本・映画などなど

「生ける屍の死」読了(バレなし)

著者は山口雅也。評価はA+。


「死者が蘇る世界で、ゾンビとなったパンク探偵が殺人事件を解き明かす」というあらすじを聞いた時、
そしてこれが著者のデビュー作だと聞いた時、「あー、奇をてらったんだなー」と思った。


アイディア勝負、思いつき勝負で珍奇なアイディアからスタートする、大して面白くない小説というのは
結構あって(特に新人賞受賞作に多い気がするが)、そういうのよりも地味でもありふれていても良いから、もっと地に足のついた、良質な物語が読みたいという思いを割と長い間抱えている私である。

あるいは、地に足のついた良質な物語なのに、客寄せパンダのように一点だけ奇妙で目を惹く(しかも物語上必要のない)設定が浮いているような作品もたまーにあって、そういうのを見ても残念な気持ちになってしまう。


しかし……正直すまんかった。
本作はそんな「奇をてらっただけの、インパクト・驚き重視の稚拙な話」では全くなかった。
「死者が蘇る世界」での「殺人」を真摯に捉え、一本芯の通ったエンタメ作品として
非常に完成度の高い作品になっていた。


作品に横溢するのは「葬儀」と「パンク」。
あっけらかんとした内側に乾いた絶望を内包する世界観と、葬儀。
そこに人間の生死が奇妙にマッチしており、表面的な湿っぽさは作品内にほとんど存在しない。
ユーモア溢れる文体で、クスクス笑えるシーンも多数存在する。
特にヒロインのチェシャの存在感が良く、ローラースケート棺桶暴走のシーンは本当に素晴らしかった。
それでいて、読み終えた後ほのかに物悲しさを感じてしまうのは、やはり諸行無常、
人は生き、そしていつか死ぬという事実故なのか。


金にしがみつくジョン、ウィリアムとイザベラの不倫関係、暴走するチェシャのブレーキを踏むグリン、勘違い推理を連発するトレイシー、狂信者モニカなど、
本人にとっては「重大な事」でも、傍から見れば(良い意味でも悪い意味でも)くだらない、
「しがらみ・こだわり」に多くの人は囚われて生きている。
そういった囚われに満ちた人生を俯瞰して、笑い飛ばしてしまうような。
滑稽な中に、煌めくものもある、そんな人の一生についても考えさせられた。


パンク+葬儀の組み合わせは、去年読んだ、真藤順丈の「庵堂三兄弟の聖職」でも登場したが、
本書の方がもちろん先である。
この2つ、妙に取り合わせが良いのかもしれないと、今回改めて感じた。


作品にリアリティを持たせているのは、キリスト教的土葬の習慣と、火葬の取り合わせや
マーケティングを含めた葬儀業界の蘊蓄だ。
なるほど、と読ませる部分も多く、知的好奇心を満足させてくれる。


本格ミステリとしても読み応えがある作品ではあるし、ゾンビがゴロゴロ出てくるにも関わらず、
特にグロい作品でもない(本当にちょっとでもダメな人は無理かもしれないが)ため、
割と人に勧めやすい作品でもある。


心に爽やかな風が吹き込むような、生気に満ちたチェシャの大冒険が、とりわけ印象的な
とても良い作品でした。

国内ミステリ オールタイムベスト(5/27記入)

海外ミステリ、オールタイムベストの記事を書いたので、国内ミステリについても少し。
とはいえ、海外に比べて全然読めてないんです。
そのうち読む機会もあるかもしれませんし、まとめるだけまとめときますか。
リストは例によってwikipediaからの引用です


S 何を措いてでも読むべき作品
A とても面白かった作品
B まずまず面白かった作品
C あまり面白くなかった作品
D 良さがわからなかった作品

気分でつけているので、リストごとにSになったりAになったりしている作品もあるかもしれませんが、2ランク以上のミスはないはずですw

近々読む作品は、自分のために目立つよう間を空けました。
そのせいで、読者様には不自然なスペースが空いているように見えると思いますが、
ご了承ください。


日本版


1985 文春


1  横溝正史 獄門島 1947
2 中井英夫 虚無への供物 1964
3 松本清張 点と線 1957
4 坂口安吾 不連続殺人事件 1947
5 小栗虫太郎 黒死館殺人事件 1934  
6 夢野久作 ドグラ・マグラ 1935

7 横溝正史 本陣殺人事件 1946

8 鮎川哲也 黒いトランク 1956
9 連城三紀彦 戻り川心中 1980
10 高木彬光 刺青殺人事件 1948
11 船戸与一 山猫の夏 1984
12 天藤真 大誘拐 1978
13 江戸川乱歩 二銭銅貨 (短編) 1923
14 江戸川乱歩 陰獣 1928
15 松本清張 ゼロの焦点 1959
16 泡坂妻夫 11枚のとらんぷ 1976
17 泡坂妻夫 亜愛一郎の狼狽 (短編集) 1978
18 水上勉 飢餓海峡 1962
19 結城昌治 ゴメスの名はゴメス 1962
20 土屋隆夫 危険な童話 1961
21 島田荘司 占星術殺人事件 1981
22 泡坂妻夫 乱れからくり 1978
23 大岡昇平 事件 1977
24 北方謙三 1983
25 江戸川乱歩 心理試験 (短編) 1925
26 竹本健治 匣の中の失楽 1978
27 志水辰夫 飢えて狼 1981
28 高木彬光 白昼の死角 1959
29 生島治郎 黄土の奔流 1965
30  北方謙三 逃がれの街 1982
31 大藪春彦 野獣死すべし 1958
32 高木彬光 人形はなぜ殺される 1955
33 都筑道夫 なめくじ長屋捕物さわぎ (短編集) 1968
34 生島治郎 追いつめる 1967
35 仁木悦子 猫は知っていた 1957
36 笠井潔 サマー・アポカリプス 1981
37 江戸川乱歩 孤島の鬼 1929
38 鮎川哲也 黒い白鳥 1959
39 森詠 燃える波濤 1982
40 小泉喜美子 弁護側の証人 1963
41 土屋隆夫 影の告発 1963
42 横溝正史 悪魔の手毬唄 1957
43 島田荘司 斜め屋敷の犯罪 1982
44 横溝正史 八つ墓村 1949
45 小林信彦 紳士同盟 1980
46 高木彬光 成吉思汗の秘密 1958
47 志水辰夫 裂けて海峡 1983
48 鮎川哲也 りら荘事件 1968
49 江戸川乱歩 押絵と旅する男 (短編) 1929
50 陳舜臣 枯草の根 1961
51 船戸与一 夜のオデッセイア 1981
52 森村誠一 高層の死角 1969
53 松本清張 砂の器 1960
54 笠井潔 バイバイ、エンジェル 1979
55 岡本綺堂 半七捕物帳 (短編集) 1917
56 江戸川乱歩 パノラマ島綺談 1926
57 佐野洋 一本の鉛 1959
58 井沢元彦 猿丸幻視行 1980
59 都筑道夫 猫の舌に釘をうて 1961
60 笹沢左保 招かれざる客 1980
61 岡嶋二人 焦茶色のパステル 1982
62 木々高太郎 人生の阿呆 1936
63 黒岩重吾 背徳のメス 1960
64 夏樹静子 蒸発 1972
65 阿刀田高 ナポレオン狂 (短編集) 1979
66 筒井康隆 富豪刑事 (短編集) 1978
67 高橋克彦 写楽殺人事件 1983
68 北方謙三 眠りなき夜 1982
69 横溝正史 蝶々殺人事件 1946
70 鮎川哲也 死のある風景 1965
71 浜尾四郎 殺人鬼 1931
72 陳舜臣 炎に絵を 1966
73 松本清張 黒い画集 (短編集) 1960
74 久生十蘭 顎十郎捕物帳 (短編集) 1939
75 夏樹静子 Wの悲劇 1982
76 海渡英祐 伯林 一八八八年 1967
77 森詠 さらばアフリカの女王 1979
78 戸板康二 團十郎切腹事件 1959
79 戸川昌子 大いなる幻影 1962
80 赤川次郎 マリオネットの罠 1977
81 小栗虫太郎 完全犯罪(短編) 1933
82 岡嶋二人 あした天気にしておくれ 1983
83 都筑道夫 三重露出 1964
84 大藪春彦 蘇える金狼 1964
85 結城昌治 暗い落日 1965
86 森村誠一 人間の証明 1975
87 赤川次郎 幽霊列車 (短編集) 1976
88 佐野洋 轢き逃げ 1970
89 都筑道夫 誘拐作戦 1962
90 船戸与一 非合法員 1979
91 笠井潔 薔薇の女 1983
92 檜山良昭 スターリン暗殺計画 1978
93 北方謙三 友よ、静かに瞑れ 1983
94 大下宇陀児 石の下の記録 1948
95 多岐川恭 落ちる (短編集) 1958
96 栗本薫 ぼくらの時代 1978
97 加納一朗 ホック氏の異郷の冒険 1983


文春2013


1 横溝正史 獄門島 1947 1
2 中井英夫 虚無への供物 1964 2
3 島田荘司 占星術殺人事件 1981 21
4 夢野久作 ドグラ・マグラ 1935 6
5 宮部みゆき 火車 1992 -
6 松本清張 点と線 1957 3
7 天藤真 大誘拐 1978 12
8 綾辻行人 十角館の殺人 1987 -
9 京極夏彦 魍魎の匣 1995 -

10 横溝正史 本陣殺人事件 1946 7

11 鮎川哲也 黒いトランク 1956 8
12 連城三紀彦 戻り川心中 1980 9
13 東野圭吾 容疑者Xの献身 2005 -
14 小栗虫太郎 黒死館殺人事件 1934 5 
15 山口雅也 生ける屍の死 1989 -
16 泡坂妻夫 亜愛一郎の狼狽 1978 17
17 北村薫 空飛ぶ馬 1989 -
18 東野圭吾 白夜行 1999 -  一度挫折
19 坂口安吾 不連続殺人事件 1947 4
20 綾辻行人 時計館の殺人 1991 -
21 島田荘司 斜め屋敷の犯罪 1982 42
22 有栖川有栖 双頭の悪魔 1992 -
23 京極夏彦 姑獲鳥の夏 1994 -
24 江戸川乱歩 二銭銅貨 1923 13
25 松本清張 砂の器 1960 53
26 原尞 私が殺した少女 1989 -
27 江戸川乱歩 孤島の鬼 1929 37
28 高木彬光 人形はなぜ殺される 1955 32
29 髙村薫 レディ・ジョーカー 1997 -
30 山田風太郎 妖異金瓶梅 1954 -
31 水上勉 飢餓海峡 1962 18
32 高木彬光 刺青殺人事件 1948 10
33 鮎川哲也 りら荘事件 1968 48
34 泡坂妻夫 乱れからくり 1978 22
35 江戸川乱歩 陰獣 1928 14
36 歌野晶午 葉桜の季節に君を想うということ 2003 -
37 松本清張 ゼロの焦点 1959 15
38 泡坂妻夫 11枚のとらんぷ 1976 16
39 横溝正史 犬神家の一族 1950 -
40 竹本健治 匣の中の失楽 1978 26
41 宮部みゆき 模倣犯 1995 -
42 岡本綺堂 半七捕物帳 1917 55
43 桐野夏生 OUT 1997 -
44 皆川博子 死の泉 1997 -
45 大沢在昌 毒猿 新宿鮫II 1991 -
46 船戸与一 山猫の夏 1984 11
47 藤原伊織 テロリストのパラソル 1995 -
48 山田風太郎 太陽黒点 1963 -
49 京極夏彦 絡新婦の理 1996 -
50 馳星周 不夜城 1996 -
51 島田荘司 奇想、天を動かす 1989 -
52 横山秀夫 第三の時効 2003 -
53 髙村薫 マークスの山 1993 -
54 横山秀夫 半落ち 2002 -
55 笠井潔 サマー・アポカリプス 1981 36
56 島田荘司 異邦の騎士 1988 -
57 横溝正史 八つ墓村 1949 44
58 船戸与一 猛き箱舟 1987 -
59 小泉喜美子 弁護側の証人 1963 40
60 宮部みゆき 理由 1996 -
61 真保裕一 奪取 1994 -
62 三津田信三 首無の如き祟るもの 2007 -
63 麻耶雄嵩 夏と冬の奏鳴曲 1993 -
64 森博嗣 すべてがFになる 1996 -
65 大沢在昌 新宿鮫 1990 -
66 貴志祐介 黒い家 1997 -
67 山田風太郎 警視庁草紙 1975 -
68 泡坂妻夫 しあわせの書 1987 -
69 久生十蘭 魔都 1948 -
70 西澤保彦 七回死んだ男 1995 -
71 笠井潔 哲学者の密室 1992 -
72 舞城王太郎 煙か土か食い物 2001 -
73 伊坂幸太郎 アヒルと鴨のコインロッカー 2003 -
74 乾くるみ イニシエーション・ラブ 2004 -
75 横溝正史 悪魔の手毬唄 1957 42
76 麻耶雄嵩 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 1991 -
77 仁木悦子 猫は知っていた 1957 35
78 京極夏彦 鉄鼠の檻 1996 -
79 土屋隆夫 危険な童話 1961 20
80 我孫子武丸 殺戮にいたる病 1992 -
81 稲見一良 ダック・コール 1991 -
82 綾辻行人 霧越邸殺人事件 1990 -
83 中島らも ガダラの豚 1993 -
84 殊能将之 ハサミ男 1999 -
85 逢坂剛 カディスの赤い星 1986 -
86 連城三紀彦 夜よ鼠たちのために 1983 -
87 江戸川乱歩 パノラマ島奇談 1926 55
88 高木彬光 白昼の死角 1959 28
89 志水辰夫 背いて故郷 1985 -
90 山田風太郎 明治断頭台 1979 -
91 佐々木譲 ベルリン飛行指令 1988 -
92 赤江瀑 オイディプスの刃 1974 -
93 貫井徳郎 慟哭 1993 -
94 高野和明 ジェノサイド 2011 -
95 有栖川有栖 孤島パズル 1989 -
96 都筑道夫 なめくじに聞いてみろ 1968 -
97 逢坂剛 百舌の叫ぶ夜 1986 -
98 岡嶋二人 99%の誘拐 1988 -
99 宮部みゆき 龍は眠る 1991 - 全く覚えていないが、多分読んでる。多分。
100 鮎川哲也 黒い白鳥 1959 37


海外版に比べると歴然ですねぇ……。
こういうのって、『とっかかり』(僕の場合は良いブックガイドなど)と『アンテナ』が重要なんですよね。
『とっかかり』さえできれば、そこから手を広げていけますし、そうやってアンテナ感度が磨かれていきますから。

「日本探偵小説全集」あたりから入ろうかと思っているので、
そこに入っている作品は読む予定という事にしました。

ワイの悲劇(全治1カ月)

前置き(クイーンについて)

去年の11月あたりから個人的ミステリブームが続いている。
そんな中でエラリー・クイーンも10作ほど読んだ。

エラリー・クイーンは、初期作と後期作では大きく作風が変わる。

国の名前が冠された初期「国名シリーズ」は、謎解きがすべての作風で個人的には好みに合わない
(『エジプト』、『ギリシャ』、『オランダ』と『途中の家(国じゃないけど作風的にはここ)』の4作を既読)。
また、「悲劇三部作」は、探偵ドルリー・レーンのいかにも勿体ぶった態度が鼻につき、読んでいてストレスがたまった
(犯人が解っているのに皆に発表せず、結果、死人が増えたりするのが辛い。殺人幇助に近い気さえする)。

一方『災厄の町』から始まるライツヴィルシリーズは、人間心理を描いたより現代的な作品群で
特にシリアルキラーの描写に戦慄が走る『九尾の猫』には、非常に好印象を受けた。

九尾の猫

九尾の猫著者: 越前 敏弥/エラリイ・クイーン

出版社:早川書房

発行年:2015

Reader StoreブックパスAmazon

ここまで読んだクイーンのベストは、1位「九尾の猫」、2位「災厄の町」、3位「Yの悲劇」だ。
他「十日間の不思議」という作品も面白かったが、それ以外は今のところハズレとなっている。

今回は3位に選んだ「Yの悲劇」が私の生活にもたらした、甚大な影響について語りたい。

本題

某日。
私は『Yの悲劇』を読みながら、4km先のラーメン屋へと散歩がてら歩いていた。

この作品は最初の250ページくらいまでは割と退屈である。
しかし、老婆の遺言状が発表されたあたりから、俄然目が離せなくなるのだ。

以下が、犯人の手掛かりである。

『座っている盲目の女性(140cm)が前に出した手に、犯人の顔が触れた』
『犯人はつま先立ちで走ったようだ』

簡単に言えば、犯人の身長はえらく低かったという事である。
しかし、ここで異論が持ち上がる。
『腰をかがめていた可能性がある』という声があがるのだ。
もし腰をかがめていたのなら、犯人の身長が低いとは断定できない。

しかし、我らが名探偵ドルリー・レーンはこの説を否定する。
『腰をかがめながら、つま先立ちで走ることはできない』というのだ。

走るという事は、急いでいるという事だろう。犯行現場から去りたい犯人の心情を考えれば当然である。
そして、つま先立ちで走る事は当然可能だ。子供の頃、僕はそういう走り方をしていた。
腰をかがめながら走ることも一応可能だ。すごく格好悪いし、あまり早く走れないが、可能は可能だ。
問題は『腰をかがめながら、つま先立ちで走る』事ができるかどうかだ。

ドルリー・レーンは、何と言っていたであろうか。
手許に本がないのが残念だが、確か『急いでいる人間は普通そんな事はしない』と言っただろうか?
いや、確か一言で『不可能だ』といったような気がする。

間違っても『怪我をするから不可能だ』とは言っていない。
『危ないから真似をしないでくれ』とも書いていない。

私は、純粋な知的好奇心から『本当だろうか?』と疑問に思った。
確かに腰をかがめながら、つま先立ちで走った経験はない。
そんな姿勢で走る機会というのは、まず存在しないのだ。

しかし、だ。
犯人が、『低身長の人間に罪を着せるため、わざとそうした』可能性だってあるではないか。
不自然な走り方ではある。しかし、本当に不可能なのか?
私は試してみることにした。

走れた。普通に走る速度の半分程度の速さだが、歩くよりは速い。
しかしである。数歩走った後、立ち止まった瞬間に、右ひざに妙な違和感を覚えたのだ。
そしてその違和感は消えることなく、数週間後、私は病院へと向かった。

診断結果は靱帯損傷。全治1カ月である。

私「不自然な姿勢で、膝に負担をかけてしまって……」

医者「重いものをお持ちになったんですか?」

私「いえ、そういうわけではないんですが……」

医者「どういった姿勢だったんでしょうか?」

私「……お恥ずかしい話なんですが……」

そうして私は全てを語った。
紳士的な医者は微笑みを絶やさず、
「成長期なら自然治癒する事もありますけど、feeさんはもう大人なんだから……」とだけ言った。
私もまた、微笑みを浮かべながら「本当にそうですね」と言った。

もう大人なんだから……。

少年の心を忘れずに、知的好奇心に誘われて実験した代償は高くついた。
しかし、である。
これは全て私の責任ではあるが、願わくば『怪我をする可能性がありますので、読者は真似をしないでください』の一文が欲しかった。
その一文があれば、不要な怪我をせずに済んだのに……。

次に、不可解なトリックを見つけた時は、好奇心を抑えて大人らしく振る舞えるだろうか?
あまり自信のない、私なのであった。

リチャード・ハル「伯母殺人事件」読了(バレあり)

評価はA+

一説には「倒叙三大名作」とか言われる作品らしい。
寡聞にして初めて聞いたが、確かに名作だ、これは。

口だけは一人前のやる気なしプータローのエドワードと、厳格なウザ伯母ミルドレッドの視点で描かれる、ある殺人事件の顛末。



どこからどこまでもディスコミュニケーションの二人である。
エドワード(ヘタレ)がどうしょうもないのは言うまでもないが、ミルドレッド(厳格)ももうちょっとうまくできないものかと歯がゆい。
何もそこまでエドワードを管理しなくても、と思うし、殺人の切っ掛けを作ったのは間違いなくミルドレッドである。
僕個人はエドワード寄りの人格なのでミルドレッドに色々言いたい……。
もちろん、『あの程度』の事で何も殺さんでも……というのは当然思うわけだが、
殺すほどではないにしてもウザい事は確かだ。


しかし、この作品の真の『謎』は、『語り手』が信頼できない事だ。
エドワード視点で描かれる1~4章の記述は果たして本当なのか?
ミルドレッド視点で描かれる5章の記述は果たして本当なのか?
お互いが、都合よく自分を美化し、相手を非難しているのではなかろうか?

エドワードの父母の死も、本当に『エドワードの父母』のせいなのだろうか。
ひょっとして、遺産を奪うためにミルドレッドが仕組んだのでは? など、疑い出すとキリがない。
もしそうなら、ミルドレッドのお金は本来エドワードのものになるので、プーのエドワードを非難するのは間違いになる。
そして、今回目標を達成したミルドレッドはこれからも大手を振って、エドワードたちのお金を使えるわけだ。
……その可能性もある、と思えてしまうこの本は、やっぱり怖い。


(というか、そもそもミルドレッドもプーなのでは?)


背筋がぞっとするサイコスリラー的な事件が展開しているわけだが、その実、筆致はユーモアに溢れ、
読んでいて楽しく、笑えるものとなっている。
エドワードの『どうしょうもないヘタレなのに、どこか憎めない』様子や、
ミルドレッドの『ウザいんだけど、血管が切れるほどではない適度なウザさ』、そしてどちらの人物も
(殺人を除けば)「こういう人ってどこにでもいるよね」と思わせるリアルさ。

作者のバランス感覚が光る名作だ。


アンソロジー「翠迷宮」を読みました。

全体の評価はB。

ベストは乃南アサの「指定席」。繊細な男の、静かでありながら心温まる交流が描かれる前半から打って変わって、中盤からはカミュ「異邦人」の様相を呈し、ラスト一発でホラーへと化ける力作。
A+

森真沙子「黄昏のオー・ソレ・ミオ」は傍迷惑極まりない老夫婦の物語だが、夫に向ける老妻の優しさが、(他人からは極めて迷惑だが)暖かく読後感は良い。A-

新津きよみ「捨てられない秘密」も女性の親友同士の「親密さの中になんだかジメジメした微妙な何か」があり、ホラーとしても面白い。B+。

ホラー色の強い作品には雨宮町子の「翳り」もあり、こちらは直球。これはこれで楽しめた。B+。

春口裕子「カラオケボックス」は、いつまでもぶらぶらしてないで社会に出ろよ!とフリーターが説教されるその前で、会社員が上司から執拗なパワハラを受け続けるような救いのない話で、よくもまぁここまで不愉快な話を書けたもんだと別の意味で感心した。僕は嫌いなタイプの作品だが、下手ではない。が、読んでて死にたくなった。 C+。

その直前の海月ルイ「還幸祭」はキチガイ姑にいびられる嫁の話で、連続で読むと殺傷力が高く、メンタルが弱い僕のような人間は注意すべし。こんなのもできれば読みたくねぇ。B-。
一応「おもひでぽろぽろ」的な、故郷に帰ってきた女性の再生というか、自立した強さみたいなものが描かれてる作品なんだが、アンソロジーの順番が件の「カラオケボックス」の隣なのはキツすぎた。


藤村いずみの「美しき遺産相続人」は、面白いもののちょっとやりすぎと思われるところもあった。
特にラストの一文は要らないのでは? B

皆川博子の「鏡の国への招待」は上品かつ上質な心理ミステリで面白い。ただ、ちょっと主人公の女性心理が複雑で、僕にはよくわからない部分もあった。 A-

五条瑛の「神の影」はイスラムの物語で、新鮮味があった。B+

正直良さがわからなかったのが光原百合の「わが麗しのきみよ……」で、なんだか古くさい海外ミステリの二次創作のような感じを受けた(が、ネットでは評判が良いようだ)。このアンソロジー内では唯一、ガチガチの古典的ミステリ臭がするからその筋の人が好んだのだろうか。ミス研の雰囲気は良かったが。C+。

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター

プロフィール

fee

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ