すんごく煮え切らない書き方になってしまったのは、色々と経緯があるせいで。

まず、
A(現実逃避したい。癒されたいので)学園青春モノの再読をして、誰かと対談したい
いう目的があり、
B 対談相手の残響さんも音楽が大好きだし、ちょうどいいかも
という事でチョイスしたのが数か月前。


なんですが、まずAの時点で既におかしいですよね。
学園青春モノかもしれないけど、「キラキラ」は明らかに癒される作品ではないw
きらりルートがしんどい事はまぁ覚えていたんで大丈夫なんですけど、
千絵姉ルートも(他の方の感想を読み漁っていたら)結構しんどかったんだっけ?
全然記憶にないんですけど、そうらしい。
3ヒロイン中2ヒロインがしんどい話だと、『癒され』目的でやるにはしんどいなーというのが1つ。
ま、既に1回プレイしているゲームなので、初読よりは気楽なんですけど。


次にBなんだけど、残響さんとちょっと色々あって、対談の話は(現状)なしになったので。
この辺はもう僕には何もできないんで、向こうからコンタクトがあれば考えますけど、
ないようなら無理でしょうな。
一応水面下で仔月さんと対談を新たに始めています(記事化はまだ。記事化したら告知します)が、
「キラ☆キラ」に関しては特にまだ約束はしていないので、解りません。


で、まぁ1人でやるなら、何もしんどい話をやらんでもいいよね、っていうのはあります。はい。
ただ一方で、2章までは特にしんどくないはずだし、そこまで楽しめばいいじゃん、
2章まで楽しくプレイすれば、そのままの勢いで3章もできるでしょ、って気分もありますし、
何よりキラ☆キラは力のある作品なので、多少しんどくてもやりたい気持ちもあります。


後ね、仮に対談するなら、オマージュ元だというドストエフスキーの「罪と罰」は抑えておいた方が良いのかな?って。
6年くらい前に、DG-Lawさんもそう仰っていたし。

しかし、大昔「カラマーゾフの兄弟」を読んだ時、全然楽しめなかった(難解で)し、
「罪と罰」はそれに比べればとっつきやすいとは聞くけど、ドストエフスキーに苦手意識があるんすよね。
まぁ読まなくてもいっかな、とか、やっぱり読んだ方が良くね? とかちょっと色々迷っています。
対談やらないなら、読まないと思うw  
そんなあやふやな感じですが、序章と、紗里奈ルート(3章)をちょっと読んだら、
記憶にあったものよりもテキストが読みやすくて楽しいの。


やっぱりやろうかなー、キラキラ。
って感じの現状です、はい。
こんなあやふやな状態で仔月さんに打診してみて良いのか正直わからんw
でも一方で、約束しちゃえば腹をくくってプレイする気もする。
まぁそれ以前に、仔月さんがやりたいかどうかもちゃんと聞いていないのだけど。

残響さんはキラキラを以前はやりたがっていたけど、今はどうなんだかわからんし……
まぁ彼に気兼ねしなくても良いのかな、とか、まぁ色々色々。煮え切らねー!って感じです、はい。