本・映画などなど

アンソロジー「翠迷宮」を読みました。

全体の評価はB。

ベストは乃南アサの「指定席」。繊細な男の、静かでありながら心温まる交流が描かれる前半から打って変わって、中盤からはカミュ「異邦人」の様相を呈し、ラスト一発でホラーへと化ける力作。
A+

森真沙子「黄昏のオー・ソレ・ミオ」は傍迷惑極まりない老夫婦の物語だが、夫に向ける老妻の優しさが、(他人からは極めて迷惑だが)暖かく読後感は良い。A-

新津きよみ「捨てられない秘密」も女性の親友同士の「親密さの中になんだかジメジメした微妙な何か」があり、ホラーとしても面白い。B+。

ホラー色の強い作品には雨宮町子の「翳り」もあり、こちらは直球。これはこれで楽しめた。B+。

春口裕子「カラオケボックス」は、いつまでもぶらぶらしてないで社会に出ろよ!とフリーターが説教されるその前で、会社員が上司から執拗なパワハラを受け続けるような救いのない話で、よくもまぁここまで不愉快な話を書けたもんだと別の意味で感心した。僕は嫌いなタイプの作品だが、下手ではない。が、読んでて死にたくなった。 C+。

その直前の海月ルイ「還幸祭」はキチガイ姑にいびられる嫁の話で、連続で読むと殺傷力が高く、メンタルが弱い僕のような人間は注意すべし。こんなのもできれば読みたくねぇ。B-。
一応「おもひでぽろぽろ」的な、故郷に帰ってきた女性の再生というか、自立した強さみたいなものが描かれてる作品なんだが、アンソロジーの順番が件の「カラオケボックス」の隣なのはキツすぎた。


藤村いずみの「美しき遺産相続人」は、面白いもののちょっとやりすぎと思われるところもあった。
特にラストの一文は要らないのでは? B

皆川博子の「鏡の国への招待」は上品かつ上質な心理ミステリで面白い。ただ、ちょっと主人公の女性心理が複雑で、僕にはよくわからない部分もあった。 A-

五条瑛の「神の影」はイスラムの物語で、新鮮味があった。B+

正直良さがわからなかったのが光原百合の「わが麗しのきみよ……」で、なんだか古くさい海外ミステリの二次創作のような感じを受けた(が、ネットでは評判が良いようだ)。このアンソロジー内では唯一、ガチガチの古典的ミステリ臭がするからその筋の人が好んだのだろうか。ミス研の雰囲気は良かったが。C+。

シャーロック・ホームズの冒険 感想

評価はB+。


大昔に読んだ記憶があるシャーロック・ホームズ。
僕のイメージでは「頭脳が冴える上に、スポーツマン。格闘術も強い、文武両道の男」。
ちょっと皮肉屋ではあっても、スーパーヒーローのようなイメージがあった。
……とんでもなかった。こいつは、正真正銘の『コミュ障』だ。


ホームズに対してヒーローのようなイメージを持っていたのは僕だけかもしれない。
この記事を読んでくれている皆さんにとっては、「何を今更」な話かもしれない。
しかし僕にとっては結構な衝撃だったのだ。


「ぼくの友人はワトスンしかいないよ」(「五つのオレンジの種」) 


まずこれである。確かにワトスンくらいしか出てこない。


恋愛に関しては、まるで場違いな人間になってしまう。そういった感情を口にするとき、ホームズはあざけりや皮肉をまじえずにはいられない。(「ボヘミア王のスキャンダル」) 


二つ目の爆弾はこれだ。確かにホームズものにおいて、恋愛要素は皆無である。


以前、BL(ボーイズラブ)の世界ではホームズとワトスンのカップリングがある~という話を聞いたことがある。
その時は、見栄えのするイケメンのホームズと、気のいい若者ワトスンの颯爽としたカップリングを思い浮かべたのだが、この本を読む限りどうも違うようだ。



 あらゆる社交を毛嫌いし、(中略)下宿に引きこもり、古書の山に埋もれていた。


片付けもしない引きこもりである。スーパーヒーローどころの話ではない。
ちなみに僕も片付けができない。
元がインドアなので、親近感を抱いてしまう。
スーパーヒーローへの憧れではなく、もはや同類(ダメ人間)への親しみである。


 そしてある週はコカインにふけり、またある週は意欲満々で大望を抱くといったことを交互に繰り返していた。


これはヤバい。いくらなんでもヤバい!
この男、麻薬中毒なのである。しかもなんか躁鬱病っぽい。


麻薬中毒の引きこもりで、恋愛には無関心。友だちもワトスンだけ。
しかもそのワトスンに対しても


「これはすごい。ワトスン、きみはずいぶん進歩したね。とてもみごとだよ。たしかに重要な点はぜんぶ見落としているが、手法は正しい」(「花婿の正体」)


といった具合で、しょっちゅう「上から目線」で自らの頭の良さを誇り、ワトスン君の鈍さを皮肉るのである。
そして


シャーロック・ホームズとつきあっていると、いつも自分の鈍さを思い知らされて、落ち込んでしまう(「赤毛連盟」)

とワトスン君を凹ませてしまっているのである。
これでは友達がいないのも無理はない。
むしろ、ワトスン君はよくホームズの友達を続けているものだと感心する。

何しろワトスン君は、奥さんがいる。医者である。
こんなホームズに対しても、優しく接しているのだからきっと友達も多い事だろう。
麻薬中毒の名探偵ホームズよりも、明らかにワトスン君の方が「リア充」であり「勝ち組」なのだ。
事件がなければ、ホームズは取柄すらなくなってしまう。


しかし……。
そんな「勝ち組」であるワトスン君は、どうしょうもないホームズを見捨てない。
そこにワトスン君の暖かさ、優しさを感じ、読んでいてホロリとしてしまうのだった。


ホームズほどではないとは思うが、「コミュ障」見習いの僕に付き合ってくれている数少ない友人に感謝を。
そして、願わくばワトスン君のような心の広い親友を、これから先の人生で作っていきたいと思った。



浅田次郎「沙高樓綺譚」感想(重バレあり)

評価はA+

浅田次郎は大昔に「鉄道員」を読みましたが、そこまで面白くもなくそれっきり。
しかし今回読んだ「沙高樓綺譚」は面白かったですね。
今まであまり縁がなかった作家さんでしたが、これからは読む機会も増えるかも。


物語は連作短編集。
レイ・ブラッドベリ「刺青の男」方式というか、千夜一夜物語形式というか、
要は「沙高樓」に集まった人々が、小話を持ち寄り、順に披露していくという形式で、全部で5編。


毎回、主人役が「お決まりの台詞(毎度集まっていただきありがとうございます~次の話り部はこちらの〇〇さんです、的なやつ)」を吐いて、そこから話が始まるという様式美がまず魅力的なのだが、
冷静に考えるまでもなく、これはおかしい。
1日に1人の人間が語り、5日かかって5つの話が語られるならまだわかるが、
「本日4人目の語り部は~」という主人の言葉からもわかるように、1日で5人が一気に話している。
ならば1話終わるたびに、「集まっていただきありがとう」というのはいかにも不自然だと思う……。
まぁ、雑誌掲載の短編を1つにまとめたという事情もあるし、それで話がつまらなくなるわけでもないから気にするだけ野暮というやつかもしれない。

収録作


『小鍛冶』  評価 C

第1作だが、ぶっちゃけ一番つまらない。つまらないというか、難しいのだ。
物語は刀鍛冶の目利きにまつわる復讐譚なのだが、この業界について詳しい人ならいざ知らず
そうではないド素人(の私)には全く意味が解らない、何となくの雰囲気づくりの文章が多く
退屈を誘った。その辺りは第4作『百年の庭』とは大違いである。
この辺、刀剣鑑定に詳しい人なら楽しめたのかもしれない。詳しい方の感想が待たれる。


『糸電話』 評価 A+

非常に面白い。
仲良しだった女の子が引っ越してしまい、縁が切れてしまった主人公。
しかし、1~2年おきに、必ずどこかでその女の子と遭遇するのである。
果たして奇跡か偶然か。赤い糸で繋がっているのか。
小学時代の糸電話のエピソードも含め、ホラーと感動モノの狭間を彷徨うようなストーリーテリング。
読ませる。


『立花新兵衛只今罷越候』 評価 S

5編の中でこれがベスト。
大戦直後の映画業界。
『池田屋事件』を題材に撮影した映画のエキストラに、本物の『勤王派志士』が混ざっていて……?
物語の設定自体はベタで見え見えなのだが、勤王派志士立花新兵衛と主人公のカメラマンのユーモラスなやりとりが素晴らしく、ぐいぐいと読ませる。
SFタイムスリップモノとして出色の出来。


『百年の庭』 評価 A+

『お屋敷の庭』をひたすら守り、ひたすら作り続けてン十年の、浮世離れした老女の存在感。
ひたひたと忍び寄る狂気と、成長していく庭。そしてそこで紡がれる、人間関係の変化。
面白くなるまでやや時間のかかる地味な出だしだが、一度エンジンがかかればもう止まらない。
最初から最後まで面白い立花新兵衛をベストとしたが、後々まで記憶に残るのはむしろこちらかもしれない。


『雨の夜の刺客』 評価 B

成り上がりヤクザ物語。
サスペンス小説として面白く、別れてしまったヒロイン、マサミとのエピソードなども楽しいが、
他の収録作のレベルが非常に高いため、比較するとやや見劣りするか。
それでも十分面白い。


「『小鍛冶』が面白い。『小鍛冶』だけでも読んでくれ。他は読んでも読まなくてもいいから!」と知人が言うので、手に取ったのだけど
『小鍛冶』が一番つまらなくて他が面白かったので、この感想をどう伝えるべきなのか困惑している私なのでありました……。



火星年代記読書会のお知らせ(1月4日)

ホームページオブ百合機械、管理人の残響さんと、
「火星年代記」の読書会を行いました。

1冊の本について、今回もまた7時間以上の対談を行い、有意義な時間を過ごすことができました。
素晴らしい機会を与えてくださった残響さんに、深く感謝いたします。
楽しかったですw

対談の模様はこちらにて公開しております。




『火星年代記』  

2030年1月   『ロケットの夏』 9/2公開

2030年2月   『イラ』9/2公開

2030年8月   『夏の夜』 9/2公開

2030年8月   『地球の人々』 9/2公開

2031年3月   『納税者』  9/2公開

2031年4月   『第三探検隊』    9/7公開 

2032年6月   『月は今でも明るいが』  9/7公開 

2032年8月   『移住者たち』  9/7公開 

2032年12月  『緑の朝』  9/7公開 

2033年2月   『いなご』 
 9/7公開 

2033年8月   『夜の邂逅』 NEW 9/30公開

2033年10月   『岸』  NEW 9/30公開

2033年11月   『火の玉』  NEW 9/30公開
 
2034年2月   『とかくするうちに』  NEW 9/30公開

2034年4月   『音楽家たち』  NEW 9/30公開

2034年5月   『荒野』NEW 1/3公開

2035-2036   『名前をつける』 NEW 1/3公開

2036年4月   『第二のアッシャー邸』 NEW 1/3公開

2036年8月   『年老いた人たち』  NEW 1/3公開

2036年9月    『火星の人』  NEW 1/3公開

2036年11月   『鞄店』    NEW 1/3公開

2036年11月   『オフ・シーズン』 NEW 1/3公開

2036年11月   『地球を見守る人たち』 NEW 1/3公開

2036年12月   『沈黙の町』 NEW 1/3公開

2057年4月    『長の年月』 NEW 1/3公開

2057年8月    『優しく雨ぞ降りしきる』 NEW 1/3公開

2057年10月    『百万年ピクニック』 NEW 1/3公開





アントニー・バークリー「第二の銃声」読了(バレあり;『試行錯誤(トライアル&エラー)のバレも有)

評価はA-。面白かった。
面白かったんだけど……エピローグは、ない方が好みだ。


★「試行錯誤」との共通点


本書は、作者が後年書いた「試行錯誤」に非常によく似た作品だ。


主人公のシリル・ピンカートンの『相当抜けていて』、『冴えない』けれど、
『ユーモラス』で愛らしい中年男性像は
(ピンカートンは36なので中年とは言いたくないが//自分が36歳になった時に中年とは呼ばれたくないw)、
そのまま『試行錯誤』のトッドハンター氏に共通する特徴だ。
ピンカートン氏を更に優しく、更にヌケた感じにすればトッドハンター氏になるだろう。


そんなピンカートン&トッドハンター氏のユーモラスな語りを、僕は楽しんだ。
正直に言えば、事件やトリック云々よりも、「この主人公から目が離せない!」的な楽しみ方だ。


更に言えば、『倒叙モノ』めいた作りもそうだし、殺されるのが『皆の嫌われ者で、社会にいない方が良い奴』というのも同じである。
(この、『皆の嫌われ者で、社会にいない方がいい奴は殺した方が良い』というのは「毒入りチョコレート事件」でも同様の台詞があり、作者のバークリーは本気でそう思っていた節がある)


★キャラクター小説としての「第二の銃声」


『第二の銃声』が、『試行錯誤』よりも優れているのは、主人公ピンカートン氏の周囲を固める華やかなサブキャラ達。特に女性陣の魅力である。


ピンカートン氏は、長年の友人エセルに招かれる。
性格の良さではこの作品の女性陣No1だと思われるエセルだが、
残念なことに人妻で(も別に構わないのだが)あり、すぐに『親友ポジション』に後退してしまうので
浮いた話はない。


ピンカートン氏が最初に好意を抱くのが、
可憐で儚いように見せかけて、実は陰で相手を笑いものにする『聖女もどき』のエルザだ。
このエルザは、『聖女もどき』キャラとしては直前に読んだ「〇毛のレ〇メイン家」の某女性に比べると弱いが、それでもなかなか面白いキャラクターだ。
36歳にしてキスもまだな、うぶなピンカートン氏がこの手の女性に引っかかるのは無理のない事だし、
エルザの方に引っかける意図はないのであれだが、
ピンカートン氏はエルザを大事に思っているのに、エルザには陰で笑われている。
かわいそうな事である。


苛烈な不倫妻シルヴィアも見逃せない。
好きな男(不倫相手)のためなら何でもしかねない狂気と、なぜか皆の秘密を知っている知性の冴えと、元女優という演技力を兼ね備えた強烈なキャラクターで、
特に皆の眼前で不倫相手のエリックをなじるシーンは最高に面白かった。
(個人的にはシルヴィアのような匂い立つような邪悪さよりも、エルザのような『裏表』の方により
『人間ってこえーな……女性ってこえーな……』という恐怖を感じてしまうのだが)


そんな強烈な女性陣に引きかえ、真・ヒロインたるアーモレルは序盤、影が薄い。
読者(僕)にとっても勿論だがそれは、ピンカートン氏から見ても影が薄い女性だったという事で
読者=語り手の『シンクロ』が巧みになされている好例だと思う。
男モノの服を着て、がさつで、タバコを吸って、化粧をしている。
まぁ、要は男勝りの下品なケバギャル、みたいなのを想像して読んだw
確かに清楚なエルザとは大違いであり、頭の旧いピンカートン氏がエルザに好意を抱くのも解る。


しかしそんなアーモレルが、泣いている姿を見た事で(それだけでw)ピンカートン氏はアーモレル
への偏見を改める。
そしてアーモレルにキスをしただけで一気にアーモレルラブになってしまうのも面白い。


「キスとは野蛮人が鼻をこすりつける習性と変わらない(キリッ)」→初キス→「キスさいこー!!」という変節ぶりも、さすがは我らのピンカートン氏である。
自分がアーモレルを本当に好きかどうかを、『趣味の切手コレクションを見せたい相手かどうか』、
『珍しい蛾の見分け方を教えたい相手かどうか』で自問自答するピンカートン氏も良い。

一見ピンカートン氏に冷たかった態度も、実はツンデレだったということで、一気に正ヒロインの座に就くアーモレルの活躍もあり、事件は無事解決する。


★エピローグの是非


ただ……個人的に『エピローグ』はない方が好みだった。

エピローグでは真犯人とトリックが明かされるのだが、
まずこのトリックが「そんなバカな」と言いたくなる代物なのである。

トリックというか……要は「あいつ死ねばいいのに」と全員が思っていた奴が殺されたので、
みんなで見て見ぬふりをした、というか……。うーん、そういう事もある、のか?


犯人はというと、偽犯人(エピローグ無し)はエルザなのだが、真犯人はピンカートン氏である。
確かに、普通に読めばピンカートン氏になる。
アンフェアではないし、その推理は可能どころの話ではなく、読者の半分は行きつくところだと思う。
しかし、そこを敢えて犯人をエルザとした事で、『エルザというキャラクター』にも深みが出たし、
ピンカートン氏の『抜けっぷり』にも重みが増したのではないか。
冷静に犯行計画を練るピンカートン氏では、今までのユーモラスな味がある程度損なわれてしまう。


また、それに対応してアーモレルがピンカートンを好きになった時期と理由が、『人を殺した時の意外な冷静さ』だというのも残念である。

最初にアーモレルとキスをした時は、アーモレルはまだピンカートンを好きではなかったのか、と思うとガッカリしてしまった(ツンデレじゃないじゃん!)し、アーモレルは『抜けている』ピンカートンを好きになってほしかった。
エピローグがあったせいで、今までのピンカートン氏の魅力や、アーモレル・エルザの魅力が減じてしまった気がして残念に感じた。

聖女ぶっていながら、実は陰で他人を笑い者にして、自分を騙した相手を殺すエルザはある意味COOLだが、
聖女ぶっていて、実は陰で他人を笑い者にしていて、ゴロツキイケメンになびいた普通の娘さんでは、何の印象にも残らない凡人ではないか……。


バークリーの献辞や、序盤ピンカートンの言葉を借りたバークリーの訴えめいたものに
「新しいミステリを書きたい!」とか、「犯人が主人公の作品って新しくない? 面白くない?」という主張が見て取れるので、『作者は、これがやりたかったんだな』とは思う。


クリスティが『アクロイド殺し』を書いて2年後に書かれた作品でもあるので、バークリーが「アクロイド殺し」を読み、『この路線はイケる! もっと面白い倒叙モノを書いて、流行らせたい!』と興奮して「第二の銃声」を書いた姿が容易に想像できる(僕の妄想かもしれない)。
実際、キャラが無味乾燥の「アクロイド殺し」に比べ、「第二の銃声」のピンカートン氏は個性もあり、倒叙モノとして正当進化はしていると思う。


ただ、そういった歴史的意義(?)は大切ではあるけど、今時、倒叙モノだというだけでは読者は感動したりはできないので、やはり今読むなら無理に倒叙モノにしなくても良かったのではないか、と
僕などは思ってしまったのだった。



最後の最後で、真犯人が明かされるのは『試行錯誤』も同じである。
この真相が、『第二の銃声』の構成を裏返しただけ、というのがまた面白い。


『第二の銃声』では、偽犯人が聖女(っぽい)エルザで真犯人がヌケてるっぽいピンカートン氏だったが、
『試行錯誤』では、偽犯人がヌケてるっぽいトッドハンター氏で、真犯人が聖女のフェリシティだっ
た。


私見では、『推理部分』と『エンディング』に関しては『試行錯誤』の方が好きだ。
だが一方で、『試行錯誤』は推理部分が細かく描かれている弊害で、(トリックにそこまで興味がない人間からすると)ダラダラと中だるみしているところがある。


読んでいる間、ずっと楽しかったのは『第二の銃声』の方だ。
とりわけピンカートン氏とエルザ、アーモレルとの関係性は読んでいて楽しかった。
ミステリというよりは恋愛小説としてしか読んでいない気がするが、面白かったので問題ない。


ただ、読み終わった後、『完成度が高かったな』と感じるのは『試行錯誤』の方である。

手軽なキャラ萌え小説が読みたければ『第二の銃声』、
『第二の銃声』とキャラ立てがとてもよく似ているミステリが読みたければ『試行錯誤』を読む。
それが、いいのかもしれない。


ちなみに既読のバークリー作品で私が一番好きなのは、「毒入りチョコレート事件」です。














記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ