本・映画などなど

ハリーポッターシリーズを読み終えました

シリーズ全体の評価は B。

「賢者の石」 B+
「秘密の部屋」 B-
「アズカバンの囚人」 B
「炎のゴブレット」 B
「不死鳥の騎士団」 B-
「謎のプリンス」 B
「死の秘宝」 B-


・読者が入り込みやすい設定


本書は、児童書。いわゆる子供向けの本ではありますが、大人が読んでも楽しめると思います。
ただし、『ガチ』ファンタジー愛好者から見ると、ファンタジー世界の完成度の低さに興を殺がれる恐れがあり、あくまでもエンタメ感覚で楽しむ軽めのファンタジーとして、という前提になるかなと。


本シリーズは、マグル(非魔法使い。つまり私たち現実世界の人間ですね)に育てられたハリーが、
ホグワーツ魔術学校に入学する「賢者の石」から始まります。


言うまでもないかもしれませんが、本書が巧いのはハリーをマグル育ちに設定した事。
魔法界について私たちと同じだけの『知識量』しか持たないハリーが、不思議な魔法に圧倒され、ホグワーツ魔術学校という、まるで遊園地のアトラクションのような魔法学校に入寮し、
不思議な魔法を色々と習う。
ハリーが感じるワクワク感は、そのまま読者が本書を読み進めるワクワク感と繋がっています。


ただ……そのワクワク感は「賢者の石」をピークに、少しずつ失われていくものでもあります。
2年生、3年生、4年生ともなれば、1年生の頃の「学校に対する真新しさ」は失われるものですし、
読者にとっても、魔法・ファンタジー世界が「当たり前」になってしまいます。
私が「賢者の石」を最も高く評価する(最も楽しめた)のはそれが大きな理由です。


・ハリーの成長物語


2年生(秘密の部屋)、3年生(アズカバンの囚人)というように、作品が1作進むごとにハリーは1学年ずつ進級し、成長していきます。

1年生時(賢者の石)のハリーは、両親の事を何も知りません。周囲からは、ハリーの両親は偉大な人物だったと聞かされていて、漠然とした憧れを抱いています。
ハリーは孤児なわけですから、両親について知りたいと感じるのは当然ですし、周囲から偉大な人物だと教えられれば、憧れるのも当然だと思います。

さて、5年生(不死鳥の騎士団)あたりになると、反抗期が来たのかかなりピリピリとし出します。
この辺りで、ハリーの両親(特に父親)はかなりヤバい奴だったのではないか?という証拠も出てきます。まぁ、いわゆるヤンキーというか、いじめっ子というか……。
6年生(謎のプリンス)あたりになると、あれだけ聖人君子に見えたダンブルドア校長についても微妙な影が……。一方で、嫌な奴だとばかり思っていたスネイプ先生の(まぁハリーから見れば嫌な奴であることに間違いはないんですが)新たな側面が見えてきたり。


1年生の頃に信じていた、両親&ダンブルドアは善玉! ヴォルデモートやスネイプは悪玉!といった子どもが信じる単純な善悪の世界観から、より複雑な大人の世界へとシフトしていきます。
さらに、庇護者(両親やシリウス、ダンブルドア)を殺害したヴォルデモートを
主人公のハリーが倒すというのは、『父親超え・庇護者超え』を果たす成長物語としては、王道中の王道。
よくある話といえばよくある話ですが、物語の基本をしっかり押さえていると言えます。


1年生の頃からの親友ロンとハーマイオニーの恋愛模様など、
子供から大人への大切な時期を、ハリーの視点から駆け抜けるハリーポッターシリーズは、
やはりなかなか面白い学園ファンタジー作品だと思います。


ただ……。
本シリーズでは、ヴォルデモート陣営とのバトルシーンも定番なのですが、こちらは正直あまり面白くないです。何せ、敵陣営に全く魅力がない。
魔法合戦も、映画で見れば面白いでしょうが、光線技を飛ばし合っているだけでさして面白いものではありません。


また、ハリーの成長物語、ヴォルデモートとの闘いといった、『本筋』についてはしっかり整備されているので問題ないと言えば問題ないのですが、
『あまりにも拙いクィディッチのルール』や、『教師が自分の裁量で勝手に得点を+したり-したりする謎の寮制度(せめて同じ違反行為には、同じ罰則にすべきでは?)』、あるいは『闇の魔法使いを生み出しかねない、スリザリン寮に対する中途半端な対応』や『どう考えても不便すぎて、とても寮として機能するとは思えない、度々変更される合言葉』などなど、
物語を背後から支える骨組みについては、「なんとなく、こうしたら面白いと思った!」的な、作者の軽~いノリが見え隠れするというか……かなり首を傾げるものになっています。
子ども向けのエンタメとしてはそれでよいのかもしれませんが、ファンタジー世界の成り立ちについて厳密に考えたいタイプの読者
(たとえば「指輪物語」とか「ゲド戦記」、あるいは「十二国記」などの強度の高いファンタジー作品の愛好者)は、本書の、張りぼてのようなファンタジー強度には白けてしまうのではないか、と思います。



とはいえ。
ハリーポッターには教養がない、とか、テーマ性がない、
子どもがこれを読んでも、他の本を好きにならない、

といったような批判をネット上で見かけましたが、私は全くそうは思いません。


ハリーポッターの一つのテーマとして、「スリザリン寮」について考えてみるのはどうでしょうか?
純血主義のスリザリン寮。
このような差別的な思想を旗印に掲げる寮がなぜ、ホグワーツにはあるのでしょう?


「全ての学生を受け入れる」ハッフルパフ寮の考えに従うならば、
「差別的な思想を持つ生徒」ですら、ホグワーツは拒めない事になります。
それならば、各寮にバラバラに配備するよりも、「闇に堕ちそうな差別主義者たちの寮」として
スリザリン寮を隔離してしまった方が、他の各寮に潜伏されてしまうよりも良い、という判断が働いたのかもしれません。


いやしかし、「闇に堕ちそうな差別主義者たち」を隔離する、という発想そのものが
逆に「差別的」ではないか、という考えももちろんありますよね。


なら、あなたがホグワーツを作るならどうするか。
そういった事を色々と考えてみるのは、それはそれで面白いのではないでしょうか?
子どもたちそれぞれで論じ合えば、各々の意見の違いなども面白く、良いディスカッションの授業にもなると私は思います。


子供向けの本だからとバカにせず、腰を据えて読むに値する作品だと私は思いました。
(と言いつつB評価なんですが:苦笑)


最後に
女性キャラはハーマイオニーとルーナ、マクゴナガル、トンクスが。
男性キャラはネビルとルーピンが好きです。



それではまた次の物語で。

ハリーポッターを読みます

以前「炎のゴブレット」まで読んで、「不死鳥の騎士団」の途中で挫折した「ハリーポッター」。
この機会に読もうと思い立ちました。


「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 読了
「ハリーポッターと謎のプリンス」  /1000ページ
「ハリーポッターと死の秘宝」    /1265ページ

を読みます。


目標は8/9読了だったんですが、無理そう。8/14あたりに読み終えられればいいかな。

吉川英治「宮本武蔵」読みます

記事タイトルの通りです。
ここ最近、ちょっと人生の色々に疲れちゃっていてね。あまりしんどい話は読みたくないわけサ。
しんどいっていうか、『ムカつく話』。ムカつく敵役が出てくると、
それだけで、しんど…って思っちゃうわけネ。
人間の醜さとか、憎しみみたいなのは本当にダメね。

あぁ、人間は醜いな。こんな奴らの間で、俺、生きていく自信がないな。
あぁ、俺も人間だな。俺も醜いもんな。みたいなループにハマるとヤバいね。ヤバいから、ダメね。


後ね、「現実」を強く認識してしまう作品もちょっとしんどいんで、そうなると時代小説っていうのは結構な逃げ場だな、とも思うのよ。
それと、学園コメディとね。


そんなもんで、エロゲは『つよきす』をダラダラとやってます。3月下旬からやってるの。
いいんだよ。焦る必要はないよ。のんびりやろ。人生500年ぐらいのつもりで生きようよ。


で、読書なんだけど、吉川英治の「三国志」、「鳴門秘帖」の2作を読んで思ったの。
ファンには申し訳ないけど、めっちゃくちゃ面白いか?と聞かれたらそれは違う。
でも、飽きずに読ませるぐらいには面白いなって。
「ウザい」敵役が出てこないのも安心できる。
「鳴門秘帖」のお十夜孫兵衛ぐらいのウザさなら全然問題ないからね。

まぁ、ウザいシーンがないというのは諸刃の剣で、ともすれば薄味のおかゆみたいな眠たい作品になっちゃいかねないんだけど、今の僕にはそれぐらいの食事しかとれないんでね。
ホントは脂身たっぷりのステーキが食べたいけど、今は病院食。

で、そんな病院食の中では吉川先生の作品というのは、結構イケてる部類じゃない?
なんて、大作家先生に向かって偉そうなことを思うわけさ。

そんなわけで、吉川英治「宮本武蔵」読みますヨー。


はぁ……本当は「こえの形」とか「秒速5センチメートル」とか「最終兵器彼女」とか「ホワイトアルバム2」とか「チームバチスタの栄光」とか「らせん」とか「ループ」とか、そーゆーのが読みたいんだけどね。


まぁ、病人はおとなしく、吉川先生でも読んでろってこった。

吉川英治「三国志」&横山光輝「三国志」読了

吉川三国志の評価はB。横山三国志の評価はB+。


まず、吉川三国志の感想を書きますと、『リメイク版:三国志演義』という印象を持ちました。
「三国志演義」を、日本人向けに、より読みやすくしたもの……という事になっています。
が、「三国志演義」自体、小中学生でも読める代物でもありますし、
孔明の死後が書かれていない、たまーに間違いがある(太史慈が呉三代に仕えた事になってたり)ので、
本音を言えば「演義」を読んだ方が良いような気がします。
ただまぁ、「演義」の『〇合撃ちあった』一辺倒の戦闘描写が嫌いだとか、
『さて、続きはどうなりますことか』と言っておきながら、どうという事もない、あの調子が寒くて嫌だ、という方にはこちらをお薦めしておきます。

これから「三国志」に触れるという方は、「三国志演義」or「吉川三国志」、どちらかを手に取っていただければ、大体の三国志ストーリーは理解できると思いますので。


横山三国志は、吉川三国志をかなり忠実に漫画にした感じです。
ではなぜ、評価がちょっとだけ高いかと言いますと、それは『漫画』だからです。


つまり、「三国志」にこれから触れるなら、やはり「三国志演義」を読むのが良いのです。
吉川三国志でもまぁいいですが、吉川三国志を読むガッツがある人なら、演義だって普通に読めるはずです。そういう意味で、吉川三国志は中途半端だと思うのです。

「三国志演義」を読むガッツがない人は、「吉川三国志」だって多分読めません。
そこで「横山三国志」の出番です。さすがに漫画だし、読めるよね?
長編小説が読めない人にも、「三国志」を伝える事ができる、という意味で「横山三国志」は評価できると思います。
後、「画」の力というか、いつも泣いている印象の劉備さん。劉封が死んだシーンでは結構ほろりとしましたね。


た・だ・し。
赤壁の次に大きな合戦(だと思う)である、官渡の戦いをスルーしているのだけは、
ちょっと困ります。
この戦いは、天下分け目の合戦だったはずです。
この部分だけは、頑張って三国志演義か、吉川三国志で補完してください。


後、「呉」に関しては吉川&横山、どちらもほとんど触れていませんので、
こちらは三国志演義を読んでください。
というわけで結局のところ、演義を読めばいいんじゃ?と思ってしまうわけですが、
何はさておき、このような大長編をものしただけでも、吉川&横山両先生は称賛に価するとは思います。




レイ・ブラッドベリ「太陽の黄金の林檎」読書対談のご紹介(6/26更新)

ホームページオブ百合機械、管理人の残響さんと、
「太陽の黄金の林檎」の読書会を行いました。

1冊の本について、7時間以上の対談を行うというのは人生において初めての体験でした。
素晴らしい機会を与えてくださった残響さんに、深く感謝いたします。
とまぁ、かしこまって言うのもなんなんですが、楽しかったですw

対談の模様はこちらにて公開しております。




『太陽の黄金の林檎』 (荒野以外)全作 公開終了!


・霧笛        6/26公開
 NEW

歩行者       4/2公開

四月の魔女     5/16公開 

・荒野        諸事情により、この作品の対談は見合わせました

 ・鉢の底の果物    5/16公開 

・目に見えぬ少年   6/14公開 

・空飛ぶ機械     5/16公開  

・人殺し       4/2公開

・金の凧、銀の風  5/21公開

・二度と見えない   4/2公開

・ぬいとり     5/18公開 

・黒白対抗戦    5/18公開 

・サウンドオブサンダー 6/26公開 NEW


・山のあなたに   6/14公開 

・発電所   6/8公開 

・夜の出来事   5/18公開 

・日と影     5/18公開 

・草地 6/8公開 

・ごみ屋     5/16公開 


・大火事     5/21公開

・歓迎と別離 6/26公開 NEW


・太陽の黄金の林檎  6/8公開 
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ