みたくてつよきすをプレイしたので、ちょっとついていけなかった』(83字)

204字+83字=287字


Q 好きなヒロインはなごみと乙女ですか? じゃあまずなごみの良さからお願いします

A 最初ツンツン冷たいのに、段々心を開いてかわいくなってくるところが最高っすね。えへへって笑うところも好き。エッチシーンもエロいし

Q  えへへって笑うところってなんですか?

A レオに頭をなでられて、えへへって笑うんですよ! それがもう最高で! あと、体育祭のフォークダンスのシーンも良かったなぁ!

Q エッチシーンがエロいというのはどうしてですか?

A 元々ヒロインが受け身のエッチシーンが大好きなので。それに声優さんの演技も最高だし。手首を縛るプレイもいいっすよね!

『好きなヒロインはなごみ。最初はツンツン冷たいのに、段々心を開いていくところがかわいすぎた。
レオに頭をなでられて『えへへ』と笑うシーンは、あまりのかわいらしさに
プレイしていて悶えてしまった。体育祭のフォークダンスのシーンも印象深い。
元々ヒロインが受け身のエッチシーンが大好きだということもあるが、なごみの反応もとてもよく、声優さんの演技も凄く良かった。手首を縛るHシーンが最高にお気に入り』
(195字)


と、この調子でひたすら自分にインタビューしてみてください。

Q 声優さんの演技はどんなところが良かった?

Q そこまでなごみが好きなのに、シナリオはダメだったの? どんなところがダメだった?

Q ここまで話題に出ていないけど、エリカはどうだった?

Q 乙女さんについてはどう? どんなところが好き?

Q 物語中盤で、レオと乙女さんが喧嘩をするシーンがあったけど、あれはどう思った? レオと乙女さん、ぶっちゃけどっちが悪いと思う?





というふうに、次々に自分を質問攻めしてみましょう。
それに応えていくうちに、いつの間にか文字数は増えていると思います。




パロディネタが面白く、ギャグは何度も笑った。
特にヘタレでしょうもないけれども、共感もできるフカヒレが最高だった。
ただ、笑えはするけれども、それ以上の何かがないのが残念だった。コメディだというのはあるけれど、カニルートやよっぴ―ルートは感動できそうな内容であるにもかかわらず、感動できなかった。
レオはヘタレだし、乱暴な口調のヒロインが好きではないのでカニも好きになれなかった。

ヒロインはなごみと乙女さんが好きです。
よっぴーはヤンデレで怖かった。読んでいて安心できなかった。それが悪いとは言わないが、
明るい日常モノを読みたくてつよきすをプレイしたので、ちょっとついていけなかった。
好きなヒロインはなごみ。最初はツンツン冷たいのに、段々心を開いていくところがかわいすぎた。
レオに頭をなでられて『えへへ』と笑うシーンは、あまりのかわいらしさに
プレイしていて悶えてしまった。体育祭のフォークダンスのシーンも印象深い。
元々ヒロインが受け身のエッチシーンが大好きだということもあるが、なごみの反応もとてもよく、声優さんの演技も凄く良かった。手首を縛るHシーンが最高にお気に入り』(481字)



祝! 原稿用紙1枚突破!


このままだと内容が散らかりすぎていて読みにくいんですが、
とにかく「面白かった。でもそれだけ」(12字)から文字数だけは増えました。


ここまでが初歩の初歩編です。
とにかく一つひとつの感想を自問自答し、膨らませていくこと。
気づけば1000字、2000字も夢じゃない!

1000字、2000字書けるようになったら、次は「読みにくい」部分をどうにかして「読みやすく」するのですが、そこはまた次のステップ、次のレベルです。

最初はとにかく『文字数を増やす』事を心がけましょう。


文字数競争ではないので、無駄などうでもいい事を延々と書いて、
文字数を増やしたのでは意味がありません。
とはいえ、書けないよりはどうでもいい事でも書いた方が(最初の段階では)良いです。
後で削ればいいだけの話ですので。


つまらなくても、読みにくくても最初はいいんです。まずは長文を書いてみましょう。
長文をある程度書けるようになったら、次は読みやすい文章に『改造』してみましょう。


『改造』のしかたについては、また別の機会にでも。



続き書きました

→エロゲの感想文の書き方について(中級編)を書こうとしたけど(略)


良い出来の記事になったかどうかは何ともですが、参考にできる部分があれば参考にしてくださいw


あと、言うまでもありませんが、エロゲ以外でも応用は可能です。