ゲーム関連

ドーナドーナ 感想


☆雑感


ペルソナを彷彿とさせるような色味と、『半グレ集団(というか、これは暴力団やw)』を
青春っぽく、陰惨にならずに明るく描いているというのが、この作品の【雰囲気】でしょうか。
最近のゲームはあまり触れていないのですが、
『真剣で私に恋しなさい』あたりよりも更に犯罪者集団臭がするけれど、まじこいとは違って、
一周回って『こーゆーゲームだから!』と開き直れるので、あまり嫌な感じはしません。
(やってる事は酷すぎるけど、このゲームにそういう批判はアレだよねwww)


さて、本作では『ハルウリ(売春)』パートと『ヒトカリ(RPG)』パートに分かれていますが、
なんだろな。
発想は良かったんだけど、そのポテンシャルを最大限に活かせているとは言えないかなぁ。

というか、『不必要に』難しいのは、アリスソフトあるあるというか。
完璧を目指したいなら、『リセット前提』になっちゃうのがつらい。
もう面倒くさいから、リセットしないでやってるけど、ユニークヒロインを間違えて殺しちゃったり、
イベント発生条件をうっかりミスっちゃったり、大変ですよ。
まぁもういいけどね。


まずハルウリは、思ったほどエロくない。だってモブキャラやし……。
というか、それよりも時間制限もついて案外焦らされるし、売春の人材は基本使い捨てなので
(割とすぐに壊れてしまう……)愛着が湧かないんだよなぁ。
一応エースの人材も抱えてはいるけど、取り立てて……。
極めていきたいなら属性付けとかも大事になってくるので、なおのこと時間制限だけはナシにしてほしかったなぁ。
というか、ハルウリ関連のイベント発生がめんどくせぇぇよっ!
「処女で吉田某と売春する」とかなんだよw 違う男で処女捨てちゃったよw 吉田って誰だよww


ヒトカリの部分は、まぁまぁな感じだけど、たまに変に難しい。
後戻りできないダンジョンで、突然強いボスが出てきたりね。セーブもアジトでしかできないし。
そういう、『変に難易度が高い』のがアリスソフトの悪いところよね
(そういうのが好きな人もいるんでしょうけど)。


一方良いところは、(ハルウリではない)ゲームヒロインが結構エロい事かな。
特に敗北凌辱エロがいいですね。
キラキラもアンテナも菊千代も割とエロかった。ヒロインたちがエロいのは良い事だ!
あと、アジトでのターン制限がないのもいいですね。というかターン制限があったらもう投げだしてました(苦笑)


総じて、雰囲気も含めて割と楽しめているんですが、アリス特有の『面倒さ』と、
周回要素の薄さがネックでした。
2周目をやろう!という気にはあまりならない……。

ちなみに1周目はキラキラエンドでした。



☆攻略ヒント(?)

・普段のショップで、МP回復薬、ピル、ジンザイ用アイテム(特にメンタル回復系)は毎日買いましょう。蘇生アイテムも見つけたら買ってください。HP回復薬もある程度備蓄しましょう。

ラストダンジョンはそこそこ長丁場なので、HP・МP回復薬の備蓄がモノを言います。
ジンザイは割と壊れやすいので、メンタル回復アイテムは必須です。
ピルも基本は足りないので、買っていきましょう。


・女の子大好きなfeeは、基本クマ+女の子3人を使ってクリアしましたが、特に問題ありませんでした。
ラスボスは菊千代とキラキラ、メディコが大活躍。
アンテナも全体攻撃や、守備力アップで貢献してくれました。
アリスは……正直、呂布戦以外どう使っていいのかわからなかった……。


創神のアルスマグナ感想(バレなし) 76点

3周目までクリア。別ブランド作品、「ヴィーナスブラッドブレイヴ」に似たタイプのRPGで、(ノーマルモードでやる限り)ヴィーナスブラッドより難易度が易しいので、ヌルゲーマーの僕にもストレスなくプレイできた。
個人的には、ヴィーナスブラッドの『不必要なユニット(弱すぎて使えない)』がゴチャゴチャしている感じがあまり得意ではないので、
今回の『アルスマグナ』の方が情報が整理されており、各々のユニットにも愛着が感じられて面白いと感じた。

1周目ノーマル(ロウルート)→2周目(ベリーハード・カオスルート)→3周目(ナイトメア・ロウルート)とプレイしたが、特に詰まる事はなく、とはいえボス戦ではたまに苦戦するなど
バランスは良かったと思う。
唯一鬱陶しかったのは、即死攻撃を多発してくる雑魚ユニットか。

1周目ではガード役をセレスに、シン、エンリ、ナムタル、ソニアあたりが活躍した。
2周目になると5大元素のオリジンたちが異様に強いので、この5人で組めば力押しできてしまうのが善し悪しか。その割にオリジンたちはHシーンが1つしかないのが残念だ。

Hシーンに関しては、エンリが割とエロかった……というより、エンリで1回、ソニア先生で1回抜いた以外、多分抜いてないです。

シナリオについては、特に語るほどのこともないので割愛。


総じて、特に名作!というつもりもないけれど、批評空間では評価の高いヴィーナスブラッドシリーズよりも、批評空間で評価の低いこちらの作品の方がぼく個人としては楽しめました!

サカつく2013、ニューカッスルで世界制覇(9年目)

というわけで、一通り海外リーグでやりました。
メンバーは

GK シーマン
DF プジョール
  ヤンガ・エムビワ
  リチャーズ
MF ジェラード
   スコールズ
   ギグス
   ベッカム
   オベラート
FW フリッツ・ワルター
  トッティ

控えは

DF ライト、ファーディナンド、キャンベル、キーオン、
MF ライカールト、フリット、タルデリ、シャビ、フィーゴ
FW ファンペルシー、ビジャ、アンディ・コール


ということで、イングランド+世界選抜みたいな感じ。
ニューカッスル初期メンのヤンガ・エムビワさんが残っているのは嬉しいけれど。


しかし、どこのリーグでやっても大体同じですね。
5年目ぐらいから、初期メンを一人ずつスター選手に取り換えて行って、
7~9年目ぐらいで国内・CLを制覇できて、11年目ぐらいで金満状態になる。っていう。


今回のニューカッスルは、イングランド人がそこまで集まらなかったのが残念です。
サンテチエンヌはフランス人だらけで楽しかったなぁ。


あと、どのチームでプレイしてもベッカムを獲得してしまう……



サカつく2013エスパニョールで世界制覇(10年目)

まぁ、大体どこのリーグでプレイしても、
8年目ぐらいでリーグ優勝して、10年目ぐらいで世界制覇できますね。

今回のエスパニョールのメンバーはこちら。

GK カニサレス
DF ラウル(エスパニョール初期メン) 
   プジョール
   ヴァラン
MF テヘラ(エスパニョール初期メン)
   デ・ラ・レッド
   ベッカム
   シュスター
   ギッグス
FW マラドーナ
   クリスチアーノ・ロナウド

控え GK レイナ、
   DF サムエル、クロル、ムーア
   MF エッフェンベルク、ブスケッツ、ファルカン
   FW サビオラ、トレゼゲ


エスパニョール初期メンバーが2人もいたのは、ちょっと嬉しいです。
また、中盤から下はスペイン縁の選手で固められたのも良かったですね。
半面、攻撃陣の戦力不足は痛く、特にFWはクリロナとサビオラの二人だけ。
クリロナは反則級の選手ですが、それにしても2人じゃ足りないのでマラドーナを取ってきましたw

それはまだ良いんですが、二列目は相変わらずのギッグス&ベッカム。
ギッグス、ベッカム、それからプジョール、シアラー、ジェラードにトレゼゲと、
この辺りの選手はどうもサカつく2013では手に入れやすいようで、
ついついどのチームにいても手を出したくなってしまうのが困りものですね。

どのチームでやっても同じメンバーじゃ、やる意味がないので……。



サカつく2013 サンテチエンヌで世界制覇(9年目)&6/26大幅追記

はい、というわけでサンテチエンヌ9年目でクラブ・ワールドカップを取りました。

可能な限りフランス縁の選手でプレイする、という緩い縛りでのプレイでしたが、
その影響か、はたまた偶然か、セントラルMFばかりが飽和して困りました。
また、運良く優れたSBが取れたこともあり、私にしては珍しい4-5-1でクリアしました。

GK ブリヨン(誰?)
LSB サネッティ
CB  ブームソン 
   ウンティティ
RSB  ジェレミ
DH  イエロ
   ミハイリチェンコ
RSH ヴェッラッティ
OH  ルーカス・モウラ
   ティガナ
FW シナマ・ポンゴーユ


まずGKですが、ブリヨンって誰でしょう……。とりあえず守護神です。

SBはサネッティとジェレミを獲得できたので、4バックを敷きました。
控えSBは左はカンデラですが、右はいません。

CBは序盤にリヨンから引き抜いたウンティティを最後まで使いました。相棒はブームソン。
ブームソン、データ高いですね。ウンティティより高いとは思わなかったw
本来はイエロをCBに予定していたんですが、中盤が育っていなかったのでボランチ起用しました。
控えはデサイー(ユース)、ギャラス、レイスベルヘン。

中盤ですが、まずルーカスとヴェッラッティのパリサンジェルマンコンビを序盤に引き抜きました。
彼らは最後までサンテチエンヌを支えてくれました。
CLのMVPがルーカス、アシスト王がヴェッラッティでした(得点王はシナマ・ポンゴーユ)。
ティガナ、ミハイリチェンコというレジェンドと前述のイエロで変則の5MF。

控えはベッカム、リュクサン、ラムシ、プラティニ、ボゴシアン、ジョルカエフ、デシャン(ユース)、ハーグリーブス(ユース)。
めちゃくちゃ豪華ですが、センターハーフに偏ってます。
サイドもできる選手がベッカムとヴェッラッティしかいねぇ(ヴェッラッティも、リアルではサイドハーフのイメージは全くない)。セントラルMFばかりで困ります。

FWはシナマ・ポンゴーユの1トップ。シナマ・ポンゴーユ、覚えてますか? リバプールにいたフランス人選手です。変わった名前なので僕は覚えてましたが、プレイは覚えていませんw
しかしそのポンゴーユ1トップで世界制覇しちゃったので、ポンゴーユ様々ですね。

控えはトレゼゲ、ヴィルトール、シアラーですが、トレゼゲしか育っていません……。


何せ9年目なので、まだ選手が育ってないんですよね。
むしろこれから強くなる!というタイミングでしたが、まぁ優勝しちゃったので……どうしよっかな?俺TUEEEEしててもしょうがないし違う国に行くか、それとももう少し俺TUEEEを楽しむか、といったところです。


6/26 追記

元々フランス人選手中心にやっていましたが、世界制覇もしたのでいよいよ舵を切りました。
現在(10年目)のメンバーはこちら
フランス人は赤
外国籍選手は青
外国籍だけど、ゲーム開始時フランスリーグ所属選手は緑
ユース所属選手も、引き上げることが確定している選手のみ入れてます。

GK ブリヨン、シャルボニエ

LSB サネッティ
RSB ジェレミ
CB  イエロ、ギャラス
   ブームソン、デサイー


DH  ティガナ、カランブー、ラムシ、
   デシャン、ボゴシアン、リュクサン


OH  ミハイリチェンコ、ジダン、プラティニ
   ルーカス、ベッカムリベリ

FW トレゼゲ、シアラー
   シナマ・ポンゴーユ、ヴィルトール

というわけで、中盤(特に守備的MF)だけはめちゃ豪華。
アリュー・ディアッラの獲得を見送ったぐらいには豪華。
攻撃的MFもプラティニ、ジダン、リベリにベッカムもいるので豪華。

問題は最終ラインと前線。
前線は、外国籍選手に頼らないとダメかもなぁって思ってます。
ヴィルトールは使いづらいし、シナマ・ポンゴーユはすごく頑張ってくれたけど、
Sクラスどころか、Aクラスのタレントでもないし(まぁそれで世界制覇できるんだから、それでいいかもですが)。
ジョルカエフFW起用というのもありですが、フリー移籍でロベルト・バッジョやストイチコフが流れてくるのに、敢えてフランスにこだわるのもちょっと厳しいw
アンリかイブラヒモビッチ(緑枠)来てくれないかな。

最終ラインは、サネッティorジェレミがいなくなったら、3CBにしたいと思っています。
しかし、それをするにはやはり外国籍選手が必要かなと。
まぁ、その前に何年ここにいるかも決めていませんが。


なぜこんなチーム編成にするかというと、このゲームは他にオランダ、イタリア、イングランド、ドイツ、スペインでプレイできるからです。
でも、何も考えずに強さだけを求めて選手を取ると、いつも同じ顔ぶれになりかねません。
それじゃつまらないので、毎回特色を出しながらプレイしたいなと、以前から思ってます。

(昔EWETというゲームをプレイしてた時は、あまりに便利なのでどのチームを率いてもエッシェンを取ってた。そういうのは、やっぱりちょっとね)
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ