本・映画などなど

吉川英治「宮本武蔵」読みます

記事タイトルの通りです。
ここ最近、ちょっと人生の色々に疲れちゃっていてね。あまりしんどい話は読みたくないわけサ。
しんどいっていうか、『ムカつく話』。ムカつく敵役が出てくると、
それだけで、しんど…って思っちゃうわけネ。
人間の醜さとか、憎しみみたいなのは本当にダメね。

あぁ、人間は醜いな。こんな奴らの間で、俺、生きていく自信がないな。
あぁ、俺も人間だな。俺も醜いもんな。みたいなループにハマるとヤバいね。ヤバいから、ダメね。


後ね、「現実」を強く認識してしまう作品もちょっとしんどいんで、そうなると時代小説っていうのは結構な逃げ場だな、とも思うのよ。
それと、学園コメディとね。


そんなもんで、エロゲは『つよきす』をダラダラとやってます。3月下旬からやってるの。
いいんだよ。焦る必要はないよ。のんびりやろ。人生500年ぐらいのつもりで生きようよ。


で、読書なんだけど、吉川英治の「三国志」、「鳴門秘帖」の2作を読んで思ったの。
ファンには申し訳ないけど、めっちゃくちゃ面白いか?と聞かれたらそれは違う。
でも、飽きずに読ませるぐらいには面白いなって。
「ウザい」敵役が出てこないのも安心できる。
「鳴門秘帖」のお十夜孫兵衛ぐらいのウザさなら全然問題ないからね。

まぁ、ウザいシーンがないというのは諸刃の剣で、ともすれば薄味のおかゆみたいな眠たい作品になっちゃいかねないんだけど、今の僕にはそれぐらいの食事しかとれないんでね。
ホントは脂身たっぷりのステーキが食べたいけど、今は病院食。

で、そんな病院食の中では吉川先生の作品というのは、結構イケてる部類じゃない?
なんて、大作家先生に向かって偉そうなことを思うわけさ。

そんなわけで、吉川英治「宮本武蔵」読みますヨー。


はぁ……本当は「こえの形」とか「秒速5センチメートル」とか「最終兵器彼女」とか「ホワイトアルバム2」とか「チームバチスタの栄光」とか「らせん」とか「ループ」とか、そーゆーのが読みたいんだけどね。


まぁ、病人はおとなしく、吉川先生でも読んでろってこった。

吉川英治「三国志」&横山光輝「三国志」読了

吉川三国志の評価はB。横山三国志の評価はB+。


まず、吉川三国志の感想を書きますと、『リメイク版:三国志演義』という印象を持ちました。
「三国志演義」を、日本人向けに、より読みやすくしたもの……という事になっています。
が、「三国志演義」自体、小中学生でも読める代物でもありますし、
孔明の死後が書かれていない、たまーに間違いがある(太史慈が呉三代に仕えた事になってたり)ので、
本音を言えば「演義」を読んだ方が良いような気がします。
ただまぁ、「演義」の『〇合撃ちあった』一辺倒の戦闘描写が嫌いだとか、
『さて、続きはどうなりますことか』と言っておきながら、どうという事もない、あの調子が寒くて嫌だ、という方にはこちらをお薦めしておきます。

これから「三国志」に触れるという方は、「三国志演義」or「吉川三国志」、どちらかを手に取っていただければ、大体の三国志ストーリーは理解できると思いますので。


横山三国志は、吉川三国志をかなり忠実に漫画にした感じです。
ではなぜ、評価がちょっとだけ高いかと言いますと、それは『漫画』だからです。


つまり、「三国志」にこれから触れるなら、やはり「三国志演義」を読むのが良いのです。
吉川三国志でもまぁいいですが、吉川三国志を読むガッツがある人なら、演義だって普通に読めるはずです。そういう意味で、吉川三国志は中途半端だと思うのです。

「三国志演義」を読むガッツがない人は、「吉川三国志」だって多分読めません。
そこで「横山三国志」の出番です。さすがに漫画だし、読めるよね?
長編小説が読めない人にも、「三国志」を伝える事ができる、という意味で「横山三国志」は評価できると思います。
後、「画」の力というか、いつも泣いている印象の劉備さん。劉封が死んだシーンでは結構ほろりとしましたね。


た・だ・し。
赤壁の次に大きな合戦(だと思う)である、官渡の戦いをスルーしているのだけは、
ちょっと困ります。
この戦いは、天下分け目の合戦だったはずです。
この部分だけは、頑張って三国志演義か、吉川三国志で補完してください。


後、「呉」に関しては吉川&横山、どちらもほとんど触れていませんので、
こちらは三国志演義を読んでください。
というわけで結局のところ、演義を読めばいいんじゃ?と思ってしまうわけですが、
何はさておき、このような大長編をものしただけでも、吉川&横山両先生は称賛に価するとは思います。




レイ・ブラッドベリ「太陽の黄金の林檎」読書対談のご紹介(6/26更新)

ホームページオブ百合機械、管理人の残響さんと、
「太陽の黄金の林檎」の読書会を行いました。

1冊の本について、7時間以上の対談を行うというのは人生において初めての体験でした。
素晴らしい機会を与えてくださった残響さんに、深く感謝いたします。
とまぁ、かしこまって言うのもなんなんですが、楽しかったですw

対談の模様はこちらにて公開しております。




『太陽の黄金の林檎』 (荒野以外)全作 公開終了!


・霧笛        6/26公開
 NEW

歩行者       4/2公開

四月の魔女     5/16公開 

・荒野        諸事情により、この作品の対談は見合わせました

 ・鉢の底の果物    5/16公開 

・目に見えぬ少年   6/14公開 

・空飛ぶ機械     5/16公開  

・人殺し       4/2公開

・金の凧、銀の風  5/21公開

・二度と見えない   4/2公開

・ぬいとり     5/18公開 

・黒白対抗戦    5/18公開 

・サウンドオブサンダー 6/26公開 NEW


・山のあなたに   6/14公開 

・発電所   6/8公開 

・夜の出来事   5/18公開 

・日と影     5/18公開 

・草地 6/8公開 

・ごみ屋     5/16公開 


・大火事     5/21公開

・歓迎と別離 6/26公開 NEW


・太陽の黄金の林檎  6/8公開 

吉川英治「三国志」を読んでいます。

全8巻の吉川英治「三国志」を6/10に読み始めて、現在6日(7日目)。
2巻まで読み終えて3巻の途中なので、4分の1強読んだ感じですね。
10分冊版ですと、4巻目に入ったところなので10分の3読んだ、というのが正確かな。


冒頭序盤に、劉備・関羽・張飛のオリジナル展開がだいぶ長く続きますが、そこを超えてしまうと「三国志演義」とほとんど変わらない印象です。
もっとも、「演義」よりは読みやすく、とっつきやすい気もしますし、もちろん全く一緒というわけではないですが。
「演義」を読んだことのない人になら、お薦めかな。あるいは「演義」を再読したい人になら。
演義を一度読んだことのある身からすると、ほとんど変わらねーじゃん……とも思ってしまうわけですが。
日本人向けリメイク、そんな感じがしますね。

もっともこの先、ひょっとしたら吉川先生のオリジナル色も増えるのかもしれませんが……。


amazonオーディブルで朗読音声があるので、それをお供にちょくちょく読み進めてます。
というか、この朗読音声がなかったら挫折してたかも。
つまらない、というわけでもないんですが、長い話が割と淡々と進んでいくからw
分け入っても分け入っても三国志……というか。


吉川先生の作品は、
「三国志」の後も、「鳴門秘帖」を読む予定でしたし、朗読音声があるようなのでこの機会に「宮本武蔵」も読もうかなとは思っているんですが、全部読んだらそれだけで1カ月はかかりますね……。
それだけの価値はあるのか……? いやまぁ、多分あるでしょう。
それに何より、今はドラマチックな物語が身体に受け付けなくなっているので、淡々とした吉川節が身体には合っているというか。


知人が「新平家物語」も面白いよ、とか言ってるんですが……確かに朗読音声があるんですが……あまりにも長すぎる……
まぁ、ひょっとしたら読むかもしれないけど……朗読音声付きは素でありがたいんで。

ジョン・ハート「キングの死」読了(軽バレあり)

評価は A+

「川は静かに流れ」、「ラストチャイルド」と、家庭の悲劇を描くジョン・ハートの、これがデビュー作。
やはりと言おうか、この作品も家庭の悲劇を扱った作品だ。


「キング」とは、主人公ワークの父親である。
裸一貫で成り上がった実力者であり、権力欲・支配欲・金銭欲にとりつかれた人物だ。 
その彼が、死んだ。

ワークにはジーンという妹がいる。
ジーンは夫を亡くした後、自殺未遂を繰り返し、精神病院へと入ってしまった。
そこで知り合った謎の女アレックスと、レズビアンの関係を結ぶ。
その女、アレックスは、かつて実の父親にレイプされていた。そしてその父親を彼女は殺害した過去を持つ。
「キング」は当然、ジーンとアレックスの交際には強く反対していた。

ワークは、売れない弁護士である。
あまりにやる気がないが、父親に誘導されるままにこの職を選んでしまった。
ワークにはバーバラという妻がいる。正直全然タイプではないのだが、父親に誘導されるままにこの妻を選んでしまった。
そして、ワークには幼馴染の恋人ヴァネッサがおり、バーバラには隠れて不倫をしている。
ワークの人生は、「キング」の言うなりだった。


「キング」が妻を……ワークとジーンの母を殺した日、ワークは見て見ぬふりを選んだ。
そしてワークとジーンの関係は壊れた。


そんな、ワークの人生を支配していた「キング」が死んだ。
犯人は誰なのか。
そういった、ミステリとしての魅力もさることながら、やはり最大の読みどころはワークの成長だろう。

ヴァネッサとの関係、ジーンとの関係、バーバラとの関係。
そして亡き父との関係を見つめなおし、ワークは新たな人生を歩み始める。
ワークが歩んできた人生は、お世辞にも、立派な人生ではなかった。
それでも、傷を抱えながらも人は生きていく。


「キングの死」はジョン・ハートらしい、家庭の悲劇を描いた傑作ミステリである。
「ラストチャイルド」こそが彼の現時点での最高傑作だと思っているが、本作もそれに勝るとも劣らない、素晴らしい作品だった。


 
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ