ブラジル 2-0      セルビア

試合内容 A+

個人的MOM FW ヴィニシウス(ブラジル)


GK アリソン 6        ヴァニャ・ミリンコビッチ・サビッチ 7・5
DF マルキーニョス 6       ミレンコビッチ 6   
  チアゴ・シウバ 6・5     ベリコビッチ 5  
  ダニーロ 6・5       パブロビッチ 5・5
  アレックス・サンドロ 6・5  MF グデリ 5
MF カゼミーロ 7・5       ルキッチ 5・5
   パケタ 6・5        ムラデノビッチ 5
FW ネイマール 6・5    MF ジブコビッチ 5・5
  ヴィニシウス 9       セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ 5
  ラフィーニャ 6・5   FW タディッチ 5
  リシャルリソン 7     ミトロビッチ 5

監督 チッチ 10        ストイコビッチ 6・5

交代(ブ)
   パケタ→フレッジ 6・5
   ヴィニシウス→ロドリゴ 5・5
   リシャルリソン→ジェズス ?
   ネイマール→アントニー ?
   ラフィーニャ→マルティネッリ ?

  (セ)
   グデリ→イリッチ 4・5
   ジブコビッチ→ラドニッチ 5・5
   ルキッチ→ヴラホビッチ 4・5
   ムラデノビッチ→ラゾビッチ ?
   ミトロビッチ→マクシモビッチ ?

試合前の感想

セルビアがどんなサッカーをするかも気になるし、ブラジルの初陣も気になる。

(すっごい雑な感想w 
 2節以降は、前節の感想も含めて書きたいのであれだけど、初戦は書くことがあまりないのよね)


________________________

初めて、「美しいブラジル」を見た。
94年からワールドカップを追っているが、「強いブラジル」を見たことはあっても、
「美しいブラジル」を見た記憶はない。
今大会のブラジルは、僕が見たブラジルの中で最も美しいチームだと思った。

チアゴ・シウバ、マルキーニョス、カゼミーロといった裏方の選手からですら、糸を引くようなスルーパスが繰り出される。
中央のネイマールも脇役に徹し、
両翼のヴィニシウス、ラフィーニャは光速を超えている。
今日の個人的MVPは決定力にやや難を感じるラフィーニャではなく、再三にわたりセルビアDFを切り裂いたヴィニシウスだ。
ストライカーのリシャルリソンは、ロナウド以来、久しぶりに表れた本格派ストライカー。
特に2ゴールめはまさに圧巻だった。
これだけのチームを作り上げたチッチ監督を素直に称賛したい。
正直チッチ監督を舐めていた。ごめんなさい。
優勝候補筆頭という声に疑問を感じていたが、今日の試合を見て印象は完全に変わった。
ブラジルは確かに優勝候補筆頭だ。

ブラジルに叩きのめされたセルビアだが、恐るべき相手を前に、果敢に立ち向かった姿勢を評価したい。
近年のセルビアは、旧ユーゴ圏の中で完全にクロアチアに主役の座を譲っていた。
筋肉質な選手は生まれるものの、モドリッチやコバチッチのような選手はクロアチア国籍で、
セルビアには、デヤン・スタンコビッチやマティッチのようなバランス型ではあるが、ファンタジーを感じさせる選手が全くいなかった。
しかし今大会はタディッチがいる。今日は輝けなかったものの、セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチもいる。
この好ゲームを産み出したのは、間違いなくセルビアの攻撃的な姿勢にもある。
ブラジルに敗れたのは仕方がない。
セルビアもまた、グループ2位を目指して、頑張ってほしいと感じる好チームだった。