イングランド  3-0      セネガル

試合内容 B+
個人的MOM MF ジュード・べリンガム(イングランド)

GK ピックフォード 6・5     エドゥアール・メンディ 6
DF マグワイア 6       クリバリ 4
  ストーンズ 6       ディアロ 4
  ショー   7       ヤコブス 4
  ウォーカー 5・5       サバリ 4
MF ライス 6・5        シス 4
  べリンガム 7      ナンバリス・メンディ 4
  ヘンダーソン 7      ディアッタ 4
FW サカ 6・5        エンディアイェ 5・6  
  フォデン 7         ディア 6
  ケイン 6          サール 5・5

監督 サウスゲイト 7・5      シセ 5

交代(イ)
   サカ→グリーリッシュ 5
   フォデン→ラッシュフォード 5
   べリンガム→マウント 5
   ストーンズ→ダイアー? 
   ヘンダーソン→フィリップス ?

  (セ)
   シス→パぺ・ゲイェ 4
   エンディアイェ→パぺ・マタ―ル・サール 4・5
   ディアタ→ディエン 4
   ディア→ディエディウ ?
   ヤコブス→バロ・トゥーレ ?


予想外、の一言に尽きる。
結果が、ではない。結果は順当にイングランドが3-0で勝利した。
予想外だったのは内容だ。

べリンガムを軸に、ヘンダーソンサカ、フォデンが織りなした攻撃のコンビネーションが、
『退屈なイングランド』のイメージとはあまりにそぐわないものだったのだ。

20年も昔のエリクソン監督就任以来、イングランド代表が面白かった記憶は全くない。
現サウスゲイト監督でもそれは同じで、セットプレーと、サイドの走力を活かした縦一直線のロングカウンターしか武器がない、そんなチームだった。
(縦一直線のロングカウンターというのは、昨シーズンのマンチェスター・ユナイテッドみたいな感じ)

それが、前線のプレスからショートカウンター、足元で繋いで崩しを見せて、流れの中から3ゴールを決めた。

別段スペクタクルにあふれていた、というわけではない。
ただ、少なくとも『退屈ではなかった』
(逆に言えば、その程度の事でも大騒ぎするほど、今までのイングランド代表は退屈だった)

守備は元々固いイングランドの事、セネガルにほとんどつけ入る隙を与えず3-0の完勝
準々決勝のフランス戦でもこのサッカーを貫いてくれるのか、に注目したい。