本・映画などなど

「富士日記」読了

著者は武田百合子。満足度はA。


人の人生というものは、それだけで一つの物語なのだ、という事を改めて教えてくれる作品。

著者の武田百合子は、小説家武田泰淳の妻。
二人が富士に別荘を構えた昭和39年7月(1964年)から、
泰淳が亡くなる2週間前の 昭和51年9月(1976年)までの12年間の日々の記録である。

本書は、誰かに見せるつもりで書かれた日記ではなく、ありのままの日々が書かれた記録である。
なので、「○○で買い物。××20円、△40円」みたいな記述も随所にあるし、毎日の献立もきちんと書いてある。
等身大の日々をそのままうつしとった作品で、退屈に感じる人もいるかもしれない。

しかし、一度この世界に入ってしまえば、そうした記述でさえも
「この頃の物価はこんぐらいだったのか」などの歴史的興味だけではなく、まるで百合子さんと一緒に買い物をし、
武田家の食卓に呼ばれたような臨場感を味わう事が出来る。
(ちなみに、武田家はハンバーグが多い。あとコンビーフも多い。基本は和食中心で、洋食はほぼない。中華はたまにある)


ただの日記を、面白い小説作品のように読ませてしまうのは、百合子さんの実力としか言いようがない。
まず、キャラクターが実に良い。
百合子さん自身は、男勝りで気が強く、少々抜けているところのある元気な女性というイメージ。
夫の泰淳さんは、気分屋で、面倒くさがりだが、意外とかわいらしい面があり、
親友キャラ的ポジションの大岡昇平や、その奥さん、近所のおじいさんおばあさん夫婦、
飼い犬のポコや飼い猫のタマ、外川さんなど、一人ひとりのキャラクターが実に立っていて、
非常にイメージしやすいのだ。
大岡昇平との仲の良さは、本当に羨ましくなるほどで、自分にもこんな友達がいたらなぁと思わされる。


また、エピソードを選び取る百合子さんの選球眼が良い。

飼い犬のポコのおバカさ加減、早く帰りたがって「そろそろ…」と何度も言う岩波さんを敢えてスルーする一同、
モグラを捕まえてきた飼い猫タマに対して「タマはえらいねぇ。強いねぇ……百合子も褒めてやらなきゃいかんぞ」などと言っておきながら後日、蛇を捕まえてきたタマを見ると褒めるどころかビビって部屋に引きこもってしまう泰淳さんなど、どれもこれも他愛のない話だがクスリとさせられるものばかりだ。

残したカレーを「あげる」と泰淳さんが言うから食べてみれば肉が残っていない、だとか
あまりに大岡さんの奥さんが美しいので、感動のあまり体操をしたとか、
なんだかこう、本当に楽しい日記なのである。


そんな楽しい日記にも終わりが来る。昭和46年(1971年)あたりから泰淳さんの体調が次第に悪くなっていくのだ。
泰淳さんが調子を落とすにつれ、ふさぎ込んでいく百合子夫人だが、泰淳さんの前では元気よく振る舞うその姿にはしんみりとしてしまう。
言葉にすると陳腐だが、何でもない日常が続く1964~71年あたりの武田家の生活は、かけがえのない幸せなもので。
泰淳さんが入院してしまうところで終わってしまうこの日記を通読した後は、また幸せだった頃の記述を読み直したくなってしまう。


もちろん、何で医者行かずに酒飲んじゃ煙草吸ってるねん! もっと早く病院行けよ…アホか!と思わなくはないし、百合子さんや泰淳さんも純度100%の天使のような人間ではないから、時には「ちょっとその対応は性格悪いぞw」と思うような描写もないわけではない。
現実に武田家の近くにいたら、ひょっとすると百合子さんは僕が苦手なタイプかなと思ったりもする。


しかし全体を通してみれば、やはり百合子さん始め、泰淳さん、大岡さん夫妻、犬のポコなどが愛おしく感じられ、武田家と共に楽しい日々を過ごした気分に浸れるだろう。


武田泰淳の作品は「ひかりごけ」を読んだ。「富士」は…どうだったかな。他は読んでいない。
大岡昇平の作品は「野火」は読んだ。「俘虜記」も多分読んだけど自信がなく、他は読んでいない。
(スタンダール著、大岡訳の「パルムの僧院」は読んでいる)。

武田百合子の作品は今回が初めてだ。


と、このように、僕自身としてはこの作品を読むまでそれほど知らなかった人々だが、
武田泰淳や大岡昇平の作品のファンなら、更に楽しめる事だろう。
知らなくてももちろん、面白い。


この作品を読んで、武田家や大岡家の日常をもっとよく知りたくなった私は、
「犬が星見た ロシア旅行」(武田百合子)や
「めまいのする散歩」(武田泰淳)、
 「成城だより」(大岡昇平)などもチェックしてしまうのだった。

 

2016年に読んだ本(随時更新)

S→味わい深く、いつまでも心に残りそうな作品

幻の女/ウィリアム・アイリッシュ……バレあり。こちらで。

黒い天使/コーネル・ウールリッチ……バレあり。こちらで。

七王国の玉座/ジョージ・r・r・マーティン……バレあり。こちらで(あまり良い感想記事にはならなかった気がする)


A→読んで良かったと思える作品

富士日記/武田百合子……感想はこちら

ヴァーチャルガール/エイミー・トムスン……ヲタクの青年が作り上げた、美少女ロボット。前半は良質な願望充足系小説と見せかけて、後半ではロボットヒロインの自立を描いた、アシモフ系統の(「アンドリューNDR114」のような)展開を見せるSF作品。何でも許してくれそうな天使のような美少女ロボットが、自立心を抱き、創造主の青年から離れ、たくましく成長していく。


王狼たちの戦旗/ジョージ・r・r・マーティン……「七王国の玉座」に始まるシリーズ作品。相変わらず面白いが、少し中だるみも。レンリーVSスタニスが一番面白かった。


暁の死線/ウィリアム・アイリッシュ……バレあり。こちらで。

クロノリス―時の碑―/ロバート・チャールズ・ウィルスン……『20年後の未来から「征服者の記念碑」が投下され、投下された都市は崩壊する』という設定が非常にワクワクさせられて面白いし、登場人物達も血が通っていて良い。久々に楽しいSFが読めた。


忘られぬ死/アガサ・クリスティ……Sに近いA。ある一人の女性の死を、六人の男女が回想する第一篇「ローズマリー」は秀逸。そこからやや失速するも、最後までミステリ・サスペンス・ドラマの三つの両輪が機能し、総じて良質な作品。容疑者候補が次々脱落していくのに、最後まで犯人が当てられなかったわ……。


パイドパイパー/ネビル・シュート……戦火の迫るフランスから、子供たちを連れて脱出を図るおじいさんが主人公の冒険物語。ハーメルンの笛吹き男よろしく、次々と道連れが増えていくのもポイント。ナチスの軍人ですら、親戚の娘を想う優しさを見せるなど、「渚にて」でも感じた事だが、シュートの作品はやはり暖かい。

ブラザーズ/ウィリアム・ゴールドマン……「人間爆弾」、「吸うと命令に従ってしまうスプレー」など、ラノベ的な要素が目白押しのアクション巨編だが、バカバカしさの中にもリアリティがあるのはさすが巨匠ゴールドマン。それにしても、ラストである。まさかメリッサが……。

テクニカラータイムマシン/ハリィ・ハリスン……倒産寸前の映画会社を救うべく、タイムマシンを使い、11世紀にタイムスリップ。現地のヴァイキングを主演男優に抜擢し、映画製作を始めるが……。気軽に読めるドタバタものだが、そこには冒険があり、ロマンがある。面白い。

幻影への脱出/ジョン・ブラナー……人口過密状態の地球で、ハッピードリームと呼ばれる麻薬が流行る。重度の麻薬中毒者の失踪が相次ぎ、捜査に乗り出した主人公はそこで恐るべき陰謀に遭遇する。丁寧すぎるためか、かなりのスローテンポが気になるものの、後半の怒涛の展開は見事。

ヴァリス/フィリップ・K・ディック……難解故に挫折者多数と言われた本だけれども、これは「解らないところはそのままにして進むべき」作品だと思う。全編が「狂人の戯言」であり、それ自体にはさほど意味はなく。それよりも、その戯言で構成された、奇妙な真実味の混じる歪んだ世界を追体験するツールとしてなかなか面白い。


夜来たる(長編版)/アイザック・アシモフ&ロバート・シルヴァーバーグ……6つの太陽が輝き、常昼の惑星において、2049年に1度、全ての太陽が落ちる「夜」がやってくる。「闇」よりも恐るべきは、夜空に輝く「星々」の光だった。もしも昼間しかない世界に夜が来たら?という問いに対して思考を突き詰めていき、一つの世界の終末を描いた本作は、「SF的な思考実験」と「ドラマ・物語」が両輪のように組み合わさった質の高い作品。
「夜」が来たことで、従来の『宇宙には惑星は6つしかない』という常識が崩れるという、概念崩壊のカタルシスが素晴らしい。


夜明けのロボット/アイザック・アシモフ……地球の刑事ベイリと相棒のロボット、ダニールがコンビを組んで事件の解決に当たるシリーズの第三弾。と同時に、「ロボット」シリーズと「ファウンデーション」シリーズの連結を試みた作品でもある。事件自体はまずまず良くできているが、前作「鋼鉄都市」、前々作「はだかの太陽」に比べればだいぶ劣る。一方で、シリーズの連結には成功しており、何度も「おぉっ」と驚いた。「アイ、ロボット」、「ファウンデーション」などを既読のシリーズ読者にはお薦めだが、アシモフ初読の方が読んでも楽しめるかは疑問。


死の猟犬(短編集)/アガサ・クリスティ……ホラー色の強い短編集。 その中で一番面白かったのが純正ミステリの「検察側の証人」だったのは皮肉だが、しかし、SFファンタジーの「死の猟犬」やホラーの「ジプシー」などもなかなか面白い。これだけ書けるなら、ミステリだけじゃなくもっといろんなジャンルの作品を書いてほしかったなと思った。

皇帝の嗅ぎ煙草入れ/ディクスン・カー……主人公に、クズな前夫にストーキングされている上に殺人犯の疑いをかけられた無実のバツイチ美女を持ってきたことで、読者は彼女に肩入れし、グイグイと読まされてしまう。個人的カーのベスト作品はこれかもしれない。

フラッシュフォワード/ロバート・J・ソウヤー……21年後の未来を垣間見てしまった人々。ある者は婚約者ではなく、別の女性と結婚する未来を見、ある者は自分が既に殺されているのを知る。未来は変えられるのか? 科学者もまた人間。ミチコをめぐる、ロイドとテオの関係性もまた良い。


ターミナルエクスペリメント/ロバート・J・ソウヤー……「自分の精神の複製を三パターン作ったところ、自分の妻の不倫相手が殺された。どうも犯人はどれかの複製(つまり自分)らしいんだが、どの複製が犯人だかわからん!」……と書くと、面白さが全く伝えられないな…… 割と複雑なSF的設定にも関わらず、場面展開が丁寧で、キャラクターにも感情移入しやすいキャラを厳選して配置しているため、安心してストーリーに入り込める。


ホミニッド 原人/ロバート・J・ソウヤー……並行宇宙からやってきたネアンデルタール人のポンターと、特定の交際相手はなく、太っていてレイプ被害に遭ったばかりの30代後半女性の心の交流が優しい、ファーストコンタクトもののSFストーリー。
 

B→暇つぶし以上の有益な何かを得た作品


ドリームガール/ロバート・B・パーカー……シリーズ後期の良作。子供を持たないスペンサーだが、「初秋」・「晩秋」に登場するポールを疑似的な息子、「儀式」、「海馬を馴らす」(未読)、「ドリームガール」に登場するエイプリルを疑似的な娘として見る事が出来る。
「初秋」での『教育』が成功し、大人として自立したポールとは対照的に、エイプリルは自立に失敗する。男を憎みながら、男を利用する事でしか「夢」を見る事が出来ないエイプリルの悲哀。「儀式」終盤でのスペンサーの『判断』は正しかったのか、悲劇は避ける事ができなかったのか。ほろ苦いながらも心に残る。



スターダスト/ロバート・B・パーカー……Aに近いB。ワガママ放題の自己中映画スターの女、ジル・ジョイス。彼女を脅かす陰から守るため、スペンサーが護衛につく。強きをくじくのは多くのハードボイルド小説でおなじみだが、弱きを助ける、その包容力はさすがスペンサーといったところ。

真紅の歓び/ロバート・B・パーカー……2作後の「スターダスト」と並び、親からの虐待を描いた作品。大胆かつ臆病なハゲたおっさんという真犯人の造形に悲哀を感じる。本作では救えなかった被虐待者だったが、「スターダスト」ではジルを救えたと考えると感慨深い。砂浜のかけっこシーンも○。

失投/ロバート・B・パーカー……既読シリーズの中では異彩を放つ、非常にバイオレンスな作品。ミッキー・スピレインばりに、悪役を射殺したりと楽しく暴力を振るう展開は、「モラル的にいいのか?」と思わなくもないが、しかしスカっとしたのも事実で、まぁ割と驚いた。

ペイパードール/ロバート・B・パーカー……ロス・マクドナルドあたりが書きそうな、「家庭の暗部」の物語。被害者一家の頭が悪すぎるのが難だが、なかなか読ませる。

晩秋/ロバート・B・パーカー……「初秋」の続編だが、別に読まなくてもいいレベル。「初秋」に出てきたポール一家の話は面白い一方、ブロス家まわりの話はさほどでもなかった。

ユダの山羊/ロバート・B・パーカー……Cに近いB。またギャング団(今回はテロリスト)との対決か…と思わなくはないものの、敵集団の中に一人、印象に残る女性キャラを入れた事で、ただの敵A、敵Bを倒す物語に堕してはいない。

虚像のエコー/トーマス・M・ディッシュ……複写された主人公が、複写された世界で繰り広げる冒険モノ……と言っていいのかな? あまり冒険はしてないけどw ラスト、複写された主人公達が複写された人妻ヒロイン達と結ばれ、それを複写された人妻の旦那が祝福するというエンディングで俺の度肝を抜いた。


乞うもの盗むもの/アーウィン・ショー……前作「富めるもの貧しきもの」の方が面白かった気もするが、本作もまた面白い。前作に登場したグレーチェン、ルドルフの姉弟と、父の復讐に燃えるウェズリー、恋に迷いテロ活動に引き入れられていくアボット。ジョーダーシュ家のそれぞれの生き様が描かれる(ストーリーを書くのが難しい話ですね)


ハートの刺青/エド・マクベイン……連続殺人鬼を、口の利けない美女テディが尾行する、ラスト30ページの緊迫感はなかなかのもの。主人公格であるキャレラも格好良いし、このシリーズの中ではおすすめの部類。


被害者の顔/エド・マクベイン……謎に包まれた被害者アニー・ブーンの存在が印象深い良作。↑の「ハートの刺青」に比べると少し落ちるか。コットン・ホースのノック事件は面白い(面白がって良いのかはわからないが)


料理長が多すぎる/レックス・スタウト……「アメリカの陪審員は男性しか務めることができない」という1930年代に書かれた一作。ラストのバッドエンドはある意味衝撃。社会派小説として男女差別を訴えた作品、というわけでもなさそうなのだが、結果的にそういった側面を持つ有益な一作に仕上がったのではなかろうか。胸糞だけど。


ノーストリリア/コードウェイナー・スミス……Cに近いB。ごくごく普通の冒険モノという印象。猫娘美少女のク・メルとか、自分が望む1000年分の夢を一瞬で見られる薬とかは良かったけど。


マギンティ夫人は死んだ/アガサ・クリスティ……過去の殺人を下敷きにした事件にしては、盛り上がりに欠けるかなぁ。序盤のポワロはいつになくシリアスな雰囲気で新鮮な感じがしたけれど、途中からは良くも悪くもいつものポワロに。

ヘラクレスの冒険(連作短編)/アガサ・クリスティ……適度に面白く、あくまでも適度になのであまり語る事がないな……。字が大きいとはいえ、560ページを1日かからずに読めちゃったので、退屈はしない。暇つぶしにどうぞ。

小鬼の居留地/クリフォード・D・シマック/「優しさと寂寥に満ち、人間の友達が少なく、代わりに異種族の友人が多い」。これまで読んできたシマックの作品にはそんな作品が多かったが、本作は「優しさに満ち、人間の友達が少なく、異種族の友人が多い」までは合っているものの、小鬼やサーベルタイガー、おばけ、車輪人に竜などの愉快な登場人物がワイワイやっていて、ほのぼのとした楽しさを感じる。↓の「マストドニア」よりは上。



マストドニア/クリフォード・D・シマック……「郷愁」、「牧歌的なやりとり」、「異星人」、「庶民(どちらかと言うと弱者)への暖かな視線」といったシマック特有の良さ、温かさは本作でも健在なためシマックファンならそれなりに楽しめそうだが、同著者の『都市』や短編集『愚者の聖戦』、『中継ステーション(の前半部)』のような、身を引き裂かれるような郷愁や、胸にこみあげるような暖かさと比べると、どうしても鮮烈さは薄い。

ウィジェットとワジェットとボフ(短編集)/シオドア・スタージョン

叛逆航路/アン・レッキー……劣化「闇の左手」。ルグィン的フェミ二ズム視点は面白いが、本家ルグィンに比べれば物足りないし、物語の本筋も別になぁ……。

流れ星をつかまえろ/ジョン・ブラナー……300年後に地球が滅亡すると知った主人公は、星を救うため旅立つ。という話なんだけど、このあらすじに反して、自分の求める夢を追いかける男女の清々しい冒険物語の様相。名作とかではないけど、気軽に読めて元気になれる良作冒険ストーリー。まぁ、最後の唐突な謎解きといい、B級くささ全開ではあるが、それもまた良し。


時間封鎖/ロバート・チャールズ・ウィルスン……「人間ドラマもSFも楽しめる」作品だと思うんだけど、個人的にSF部よりも人間ドラマ部の方が面白かったし、その人間ドラマ部も、印象としてはSF部の添え物というか、帯に短したすきに長しな印象を受けた。悪くはなかったんだけど。

別れの顔/ロス・マクドナルド……

フランクフルトへの乗客/アガサ・クリスティ……クリスティ作品の中では「ビッグ4」と並んで特に評判の悪い作品だけど……お薦めはしないものの、思ったほどつまらなくはなかった。1930年代に書かれたクリスティ作品の大半はこれよりもつまらないと思うぞ。

ユダの窓/ディクスン・カー……「カーは読みにくい」という思い込みが僕の中にはあるのだが、新訳のおかげか、
この作品は読みにくくはなかった。法廷闘争に読みごたえがあり、エンタメとして面白かったが、謎解き自体は特に興味はなく。なので、カーを再評価というよりは、この作品が例外なだけかもしれないが、まぁ楽しめた。

曲がった蝶番/ディクスン・カー……本物のファーンリーはどちらかという謎で引っ張り、真犯人の供述で締めくくる。タイタニック号での死闘は読みごたえがあったし、主を想うノールズ老人の気持ちには感動させられた。

読者よ欺かるるなかれ/ディクスン・カー……相変わらずの手品趣味であるカー作品だが、本作はその手品趣味にきちんとしたメッセージ性があったので白けずに読めた。近年のバカッターを思わせる「俺が人殺します!!証拠はないからねwww 逮捕できないでしょww」からの、「逮捕します」「なんでェェェ!!」な展開も笑えた。


貴婦人として死す/ディクスン・カー……全然貴婦人じゃないし、犯人にもあまり同情できないのにH.Mが犯人に同情的だったのは謎だったけど、一つの話として面白かった。戦争の影が濃い作品で、人間ドラマとしての陰影が濃い。若者たちの恋愛事件ではあるが、三人の老人の存在・視点が、物語を印象深くしていると思う。


帽子収集狂事件/ディクスン・カー……中盤まではつまらなかったけど、後半になるにしたがって面白くなった。ただ、真犯人を追い詰めるために、疑惑をかけられた人物が自殺しているんだが、それについてのフォローはなしでいいのか?

一角獣の殺人/ディクスン・カー……「ユダの窓」でも思ったんだけど、無実の主人公に濡れ衣が着せられ、それを晴らすという展開は熱い。しかし、濡れ衣が無事晴れてからは、誰が犯人でも割とどうでも良かったりした。普段、空気でしかない語り手のケンが今回は大活躍。ヒロイン、イブリンとも結ばれるので、そこは良かった。


ビロードの悪魔/ディクスン・カー……割と面白いんだけど最後が不満。歴史を変えた……っていうほど歴史を変えられてないような。結局リディアを救えなかった時点で……っていう。メグの処理も微妙だし、ラスボス格のキャプテン・デュロックも単なる小物だし。シャフツベリー卿やキティを倒すのならまだしも、こんな雑魚と一騎打ちしてもなぁ。まぁでも面白いは面白かった。


黒いカーテン/コーネル・ウールリッチ……「ある朝気づくと3年間の記憶が亡くなっていた」→「主人公を狙う怪しげな男が登場」→「奥さんとのつかの間の再会と別れ」→「記憶のなかった3年間、主人公の恋人だった女性の登場」と、面白くなりそうな要素たっぷりだったんだけど、肝心の謎は1つ。しかもその謎はあっさり解決しちゃうし、記憶喪失中恋人だった女性と現実の奥さん、2人の間で揺れ動いたりも全くしないし……微妙。

喪服のランデヴー/コーネル・ウールリッチ……↓の「黒衣の花嫁」とほとんど同じストーリーなんですけど……。殺人者の心理描写が増加して面白みが増したものの、まだまだ足りない。というか、全編殺人者視点で書いてほしかった。最後、警官の対応も謎。もうターゲット全員殺し終えて危険人物じゃなくなってるんだし、普通に捕まえりゃいいじゃん。




C→暇つぶし程度にはなった作品


ダブルデュースの対決/ロバート・B・パーカー……名脇役でもあるホークが大活躍する回。人気キャラだという彼の良さが今までイマイチわからなかったけど、今回のホークは確かに格好いい。
スペンサーとスーザンは同棲を始めるも失敗。しかし、同棲を失敗して別居に戻っても変わらずラブラブなのは良い。この割り切り(一緒に住むのを目指す事だけが恋愛じゃないし、結婚を目指す事だけが恋愛でもない)は(あまり読んだことがないから解らないけど)日本の作品にはあまりないんじゃないかなって。
個人的にはそういう恋愛の形があっても全然いいと思う。
 

悪党/ロバート・B・パーカー……養子をとりたいスーザンと、養子を取りたくないスペンサー。そこに、養子がらみの事件が2つ勃発する(1つはどうでもいい事件だけど)。
そんなこんなで、やっぱり養子なんて取るのをやめよう、と二人は合意をしたのであった。後発作品と比べちゃかわいそうだけど、たとえばジョン・ハートの作品群と比べると相当見劣りする。

告別/ロバート・B・パーカー……事件そのものは結構面白いんだけど、主人公スペンサーがそれに関わる動機が理解不能なので、他人事のように感じてしまう。しかし事件そのものは面白いので、事件の真相がひもとかれていくラスト30ページは結構楽しかった。

虚空/ロバート・B・パーカー……

儀式/ロバート・B・パーカー……

キャッツキルの鷲/ロバート・B・パーカー……

冷たい銃声/ロバート・B・パーカー……
 

黒衣の花嫁/コーネル・ウールリッチ……真相が解るまでがダラダラしすぎだし、真相自体も「うーん……」。
これが書かれた1940年当時は、やっぱり「結婚式は教会で!」というものだったのかもしれないけど、現代に生きる私としては、「別に結婚式をやる必要もなくね?」というのが率直な感想であり、
『マフィアに命を狙われている』状況でのこのこと『教会で結婚式を挙げた』らそりゃ殺されるよね……としか思えなかった。

暗闇へのワルツ/ウィリアム・アイリッシュ……救いようのない脳みそお花畑男が、悪女に金も命も奪われる話。
悪女がもう少し魅力的なら…、あるいはもう少し悪だくみをうまくやれるなら良かったかもしれないけど、こんな悪事が見えッ見えで、全然かわいくない悪女に金も命も捧げる愚かな男の姿を490ページも見せられても辛い。
 

鼠と竜のゲーム(短編集)/コードウェイナー・スミス……エヴァンゲリオンファンとして、ネタ元(名前がパクられただけだが)となった「人類補完機構」シリーズは読まねばとは思っていた。猫が活躍する編が全体的に多い印象で、ところどころ面白い編もあるが、全体としては期待外れ。

腰ぬけ連盟/レックス・スタウト

マクベス夫人症の男/レックス・スタウト

旋舞の千年都市/イアン・マクドナルド……トルコの街の風俗描写は面白かった。それ以外は別に……。

亡霊星域/アン・レッキー

プリンセスブライド/ウィリアム・ゴールドマン

ビーストマスター/アンドレ・ノートン

跳躍者の時空(短編集)/フリッツ・ライバー

たんぽぽのお酒/レイ・ブラッドベリ……ブラッドベリは大好きな作家だけど、これはイマイチのれなかったなぁ。文章はさすがに美しいけど、筋の方が。

鏡よ、鏡/スタンリー・エリン……精神を病んでいる主人公が、不条理な裁判にかけられるうちに、事件の全貌が見えてくるというお話。なるほど、とは思うんだけど、面白いかどうかはまた別なのと、まぁ割とよくあるタイプの話なんだよね……。


囁く影/ディクスン・カー……↓の4つよりは面白かった。三角関係モノなんだけど、男を惹きつける美女の魅力がイマイチ伝わってこなかったのが残念。

プレーグコートの殺人/カーター・ディクスン

三つの棺/ディクスン・カー……地中に埋められた三つの棺。兄に見捨てられ、生き埋めにされた弟が九死に一生を得、20年後復讐のために姿を現す……という舞台設定はとても面白い。事件自体は、まぁ……。

赤後家の殺人/カーター・ディクスン……中盤までの歴史ホラーっぽい展開は非常に面白かったんだけど、ミステリ的種明かしが、言ってはなんだがつまらなすぎる。こんなことなら、ミステリとして解決せず、怨念漂う歴史ホラーのままで良かったのでは?

火刑法廷/ディクスン・カー……ミステリと見せかけて実はホラー、ということで、物語の様相が二転三転するところが面白いんだけども、肝心の物語をもう少し面白く語ってくれないと……。

夜歩く/ディクスン・カー

震えない男/ディクスン・カー

魔女はよみがえる/ディクスン・カー……事件自体も無茶がありすぎだし、キャラクター描写は冴えないし……。

連続殺人事件/ディクスン・カー……主人公とヒロインの恋愛模様がユーモラスで楽しいので、そんなにつまらなくもないんだが、肝心の事件の方は割とどうでも良かった……。



D→自分には合わなかった作品

ヴェニスへの密使/ヘレン・マッキネス

白い僧院の殺人/カーター・ディクスン……外で不倫をしていた悪女(同性からも恨まれている)が夫に殺される……という話なんだろうけど、キャラクターが全く活き活きしていない。そのため、大して悪女にも見えないし、探偵のヘンリー・メリヴェールが犯人に同情しているのも意味不明。不倫はいかんが、殺すこともないでしょ。
そこで夫の妻への偏愛ぶりとか、妻の悪女っぷりを際立たせて、「やっぱり許せん! なんて女だ!」とさせてくれないと……。


緑のカプセルの謎/ディクスン・カー……犯人はわかりやすく、ストーリーは起伏に乏しく、訳は悪い。マーカス・チェズニイを『マーカス』と書いたり『チェズニイ』と書いたりするの、やめてほしい。
マーカスの弟のジョウ・チェズニイも、『チェズニイ』表記なので無駄に混乱する。


キャンプコンセントレーション/トーマス・M・ディッシュ……Dというか、Eというか測定不能。何が書かれてるんだかさっぱりわからん。頭の良い教授が酔っぱらってくだを巻いているのを延々読まされてる気分。
  




備忘録 ヒューゴー・ネビュラ・ローカス長編部門

備忘録的に、ヒューゴー、ネビュラ、ローカス(SF部門)の長編リストを書いてみる。

既読は赤字未読だけどほぼ確実に既読する予定なのは斜体A評価以上のお気に入りは赤太字
()内はつぶやきです。


英字は、読んだ「お気に入り度」。S~D評価です。

「お気に入り度」であって、「普遍的な面白さ」ではないこと、
僕は「生粋のSFファン」ではなく、文系脳(理系わからん)なため、
『物語・ドラマ』としてSFを読む傾向にあることも強く言っておきます。
(ファンを敵に回したくない……)

要は、自分が後で見たときに振り返れるようにというのと、
読者の方に「こいつはこういう作品が好きなのね」と知ってもらえればいいかなと。

リストはWikipedia丸写し。
作者名は本来入れるべきなんですが、手間が単純に二倍に膨れ上がったので割愛。ごめんなさい。


なお、賞受賞=面白さ、だとはこれっぽっちも思っていません。
現に僕の好きな作家はあまり賞をとっていないので……。
にも関わらず、やはり受賞作品は気になるというw

せっかくなので、ヒューゴー・ネビュラ・ローカスを軸に、
世界幻想文学大賞、キャンベル記念賞、英国SF協会賞、クラーク賞、ディック賞も補足として追加。
(世界幻想文学大賞はともかく、SF系の賞ってめっちゃありますね。どの賞が凄いんだかよくわからん……)

 
1953~1965はヒューゴー賞のみです。

1953  「分解された男」 B+ (同じベスタ―の「虎よ、虎よ」よりもとっつきやすいと思う)
1955  「ボシィの時代」
1956  「ダブルスター」 D   
1958 「ビッグタイム」 
1959 「悪魔の星」
1960 「宇宙の戦士」 B (右翼的な作品、らしいけど、どちらかというと左な僕が読んでも楽しめました)
1961 「黙示録3174年」
1962 「異星の客」 
1963 「高い城の男」 C-(フィリップ・K・ディックなら「ユービック」と「スキャナーダークリー」が好み)
1964 「中継ステーション」 B+ (シマックなら「都市」が最高に好きです。本書は後半の失速さえなければ)
1965 「放浪惑星」  (ライバーは「魔の都の二剣士」が好きですね)



1966~1970はヒューゴー・ネビュラのみです。

1966 ヒ・ネ 「デューン 砂の惑星」 C-

1967 ヒ「月は無慈悲な夜の女王」 D(ハインラインは「ラモックス」みたいな、小動物を描いた作品が好き)
    ネ「バベル17」 
    ネ「アルジャーノンに花束を」  (あまりに有名で今さらですが、いいものは良いです)


1968 ヒ「光の王」 
    ネ「アインシュタイン交点」 D(ディレイニーは許してくれ……読解力のない俺には良さがわからん……)

1969 ヒ「未訳」
    ネ「成長の儀式」

1970 ヒ・ネ「闇の左手」 B

ここからローカス賞登場。

1971 ヒ・ネ・ロ「リングワールド」 

1972 ヒ「果てしなき河よ我を誘え」 D(ファーマーは「恋人たち」が大好き。でもこの作品は正直駄作だと思う)
    ネ「禁じられた惑星」 C+
    ロ「天のろくろ」(ル・グィンはそこそこ好きなので読むかも)

1973 ヒ・ネ・ロ「神々自身」 B-(「永遠の終わり」とか「鋼鉄都市」「はだかの太陽」とかが大好き。なぜこれ?)

1974 ヒ・ネ・ロ「宇宙のランデヴー」 D *英国SF協会賞、キャンベル記念賞受賞

1975 ヒ・ネ・ロ「所有せざる人々」 C

1976 ヒ・ネ・ロ「終わりなき戦い」 C(トリプルクラウンが続きますねぇ。リスト作るのは楽ですが)

1977 ヒ・ロ「鳥の歌いまは絶え」(これ、読みたいんだけどサンリオSFで読めない!)
    ネ「マンプラス」 B+(同著者の3冠作品「ゲイトウェイ」よりも、本書の方が遥かに好き)

1978 ヒ・ネ・ロ「ゲイトウェイ」 C *キャンベル記念賞受賞

1979 ヒ・ネ・ロ「夢の蛇」 B

ここからローカス賞が2つに分かれます。便宜上SF部門のみ書きます。
ヒューゴー・ネビュラ賞とローカス賞ファンタジー部門が被った時だけ、『ロファ』表記をつけておきます。
また、ネビュラ賞は大幅に集計期間が違うみたいです。


1980 ヒ・ネ「楽園の泉」 C- (クラークは「都市と星」とかが好きなんだけどなぁ。「ランデブー」や「楽園」はあまり)
    ロ「ティーターン」

1981 ヒ・ロ「雪の女王」
    ネ「タイムスケープ」 C-

1982 ネ・ロファ「調停者の鉤爪」(「警子の剣」も、翌年ローカス賞ファンタジー部門受賞)
    ヒ「ダウンビロウステーション」
    ロSF「多彩の地」

1983 ヒ・ロ「ファウンデーションの彼方へ」 B-
    ネ 未訳

1984 ヒ・ネ・ロ「スタータイドライジング」 

1985 ヒ・ネ「ニューロマンサー」  *ディック賞受賞
    ロ「インテグラルツリー」 

1986 ヒ・ネ「エンダーのゲーム」 A
    ロ「ポストマン」 B- *キャンベル記念賞受賞

1987 ヒ・ネ・ロ「死者の代弁者」 A-(オーソン・スコット・カード、二作続けて気に入りました)

1988 ヒ・ロ「知性化戦争」 A
    ネ「落ちゆく女」

1989 ヒ・ロ「サイティーン」
    ネ「自由軌道」 

1990 ヒ・ロ「ハイペリオン」  
    ネ「治療者の戦争」

1991 ネ・ロファ「帰還―ゲド戦記最後の書」(実はゲド戦記は3巻途中で止まってる。いきなりこれ読んでもなぁ)
    ヒ 「ヴォルゲーム」 B-
    ロSF「ハイぺリオンの没落」  B- *英国SF協会賞

1992 ヒ・ロ「バラヤー内乱」 B+
    ネ「大潮の道」 

1993 ヒ・ネ・ロ「ドゥームズデイブック」 A-
    ヒ「遠き神々の炎」  B

1994 ヒ・ロ「グリーンマーズ」  
    ネ「レッドマーズ」 C *英国SF協会賞 (同じシリーズですが、ネビュラだけレッドなんですね)

1995 ヒ・ロ「ミラーダンス」 B-
    ネ「火星転移」

1996 ヒ・ロ「ダイヤモンドエイジ」 C+
    ネ「ターミナルエクスペリメント」 B+

1997 ヒ・ロ「未訳(ブルーマーズ)」(レッドとグリーンは訳したのに、なんでこれだけ未訳やねん)
    ネ「スローリバー」
 
1998 ヒ・1999ネ「終わりなき平和」 C *キャンベル記念賞受賞
    ネ「太陽と月の妖獣」(1998年のネビュラ賞はこちら。1999年のネビュラ賞が「終わりなき平和」)
    ロ「エンディミオンの覚醒」 (「エンディミオン」、まで読んで気に入れば)

1999 ヒ・ロ「犬は勘定に入れません」 
    ネ 1998年参照(「終わりなき平和」)

2000 ヒ「最果ての銀河船団」 A *キャンベル記念賞受賞
    ネ 未訳
    ロ 「クリプトノミコン」

2001 ヒ「ハリーポッターと炎のゴブレット」 B(「アズカバンの囚人」はローカス賞ファンタジー部門受賞)
    ネ 「ダーウィンの使者」(グレッグベアは「ブラッドミュージック」が好きだった。こちらも読む?)
    ロ「言の葉の樹」 D
 
2002 ヒ・2003ネ「アメリカンゴッズ」 C
    ロ「航路」 B
 
2003 ヒ「ホミニッド―原人―」 A-
    ネ2002年 参照(「アメリカンゴッズ」
    ロ 未訳

2004 ヒ・2005ネ・ロファ「影の棲む城」 B+
    ネ「くらやみの速さはどれくらい」 B
    ロSF「イリアム」 B+

2005 ヒ「ジョナサン・ストレンジとミスターノエル」 *世界幻想文学大賞 D
    ネ 2004年参照(影の棲む城)
    ロ 未訳

2006 ヒ「時間封鎖」 B
    ネ「擬態―カムフラージュ―」 B+
    ロ「アッチェレランド」

2007 ヒ・ロ「レインボーズエンド」  D
    ネ「探索者」

2008 ヒ・ネ・ロ「ユダヤ警官同盟」 C

2009 ヒ 「墓場の少年―ノーボディ・オーエンズの奇妙な冒険―」
    ネ「パワー」
    ロファ 「ラウィーニア」(ロSFは未訳なのでこちらをとりあえず紹介。ル・グィンなので読むかも)

2010 ヒ・ネ「ねじまき少女」 D *キャンベル記念賞受賞
    ヒ・ロファ「都市と都市」  *世界幻想文学大賞、クラーク賞、英国SF協会賞 C+

2011 ヒ・ネ・ロ「ブラックアウト」「オールクリア」 B+

2012 ヒ・ネ「図書室の魔法」 A
    ロ「言語都市」
 
2013 ヒ・ロ「レッドスーツ」
    ネ「2312――太陽系動乱――」

2014  



以上です。
1950~70年代のSFは賞とか関係なく、そこそこ読んだつもりです(無論、読書家の方には負けますが)。
1980年代~現代まで、まずは賞を中心に読みながら、話題作や気になった作品など
外堀りを埋めるように読みたいんですが、こうして見ても先は長いですねぇ。
賞を取らずとも、オールタイムベストSFに名前が上がらずとも、面白い作品はきっとたくさんあって、
それらに出会えるぐらいアンテナを高めたり、数多く読む余力があるかどうか。

SF以外にも、恋愛小説、ホラー小説も大好きだし、ミステリや純文学、ラノベなどなど、ジャンルは山ほどあるしなぁ……。
もちろん読書以外にも、ゲーム、映画、テレビドラマ……キリがないのでやめよう。 

昨日の「セカイ系」云々と「君の名は」のお話(ネタバレあり)

この記事は、ある一定期間が経てば消すかもしれません。
元々Twitterでやろうと思ったんですが、あまりに長くて連ツイになってしまうので、文字数制限のないブログに書きました。
ただ、別に長く残しておきたいものでもないので、ある程度の方……最悪キバヤシさんに届けば(あるいは、キバヤシさんに興味がない事がわかれば)それで十分なのです。
以下、Twitterで書いた文章になるので、ブログに載せるレベルの文章にはなっていませんが、
(要は殴り書きのまま)、とりあえずそのまま載せておきます。

キバヤシさんのブログ記事はこちら。(こちらも、「君の名は」のネタバレがあります)

↓以下、Twitterに書こうとした文章をそのまま。



ちなみに、僕が昨日セカイ系についてあーだこーだ言ったのは、元々atakさんが
「見た範囲で『君の名は』の6割ぐらいの感想(後に、3割ぐらいかもと訂正。どちらにしろ多い)が、セカイ系という単語を含んでいる」というツイートに疑問を持ったのが一番大きくて、
キバヤシさんの「爽やかセカイ系」というツイートへの反発は大してなかった事を先に書いておきます。
ただ、atakさんのツイートでモヤモヤしていたところに、キバヤシさんのツイートを見たので、そのタイミングで連ツイしたのは確かです。その辺の慎重さに欠けたため、少し誤解をさせてしまったかもしれません。
あの連ツイは、キバヤシさんへの攻撃ではないつもりです……。


個人の感想は個人の感想で良いんですよ。
でも3割もの人がそう言ってるなら、それはどうなのかなぁっていう事です。
ここからは、キバヤシさんに(直接ではないものの、恐らく)反応をいただいたと思うので、それに絡めての話をしますね。


僕がキバヤシさんの感想に引っかかったのは、「セカイ系」という単語を『肯定的に』使っているように、『誤読』したからです。
 
キバヤシさんは「『君の名は』良かったよ」→「見終わった直後は良かったと思ったけど、脚本適当じゃね?」→「『君の名は』は、爽やかセカイ系」というツイートをなさっているんですが、(僕がfavしているにも関わらず!)「脚本適当じゃね?」が記憶になくて、「爽やかセカイ系で良かった」という風に誤読したのが要因です。
 
僕は「セカイ系」という単語は、冷笑的なニュアンスを持つ、分析的な単語だと勝手に思っているので、「好きな作品は、『でも、これってセカイ系だよね:笑』」みたいな事を思わずに、素直に楽しめばいいのになぁというお節介心によるものです(厨二作品、という単語でも多分同じ反応を示します。ただし、僕が厨二作品を気に入ることはあまりない→どうでも良い作品に対しては、あまり反応しないかもしれません)。
 
 
で、キバヤシさんのTwitterと、新しく書かれたキバヤシさんのブログ記事を読ませていただいた結果、
「セカイ系という単語を、否定的に使っていた」事が解ったので、疑問は氷解しました。
僕の引っかかりはほぼ取れた事を書いておきます。


キバヤシさんの仰る「セカイ系」の感覚と、僕の考えている「セカイ系」の感覚はそこそこズレているわけですが……ズレているというよりは、キバヤシさんの方がより広い範囲の作品をこの定義に含めていると言った方が良いかな。
凄くテキトーな事を言えば、僕が「ブス」と言った時には10段階で1~3の人をさすけど、キバヤシさんは4までをさすのかな、ぐらいのズレ。
僕の定義が正確か、キバヤシさんの定義が正確か、というお話は僕はあまり興味のないところですし、知識もないためにここでは触れません。


キバヤシさんはブログで「近傍世界のリアリティに比べ、外界のリアリティの希薄さが異常」と仰っていて、これを表したのが「セカイ系」という単語だという論旨です(よね?)。
 
その理由として、近傍の「学園生活とバイト」は語られているけど、外界の「友人関係、バイトの先輩、時間のずれ、彗星、父親との軋轢」は描かれていない。
「いまだに愚直にセカイ系をやっている」。「成功しているとは言い難いが、一応、外界を描写しようとした形跡は見られる」とも仰っています。
 

僕としては、同意でもあり、不同意でもあります。
まず最初に、僕は友人関係はあんなものだろうし、むしろ彗星は時間を割きすぎだと思っています。
一方で、時間のずれに対するアプローチは非常に稚拙で、ここはキバヤシさんと同意見。
にも関わらず、その時間のずれを主軸に物語が展開するため、ブレブレな軸に寄り掛かっている物語、という印象を受けました。完成度が低いと僕がTwitterで書いたのは、その辺りもあります。
記憶の消失とかのメカニズムも、随分といい加減よね。ファンタジーならそれでもいいんですが。
父親との軋轢も、もう少し丁寧に描くべき内容ですが、まぁこれはこれでいいかな。


バイトの先輩の描写も、もう少し丁寧に描いてくれると奥寺先輩が好きだった僕は喜びますが、これもまぁこれでいいかな。ただ、奥寺先輩がなんで瀧くんについて旅行に行ったのかは謎。
奥寺先輩との親密な関係は、こないだのデートで崩れたんじゃ……っていう。それともあの旅行でワンチャンあったんだろうか。


というのが僕の感想です。ついでに言うと、「SF要素」以外の内容は、これは「外界」なのかなぁという疑問もあります。「友人関係、バイトの先輩、父親との軋轢」は個人的には十分「近傍:パーソナル」なお話だと思っているので。役所での「父親との対決」まで行けば、一応「外界」の話なのかなぁ。

「時間のずれ」と「彗星」は、SF要素の話ですが、これも僕の考える「外界」とは少し違います。
「彗星」が来るとなんで時間がズレるのか、なんで入れ替わるのかという原因・結果の部分。
これは「SF」ならきちんと描いてほしい部分ですが、僕は「SF」にこだわりはないので、「ファンタジー」だと思えばまぁこれは良いです。
ただ、↑でも書いたとおり、主人公たちが時間のずれに気づかないのは多少問題ですが。


僕が考える「外界」というのは、糸守町の産業であるとか、宮水神社の後継者問題とか、あるいは糸守町の役場への交渉とかそういったところの話でしょうか。
これらは詳細に語られているわけではありませんが、ある程度は語られており、特に僕は問題だとは思いませんでした。


僕としてはそれよりも、「彗星」とかはどうでもいいんで、「入れ替わり人間ドラマ」の部分にもっと時間を割いて、
もっと自然な「恋愛」を見せてほしかったなと思いました。
入れ替わりドラマは面白いけど、あれだけだと恋愛が生じるのはちょっと無理があるように思います。
もっと丁寧に入れ替わりドラマを描いてくれると、良かったですね。
全編入れ替わりドラマで、彗星とかない方が良かったようなw
僕はこの作品は、「出会うはずのなかった二人が、入れ替わりによって出会う、恋愛ストーリー」だと思っているので。
彗星寄りにフォーカスするなら、「歴史改変SF」となるのでしょうが、それならもっときちんと作ってほしいというか。
一方で、「恋愛ストーリー」として見ると、「彗星騒動」は『二人が頑張って乗り越えた障害の一つ』の域を出ていないので、それはそれでいいけど、あんなに時間を割いてやるほどのものでもないです。
そんなものよりは、奥寺先輩と瀧くんの関係とか、三葉とてっしーともう一人(名前忘れた)の関係とか、
入れ替わりによってそれらがどう変化するのかとか、そういう話の方が大事じゃないのかな。

確かに、「大きな障害を二人で乗り越える」というのは恋愛ドラマとしては大いに盛り上がる部分ではあるんですけど……元々の恋愛描写が少なすぎるので、大きな障害も空回りしているというか。
あの程度の入れ替わりエピソードじゃ、説得力のある恋愛はなかなか生まれないと思うなぁ。

(実際の恋愛は、ひとめぼれとかもありますんで、時間の長さは関係ないと思っています。
ただし、恋愛作品として、見ている人がその恋愛に納得できるかどうか、のっていけるかどうかはまた別かなと)



さて、この作品は「セカイ系」なのでしょうか? それは僕にはよくわかりません。
キバヤシさんの仰る「近傍」と「外界」についても、解るような解らないような感じです。
ただ、『リアリティの希薄さ』は確かだと思います。


僕としてはこれは、単に「リアリティを詰められなかった、完成度の低い」作品だと思います。
それは、1時間40分(だったよね)の映画の尺の問題があって、
その中で「入れ替わり恋愛」と「歴史改変SF」の2つの要素を無理やりねじこんだ上、そのバランス配分を間違えているからだと思います。

歴史改変部分を大幅になくせば、入れ替わり恋愛としてのリアリティはもう少し出せたと思います。
本来出会うはずのなかった二人が入れ替わりによって、お互いの生活を知り、お互いを知る。
けれど、そのうち入れ替わりの頻度が少なくなって……という話で十分、切ない恋物語は書けます。

入れ替わり恋愛をなくして、「歴史改変SF」をみっちり描くなら、それはそれでアプローチを変える必要があると思います。

 
「エヴァ」は、一人の少年の物語なので、シンジ君の視点で考えれば、世界の秘密を全て知っていたらおかしいです。別にゲンドウ視点とかで秘密を語ったっていいわけですが、シンジ君の物語の面白さには直接貢献しません。

「サイカノ」も「イリヤの夏」も、戦地に向かう少女を見守る純愛ストーリーなので(……だったよね? 「サイカノ」は10年以上前にアニメを見ただけなんであやふやなんだけど) 、やはり世界の秘密を全て知っていたらおかしいです。
こちらも、別視点で秘密を語ったっていいわけですが、彼ら彼女らの純愛ストーリーの面白さには何らプラスにはならないわけです。
どちらも、主人公たちの立場は「兵士」であり「庶民」であって、「司令官」ではありません。
「ハルヒ」は1巻しか読んでないから語れないっす。そもそもセカイ系という認識すらなかった。


で、この「君の名は」も、主人公たちは天文観測者でもなければ政治のトップでもないので、「彗星」の秘密のような、世界の秘密を全て知るのは無理です。
さらに言えば、「入れ替わり純愛ストーリー」が描きたい場合は、何らプラスにもならないわけです。


必要のない情報は別に入れない、これは「セカイ系」とかなんとか言わなくても、普通の事だと思います。
それこそ「ドラえもん」とかだって、22世紀の秘密道具が産業界に与える影響とか、そういったものは全然書かれてないけど、別にそれでいいわけで。
僕の「セカイ系」の知識が乏しいので変な事を言っているかもしれませんが、
物語の要請に合わせて世界観というのは作ればいいし、それに合わせて出していけばいいだけなので、
「面白さに関与しない」世界の細部まで作りこむ必要はないわけです。
いや、作りこめるなら作りこんでほしいですけど、作中で出す必要はない…ぐらいにしておこうかな。


「エヴァ」あたりからセカイ系という単語がもてはやされだした気がするんですけど、割と普通じゃないですかね。

たとえば旧き「高慢と偏見」だって、当時のイギリス情勢について、
「ナポレオン戦争」とかがあって大変だったはずですけど、全然触れていませんよね。
主人公たちの恋愛事情にも、大きな影響を与えている出来事だと思うんですけども。


ただし、「君の名は」は入れ替わり恋愛ストーリーとしてのリアリティが薄い。これは正直ちょっとまずいですね。
もっと作りこんでほしいです。
だから、「セカイ系」というフレーズで、エヴァとかとは一緒にしないでほしいなぁと思いました。 


キバヤシさんは、「いまだに愚直にセカイ系をやっている」。「成功しているとは言い難いが、一応、外界を描写しようとした形跡は見られる」と仰っているわけですが、
僕は「一応、外界を描写しようとした形跡は見られるが、うまくいっていない」だけであって、それは「愚直にセカイ系をやっている(セカイ系という物語構造に従って、愚直に物語を作っている)」のとは、
またちょっとニュアンスが違うんじゃないかなぁという。


そんなふうに思いました。
もっとも、↑でも書きましたように、僕が「セカイ系」という単語について知悉しているわけではないので的外れな事を書いているかもしれませんが……。


このやりとりによって、あおいひとさんからはより詳しいセカイ系のお話をいただき、本まで紹介していただきました(読むかどうかは約束できませんが……すみません)。
また、こうして、ブログでは書くつもりのなかった「君の名は」の感想を書く事もでき、良い機会となりました。

良い機会を与えてくださった、atakさん、キバヤシさん、あおいひとさんに感謝しつつ
記事を終わらせたいと思います。

 

「七王国の玉座」読了(バレあり。続編のネタバレはナシ)

著者はジョージ・r・r・マーティン。評価は A+


「ゲームオブスローンズ」の名前でドラマ化もされた、大長編ファンタジー小説「氷と炎の歌」シリーズ。
全7巻予定で、現在5巻までが刊行。本作はその第1巻ということになります。


……第1巻だけで1500ページぐらいあるんですけど……。
 

このページ数にいきなりビビってしまう方も多いと思うので、そんな方にお薦めしたいのが、まずドラマ版を見てしまうこと。ツタヤかなんかで1巻(1話と2話収録)を借りて、お試しで見てください。ハマる人は絶対ハマると思います。
僕はドラマ版から入って、今回原作本を読んでいますが……まぁ、確かに原作本の方が出来が良いと思います(A+)。
でも、ドラマ版もA評価はあげられる、素晴らしい出来だと思います。


とりあえず予告編を貼っておくので、是非!見てください!



さて、予告編とドラマの2話までを見ていただければそれで十分なんですが、それで済ませちゃうのもなんなので、本作をざっと紹介しますと……


広大な七王国ウェスタロスを支配する王、ロバート・バラシオン。その右腕、ジョン・アリンが病死した。
アリンの後継者として、ロバートは親友のネッド・スタークを呼び寄せる。
だが、ロバートの妻である王妃、サーセイ・ラニスターは、双子の弟ジェイミー・ラニスターと不倫関係にあり、
それを目撃したネッドの息子ブラン・スタークの殺害を目論んでいた。
ロバートの息子とされる、次期王位継承者ジョフリー・バラシオン。
ラニスターの不倫は、ジョフリーの王位継承の正当性に疑問符がつけられる大スキャンダルに発展しかねない。
一方、ネッドの妻、キャトリンはブラン襲撃をラニスター一族の一人、ティリオン・ラニスターの企てと考え、
ティリオンを拉致。
スターク家とラニスター家の緊張が高まり続ける中もたらされたのが、王、ロバートの死だった。
後を継いだのは、サーセイとジェイミーの息子、ジョフリー・バラシオン。
彼は前国王の右腕、ネッド・スタークに謀反の罪を着せて公開処刑を行い、新たな右腕としてティリオン・ラニスターを指名。
王ジョフリーを太閤のサーセイと叔父のティリオンがサポートする……
ここにラニスター家の王位簒奪が完成した。

しかし、ロバートの死とジョフリーの即位は、戦乱の口火を切ってしまう。
ジョフリーに復讐心を抱くスターク家の長男ロブ・スターク。
前王ロバートの二人の弟、レンリー・バラシオンとスタニス・バラシオン。
そして海の向こうでは、先々代の国王だった狂王エリス・ターガリエンの娘、デナーリス・ターガリエン。
他にもロバート統治時代に叛乱を起こしたグレイジョイ家、タイレル家などの思惑も絡まり、
ウェスタロスは、数勢力が王座を狙う、未曽有の戦国時代へと突入した。



……多少誤解を招く表現もありますが、概ねこんな感じのストーリーラインです。
全然ファンタジーじゃないですねw
いや、ほんとに。
一応ドラゴンとかも出てくるし、黒魔術とかもあるんですけど、強い兵器とか凄い暗殺術程度の存在感というか。
「ファンタジー」小説ではあるんですけど、ファンタジー要素はかなり少ないです。
どちらかと言うと宮廷陰謀劇というか……時代小説の色が濃いと思います。
なので、NHK大河ドラマとかを楽しく見ている方にはお薦め。
「ハリーポッター」みたいな子供向けファンタジーを想像してはいけません。
主要人物でも呆気なく死にますしね。


では、ここからは適当にキャラ語りでもしますか……。とりあえず好きなキャラから。


まずは、ネッド・スターク。

1巻の主役的存在ですからね。死んじゃいますけど……。
見ていて気持ち良いぐらい正直な人なんですけど、そんな愚直な彼に、戦乱の時代を生き抜く力はなかったかな……。ロバートの死後の動きはサーセイを見くびりすぎだし、致命的なミスでした……。
スターク家の大黒柱なんですが、こういう「とても頼れるパパ」とか「先生」みたいなキャラって、割と死んじゃうじゃないですか。
残された家族が、偉大な彼を超えていく~みたいな。
だからまぁ、死ぬこと自体は予測はしていたんですが……それでもやっぱり処刑シーンはビビりましたねぇ。


デナーリス・ターガリエン。

本作の準主役キャラだと思います。ヒロインというか。
DVな兄に怯える気弱な少女だった彼女が、野蛮人のドラスク族の元に無理やり嫁がされ……
そこで、徐々に成長をして、ドラスク族の中に居場所を見つけ、
遂にドラスク族の女王に君臨するというストーリーラインは、正統派成長物語としても面白いですね。
徐々に兄の支配から脱し、目前で死んでいく兄を冷たい目で見つめるシーンはゾクゾクしました。
旦那のカール・ドロゴを呼ぶ、「私のお日さま、お星さま」という呼びかけもいいですねぇ。
ただ、本編というか、ウェスタロスの王座を巡るゴタゴタとは完全に独立したストーリーになっているので、あらすじ紹介では説明できませんでしたw
たぶん続巻では少しずつ絡んでくるんじゃない? 絡まなかったら、なんで出したんだwってことになるし……。
一番の綺麗どころでもあるデナーリスはやっぱり外せないです。


ティリオン・ラニスター

超存在感のある、小人症の彼。ラニスター家唯一の良心。
僕は頭の良いキャラが好きなんですが、本作の中でも飛びぬけて頭の良さそうなキャラ3人のうちの1人です。
(残り2人はピーター・ベイリッシュと、ヴァリス)
多分ティリオンも準主役級キャラだと思います。
ティリオンはマジ格好いいんですけど、あまり書くことがないな……。
本作の一つの特徴として、「庶子」であるジョン・スノウや、「下半身不随」のブラン・スタークのような、弱い立場のキャラが活躍するんですが、「小人症」の彼はその筆頭とも言えるキャラですね。


ピーター・ベイリッシュ

何を考えているんだかわからない、敵か味方か味方か敵か。
宮廷のトリックスター……というか、実は全部こいつが裏で手を引いていると聞かされても驚かない、
そんな怪しげな彼も割と好きです。
多分ラスボス。……違うかな? ジョン・アリンの死とか、ロバート・バラシオンの死とか、多少疑いの残る死は全部こいつが手を回してるんじゃないかしら……。
それでいて、一緒に育った幼馴染のキャトリン・スタークが忘れられないとか、キャトリンの妹のライサ・タリンから好意を寄せられていたなど、ドロドロ恋愛ドラマの主人公みたいな境遇も素敵です。


ヴァリス

ベイリッシュと同じく、何を考えているんだかわからない、敵か味方かもわからない
宮廷のトリックスターな宦官です。
ベイリッシュと違って、こちらは実は良い奴なんじゃないかと勝手に思ってるんですけど、
その僕の予想も裏切られるかもしれない。
いや、怪しい。怪しくて頭の回りそうなキャラは好きです。


ジョラー・モーモント

デナーリスに付き従う忠臣。ほんと語る事ないんですけど、デナーリスが好きならジョラーも好きになるでしょ。
いや、それだけなんですけど。


ヴィセーリス・ターガリエン

栄えある死亡者第一号。小物臭を漂わせすぎている前王エリス・ターガリエンの息子、ヴィセーリス君です。
我らがヒロイン、デナーリスを虐待している兄貴。
「俺が最強!」みたいな事を平気で言ってるんだけど、実際は超ヘタレで雑魚。妹にまで内心軽蔑されている
そんな小物なヴィセーリスが愛しい……。
リアルでいたら絶対近づきたくないけど、遠くから見ているぶんにはいいかなw


タイオン・ラニスター

ラニスター家総帥。悪役だと思うんだけど、なんか嫌いになれないんだよな。
大物臭を漂わせてるっていうか、サーセイやジェイミー、そしてとりわけジョフリーに感じるような嫌らしさがない。
頭も良さそうだし……策略家、陰謀家タイプは僕けっこう好きみたいなんですよね。



そんぐらいですかね。

嫌いなのは……


ジョフリー・バラシオン

こいつぁ、やべぇ。
何がヤバいって、ドラマ版初登場時、まだ何もしてないのに「こいつ、いけ好かねェ!」って思ったんすよ。
僕、どうも、この手の顔立ちが生理的に嫌いみたいで(俳優さん、ごめんなさい!!)
そしたら、キャラ自体も壮絶に悪役。クソガキ・頭悪すぎ・暴力的でウザいと三拍子揃っていて、
しかもネッド・スタークを殺したりやりたい放題。
いや、たまんねーな、こいつ……。ほんと、たまんねー。
何がたまんないって、こいつバカなんですよ。
どう考えてもネッドは生かしておいた方がいいのに興味本位で殺しちゃうし。
そういう軽率なところも含めて、大嫌いですわ。
小説版もウザいけど、ドラマ版の方がウザさが増幅されてますね。


サーセイ・ラニスター

悪役だからね、仕方ないね。では済まされないようなモンスターピアレントぶり。
まぁそれはライサ・アリンにも言えることなんですけど、引きこもりのライサとは違ってこっちは国の中心だし……。
ジョフリーの躾をちゃんとしてほしかったですね……。早く死なないかなーって思ってるけど、多分中ボスクラスの人だと思うんで、そう簡単には死なないよね。



ジェイミー・ラニスター

ラニスター一族で一番腕が立つのがこの人だからね。仕方ないね。
ブランを突き落したのもこいつだし、ネッドを襲ったのもこいつだし、スターク家に感情移入をしているとやっぱり
殺したいぐらいムカつくよね。
なお、ネット感想を軽く読み漁った結果、割とファンがいる模様。


ロバート・アリン&ライサ・アリン

ロバートはクソガキその2。「あいつ殺してよー!」とか言いまくってる知恵遅れなおガキ様。
まぁこいつを好きな人はいないでしょ、多分。
ライサはその母。モンスターピアレント。ちなみにキャトリンもモンスターピアレント予備軍だよね……。
この作品のママ、子供がかわいいのは当たり前だけど、どいつもこいつもいきすぎじゃない?

あと、タリー家出身のアリンさんって紛らわしいよ! ライサ・タリンって書いてから慌てて直したよ。


アリザー・ソーン

部下をいじめるのが楽しくて仕方ない、鬼軍曹みたいな人。
子供ならまだしも、50過ぎ(の顔をしている。俳優さんが。実際の年齢は知らないけど、おっさんだと思う)で
部下いじめが趣味ってほんとどうかしてる。死んでほしい。


サンサ・スターク

脳みそお花畑少女。ジョフリーに恋をしてる時点で趣味が悪すぎなのに、ジョフリーを庇うとか正気か?
しかし、物語後半でジョフリーのキチガイぶりに気づいたようなので、多分続巻ではウザキャラリストから外れそう。
小説版だと、ジョフリーはウザさを多少隠しているので気づかなくても仕方ない。けどそれにしてもアリアへの対応はウザい。
ドラマ版だとジョフリーが最初からウザオーラ全開なので、気づかないのはバカとしか言いようがない。


ジョン・スノウ

ごめんなさい、ジョン・スノウは嫌いじゃないです! じゃあ何でここに入れたかと言いますと、
ジョン・スノウが登場するシーンが退屈なんです! 
ジョン・スノウの物語は、デナーリスの物語と同じで、本編からは独立した形になってるんですね。
で、そのスノウの物語が、あまりにも人生罰ゲームみたいな内容でちょっち辛い。
だから、彼自体は全然嫌いじゃないんですけど、彼が出てくるシーンはつまらないんすよ……。
彼の物語が面白くなってきたら、ここから外しますね!



うーん、嫌いなキャラリストに独創性が全然ないですね。
ジョン・スノウは例外として、後はそりゃみんな嫌いだろっていうキャラばかりだなー。


キャラ語りの延長上で言うんですけど、ドラマ版と小説版で印象が違うキャラもいますね。


まず、ドラマでは良妻賢母代表みたいな、キャトリン・スターク。
この人、小説版だと割と嫌な人ですね。
自分の子供ではないジョン・スノウに対しては、
(自分の息子が怪我をした際に)「お前が怪我をすれば良かったのに」とか平気で言ってるし。
まぁドラマでもティリオンを捕まえたシーンとか、割とアレだったけど……。


シオン・グレイジョイ。
ドラマではフツーの兄ちゃんだった気がするんだけど、小説だと冒頭の処刑シーンで、斬首された首を笑いながら蹴飛ばしたりしてるキチガイになってる……。
シオン君、どうしたんだ……君はそんなにいけ好かない奴だったのか……。



とにかく面白い「七王国の玉座」。続編も楽しみです!
(まとまりがない記事らしく、強引に記事を終わらせた)



 
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ